白肌キープセット(SPA 30PA++)

3000 円!! 日焼け止めと美白クリームのセット!夏の紫外線に負けずに白い肌を保つには今からのケアが勝負です!お出かけ前の日焼け対策と、できてしまったシミやくすみを取り除く美白ケア。ダブルケアで美しい肌をキープします!

Eukroma Cream (Hydroquinone) - 4% (20g Tube)

ユークロマ 4% 20gm

[ 20gmチューブ ] X 1


Sunkroma SPF 30 PA++ Lotion (Bisoctrizole (Tinosorb M)/Octyl Methoxy Cinnamate/Liquorice Extract/Vitamin E Acetate/Zinc Oxide) - 75mL

サンクロマSPF30PA++ローション

[ 75mlチューブ ] X 1


セット価格: 3000 円

【現在、在庫切れとなっています】

ユークロマ 4% 20gm

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

「有効成分」

ハイドロキノン/ヒドロキノン(Hydroquinone)

「同一成分含有商品」

メラノーム 4% 30gm(30gmチューブ) 1430 円
Melanorm Cream (Hydroquinone) - 4% (30g Tube)

メラノーム・エイチシー(ハイドロキノン/ヒドロキノン/トレチノイン/レチノイン酸/レチン酸/ヒドロコルチゾン/コルチゾール)(15gチューブ)(15gmチューブ) 1160 円
Melanorm-HC Cream (Hydroquinone Acetate & Tretinoin) - 2% (15g Tube)

ユークロマ 4% 20gm(20gmチューブ) 1070 円
Eukroma Cream (Hydroquinone) - 4% (20g Tube)

ユークロマ・プラス(ハイドロキノン(ヒドロキノン)/トレチノイン/フランカルボン酸モメタゾン)(15g)(15gmチューブ) 1340 円
Eukroma-Plus Cream (Hydroquinone Acetate/Tretinoin/Mometasone Furoate)  (15g Tube)

ユークロマ・ライト(ハイドロキノン)2%(20gチューブ ) 840 円
Eukroma-Lite (Hydroquinone) - 2% (20g)

メラケア(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20g)(20gチューブ) 1520 円
Melacare Cream (Hydroquinone/Tretinoin/Mometasone Furoate) - 2%/0.025%/0.1% (20g)

ユークロマ・エス・ジー(ハイドロキノン/メトキシけい皮酸オクチル/オキシベンゾン)2%/5%/3%(20gチューブ) 1230 円
Eukroma-SG (Hydroquinone/Octyl Methoxycinnamate/Oxybenzone) - 2%/5%/3% (20g)

コスメライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20g)(20gチューブ) 1650 円
Cosmelite Cream (Hydroquinone/Tretinoin/Mometasone Furoate) - 2%w/w/0.025%w/w/0.1%w/v (20g)

グローライト・クリーム(ハイドロキノン/トレチノイン/モメタゾン)2%/0.025%/0.1% (20gチューブ) 1460 円
Glowlite Cream (Mometasone Furoate/Hydroquinone/Tretinoin) - 0.1%/2%/0.025% (20g)

ルマシップ・プラス(フルオシノロンアセトニド/ハイドロキノン/トレチノイン)0.01%/4%/0.05%w/w (15gチューブ) 2260 円
Lumacip Plus (Flucinolone Acetonide/Hydroquinone/Tretinoin) - 0.01%/4%/0.05%w/w (15g)

エー・レット・エイチシー(ハイドロキノン/トレチノイン/酢酸ヒドロコルチゾン)(15gチューブ) 890 円
A Ret HC (Hydroquinone/Tretinoin/Hydrocortisone Acetate) - 2%/0.05%/1% (15g)

「製造国」

インド

「製造元」

Yash Pharma Laboratories Pvt. Ltd.

