がん治療 - このカテゴリーの人気商品!!

価格:170 円 価格:21770 円 価格:52000 円
サイトタム/シトタム (クエン酸タモキシフェン) 20mg シーヌ (ロムスチン) 10mg ソラフェナット(ソラフェニブ)200mg 
エストロゲン受容体陽性、及びエストロゲン受容体不明乳がんの治療薬!エストロゲン(女性ホルモン)の活動を抑制することによってがんの増殖を抑制する抗エストロゲン剤!ノルバデックスのジェネリック! がん細胞のDNAに致命的な障害を及ぼし、がん細胞の増殖を阻害する抗ガン剤!有効成分ロムスチンは脳への移行がよいため脳腫瘍治の第一選択薬! ネクサバールのジェネリック薬の分子標的薬!がん細胞の増殖因子だけに働きかける新しいタイプの抗がん剤!肝細胞がんや胃がんに対する効果も期待されています!
※注意:この商品のご購入には、薬監証明などの書類が必要になることがあります。

 

がん治療 - 新しく追加した商品

価格:64800 円

ダサニックス(ダサチニブ)100mg

主に慢性骨髄性白血病に効果を発揮する分子標的治療薬!細胞増殖を促すシグナル伝達を遮断して白血病細胞を死滅させ、骨髄の働きを正常に戻します!イマチニブが効かなくなった人にも最適!スプリセルのジェネリック薬!
※注意:この商品のご購入には、薬監証明などの書類が必要になることがあります。

価格:18720 円

ゲモキセン(ゲムシタビン)1g

がん細胞の増殖を抑える代謝拮抗薬!細胞のコピーに不可欠なDNAの合成を妨げ、死滅へと導きます!主に非小細胞胚がん、膵がん、胆道がん、手術不能または再発乳がんなどに有効!ジェムザールのジェネリック薬!

価格:326850 円

クリゾニックス(クリゾチニブ250mg)

がん細胞の増殖過程における指令系統を分子レベルでブロック!細胞の増殖を抑制することで、がんの縮小が期待できます!特にALK遺伝子に変異がある非小細胞肺がんに効果的!ザーコリのジェネリック薬!

価格:489650 円

タグリックス(オシメルチニブメシル酸塩)80mg

世界初!薬剤耐性に特化して開発された、非小細胞肺がんの治療薬!従来の治療薬では効果があらわれず、T790M変異が陽性であることが確認された人に最適!タグリッソのジェネリック薬!

価格:62980 円

サニティックス(スニチニブ)50mg 

腎細胞がんの進行を抑える分子標的薬!がん細胞の増殖に必要なたんぱく質の生成を集中的に阻害します!ただしがんを根治する効果はありません!消化管過質腫瘍や脳神経分泌腫瘍に対しても効果を発揮します!
※注意:この商品のご購入には、薬監証明などの書類が必要になることがあります。

価格:58950 円

タイケルブ(ラパチニブ)250mg ‐ 42錠 (インド市場向け)

乳がん治療の新しい経口分子標的薬!細胞の悪性化に関係するたんぱく質を攻撃し、その増殖を抑えます!トラスツズマブでは効果のあらわれない人や、治療後に悪化してしまった場合に効果的!
※注意:この商品のご購入には、薬監証明などの書類が必要になることがあります。

 

がん治療 - 全商品一覧(100)

がん治療--乳がん (24)

がん治療--血液のがん(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫) (8)

がん治療--皮膚がん (5)

がん治療--脳腫瘍 (3)

がん治療--前立腺がん (10)

がん治療--胃がん (3)

がん治療--その他 (28)

がん治療(取扱い無し・要問合せ) (5)

 

がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2016-10-14
心臓疾患に処方される一般的なβ遮断薬に抗がん作用(【News-Medical.Net】より) - プロプラノロールは、不整心拍やほかの疾患に処方されるβ遮断薬で、有意な抗がん作用を持つ、と『ecancermedicalscience』で発表された新しい医療研究を行なった研究者たちが語っている。がん対策基金、ベルギー、アメリカ拠点のグローバル・キュアによ.... 続きを読む

2016-10-14
アルギニンの食事摂取量が、がんへの免疫反応向上の可能性(【Medical News Today】より) - スイス・イタリアーナ大学(USI)と提携している生体臨床医学調査研究所(IRB)の主導による研究で、食べ物から摂取されるアミノ酸のひとつであるL-アルギニンが、T細胞と呼ばれる特定型の免疫細胞の活性を促進することを発表した。L-アルギニン.... 続きを読む

2016-09-16
乳がん治療薬の子宮内膜の副作用をおそれる女性を、研究が安心させられるかもしれない(【News-Medical.Net】より) - ロヨラ・メディシンの研究員たちによる研究が、乳がん治療薬のタモキシフェンが子宮がんのリスクを増加させるかもしれないことを危惧している患者を安心させる助けになるかもしれない。 この多機関研究は『ネイチャー・ジャーナル.... 続きを読む

2016-06-30
パセリとディルががん攻撃に有効(【MedicalNewsToday】より) - モスクワ物理工科大学(MIPT)、ゼリンスキー有機化学研究所(RAS)、発生生物研究所(RAS)、細胞生物物理学(RAS)から成るロシアの科学者チームが、抗がん活性を持つ新薬への効率的なアプローチを提案した。その化合物の合成は、パセリと.... 続きを読む

2016-06-14
メラトニンを充填したNLCsがタモキシフェンの効果を増強(【News-Medical.Net】より) - メラトニンが充填された小さな脂質の気泡がタモキシフェンをさらに効果的にする。睡眠ホルモンであるメラトニンで満たされた小さい気泡は、乳がんの治療をより効果的するため抗ガン剤の服用量が少なくて済み、重篤な副作用.... 続きを読む

2016-04-21
アスピリンはがん患者の生存率を最大5分の1延長させる可能性(【Medical News Today】より) - PLOS One誌で発表されたこの研究は、低用量のアスピリンの服用ががん患者の生存率を最大で5分の1上昇させ、またがんの拡大を減少させる可能性もあることを示唆している。アスピリンは主に痛み、熱、そして炎症の治療、また抗血小板の.... 続きを読む

2016-03-04
少量のアスピリン常用が大腸がんを予防(【Medical News Today】より) - アスピリンの長期服用は、わずかではあるものの明らかに全体的ながんリスク、特に消化管(GI)腫瘍の減少と関係している。歴史的に、アスピリンは頭痛や関節炎、筋肉痛をはじめ、心臓血管疾患(CVD)の治療や予防によく使用されている.... 続きを読む

