ビラデイ(フマル酸テノホビルジソプロキシル/エムトリシタビン/エファビレンツ)

18450 円!! 1錠に3種類の逆転酵素阻害剤が配合されたHIV治療薬!1日1回1錠の内服でHIVウィルスの増殖を強力に阻害し、CD4値の減少抑制、免疫力維持の優れた効果を発揮します!

Viraday (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine/Efavirenz) - 300mg/200mg/600mg (30 Tablets)

■ 30錠

価格:18450 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

テノホビルジソプロキシルフマル三塩(Tenofovir Disoproxil Fumarate)

エムトリシタビン(Emtricitabine)

エファビレンツ(Efavirenz)

 

同一成分含有商品

テンビルEM(ツルバダジェネリック) (30錠) 8900 円
Tenvir-EM (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine) - 300mg/200mg (30 Tablets)

エファビル 200 (エファビレンツ) 200mg (30カプセル) 4480 円
Efavir (Efavirenz) - 200mg (30 Capsules)

エファビル 600 (エファビレンツ) 600mg (30錠) 10780 円
Efavir (Efavirenz) - 600mg (30 Tablets)

ビラデイ(フマル酸テノホビルジソプロキシル/エムトリシタビン/エファビレンツ) (30錠) 18450 円
Viraday (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine/Efavirenz) - 300mg/200mg/600mg (30 Tablets)

タビンEM(ツルバダジェネリック) (30錠) 7690 円
Tavin-EM (Tenofovir Disoproxil Fumarate/Emtricitabine) - 300mg/200mg (30 Tablets)

キュービル・キット(アタザナビル/リトナビル/テノホビル/エムトリシタビン)300mg/100mg/300mg/200mg  (2錠) 980 円
QVIR Kit (Atazanavir/Ritonavir/TenofovirDisoproxil/Fumarate/Emtricitabine) - 300mg/100mg/300mg/200mg (2 Tablets)

デュオビル・イー・キット(ラミブジン150mg/ジドブジン300mg/エファビレンツ600mg) (3錠) 920 円
Duovir-E Kit (Lamivudine150mg /Zidovudine300mg /Efavirenz600mg) - (3 Tablets)

トリオデイ(フマル酸塩テノホビルジソプロキシル300mg/ラミブジン300mg/エファビレンツ600mg)(30 Tablets) (30錠) 7660 円
Trioday (Tenofovir Disoproxil Fumarate300mg /Lamivudine300mg /Efavirenz600mg) (30 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cipla

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。

医師に支持された用量を、空腹時に経口服用します。

就寝前に服用すると、一部の副作用による影響を減らせることがあります。

 

商品詳細

ビラデイは、フマル酸テノホビルジソプロキシル、エムトリシタビン、エファビレンツの3つの成分を1錠に配合したHIVの治療薬です。多剤併用療法においてそれぞれの薬を別々に服用する必要がないため、飲み忘れの心配がありません。

HIVはヒトの免疫細胞に感染して免疫細胞を破壊し、最終的にはAIDS(後天性免疫不全症候群)を発症させるウイルスです。一般的なウイルスはDNA(デオキシリボ核酸)がDNA自身をコピーすることで合成して増殖するのに対し、HIVウイルスは遺伝子にRNA(リボ核酸)しか持っていないため、逆転写酵素によってRNAをDNAに逆転写してDNAを合成し、増殖していきます。このようなウイルスをレトロウイルスと呼びます。

このレトロウイルスであるHIVウイルスはひとつのウイルスではなく多数の変異ウイルスの集まりであり、また中には薬剤耐性を持つウイルスがいる可能性もあります。そのためHIVの治療においては、通常は2種類の薬剤を組み合わせて基礎薬(ベースドラッグ)とし、これを多剤併用療法における背景治療(バックボーン)にします。さらにここに作用機序が異なる別系統の主要薬(キードラッグ)を加えることで、強力かつより確実な治療を行ないます。

ビラデイには3種類の有効成分が含まれていますが、このうちベースドラッグとなる成分がフマル酸テノホビルジソプロキシルとエムトリシタビンで、いずれもヌクレオシド系の逆転酵素阻害剤に属します。
HIVウイルスが人間の細胞に入り込むとまずたんぱく質合成系を支配し、ウイルスの組み立てに必要なたんぱく質鎖を作りますが、増殖に必要な大きさに切断する必要があります。それを行なうのがプロテアーゼと呼ばれる酵素です。従来はこの酵素の働きを阻害する治療が行なわれてきましたが、プロテアーゼ阻害薬の長期服用は高脂血症、耐糖能異常などの副作用を起こしやすいことがわかってきました。そこでこれに取って代わる治療薬が、逆転写酵素を遮断する働きを持つ逆転写酵素阻害剤です。この薬剤にはヌクレオシド系と非ヌクレオシド系の2種類があり、フマル酸テノホビルジソプロキシルとエムトリシタビンが属するヌクレオシド系は、ウイルスが逆転写を開始する際にニセの核酸を結合させることでDNAの合成ができなくなるよう働きます。