「使用量」

1日2回、朝と就寝前に、ユークロマを顔(シミのある部分・美白したい部分)へ適量塗布します。これを6週間続けます。

効果が見られない場合でも3ヶ月以上の連続した使用は避けたほうが良いとされています。

使用にあたっては、パッチテスト(耳の後ろ)を1~2日間行って皮膚の刺激などがないことを確認して下さい。

顔全体への塗布は肌がガサついたり、乾燥したりするため、避けたほうが良いとされています。

ユークロマの塗布にあたっては、事前に洗顔料を使って丁寧に(やさしく)洗顔を行った後、しっかりと乾かして下さい。その後、肌の薄い場所(目、口の周囲)を避けて塗布して下さい。

「商品詳細」

ユークロマは、有効成分ハイドロキノン4%の外用剤(クリーム)です。

ユークロマの有効成分であるハイドロキノンはもともと工業用途で使用されていた成分で、写真の現像、酸化防止減量、農薬減量などに使われていました。しかし、漂白作用が強力であることから、安全性などを確認した上で美白剤として用いられるようになりました。

現在では多くの皮膚科などでシミ・シワの改善のために選択されています。また医薬部外品・化粧品としても販売され、入手が可能ですが、例えば日本の化粧品メーカーから発売されているハイドロキノン3%、5gの商品で3,000円強ととても高価になっています。

基本的に高濃度であるほうが効果は期待できますが、安全性などの問題もあり、化粧品などではあまり高濃度の商品は無いようです。

ユークロマを使用してから一定期間がたつと、多くの場合、塗布した部分が赤く(赤茶)変化して、かさぶたが落ちるようにしみやくすみが剥がれ落ちます。

ユークロマの有効成分であるハイドロキノンにはシミ・シワの原因であるメラニンを消失させたり、生成を抑制する効果がありますが、これはメラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きを抑制する効果があるためです。
さらに、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を生成する細胞そのものの数を減らす効果があり、メラニン色素の生成を強力に抑制します。

ハイドロキノンの漂白効果は、トレチノインと呼ばれるビタミンAの一種と併用することで、格段に高まると言われており、併用療法などが確立しています。少し割高になりますが、、あらかじめトレチノインも配合したユークロマ プラス、メラノーム–HCなどの薬剤も発売されています。

「他の商品との比較」

一般的な美白の製品と言えば、ビタミンCが代表的なものとして挙げられます。ビタミンCはシミの元となるメラニン色素の生成を抑制する性質を持っていますが、既にできてしまったシミを消す力はありません。しかし、ユークロマの有効成分であるハイドロキノンは、強力な漂白作用によって、シミそのものを取り除く効果が期待できます。

「特別な注意」

ユークロマは強力な漂白作用のため皮膚への刺激がありますので、皮膚への疾患がある場合は、使用を控えたほうが良いでしょう。また、肌の弱い人、子供に対しても使用を控えるようにしてください。

ユークロマの有効成分であるハイドロキノンは不安定な物質で、容易に酸化され、効果が失われてしまいます。そのため、使用していない時は、必ずしっかりとキャップを閉め、直射日光や紫外線の当たらない冷暗所に保存してください。また決して冷凍しないでください。

それでも数ヶ月後には効果が弱くなることが分かっていますので、効果的な治療のためには、定期的に買い換え、常に新しい薬剤を使用することをお勧めします。

使用中、使用後はユークロマの漂白成分の効果により、肌が敏感になる可能性がありますので、紫外線や外部刺激から肌を防護するように注意して下さい。

「他の薬との併用」

ユークロマと他の薬、経口投与剤との併用において禁忌とされるものはありません。

また、外用剤においては基本は単独使用ですので、併用禁忌はありません。皮膚に疾患があり、外用剤を使用している場合は、疾患のある皮膚への影響(刺激)が懸念されますので、ユークロマの使用自体を控えてください。

「誤って大量に服用した場合」

大量に使用した場合、肌への刺激などが見られる可能性があります。直ちに病院に相談し、医師の診断を受けて下さい。

「服用し忘れた場合」

ユークロマの使用を忘れた場合、その回の使用を飛ばし、次の回から使用して下さい。
本剤は美白剤ですので、使用忘れにおける重大な副作用や影響は確認されていません。

「副作用」

ユークロマの副作用として一般的のよく報告されているものが、皮膚のかぶれや刺激などです。
有効成分であるハイドロキノンは効果が強いため、肌への刺激も強くなります。使用にあたってはパッチテストを必ず行なうようにし、使用中に赤みや刺激などの副作用が確認された場合は、直ちに使用を中止し、医師に相談して下さい。