2016-03-01
オメガ3群が肥満女性の乳がんリスクを下げる可能性(【Medical News Today】より) - この研究は非盲検の形式で実行され、標準体重、体重過多、肥満の乳房密度の高い閉経女性266人を無作為化した臨床試験である。結果は「がん予防調査」誌で発表された。ペンシルバニア州ハーシーにあるペンシルバニア大学医学部の内分泌学.... 続きを読む

2016-02-04
ベルケイドのレブラミド/デキサメタゾンへの追加は多発性骨髄腫と新たに診断された患者の生存率を改善(【CancerConnect】より) - レブラミド(レナリドミド)とデキサメタゾンとの併用治療へのプロテアソーム阻害薬ベルケイド(ボルテゾミブ)の追加投与が、直ちに造血幹細胞移植を受ける意思のない多発性骨髄腫患者に対する初期治療として使用された.... 続きを読む

2016-01-15
糖尿病治療薬メトホルミンが膵臓がんの進行を阻止することが研究で明らかに(【Medical News Today】より) - 糖尿病治療薬であるメトホルミンの効果に隠された膵臓がんの進行抑制という新しい機序を、マサチューセッツ総合病院(MGH)の研究員が見つけたかもしれない。オープンアクセスジャーナルである『PLOSワン』で発表された彼らの研究において.... 続きを読む

2015-12-10
術前化学治療後疾病を持つ乳がん患者の転帰をカペシタビンが改善(【Medical News Today】より) - 12月8-12日に開催されたサンアントニオ乳がん学会議2015で発表された臨床試験CREATE-XフェイズIIIの結果によると、手術前の化学療法では排除不可能なHER2陽性乳がんを患う女性の無病生存率を、化学療法薬のカペシタビンを利用した治療が引き上げているそうだ.... 続きを読む

2015-12-08
がんによる静脈血栓塞栓症に対するワルファリンの使用は安全(【MedPage Today) - レジストリ研究において、抗凝固療法を低分子量ヘパリン(LMWH)からワルファリンに切り替えたがんによる血栓症を患う患者は、6ヵ月経過後も安全であった。オンタリオ州ハミルトンにあるマクマスター大学のチャトリー・チャイ・アジサクソファ博士に.... 続きを読む

2015-11-19
アスピリンにがん予防に対する新作用の可能性(【その他ソース】より) - アスピリンは大腸がんのリスクを減少させ、またほかのがんに対してもその可能性があることが知られている。しかしながら、場合によって起こる重篤な胃腸出血などの副作用のリスクがあるため、予防薬としてさらに広く推薦する前にア.... 続きを読む

2015-10-14
一般的な乳がん治療薬がMRSAの攻撃を助ける可能性(【MNT】より) - 抗生物質に対する耐性は世界中で問題になっている。我々がさらにこの問題に取り組まない限り、「ポスト抗生物質時代」に向かうことを世界保健機関が昨年警告している。そして今、一般的に乳がん治療に使用されている薬.... 続きを読む

2015-09-04
アスピリンはがん治療にどのように役立つのか?(【Medical News Today】より) - がんと闘うためにアスピリンを使用することは依然として的外れであると研究者たちは警告しているが、マウスの実験では有望であることが証明されている。 がん細胞は増殖するために免疫細胞に「わな」を仕掛けているらしい、という.... 続きを読む

2015-09-03
アスピリンががん治療の効果を促進させるかもしれない(【News-Medical】より) - 英国がん研究所が設立したフランシス・クリック研究所の研究者たちは、皮膚、胸そして大腸がん細胞は、膨大な量のプロスタグランジンE2(PGE2)を頻繁に生成していることを発表した。PGE2は欠陥細胞を攻撃するという免疫システムの.... 続きを読む

2015-08-18
肥満による発がんリスクをアスピリンが減少させる(【MNT】より) - 研究者たちは、特に結腸がんや子宮がんなどのがんのリスクを上昇させる遺伝障害であるリンチ症候群を持つ937人を対象に、アスピリンの10年間の効果を評価した。 これらの患者において、太り過ぎの人は大腸がんとして知られる結腸がんのリス.... 続きを読む

2015-07-28
乳がん患者の性交中の痛みをリドカインが緩和(【MNT】より) - オレゴン健康科学大学(OHSU)の科学者たちは、乳がん治療の一般的な副作用である性交中の痛みを、戦略的に液体リドカインを投与することで緩和できる可能性があることを報告している。この研究は『臨床腫瘍学ジャーナル』.... 続きを読む

2015-07-21
糖尿病治療薬「アクトス」がすい臓がんリスクを上昇させるという概念を研究が否定(【Medline Plus】より) - 過去に行なわれた小さな研究において糖尿病治療薬である「アクトス」が膀胱がんのリスクを高くする可能性があることが示唆されたが、そのような効果はないことが新規の大規模な研究でわかった。しかしながら、その研究で.... 続きを読む

2015-07-13
転移性肺がんの一次治療にFDAが標的療法を承認(【FDA】より) -イレッサ(ゲフィチニブ)はキナーゼ阻害剤で、特定のEGFR遺伝子によるがん細胞の増殖を促進する働きを持つたんぱく質を遮断する。この薬は、NSCLC(エクソン19の欠質またはエクソン21 L858R遺伝子突然変異置換).... 続きを読む

2015-07-07
アスピリンが中皮腫の進行を阻害する可能性があることが研究で明らかに(【News-Medical】より) -この研究結果は、世界中で年間3200人の死者を出す深刻な病気と闘う医師および患者にとって、いずれ新しい治療方法となる可能性があり、またほかのがんと取り組むための、さらに進んだ知識を与えることになるかもしれな.... 続きを読む

2015-06-24
バイアグラと高い皮膚がんリスクとの関連性(【Medical News Today】より) -研究者たちがスウェーデン人男性2万人の健康記録を分析した結果、関連性は見つかったものの、シルデナフィル(バイアグラ)およびほかの同等クラスの勃起不全薬(ED薬)は皮膚がんの原因になりえない“だろう”と.... 続きを読む

2015-06-06
初期乳がんにおける再発予防にはタモキシフェンよりもアナストロゾールが有効(【Cancerconnect.com】より) - 非浸潤性乳管がん(DCIS)として知られる一般的な乳がんには、タモキシフェンよりもアリミデックス(アナストロゾール)の方がよりよい再発予防効果をもたらす可能性があるようだ。この結果は2015年米国臨床腫瘍学会の年次総会.... 続きを読む

2015-05-13
スタチン製剤がADT療法中の前立腺がん進行を遅らせる可能性(【cancerconnect.com】より) - 前立腺がん治療でアンドロゲン除去療法を開始する際に、コレステロールを低下させるスタチン製剤を服用していた男性では、そうでない人と比較してより長い間病状がコントロールされたことがダナ・ファーバーがん.... 続きを読む