一方、ビラデイのキードラッグとなる成分がエファビレンツです。エファビレンツはフマル酸テノホビルジソプロキシルとエムトリシタビンと同じく逆転酵素阻害剤ですが、非ヌクレオシド系に含まれ、逆転写酵素に直接結びついてHIVウイルスを不活性化させるという点でその作用は異なります。またプロテアーゼ温存療法として、HIV治療ガイドラインでは初回服用での使用が推奨されている成分でもあります。

ビラデイは、FDA(米国食品医薬品局)から承認された最初の3剤配合であるHIV治療薬「アトリプラ」のジェネリック薬で、従来の多剤服用の煩わしさから解放されるだけでなく、飲み忘れによる耐性出現の防止、またオリジナル薬では1ヵ月に1000米ドル以上かかるとされる高額な薬代の負担を大幅に減らしてくれる画期的なジェネリック薬でもあります。

 

他の商品との比較

1錠にフマル酸テノホビルジソプロキシル、エムトリシタビン、エファビレンツの3剤が配合されています。

単剤またはほかのHIV-1治療薬と併用して使用するHIV-1感染の治療薬です。

HIV-1の増殖に必要な逆転写酵素を遮断する助けをし、血中のHIV-1量を低減させます。

T細胞の数を増やし、免疫系の改善を助ける働きをします。

体重が40キロ以上ある12歳以上の治療に使用できます。

フマル酸テノホビルジソプロキシル、エムトリシタビン、エファビレンツの合剤は日本では発売されていませんが、海外ではAtriplaなどの名前で発売されています。

 

特別な注意

【禁忌】
・ビラデイの成分に対し過敏症の既往歴のある人

【慎重服用】
・妊婦または妊娠を計画している人
・授乳中の人
・腎臓に障害のある人、または腎臓透析治療中の人
・骨に問題のある人
・肝臓に障害のある人(B型肝炎を含む)
・精神疾患の既往歴のある人、ドラッグまたはアルコールを摂取中の人

【使用上の注意】
・ビラデイの服用中止後12週間は妊娠しないようにしてください。
・ホルモン系避妊(ピル、注射、インプラントなど)を信頼しないでください。ビラデイはこれらの避妊効果を無効にするおそれがあるため、ほかの避妊方法を使用している場合でもコンドームやペッサリーなど信頼できる防膜的な避妊を実行してください。
またビラデイの服用中止後12週間は避妊を継続してください。
・眠気などビラデイと類似の副作用を引き起こすアルコールやほかの薬剤との併用は、これらの副作用を増強させるおそれがあります。
・医師の確認なしに、ほかの薬剤(処方箋薬、漢方なども含む)を併用しないでください。
・12歳未満および65歳以上の高齢者に対する安全性は確立していません。

【その他の注意】
・ビラデイをはじめとするヌクレオシド類似体を含む薬剤の使用により重篤な乳酸アシドーシスの発症が報告されています。極度の疲労・虚弱、異常な筋肉痛、呼吸困難、吐き気や嘔吐を伴う胃痛、手足の冷え、めまい、頭のふらつき、異常な心拍などを症状があらわれた場合は、ただちに医師に相談してください。
・ビラデイと類似の薬剤を服用している人で、肝臓肥大や脂肪肝などを伴う肝毒性と呼ばれる重篤な肝臓障害の発症が報告されています。皮膚または白目が黄色味を帯びる(黄だん)、尿色の変化(暗色)、大便の色の変化(淡色)、数日にわたる食欲不振、吐き気、下胃周辺部の痛み(腹部痛)などの症状があらわれた場合は、ただちに医師に相談してください。
・体重過剰(肥満)またはビラデイをはじめとするヌクレオシド類似体を含む薬剤を長期間服用している女性の場合は、乳酸アシドーシスや肝臓障害がより顕著にあらわれることがあります。
・B型肝炎(HBV)を伴う人でビラデイの服用を中止した人は、肝炎を再発するおそれがあります。再発は以前よりも悪化した状態で突然にあらわれます。HBVを伴う人でビラデイの服用を中止した人は、肝炎の悪化を確認するための医療検査、血液検査など、数ヵ月間にわたる密接な医学的フォローアップを受ける必要があります。なお、ビラデイはHBVに対する治療効果は照明されていないため、HBVの治療については担当医に相談してください。

 