「この商品に関係するニュース・記事」

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

 

2015-04-10
肝斑に効果がある3剤コンボクリーム(MPRより)― ジャーナル・オブ・コスメティック・ダーマトロジー(Journal of Cosmetic Dermatology)オンライン版で4月6日に発表された研究によると、4%ヒドロキノン、10%グリコール酸、0.01%ヒアルロン酸を含有するクリーム処方が肝斑の治療に非常に効果....  続きを読む

 

2014-11-10
スキンケア:ハイドロキノンでニキビの跡をなくし肌をきれいにする方法(INQUISITRより)― スキンケアに関しては、ホルモンニキビや加齢、吹き出物によるシミに対処するハイドロキノンなどの製品を使ってニキビの跡を取り除く方法について、毎月33,000人が情報を検索しています。さて、私は人間モルモットとなり....  続きを読む

 

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....  続きを読む

 

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

 

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

 

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

 

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

 

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

 

2012-06-28
人種特有スキンケア:アジア人におけるスキンケアの基本(スリークゴシップより) - アジア人の肌は半透明の輝きと陶器のような艶があるとして昔から高く評価されてきた。一般に余分なメラニンが存在することで黄色く見えるが、色調は明るいベージュ色から色白まで様々である。やわらかいことに加え、.... 続きを読む

 

2011-10-28
肌色のむらと点在する色素沈着の改善(Nola.comより) - 生まれたときから日焼け止めをたっぷり塗っていた賢い人間の一人でない限り、日光への過去の露出は皮膚に悪影響を及ぼしています。特に加齢とともに、紫外線のダメージや遺伝によって頑固なしみや肌色のむらができ、肌に対する不満.... 続きを読む

 

2011-09-28
色素沈着過剰やシミについて知り尽くす(スタイル・ビストロより) - 色素沈着過剰(シミ、老人斑、その他にも多数の呼び方あり)を管理するにあたり必要となる2つの秘訣は、根気と努力である。3つ目に必要なのは現実的な期待である。色素沈着過剰に対し決定打的なものはまだ発見できていない.... 続きを読む

 

2009-03-20
老人性色素班(肝班)(CNNニュースより) - 肝班や日光黒子とも呼ばれる老人性色素班とは隆起の無い灰色又は茶色若しくは黒色のシミです。シミの大きさはそれぞれ異なり、通常は... 続きを読む

 

2007-03-27
科学の到来......(BBCホライゾンより) - 加齢とともに誰にでも皺ができるようになる。そして皺を目立たなくすると力説する商品広告を目にしたことのない人はいない。しかし.... 続きを読む

 


 続きを読む

 

サンクロマSPF30PA++ローション

※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

「有効成分」

ビソクトリゾール(チノソーブ・エム)(Bisoctrizole (Tinosorb M))

「製造国」

インド

「製造元」

Yash Pharma Laboratories Pvt. Ltd.

「使用量」

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

二本の指の指先にサンクロマSPF30PA++ローションを取り、顔と首筋に塗り広げながら優しく擦り込みます。

・外出する20分ほど前に使用してください。
・顔と首筋以外の日光に照射される部位(腕や脚など)にも適量を同様に塗布してください。
・2-4時間毎にサンクロマSPF30PA++ローションを塗りなおしてください。

「商品詳細」

サンクロマSPF30PA++ローション75mLは、肌を明るくする作用を持つ成分を配合した、日焼け止め効果が長時間持続する日焼け止めローションです。

地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光が紫外線(UV)です。赤外線が熱的な作用をおよぼすことが多いのに対して、紫外線は殺菌消毒、ビタミンD合成など、主に化学的な作用を特徴としているほか、血行や新陳代謝の促進、皮膚抵抗力の促進などの働きもします。
紫外線はA、B、Cの3種類に分けられ、このうち地球に到達しているのはUV-AおよびUV-Bです。UV-Aは皮膚に色素を沈着させて黒くするサンタンを引き起こします。紫外線の中では波長が長いために肌の奥深くまで到達し、コラーゲンを変性させてシワの原因になるなど、時間をかけてさまざまな影響を肌に与えます。また雲やガラスを通り抜けやすい性質を持つため、曇りの日や室内でもその影響を受けることがあります。
一方UV-Bは、波長が短いために地上に到達する量はごく少量ですが、エネルギーが強いために皮膚表面の細胞を傷つけ、炎症を起こすなど、肌が赤くなる日焼けであるサンバーンの主な原因となります。