2015-04-13
乳癌は男性でも女性ほど多くはないが発症例あり(モリスヘラルド・ニュースより)― セネカとマルセイユの間に住むハンク・エングルハウプト(Hank Englehaupt)さんは、まさか自分が医師から乳癌と診断されるとは思ってもいなかった。2002年、告知された。現在71歳になり、乳癌に対する化学療法による足の神経障害を患.... 続きを読む

2015-04-13
乳癌は男性でも女性ほど多くはないが発症例あり(モリスヘラルド・ニュースより)― セネカとマルセイユの間に住むハンク・エングルハウプト(Hank Englehaupt)さんは、まさか自分が医師から乳癌と診断されるとは思ってもいなかった。2002年、告知された。現在71歳になり、乳癌に対する化学療法による足の神経障害を患.... 続きを読む

2015-04-10
イマチニブがEphB Ablシグナル経路を阻害するとともに、結腸直腸癌を抑制(結腸がんニュースより)― スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)とシンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University)の研究者らは、白血病に用いるイマチニブ(チロシンキナーゼ阻害剤)で、腸腫瘍の発現を抑制できることを明らかにした。研究表題は「Na EphB Abl.... 続きを読む

2015-04-10
ソラフェニブ投与で、補体調節タンパク質の発現が減少し、リツキシマブとオファツムマブの有効性が向上(血液がんジャーナルより)― 慢性リンパ性白血病の治療は大きな進歩をみせているものの、未だ根治的な治療は存在せず、有効性を向上させるための新たな治療法が早急に必要とされる。免疫化学療法における抗CD20モノクローナル抗体は、慢性リンパ性.... 続きを読む

2015-04-10
ソラフェニブ投与で、補体調節タンパク質の発現が減少し、リツキシマブとオファツムマブの有効性が向上(血液がんジャーナルより)― 慢性リンパ性白血病の治療は大きな進歩をみせているものの、未だ根治的な治療は存在せず、有効性を向上させるための新たな治療法が早急に必要とされる。免疫化学療法における抗CD20モノクローナル抗体は、慢性リンパ性.... 続きを読む

2015-03-23
アスピリンやCOX-2阻害薬の服用者ではIII期大腸がんの治療成果がよりよいとの結果(【がんコネクトニュース】より) -がんコネクトニュース: 国立がん研究所の機関誌にこのほど掲載された研究結果によると、アスピリンや補助化学療法実施前後にシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)を阻害する薬を使用しているIII期大腸がんの.... 続きを読む

2015-03-15
オーストリアの専門家らによれば、癌予防にアスピリンを用いると数百人の死亡を回避できる可能性(スタンダード・デジタルより)― 50歳以上の人に定期的に低用量アスピリンを10年間以上投与すると、食道・胃・大腸癌の死亡率が有意に減少する可能性のあることが、金曜日に発表された。製薬会社ラナッハ(Gerot Lannach)社の主催する科学会議において、ロンドン.... 続きを読む

2015-02-25
乳癌の予防にタモキシフェン:IBIS-I乳癌予防試験の長期にわたる延長追跡調査(メッドスケープより)― IBIS-I試験は、1992~2001年に乳癌の発症リスクが高いとみられた35~70歳の閉経前・閉経後女性を登録し、タモキシフェン又はプラセボのいずれかに無作為に割り付け、5年間投与したランダム化比較試験である。本試験では7,000人.... 続きを読む

2015-02-24
抗癌剤としてのクラリスロマイシン(EurekAlert!より)― 抗生物質の一つが、抗癌剤への適応拡大に適した薬剤の仲間入りをする可能性がある。この新たな研究は、ReDO(癌目的以外の既存薬に抗癌作用を見出し抗癌剤として適用拡大する)プロジェクトによるもので、eキャンサー・.... 続きを読む

2015-02-02
メトホルミンが非喫煙・糖尿病患者の肺がんリスクを下げる可能性(DDDマガジンより)― 米国癌学会(American Association for Cancer Research)のジャーナル『キャンサー・プリベンション・リサーチ(Cancer Prevention Research)』に掲載の研究によると、喫煙しない糖尿病患者で、メトホルミン(糖尿病治療薬)の服用者は肺がんリスクが低下していたとい.... 続きを読む

2014-12-01
処方箋不要の制酸薬が癌の治療に役立つ可能性(ヘルス・エイムより)― 癌治療と言えば、化学療法が最も良く知られているが、最近の研究結果により、消化不良の非処方箋薬が、癌細胞の治療に役立つ可能性のあることが示された。消化不良、胃潰瘍、胃食道逆流性疾患(GERD)患者に処方される一般.... 続きを読む

2014-11-26
ごく一般的な制酸薬が安価な抗癌剤となり得る仕組み(メディカル・エキスプレスより)― 欧州の医学誌eキャンサー・メディカル・サイエンス(e-cancermedicalscience)に掲載された研究によれば、一般的な消化剤で大腸癌の生存期間が延長するという。これについて長年研究が重ねられてきているものの、この研究がなぜ広く浸透しな.... 続きを読む

2014-10-06
癌の再発予防に有用な薬剤(WBALTVより)― 乳癌を克服した患者の多くが、自らの経験談として、癌の再発を予防するために、医師と患者が薬剤投与などの長期的戦略計画に取り組むことで、生存し得る場合が多いと話す。マーシー医療センター(Mercy Medical Center)の腫瘍医である.... 続きを読む

2014-09-30
再発卵巣がんにレナリドミドが有効(ヒーリオより)― 遅発性の再発卵巣がんの女性を対象とした第II相試験の結果によると、継続的なレナリドミド治療の有効性が証明されたという。フランス、AP-HP(Assistance Publique ― Hopitaux de Paris)腫瘍内科のフレデリック・ゼレMD(Frederic Selle, MD)と共同研究者らは.... 続きを読む

2014-08-08
がん予防に対するアスピリンの利点がリスクを上回る可能性(デイリー・ダイジェスト・ニュースより)― 新しい研究が、がん予防のためにアスピリンを服用する潜在的な利点は、そのリスクを上回る可能性があることを示している。定期的にアスピリンを服用すると、胃、腸などの消化管の主要ながんおよび食道がんを予防でき.... 続きを読む

2014-08-08
予防薬として認可する時が来たタモキシフェン(ザ・テレグラフより)― 実績があるだけではなく薬価が低い(7ペンス/日)のがタモキシフェンです。35歳以上で、その家族歴から乳がん発症リスクが17%を超える女性は48万8千人に上ると推定されており、医師は彼女たちにタモキシフェンまた.... 続きを読む

2014-07-21
ER陽性乳がんに対するエキセメスタンの長期ネオアジュバント療法で結果が改善(ヒーリオより)― 多施設共同第II相試験の結果によると、ER強陽性の閉経後乳がん女性にエキセメスタンのネオアジュバント療法を6カ月行ったところ、治療の3カ月時点よりも終了時のほうが結果は優れていたという。ネオアジュバントと.... 続きを読む