他の薬との併用

【併用禁忌】
・コンビビル(ラミブジン/ジドブジン)、コンプレラ、エムトリバ、エピビル、エピビル-HBV(ラミブジン)、エプジコム(アバカビル硫酸塩/ラミブジン)、スタリビルド、トリジビル(アバカビル塩酸塩/ラミブジン/ジドブジン)、ツルバダ、ビリアード、サスチバ
・ブイフェンド(ボリコナゾール): ビラデイの効果を減弱または副作用のリスクが上昇することがあります。
・ヘプセラ(アデホビルジピボキシル)

【併用注意】
・フォートベイス、インビラーゼ(サキナビル)、ビアキシン(クラリスロマイシン)、ノキサフィル(ポサコナゾール)、スポラノックス(イトラコナゾール)、ビクトレリス(ボセプレビル)、オリシオ(シメプレビル): ビラデイと併用する場合は、ほかの薬剤に変更してください。
・カルシウムチャンネル遮断薬(カーディゼムまたはチアザック(ジルチアゼム)、コベラHSまたはイソプチン(ベラパミル)、クリキシバン(インジナビル)、セルゼントリー(マラビロック)
・免疫抑制薬(シクロスポリン(ゲングラフ、ネオーラル、サンディミュンなど)、プログラフ(タクロリムス)、ラパミューン(シロリムス)、メサドン、マイコブチン(リファブチン)、リファンピン): ビラデイと併用する場合は減量が必要なことがあります。
・コレステロール低下剤(リピトール(アトルバスタチン)、プラバコール(プラバスタチンナトリウム)、ゾコール(シンバスタチン): ビラデイと併用する場合は減量が必要なことがあります。
・抗うつ薬(ブプロピオン(ウェルブトリン、ウェルブトリンSR、ウェルブトリンCL、ザイバン)、ゾロフ(セルトラリン): ビラデイと併用する場合は減量が必要なことがあります。
・ビデックス、ビデックスEC(ディダノシン)、テノホビル(ビラデイ有効成分): ディダノシンの血中濃度を上昇させるおそれがあり、副作用をもたらすおそれがあります。ビラデイとディダノシンを併用する場合は注意深く観察してください。またディダノシンの使用量の変更が必要になることがあります。
・レイアタッツ(アタザナビル硫酸塩)、プレジスタ(ダルナビル)とノルビル(リトナビル)、カレトラ(ロピナビル/リトナビル)、またはハーボニ(レジパスビル/ソホスブビル): これらの薬剤は血中のテノホビルDF(ビラデイの有効成分)の量を上昇させるおそれがあり、さらなる副作用を出現させるおそれがあります。レアタッツとビラデイの併用は推奨されていません。ビラデイ、プレジスタおよびノルビルを併用、もしくはビラデイとカレトラを併用している場合は、さらなる観察が必要になることがあります。エファビレンツを服用している場合、カレトラを増量してください。
・発作の治療薬(ジランチン(フェニトイン)、テグレトール(カルバマゼピン)、フェノバルビタールなど): ほかの薬剤への変更、または体内の薬剤レベルを随時確認することがあります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに使用してください。
次回の使用時間が近い場合は、使用し忘れた分は飛ばして、次回分から使用してください。
2回分を1回に使用することは絶対におやめください。

 

副作用

ビラデイを服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

●主な副作用
めまい、頭痛、睡眠障害、眠気、注意力散漫、異常夢、発疹、疲労感、胃のむかつき、嘔吐、腹部膨満、下痢

●極稀に起こる副作用
体脂肪変化、皮膚変色、膵臓炎、アレルギー反応(顔面・口唇・舌・喉の腫れを含む)、息切れ、疼痛、胃痛、虚弱、消化不良、重篤なうつ症状、異常思考、不満行動、自殺思慮、自殺企図、腎機能障害、肝臓障害、骨塩密度変化

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-01-29
HIV薬耐性の増加が研究で明らかに(【HealthDay】より) - この薬剤はAIDSを引き起こすウイルスであるHIV感染の治療および予防に主要な役割を果たすため、この結果は予想外であり、驚いた、と研究者たちは語る。「テノホビルはHIVに対する医学設備の重要な部分であり、この薬に対して.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-03-13
エンテカビルもテノホビルもHBV慢性感染に対する長期臨床使用は有効(ニュース・メディカルより)― トルコの臨床試験でHBV慢性感染者にエンテカビルまたはテノホビルを使用したところ、肝硬変の有無にかかわらず、長期のウイルス学的・生化学的治療反応が効果的に維持された。研究者らによると、一部の患者は肝細胞が.... 続きを読む

2014-11-25
テノホビルはB型肝炎ウイルスを8年間にわたり継続的に抑制(エイズマップより)― テノホビルを8年間投与しているB型慢性肝炎患者のほとんどがウイルス抑制を維持していた。この結果は、米国ボストンで今月開催された米国肝疾患学会(AASLD)で発表された。血清学的な奏効率は経時的に増加し、腎臓・骨関.... 続きを読む