日焼け以外にも、紫外線を浴び過ぎることによって健康に影響が現れることがわかっています。例えば口周囲の単純ヘルペスの再発、日光に当たることでさまざまな症状が現れる光線過敏症、良性・悪性腫瘍などのほか、UV-Bは皮膚の細胞のDNAを傷つけて遺伝情報に異変を生じさせることで、皮膚がんを引き起こすと考えられています。皮膚以外にも紫外線角膜炎、翼状片、白内障など、眼にも影響を与えることがあります。

かつては日焼けした肌は健康的なイメージがあり、また体内で合成されないビタミンDを作る目的で紫外線に当たることが一般的でしたが、近年ではこれらのメリット以上にデメリットが問題になってきているため、過剰な紫外線照射を避ける傾向があるようです。
紫外線対策には、日なたを避ける、日傘・帽子の使用、肌の露出を避ける、サングラスの着用などがありますが、そのうちのひとつが日焼け止めの使用です。サンクロマSPF30PA++ローション75mLは、日焼け効果が長時間持続するローションタイプの日焼け止めです。有効成分のビソクトリゾール(チノソーブ・エム)がUV-AおよびUV-Bの両方をブロックするほか、ビタミンEアセテートは肌を老化させるフリーラジカルの発生を不活性化させて酸化防止効果を、酸化亜鉛はUV-Aを反射させるなど、それぞれの成分が紫外線が体内に侵入するのを妨げます。さらに肌を明るくする効果を持つリコリスを配合するなど、紫外線による影響を考える人のための日焼け止めと言えるでしょう。

なお一般に日焼け止めは、UV-Bを遮断する効果の指標としてSPF、またUV-Aに対する遮断指標としてはPAで示されています。SPFは目視による確認であるためその基準は国によって異なりますが、数値が大きくなるほど効果が高く、アメリカにおいては表示上の上限が30+となっています。またPAについては、PPD(持続型即時黒化)が基準となり、PPD値が2以上4未満でPA+(効果がある)、4以上8未満でPA++(かなり効果がある)、8以上でPA+++(非常に効果がある)に分類されています。サンクロマSPF30PA++ローション75mLはSPFが30、PPDがPA++であり、比較的効果が高い日焼け止めローションと言うことができます。

「他の商品との比較」

肌を明るくする成分および酸化防止剤を配合した日焼け止めです。

UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)の両方をブロックします。

安定した成分で、光分解の影響を受けません。

紫外線を吸収、反射、分散します。

「特別な注意」

以下の場合、サンクロマSPF30PA++ローション75mLを絶対に使用しないでください。
・サンクロマSPF30PA++ローション75mLの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【使用上の注意】
・サンクロマSPF30PA++ローション75mLは外用薬です。
・皮膚に損傷、炎症などがある場合は使用しないでください。
・口や目の周囲には使用しないでください。万一付着した場合は、ただちに水で洗い流し、医師の診断を受けてください。
・妊娠中の人に対する安全性は確立していません。
・授乳中の人に対する安全性は確立していません。
・小児に対する安全性は確立していません。

「他の薬との併用」

ほかの薬剤との併用による注意は特に報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

「誤って大量に服用した場合」

過剰に塗布した分は拭き取るか、水で洗い流してください。
その後、皮膚に異常を感じた場合は医師の診断を受けてください。

「服用し忘れた場合」

気付いたときにすぐに使用してください。

「副作用」

サンクロマSPF30PA++ローション75mLを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
皮膚刺激


「この商品に関係するニュース・記事」

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

 

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト....  続きを読む

 

2013-06-13
一般薬がより大きな治療につながる可能性がある(ジョプリン・インディペンデントより) - ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins)の研究者らは、一般的に使用される2つの治療薬が、他のもっと重篤な疾患の治療に有益であるかもしれないということを見出し、驚いている。これらの研究者らは、足の爪の真菌を治療する....  続きを読む

 

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

 

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

 

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

 

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

 

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

 


 続きを読む

 

**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。