2014-07-15
乳癌治療薬をゲルとして使用すると副作用が少ない可能性がある(ヘラルド・スコットランドより)― 研究者らは、何千人もの女性が乳癌の治療に役立てるため使用している錠剤をゲル製剤で使用すると、副作用が低減する可能性があることを見出した。タモキシフェンは、ソルタモックス(Saltamox)と呼ばれる無糖液としても入.... 続きを読む

2014-07-11
乳癌増殖への撃退効果で注目されるメラトニンとビタミンD(ザ・スペック.comより)― ハミルトン(カナダ)で実施される小規模臨床試験において、研究者らはホルモンの一種メラトニンとビタミンDの錠剤で乳癌細胞の増殖を遅らせられることを明らかにしたいと願っている。本試験は、12月開始を予定して.... 続きを読む

2014-07-10
アスピリンが乳癌死亡リスクを半減し得る仕組み(ザ・ガーディアンより)― アスピリンを極めて低用量服用している女性においても高い効果を得られる。アスピリンは乳癌女性患者の生存確率を2倍以上向上させる可能性のあることが、研究で示唆されている。乳癌診断後にアスピリンを服用した女.... 続きを読む

2014-07-10
食事から摂るリコピンでがん予防や免疫力アップの見込み(WCPOより)― がんの予防には、夕食でピザやスパゲティを食べるという簡単なことが小さな一歩になるかもしれません。トマトに含まれているリコピンはフリーラジカルと闘う抗酸化物質です。ワシントンD.C.にある非営利団体「TPC(The Physicians.... 続きを読む

2014-07-01
膀胱癌患者におけるメトホルミンが腫瘍学的治療成績を改善する可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより)― 膀胱癌に対する根治的膀胱摘除術を受けた糖尿病患者において、メトホルミン治療が腫瘍学的治療成績の改善に関連することが、セントジョンズのニューファンドランド島で開催されたカナダ泌尿器科学会年次総会(Canadian Urological Association annual.... 続きを読む

2014-06-13
抗マラリア薬HCQの併用でタモキシフェン耐性乳がんの感受性が回復(メディカル・エキスプレスより)― 進行性閉経後ER陽性乳がんの女性の一部には、タモキシフェンにHCQを追加する治療が新しい選択肢となるかもしれない。ジョージタウン大学ロンバルディ総合がんセンター(Georgetown Lombardi Comprehensive Cancer Center)の研究者らが『クリニカル・キャン.... 続きを読む

2014-06-12
メトホルミンの使用で前立腺がんと診断されるリスクが低減(腎臓&泌尿器学ニュースより)― 糖尿病治療薬であるメトホルミンの使用は、前立腺がん(PCa)と診断されるリスクの低減に関連付けられると新たな発見が示唆している。ボストンのマサチューセッツ総合病院(Massachusetts General Hospital)のマーク・A・プレストン(Mark A. Preston)医師お.... 続きを読む

2014-06-04
エキセメスタンは乳癌の再発を防ぐことができる(FIGOより)― 米国臨床腫瘍学会(ASCO:American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表された新しい研究によると、エキセメスタンは閉経前女性の乳癌の再発予防に有効である可能性がある。現在、抗エストロゲン薬は閉経した女性にのみ処方されている.... 続きを読む

2014-05-18
メトホルミン-スタチンの組み合わせがPCaの再発率を削減(腎臓&泌尿器学ニュースより)― オーランド-糖尿病性前立腺癌(PCa)患者は、メトホルミンとスタチンを両方服用すると、根治的前立腺切除術後の生化学的再発(BCR)のリスクを低下させることができることを、研究者らが2014年米国泌尿器科学会(American Urological Association.... 続きを読む

2014-05-08
アスピリンが化学療法による聴覚消失を食い止める可能性(BBCニュースより) - 化学療法を受けている癌患者の聴覚をアスピリンで保持できるのではないか、とカーディフ(英国)の研究者らが見込んでいる。高用量アスピリンが永続的な難聴を予防するのかどうかを確認するための試験が、カーディフ.... 続きを読む

2014-04-24
ペンシルベニア大学の研究:進行性分化型甲状腺癌にソラフェニブが有効(ペンシルバニア・メディスンより) - ペンシルベニア大学アブラムソンがんセンター(Abramson Cancer Center at the University of Pennsylvania)の研究者らによる研究が、『ランセット(Lancet)』誌に発表された。この新しい研究によると、腎癌・肝癌の治療薬ソラフェニブはプラセボと比べ、転移性.... 続きを読む

2014-04-22
抗真菌薬イトラコナゾールにおける基底細胞癌の抑制作用(クリニカル・オンコロジーより) - 探索的試験において、イトラコナゾールを経口投与した基底細胞癌患者で、細胞増殖が減少し、腫瘍サイズが縮小した。今後、さらなる研究が必要と考えられる。FDA認可済みの抗真菌薬イトラコナゾール(ヘッジホッグシグ.... 続きを読む

2014-04-22
糖尿病治療薬が乳癌リスクを低下(メイン州ニュースより)― 糖尿病治療薬メトホルミンを5年間服用した女性は、それ以外の治療薬を服用した女性よりも乳癌リスクが低いことが、新たな研究で明らかにされた。本研究は、一般に入手可能な2型糖尿病治療薬が、抗癌作用を有するこ.... 続きを読む

2014-04-08
アルコール依存症治療薬がマウスの中皮腫を縮小(キャンサー・マンスリーより) - アルコール依存症の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可された薬剤が、悪性胸膜中皮腫(従来の治療法に反応しないことの多い浸潤性肺癌)を抑制する可能性があるとみられる。ジスルフィラム(商品名アンタビュー.... 続きを読む

2014-04-04
「特効薬がなければ、既に命は尽きていた」(ボルトン・ニュースより) - 十年前なら、クリス・エバンス(Chris Evans)は、余命わずか数週間というところである。32歳のエバンスさんは、死の宣告をされたも同然の慢性骨髄性白血病に罹患している。稀な疾患だが、一旦罹患すると大半の人は、診断後3~.... 続きを読む

2014-03-31
ビタミンAが前がん細胞を逆転するかもしれない(ラボラトリー・エクイップメントより) - サツマイモやニンジンに豊富に含まれるビタミンAの誘導体はレチノイン酸として知られているが、今月インターナショナル・ジャーナル・オブ・オンコロジー(International Journal of Oncology)で発表された研究によると、レチノイン酸は前が.... 続きを読む