2014-07-09
テノホビルベースのPrEPがHSV-2感染を低下させた(ヒーリオより)― ワシントン大学(the University of Washington.)の研究者らによると、男女間で、テノホビルベースのHIV暴露前予防投薬は単純ヘルペスウイルス2型のリスクも有意に低下させた。「HIV感染者にHSV-2の罹患率が高いこと、そしてHSV-2がHIV感染の有意.... 続きを読む

2014-04-04
ARVが「HIV感染を防止するかもしれない」(インディペンデント・オンラインより) - 抗レトロウイルス(ARV)治療薬テノホビルを製造する米国のバイオテクノロジー企業、ギリアド・サイエンシズ(Gilead Sciences)は、医薬品規制協議会(MCC)が、性交によるHIV感染の予防のためARV薬の使用を可能にする適用に判断を.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-06-12
1日1回の薬剤投与で静脈注射薬物使用者におけるHIVリスクが低下(メドページ・トゥデイより) - テノホビル(ビリアード)を1日1回投与すると、注射薬物使用者におけるHIV感染を予防できることが、研究者らによって報告された。米国疾病対策予防センター(CDC)のマイケル・マーティン(Michael Martin)博士らによれば、バンコクに.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-02-19
B型肝炎ウイルスとHIVの重複感染患者ではテノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用するとB型肝炎ウイルス抑制の可能性が高まる(エイズマップより) - ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)とB型肝炎ウイルス(HBV)に重複感染した人を対象とした研究において、テノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用する抗レトロウイルス療法が、B型肝炎ウイルスの複製を検出限界.... 続きを読む

2013-01-29
成人及び子供のHIV初回治療に対し、エファビレンツがネビラピンより安全な選択であることを系統的レビューが確認(エイズマップより) - エイズ(AIDS)オンライン版で発表されたメタ分析の結果によると、エファビレンツは、抗レトロウイルス療法を開始する成人と子供にとってネビラピンより安全な選択である。エファビレンツ服用患者に比べ、ネビラピン.... 続きを読む

2013-01-13
ナイジェリア(アフリカ):抗レトロウイルス療法の第一選択薬としてテノホビルを用いる利点が薬剤耐性データにより判明(エイズマップより) - ウイルス学的応答欠如のリスクが高いナイジェリアのHIV感染者で、テノホビル(TDF)をベースとした一次治療を受けている患者は、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)耐性変異が少なく、二次治療での高活性型NRTI薬の選択肢が多く.... 続きを読む

2012-12-05
青少年のB型肝炎の鎮静化に成人用抗ウイルス薬が有効(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 成人用抗ウイルス薬のフマル酸テノホビルジソプロキシル(テノホビルDF)は、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している青少年の治療に安全で有効なことが最近の臨床試験で明らかにされた。試験結果は、米国肝臓学会.... 続きを読む

2012-11-12
NRTI治療に耐性を持ったHBV慢性感染者にはテノホビルが有効(ヘアリオより) - HBV慢性感染者は、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)による初期治療に失敗することがある。ある研究によれば、そうした患者の大半はその後のテノホビル治療でウイルス抑制が認められた。この研究は、肝臓学会議.... 続きを読む

2012-10-16
これは次世代HIV予防策?(テイクパートより) - 女性のための次世代HIV予防策が実現するかもしれません。それは、抗レトロウイルス薬テノホビルなどの薬剤を最長で90日間供給する膣内リングです。このリングは完全にコンドームに取って代わる訳ではありませんが、.... 続きを読む

2011-10-18
欧州の新規HIV治療ガイドラインにより治療勧告が広まる一方、薬剤不足の可能性が予測される(エイズマップより) - 欧州エイズ学会(European AIDS Clinical Society:EACS)によるHIV患者のための治療ガイドライン新版が、セルビア(ベオグラード)で開催された第13回欧州エイズ会議で先週発表された。 続きを読む

2008-08-04
結核がHIV治療を阻む‐研究報告(BBCニュースより) - 研究者らによると、患者が結核(TB)治療中の場合、HIV療法から最大の効果が得られない可能性があるという.... 続きを読む

2008-03-24
抗レトロウィルス薬はHIVの性交感染を防げるか(ABCヘルスデイニュースより) - マウスを用いた試験では、HIVの蔓延防止に抗レトロウィルス薬が役立つ可能性が高いことが示された。通常、抗レトロウィルス薬はHIV感染者の治療に用いられるのだが、この薬にHIVウィルス感染予防効果もある可能性があることが、ダラスにある.... 続きを読む

2006-07-13
米国にて3剤混合HIV薬が認可を受ける(BBCニュースより) - 米国にて3剤混合HIV薬が認可を受ける。一日一回投与の3剤混合HIV薬剤が米国食品医薬品局(FDA)にて初めて認可された。今回かなりの速さで認可されたアトリプラは.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。