EGFセラム(EGF)(10mL)

24000 円!! 話題の表皮成長因子(EGF)を肌に補給するための美容セラム!老化した肌細胞を活性化し、ターンオーバーを整えることで肌を改善し、老化を遅らせます!マイクロニードル・ローラーとの併用可!

EGF Serum (EGF) (10mL)

■ 10mL

価格:24000 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

EGF/ヒトオリゴペプチド-1(Epidermal Growth Factor (EGF))

 

製造国

スイス

 

製造元

Audrey Laure

 

商品詳細

EGFセラムは、年齢などにより失われていく成長因子を補い、表皮のターンオーバーを促進させることで肌の若さを取り戻し、またシミやシワ、たるみなどの老化によるトラブルの改善、予防に効果を発揮する美容液です。


細胞は分裂を繰返して組織の新陳代謝と器官への分化を進めているため、体には常に新しい細胞ができていますが、やがてさまざまな理由により細胞は老化していきます。一度老化した細胞はフリーラジカル(活性酸素)によってそのDNAなどがダメージを受けることから、細胞が新しく生まれ変わることはありませんが、成長因子がその進行を遅らせることができます。

成長因子は、体内において特定の細胞や分化を促すたんぱく質の総称で、「増殖因子」や「細胞増殖因子」などとも呼ばれています。人体が持つさまざまな部分の細胞に含まれ、細胞に対して多くの機能を持っていますが、その中でももっとも重要なのは細胞の活性化と細胞分裂の促進です。ところがその成長因子も20代をピークに分泌が減り始めるだけでなく、細胞の老化と同様にフリーラジカルなどのダメージより総体的な量が減るために、傷ついた細胞の修復が困難になっていきます。肌の老化もこのようにして起こります。


この成長因子には多くの種類がありますが、そのひとつに表皮成長因子(EGF/ヒトオリゴペプチド-1)と呼ばれるたんぱく質があります。EGFは肌の表面(上皮)にある細胞の成長と調節に重要な役割をする53個のアミノ酸と3つの分子内結合で形成され、上皮成長因子受容体(EGFR)と結びついてチロシンキナーゼを活性化します。これにより新しい細胞の生産を急速に促し、結果として肌のターンオーバーを早めて皮膚細胞の新生を促進しています。

EGFの働きにより細胞が活性化した上皮は、新しい細胞を増産・成長させてシワを改善・予防するほか、創傷などの回復を助けて傷跡の再生を早めたり、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの抑制作用、色素沈着の抑制によるシミやくすみの改善、キメを整えて健康的で滑らかな肌へと導くなど、さまざまな効果があらわれます。


しかしこのEGFもまた年齢を重ねると共に減少していき、40代ではピーク時の3分の1程度になるといわれています。この失われていくEGFを補給することで老化を防ぎ、肌を若返らせるための美容液がEGFセラムです。肌には、このEGF以外にも新しい線維芽細胞を生み出して真皮を生まれ変わらせる真皮幹細胞が存在していますが、EGFセラムは肌の再生に有用な植物性幹細胞をはじめ、ヒアルロン酸、プラセンタ、ミネラルなども配合しています。このように肌の内部と外部の両方から働きかけることで、正常な周期のターンオーバーを維持していつまでも若々しく健康な肌を保ち、老化を遅らせる効果が期待できます。


なお、肌の再生や美容液成分を効率よく肌に浸透させるための美容方法のひとつにマイクロニードル・ローラーがありますが、このEGFセラムはマイクロニードル・ローラーにも安心して使用することができます。


マイクロニードル・ローラー(針長0.25mm)
マイクロニードル・ローラー(針長0.5mm)
マイクロニードル・ローラー・トリートメントセット(肌再生用0.25mm針)
マイクロニードル・ローラー・トリートメントセット(肌再生用0.5mm針)
マイクロニードル・ローラー・トリートメントセット(敏感肌用0.25mm針)
マイクロニードル・ローラー・トリートメントセット(美白用0.25mm針)

 

他の商品との比較

加齢と共に減少していく成長因子を補給するためのセラムです。


皮膚細胞の再生を促し、シワ、シミ、くすみなどのトラブルを改善・予防します。


植物性幹細胞、ヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミン、ミネラルなどを配合しています。


マイクロニードル・ローラー療法にも使用できます。


 

特別な注意

【禁忌】

・EGFセラムの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【使用上の注意】

・肌に合わない場合はただちに使用を中止してください。

・肌にできもの、傷などがある場合は使用しないでください。

・目に入らないように注意してください。

・定められた用法・用量を守ってください。

・妊婦、授乳婦の人の使用に関する安全性は確立していません。

・ほかのスキンケア製品と併用する場合は、キュティセラを先に使用してください。

・一般に効果出現には3ヵ月ほどかかりますが、個人により異なります。


 

他の薬との併用

ほかの薬剤との併用に関する注意は報告されていません。

 

誤って大量に服用した場合

問題ありません。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

EGFセラムの使用による副作用は報告されていません。

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-02-11
強力な細菌感染と闘うために、ペプチド・ジェルは天然の構成要素を活用(【Medical News Today】より) - メディカル・ニュース・トゥデイの独占ゲスト記事で、アイルランドのクイーンズ大学ベルファスト校医学部の医学博士であるゲリー・ラバティ博士は、新耐性菌に対して有能な結果を示し、間違いなく革命的感染治療となりそうな.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
放射線障害後の幹細胞再生を上皮成長因子が助ける(メディカル・エキスプレスより) - デューク大学(Duke Medicine)の研究者らによれば、上皮成長因子は、放射線曝露後の造血幹細胞の回復を速めることが判明した。この所見はがん患者だけでなく、いわゆる核爆弾や原子力災害の被害者にとっても、新しい治療の.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。