2014-03-31
アスピリン使用が大腸癌診断後の生存率改善に関連する可能性(サイエンス・コーデックスより) - 結論:腫瘍細胞にHLAクラスI抗原の発現がみとめられた場合では、大腸癌診断後に低用量アスピリン(血小板機能の阻害作用を持つ)を投与すると、生存率が改善される可能性がある。著者: オランダのライデン大学医療セ.... 続きを読む

2014-03-17
ビグアナイド系薬剤の抗がん作用のメカニズム(メディカル・エキスプレスより) - 悪性腫瘍内には低グルコース環境があり、がん細胞がそのような環境でどうやって生き延びるのかを調べるために、ホワイトヘッド研究所のキヴァンス・ビルソイとリチャード・ポッセマトは、細胞の周りを低栄養培地が継.... 続きを読む

2014-03-10
子宮頸がん治療の向上にエルロチニブが有望(ニュース・メディカルより) - 新しい臨床研究から、分子標的抗がん剤エルロチニブは子宮頸がん治療の向上に有望なことが分かった。結果は米国がん協会(American Cancer Society)の査読付きジャーナル『キャンサー(CANCER)』オンライン版に先行発表されており、子宮.... 続きを読む

2014-02-03
基底細胞がんの治療に抗真菌薬イトラコナゾール(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 2月3日の『ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(Journal of Clinical Oncology)』オンライン版に発表された研究によると、皮膚がんの中で最も多い基底細胞がんには、イトラコナゾール治療が有用かもしれません。イトラコナゾ.... 続きを読む

2014-02-01
抗癌作用を持つ素晴らしい天然色素リコピン(ダッカ・トリビューンより) - リコピンの最も濃縮された食物源はトマトである。リコピンとは特定の果実や野菜の赤色の元となる色素の一種でカロテノイドのことである。リコピンには強力な抗酸化作用もあり、DNAやその他の脆弱な細胞構造に損傷を与.... 続きを読む

2014-01-28
メラトニンがトリプルネガティブ乳癌の成長を遅らせる可能性(ニュースワイズより) - 体の睡眠・覚醒リズムを調節するホルモンのメラトニンを使って、あるタイプの乳癌の成長を遅らせることができるかもしれない。デトロイトのヘンリー・フォード病院(Henry Ford Hospital)とサンパウロ州研究財団(Foundation for Research Support of the State.... 続きを読む

2014-01-23
健康コラム:プロゲステロンの乳癌防御能(ポスト・インディペンデントより) - ホルモン補充療法を行うべきか検討している女性が抱く最大の不安が乳癌であるというのもうなずける。マスコミや医学界は、リスクに関する包括的な発言や、具体性に欠けるお粗末な説明で、問題を混乱させただけである.... 続きを読む

2014-01-19
メラトニンは前立腺癌リスクを低下させる可能性(米国がん学会より) - 睡眠-覚醒サイクルに関与するホルモン(メラトニン)が高値であると、浸潤性(進行)前立腺癌の発症リスクが低下する可能性がある。この結果は、1月18日~21日に開催されたAACR(米国がん学会)前立腺癌財団(Prostate Cancer Foundation)によ.... 続きを読む

2014-01-02
高用量のアスピリンが前立腺癌の死亡率を削減する可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 用量75mgを超えるアスピリンを服用する男性は、アスピリンを服用しない男性と比較して、前立腺癌の死亡リスクに有意な低下を認めることが、最近の研究で示された。低用量を服用する男性においてはリスク低下がみられな.... 続きを読む

2013-12-25
シプロフロキサシンが一部の急性リンパ性白血病児の発熱を予防する可能性(ヘアリオより) - 特定種類の癌に対する化学療法を開始している小児患者の発熱を、シプロフロキサシンで予防できる可能性のあることが、オンライン版に掲載された研究結果で示された。タイのソンクラーナカリン大学(Prince of Songkla University)小児科のカ.... 続きを読む

2013-12-16
進行性非小細胞肺がんに対するエルロチニブ「発疹発現用量」戦略は有効(ニュース・メディカルより) - 進行性非小細胞肺がん(NSCLC)の患者に対し1次治療としてエルロチニブを使用した場合の全生存期間は、化学療法を施行した場合と同程度である。「オールカマー(患者から参加の同意を得ており、選択基準を設けない)」 .... 続きを読む

2013-11-29
糖尿病薬のメトホルミンが、化学療法と放射線療法との併用で肺がん患者の予後を改善する可能性(ザ・アルマゲストより) - 糖尿病治療薬メトホルミンによる放射線療法と化学療法とを併用しての悪性肺がんの治療が腫瘍の増殖および再発を遅らせる可能性があることが、第15回肺世界肺癌学会 (World Conference on Lung Cancer)での口演で発表されたペンシルバニア大学.... 続きを読む

2013-11-22
新たに進行期甲状腺癌への適応でソラフェニブの認可拡大(オンコロジー・レポートより) - ソラフェニブの認可適応疾患に、進行期の甲状腺分化癌が追加されたことを、米国食品医薬品局(FDA)が11月22日に発表した。処方情報によれば、このキナーゼ阻害剤(ソラフェニブ)は、放射性ヨード治療に効果を示さない局.... 続きを読む

2013-11-21
糖尿病治療薬が癌に有効(デジタル・ジャーナルより) - 長年用いられている糖尿病治療薬メトホルミンが、さまざまな種類の癌(子宮、肝臓、膵臓、大腸、肺、卵巣、乳房)に対し改善作用のあることが明らかとなった。メトホルミンは、患者の血糖値を下げることで2型糖尿病.... 続きを読む

2013-11-12
一部の胃腸管間質腫瘍患者にイマチニブ投与再開が有益となる可能性(キュア・トゥデイより) - 一部の消化管間質腫瘍患者は、イマチニブとスニチニブ治療から効果を得られなくても、後にイマチニブ投与を再開することで有益性を得られることが、RIGHT試験の結果で示された。韓国ソウルの牙山医療センター(Asan Medical Center)と蔚.... 続きを読む

2013-10-15
前立腺がんと闘う「脱毛症治療薬」(メンズジャーナルより) - がんの中でも米国男性に最も多いのが前立腺がんであり、6人中1人が一生に一度は前立腺がんの診断を受けます。ところで、一般的な脱毛症治療薬が低悪性度・低侵攻性の前立腺がんリスクを43パーセント下げることを、.... 続きを読む

2013-10-11
大腸癌におけるアスピリンの有益性はHLAクラスI発現に関連(へアリオより) - 欧州がん学会(European Cancer Congress)で発表された研究結果によれば、定期的なアスピリン使用が、ヒト白血球抗原(HLA)クラスI発現腫瘍細胞を有する大腸癌患者の生存率を2倍に高める。オランダのライデン大学医療センター(Leiden University Medical Center)外科に.... 続きを読む

