ナイトライフ - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2010-05-10

ソース(記事原文):サイエンスデイリー

勃起不全(ED)治療薬に、特定の脳腫瘍に対するハーセプチン投与効果を増幅させる可能性

サイエンス・デイリー(2010年5月10日) - シダーズ・サイナイのマキシン・ダニッツ脳神経外科研究所(Cedars-Sinai's Maxine Dunitz Neurosurgical Institute)の科学者らによる新たな研究では、勃起不全治療に現在認可されている医薬品に、治療が難しい特定の脳腫瘍に対する抗がん剤ハーセプチンの投与効果を有意に高める可能性のあることが示唆されている。オンライン科学誌「プロス・ワン」(PLoS ONE)に掲載された研究によって、脳に転移した肺がんや乳がんの治療が、改善できる可能性が示された。

脳で発生するがん(悪性腫瘍)は比較的まれである(毎年、約22,000人の患者が原発性脳腫瘍と診断されている)。一方、身体の他の部位で発生するがんから脳腫瘍を発症させる患者数はその10倍近く存在する。米国で死因ががんである場合、その原因の第1位は肺がんであり、肺がんの約20%が脳へと転移する。乳がんとメラノーマ(黒色腫)もまた脳へと転移するが、いったん転移が発生すると、そのがんは治療がきわめて困難となり、予後不良となる。

がんに薬品が効きやすいとしても、脳へと転移したがんを治療しようとするのであれば、薬品は「血液脳関門」を突き抜けねばならない。ロサンゼルスのシダーズ・サイナイのマキシン・ダニッツ脳神経外科研究所の研究科学者で、同研究著者であるジュリア・Y・リュビモバ女史(Julia Y. Ljubimova)(医師、博士号取得者)は、「母なる自然は、われわれの脳を危険物から守るために、このバリア(関門)を作られた。だがわれわれは、薬品を投与するために、このバリアを通り抜ける必要があり、これが問題となっている」と述べている。

マキシン・ダニッツ脳神経外科研究所の所長で、シダーズ・サイナイの脳神経外科の学長で、医師でもあるキース・ブラック氏(Keith Black)は、同プロジェクトの主任研究科学者で、同論文の上席著者である。ブラック氏は約二十年間、血液脳関門の研究をしてきた。この分野における彼の研究は2000年6月、米国立衛生研究所の神経疾患・脳卒中国家諮問評議会(National Advisory Neurological Disorders and Stroke Council of the National Institutes of Health)から、ジェイコブ・ジャビッツ賞(Jacob Javits award)を受賞した。それ以来、彼の研究チームによって行われる研究によって、ホスホジエステラーゼ5(phosphodiesterase 5, PDE5)という酵素を抑制する、勃起不全薬のシルデナフィル(sildenafil)(バイアグラ、Viagra)とバルデナフィル(vardenafil)(レビトラ、Levitra)が、血液脳腫瘍関門の透過性を増幅し、化学療法薬であるドキソルビシン(doxorubicin)の効果を高めることが判明した。

ブラック氏は、「がんに対して化学療法薬がどれほど効果的であろうと、それが血液脳腫瘍関門を通過できないなら、脳腫瘍に対する効果はほとんどない。これら腫瘍細胞を対象とする新しい医薬品を発見しているわれわれにとって、この医薬品を目標に届かせるためのより良い方法を開発することが責務となっている」と述べた。

同研究では現在、研究者らによって、PDE5抑制剤が、ハーセプチンの血液脳腫瘍関門の透過性をも増幅させるか否かが検証された。ハーセプチンとは、HER2/neu陽性の肺がんや乳がんを治療するのに使用されるモノクローナル抗体である。ハーセプチンは、脳血液腫瘍関門(脳への転移を治療する際の効果を大幅に減じる制限)を容易には通過しない巨大分子である。

研究者らは最初、脳血液腫瘍関門の透過性に対するバルデナフィルの効果を査定した。マウス・モデルによって、バルデナフィルが、肺がんと乳がんの脳への転移に達するハーセプチンの量を2倍に増加させることが示された。次に、この血液脳関門の透過性の増加によって、脳への転移を治療する際のハーセプチンの効果が向上するか否かを、ハーセプチンとともにバルデナフィルをマウスに投与することによって検証した。結果は、バルデナフィルとハーセプチンの組み合わせは、ハーセプチン単独と比較して、平均生存率を20%向上させた(72+/-18日と、59+/-9日)。

リュビモバ女史は、「腫瘍がHER2陽性のマウスはバルデナフィルを投与されると、生存率が上がった。一方、腫瘍がHER2陽性ではないマウスでは、同じような生存率上昇は見られなかった。これは、腫瘍に到達したハーセプチン量の増加によって生存率が上がったことを示している」とし、「巨大分子が血液脳腫瘍関門を通過できることが実証されたのだから、この方法を、ナノメディシン(ナノ医療)薬のような、他の巨大分子の薬品で続けていく。これで、脳腫瘍治療の新しい世界が開かれた」と語っている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- カベルタ (クエン酸シルデナフィル) 100mg  (8錠) 1690 円

- カマグラ(クエン酸シルデナフィル)100mg (4錠) 650 円

- レビトラ(バルデナフィル) 20mg (4錠) 15260 円

- シラグラ 100 mg (4錠) 680 円

- ベルデナフィル(バルデナフィル) 20mg (レビトラジェネリック) (10錠) 890 円

- レビトラ(バルデナフィル) 10mg (4錠) 13770 円

- カマグラ ゼリー (7袋) 1740 円

- カマグラ かめるタイプ 100 mg (4錠) 1240 円

- スーパーピーフォース(ダボキセチン/シルデナフィル) (4錠) 1100 円

- ベガ H クリーム(シルデナフィルクエン酸/リグノカイン[リドカイン])2% (15gチューブ) 1640 円

- ベガ (シルデナフィル) 100mg (4錠) 680 円

- ジェビトラ (バルデナフィル) 20mg (レビトラジェネリック) (10錠) 1200 円

- マンフォース (シルデナフィル) 50mg  (9錠) 560 円

- マンフォース (シルデナフィル) 100mg  (4錠) 530 円

- シルディグラ・スーパーパワー (シルデナフィル/ダボキセチン) 100mg/60mg  (4錠) 1300 円

- カベルタ (クエン酸シルデナフィル) 100mg  (4錠) 1200 円

- バリフ (バルデナフィル) 20mg (10錠) 820 円

- ペネグラ(クエン酸シルデナフィル)100mg (4錠) 590 円

- レビトラ(バルデナフィル)10mg(トルコ市場向け) (4錠) 5300 円

- レビトラ(バルデナフィル)20mg(トルコ市場向け) (4錠) 8100 円

- スーパー・カマグラ(クエン酸シルデナフィル/塩酸ダポキセチン)100mg/60mg  (4錠) 2490 円

- ジェビトラソフト(バルデナフィル)20mg (10錠) 750 円

- ジェビトラ・ゼリー(バルデナフィル)20mg (1サシェ) 320 円

- カマグラ(クエン酸シルデナフィル)50mg  (4錠) 380 円

- マレグラ-50(クエン酸シルデナフィル)50mg (10錠)【次回入荷未定】 (10錠) 1200 円

- マレグラ-100(クエン酸シルデナフィル)100mg (10錠)【次回入荷未定】 (10錠) 1800 円

- マレグラ-200(クエン酸シルデナフィル)200mg (10錠)【次回入荷未定】 (10錠) 2500 円