2013-10-07
認知機能の薬が脳腫瘍患者に有益なことが判明(メディカル・エクスプレスより) - 全脳放射線療法(WBRT)は成人の脳腫瘍の治療における有益な治療・生存手段であることが判明しているが、長期的な脳機能・能力に対するWBRTの効果は大きく懸念されている。このため、エモリー大学のネル・ホジソン・ウッ.... 続きを読む

2013-10-03
大腸癌におけるアスピリンの有益性を見出す手がかり(エブリデイ・ヘルスより) - 腫瘍検体1,000検体を分析したところ、アスピリンによる大腸癌の延命効果は同剤の持つ抗血小板作用と相関するが、一般的な腫瘍の変異や癌の病因・病理に関連する酵素には関連しないことが示された。ヒト白血球抗原(HLA)クラ.... 続きを読む

2013-10-01
5年以上のタモキシフェン服用はすべてのER陽性乳がん女性に有益なことを研究で確認(メディカル・エキスプレスより) - タモキシフェンを推奨の5年に加えてさらに5年間服用することは、リンパ腺への転移がない乳がん(リンパ節転移陰性乳がん)だけでなく、手術時にリンパ節転移が判明した乳がんの女性にも有益であるという。欧州がん.... 続きを読む

2013-09-23
イブプロフェンがなぜ癌増殖を食い止めるかもしれないか(メディカル・エクスプレスより) - 本学の薬学&薬理学部の科学者らによる最新の研究は、なぜ抗炎症薬であるイブプロフェンが特定の癌の増殖を食い止める可能性があるのかを示している。イブプロフェンはNSAIDとして知られている薬物群の1つで、パラセタ.... 続きを読む

2013-09-04
乳がんの薬が400人以上の女性の命を救うことを研究が示す(ザ・ガーディアンより) - タモキシフェンは毎年13,000人の女性に処方される - しかし、深刻な副作用ため多くの患者がコースを終えることがない。研究によると、時に深刻な副作用はあるものの、この最もよく使われる乳がんの薬のフルコースを受ければ.... 続きを読む

2013-09-03
長期的アスピリン使用が女性の大腸癌を減少させる可能性(ヘアリオより) - 米国内科学会誌(Annals of Internal Medicine)に掲載された研究結果によれば、低用量アスピリンの隔日使用が10年後の女性大腸癌リスクを低下させるという。乳癌または肺癌にリスク低下は認められなかった。先行研究ではアスピリンの連日使.... 続きを読む

2013-06-18
1日1錠のアスピリンでがんが予防できる?研究がこの鎮痛剤でDNAの損傷を遅らせることができると示す(メディカル・デイリーより) - アスピリンは特定のタイプのがんの発症リスクを低下させることで知られているが、科学者はその正確なプロセスは分からないままだった。先日、研究者らは、この処方箋なしで購入できる抗炎症薬が、バレット食道と呼ば.... 続きを読む

2013-06-18
進行した甲状腺分化癌患者の腫瘍増殖をソラフェニブが阻止(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - 腎臓癌と肝癌に対する抗癌剤ソラフェニブ(ネクサバール)は、遠隔転移を有する甲状腺癌の進行までの期間をプラセボの約2倍延ばすことが、無作為化第III相試験(DECISION試験)の結果で明らかにされた。この結果は、イリノイ.... 続きを読む

2013-06-17
化学療法による卵巣卵の死滅を予防(サイエンス・コーデックスより) - 化学療法および放射線治療は卵母細胞と呼ばれる未成熟の卵巣卵を破損または死滅させることから、癌治療を受けた若年女性は受胎能を失うことが多い。今回、ノースウェスタン・メディシン(Northwestern Medicine)の研究者らが、化学療法に.... 続きを読む

2013-06-14
高齢のCML患者にイマチニブの間欠療法が有望(癌ネットワークより) - ある第II相試験において、慢性骨髄性白血病(CML)の高齢患者に対するイマチニブ治療を代替スケジュールで行ったところ、イマチニブ服用の必要回数を減らす有効な方法となりうることが分かった。イマチニブの1カ月服.... 続きを読む

2013-06-13
一般薬がより大きな治療につながる可能性がある(ジョプリン・インディペンデントより) - ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins)の研究者らは、一般的に使用される2つの治療薬が、他のもっと重篤な疾患の治療に有益であるかもしれないということを見出し、驚いている。これらの研究者らは、足の爪の真菌を治療する.... 続きを読む

2013-06-05
ASCO:スタチンとアスピリンが子宮癌患者の生存率を高める(メドページ・トゥデイより) - 米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表されたレトロスペクティブ解析の結果によると、β遮断薬の使用ではなくスタチンとアスピリンの使用が、子宮悪性腫瘍患者の全生存率の改善に関連している。多変量解析では.... 続きを読む

2013-06-05
GIST治療におけるイマチニブはアジュバント療法としても治療奏効維持生存を期待できる(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - ある群間比較試験の中間結果によると、限局性で外科的に切除した高・中リスク消化管間質腫瘍(GIST)の患者において、アジュバント療法としてのイマチニブは短期の無再発生存率に影響を与えるそうだ。高リスクのサブグ.... 続きを読む

2013-06-05
もっと多くの男性がアスピリン療法のベネフィットを得られるかもしれない(デイリーRxより) - 心臓病予防に1日1錠、小児用アスピリンを服用する話を聞いたことがあるかもしれない。この小さな多目的錠剤は、がんによる死亡を低下させる力も見せている。最近の研究で、毎日のアスピリンの服用が、男性のがんに.... 続きを読む

2013-06-04
「肝癌」イコール「死」ではない(hpe.comより) - エドワード・パチャサ(Edward Pachasa)さんは、1980年に腫瘍再発のため左の腎臓を失いました。そのため28年経ってから体の左側に痛みを感じたとき、おかしいと思いました。「左側には何もないのに」。ハイポイント在住の彼は、.... 続きを読む

2013-06-03
ソラフェニブ(ネクサバール)が治療抵抗性甲状腺癌の進行を5カ月遅らせる(メディカルニュース・トゥデイより) - ソラフェニブ(ネクサバール)が転移性甲状腺癌の増殖を止められる期間はプラセボの倍近い。イリノイ州シカゴで開催の米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次大会において、ペンシルベニア大学(University of Pennsylvania)のアブラムソンがんセン.... 続きを読む

2013-06-03
米国臨床腫瘍学会(ASCO):ソラフェニブに甲状腺癌の延命効果(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - 5月31日~6月4日までシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会で発表された研究によれば、標準的な放射性ヨード治療に反応を示さない甲状腺癌患者において、ソラフェニブ治療がプラセボよりも生存期間を有意.... 続きを読む

2013-06-02
タモキシフェンは10年使用したほうが乳がん再発を減らせる(ロイターより) - 英国の研究によると、乳がんの治療を終えた女性がタモキシフェンを服用する場合、推奨されている5年ではなく10年服用したほうが再発の可能性は低くなるという。この研究は大規模な国際試験の一角をなすものであり、.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-12
アスピリンは頭頸部癌との戦いを支援できる(DrBicuspid.comより) - ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサー(British Journal of Cancer、2013年3月19日、Vol. 108:5, pp. 1178-1181)に掲載された研究によると、アスピリンは頭頸部癌(HNC)を有意に防御するようである。クイーンズ大学ベルファスト(Queen's University Belfast)と国立.... 続きを読む

2013-04-12
デキサメタゾンが終末期の癌に関連した倦怠感を緩和(腫瘍学リポートより) - デキサメタゾンは、癌に関連した倦怠感の緩和においてプラセボよりも高い効果を示すことが、進行癌患者を対象とした二重盲検無作為化試験で示された。治療から14日後、慢性疾患患者の倦怠感サブスケール(FACIT-F:Functional Assessment of Chronic.... 続きを読む

2013-04-10
ファイザー社の乳がん治療薬がブレークスルー・セラピーに指定される(ハッフィングトン・ポストより) - ニュージャージー州トレントン―ファイザー社(Pfizer Inc.)は4月10日、しばしば致死的となる進行乳がんに対する試験薬が、米食品医薬品局(Food and Drug Administration : FDA)からブレークスルー・セラピー(画期的治療薬)の指定を受けたと.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-03-20
タモキシフェン服用期間を5年以上にするとさらに効果が高まる可能性(トゥルサ・ワールドより) - 読者からコモロフ先生に質問:私は数年前にER陽性乳癌と診断されました。主治医からは、癌の再発を防ぐためタモキシフェンを5年間服用するように言われています。最近、タモキシフェンはもっと長い期間服用したほう.... 続きを読む

2013-03-11
ロスバスタチンの大腸がん予防効果を評価するNCI主導治験(ニュース・メディカルより) - 3月は大腸がん啓発月間である。現在、ノースショア‐LIJがん研究所(North Shore-LIJ Cancer Institute)では、最近大腸がんの治療を受けた人たちをポリープ予防試験に登録している。この試験は米国立がん研究所(National Cancer Institute : NCI)が主導し、脂質.... 続きを読む

2013-03-11
アスピリンが致死性皮膚がんのリスク低減に関連(ABCニュースより) - 痛みと戦う有名な薬であるアスピリンが、最も致死性の高いタイプの皮膚がんであるメラノーマ(黒色腫)も予防する可能性があることが、新しい研究で明らかになった。約60,000人の閉経後の女性を対象とした研究で、定期的.... 続きを読む

2013-03-08
オレンジ・赤・黄色の食物を食べることで乳がんを予防(エブリデイ・ヘルスより) - カロテノイドとは、特定の食物をオレンジ、赤、黄色に色づける栄養素のことであり、乳がんのリスク低下に関連していることが新たな研究で示された。2012年12月10日月曜日 米国国立がん研究所(NCI)の学術機関誌(Journal of the National Cancer Institute).... 続きを読む

2013-03-01
複数の適応があるイマチニブが膀胱癌への放射線照射効果も増強(キャンサー・リサーチUKより) - 膀胱壁に広がった膀胱癌を破壊する治療法として、放射線療法があります。ある研究によって、抗がん剤イマチニブ(グリベック)にはこの放射線治療の効果を増強する可能性のあることが明らかとなり、本日、キャンサー.... 続きを読む

2013-03-01
複数の適応があるイマチニブが膀胱癌への放射線照射効果も増強(キャンサー・リサーチUKより) - 膀胱壁に広がった膀胱癌を破壊する治療法として、放射線療法があります。ある研究によって、抗がん剤イマチニブ(グリベック)にはこの放射線治療の効果を増強する可能性のあることが明らかとなり、本日、キャンサー.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-02-20
エルロチニブとセレコキシブの併用は頭頚部癌に有効(MPRより) - がん学会誌(Clinical Cancer Research)2月19日号オンライン版に掲載された研究によれば、EGFR(上皮成長因子受容体)チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)エルロチニブと、シクロオキシゲナーゼ2阻害薬セレコキシブの併用は、頭頚部癌の発症リスクの高い.... 続きを読む

2013-02-18
腎細胞癌に対するソラフェニブは高齢患者でも忍容性が良好(癌ネットワークより) - 進行腎細胞癌の治療において、血管新生阻害作用があるVEGF阻害薬ソラフェニブの使用は65歳以上の患者でも忍容性が良好であったと、レトロスペクティブ分析の結果が示している。複数の研究で、腎細胞癌(RCC)と診断され.... 続きを読む

2013-01-24
癌との闘い:昔ながらの薬剤の新たな用途(ハフィングトン・ポストより) - 自分が癌と診断されたことを想像してみてください。安全かつ有効でしかも「化学療法」による副作用のない安価な治療薬があると知ったとします。この薬は地元薬局で広く入手可能となっているのに、医師はあなたに処方.... 続きを読む

2013-01-22
乳癌の高リスク女性に対する予防薬としてのタモキシフェン(About.comより) - 英国では、主力医薬品であるタモキシフェンが、乳癌に対する予防薬として投与されるようになる可能性がある。今回、エストロゲン阻害薬の処方対象となる患者は、乳癌発症の強い家族歴を持つ人で、リスクが高いか、やや.... 続きを読む

2013-01-22
デュタステリドが組織診にて検出可能な前立腺癌リスクを22.8%低下(ニュース・メディカルより) - 4年間にわたるREDUCE(デュタステリドによる前立腺癌関連事象低下)臨床試験は、前立腺肥大の治療に通常用いられるデュタステリド(5αレダクターゼ阻害薬:5ARI)を服用した男性を対象に、前立腺癌リスク低下について評価した.... 続きを読む

2013-01-03
ソラフェニブは甲状腺癌の無増悪生存期間を改善(OncLive.comより) - 放射性ヨウ素(RAI)治療抵抗性の局所進行・転移性分化型甲状腺癌患者を対象としたソラフェニブ(ネクサバール)の第3相試験では、主要評価項目としての無増悪生存期間(腫瘍悪化までの時間)に統計学的有意な改善(プラ.... 続きを読む

2012-12-07
アスピリンが高齢大腸癌患者の延命効果に役立つ可能性(ロイターヘルスより) - アスピリン連日使用の処方を受けた高齢大腸癌患者は、処方されなかった患者よりも死亡する割合が低かったことが、新たな研究で示された。この結果は、より厳密な研究で裏付けられる必要があるものの、癌患者に対する.... 続きを読む

2012-12-05
乳癌の再発を防ぐにはタモキシフェン使用期間を『倍に延長すべき』(BBCニュースより) - 10年間のタモキシフェン治療は、現在推奨されている5年間の治療よりも多くの女性の乳癌再発を防ぐ可能性があると、研究者らは述べている。オックスフォード大学(University of Oxford)の科学者らによれば、治療期間を10年にすると.... 続きを読む

2012-12-04
研究:糖尿病治療薬メトホルミンは卵巣癌を撃退するのに役立つ可能性(ドラッグウォッチより) - 安全かつ安価な糖尿病治療薬メトホルミンは卵巣癌女性患者の生存率に寄与してきたと考えられることが、メイヨークリニック(Mayo Clinic)による新規研究で示された。糖尿病治療のためにメトホルミンを服用する女性は、癌の深達度.... 続きを読む

2012-11-25
メマンチンが全脳照射施行患者において認知機能低下を遅延(ヘアリオより) - 第3相試験の結果、メマンチンは全脳照射を受けた悪性脳腫瘍患者における認知機能低下を遅らせることが、ボストンで開催された2012年米国放射線腫瘍学会(American Society for Radiation Oncology)の年次総会で発表された。脳転移は成人において最も多.... 続きを読む

2012-11-25
クエン酸シルデナフィルが前立腺癌患者の性機能を改善(HemOncトゥデイより) - 放射線の治療中や治療後に投与されるクエン酸シルデナフィルの継続的使用は、プラセボと比較して、前立腺癌患者の性機能を改善させる。この研究結果はボストンで開催された2012米国放射線腫瘍学会(American Society for Radiation Oncology)年次総会.... 続きを読む

2012-11-12
白血病の「特効薬」が様々な血液がんの治療に使える可能性(ヘルス・カナルより) - ケンブリッジ大学(University of Cambridge)の研究者らから成る国際研究チームの報告によれば、白血病の一種(亜型)に分類される患者の予後を大幅に改善させた薬剤が、複数タイプの非ホジキンリンパ腫にも同様に有効となりうることが予測.... 続きを読む

2012-11-12
抗ウイルス薬がB型肝炎の発癌リスクを低下(メドページ・トゥデイより) - 慢性B型肝炎患者では、エンテカビル(バラクルード)の長期的治療が肝臓癌リスクを有意に低下させることが、研究者らによって報告された。虎の門病院(東京)の保坂哲也博士によれば、エンテカビル治療患者の後向き.... 続きを読む

2012-11-01
HIV薬がHER2乳がんに有効(腫瘍学ナース・アドバイザーより) - ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の治療に使用されるプロテアーゼ阻害剤であるネルフィナビル(nelfinavir)が、マウスのヒト上皮増殖因子受容体2(HER2)陽性腫瘍の成長を阻害することが見出された。ジョン・サップ・シム(Joong Sup Shim)博士.... 続きを読む

2012-10-31
抗うつ剤入り洗口液が粘膜炎を減少させる(メドページ・トゥデイより) - 三環系抗うつ剤ドキセピンを含む洗口液は、普通の水よりも、頭頸部癌患者の粘膜炎の痛みを和らげるようだと、研究者らがここボストンで報告した。ミネソタ州ローチェスター(Rochester, Minn)のメイヨー医大学(Mayo School of Medicine)医学.... 続きを読む

2012-10-26
メトホルミンが肺がんの生存率を高める可能性(メドページ・トゥデイより) - 非小細胞肺癌(NSCLC)の術後、糖尿病患者の生存期間が延長するという以前の知見は、おそらくメトホルミンという薬の使用を反映したものである、と研究者が下記で述べている。ニューヨーク州バッファローのロズウェルパーク.... 続きを読む

2012-10-12
ネルフィナビルがHER2陽性腫瘍の進行を遅らせる(ニュース・メディカルより) - 乳癌細胞の増殖を止める能力について2,300以上の薬剤をスクリーニングしたところ、抗HIV薬ネルフィナビルは、HER2陽性腫瘍が他の乳癌治療薬に耐性を示す場合でもその進行を遅らせることを、ジョンズ・ホプキンス大学の研究者.... 続きを読む

2012-10-09
乳癌は早期発見が生き延びるための絶好のチャンス(miNBCニュースより) - 2006年12月28日 ― それは、アニタ・ボーム(Anita Baum)さんの人生を永遠に変えた日でした。「人が、人生というのは目の前をあっという間に過ぎていくものだと言うとき、目の前で過ぎていくのが過去の人生ではないことを誰だって.... 続きを読む

2012-10-09
遠隔転移を認める腎細胞癌患者に対するアキシチニブの生存率はソラフェニブと同程度(腎臓泌尿器科ニュースより) - 遠隔転移した腎細胞癌の二次治療にアキシチニブ治療を用いた場合の全生存期間(OS)は、ソラフェニブ治療によるものと同程度であることが、欧州臨床腫瘍学会(European Society for Medical Oncology)2012年総会で発表された最新結果で示された。試験責任医師.... 続きを読む

2012-10-07
乳癌リスクを減らす10の方法(ゲインズビル.comより) - 皆さんは、乳癌になる必要などありません。乳癌に関する最新情報を提供している非営利団体、ブレストキャンサー.org (breastcancer.org)によれば、この病気は女性の8人に1人が一生のうちに罹ると予想されており、予防策を取れば防ぐ.... 続きを読む

2012-10-06
癌患者に糖尿病治療薬が役立つ可能性(ウィニペグ・フリープレスより) - 乳癌、大腸癌、および前立腺癌に対する数ある新薬の中でも、特に1958年に初めて認可された糖尿病治療薬が次の新規治療になる可能性がある。メトホルミンは、血糖を下げるのに最も一般的に用いられる薬剤であり、全世界で.... 続きを読む

2012-09-18
進行性前立腺癌に対する酢酸アビラテロンに関しての最終結果から生存期間の有意な改善が明らかに(OncLive.comより) - 転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)の患者を対象として、プレドニゾンに酢酸アビラテロンを加えた場合とプラセボの場合を比較検討した第III相試験の最終解析から、酢酸アビラテロンは全生存期間を有意に改善したこと、.... 続きを読む

2012-09-04
創薬:発生頻度の高い血液のがんに対する新たな治療薬となる可能性(サイエンティスト・ライブより) - スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)が実施した研究で、腎臓と肝臓の進行がんに用いられる薬剤ソラフェニブが、多発性骨髄腫に対しても有効となりうることが明らかにされた。多発性骨髄腫は発生頻度の高い血液のがんの.... 続きを読む

2012-09-03
エベロリムスがER陽性乳がんにおいて大きな勝利を果たす(腫瘍学レポートより) - エベロリムスとエキセメスタンを併用すると、ホルモン耐性でエストロゲン受容体陽性の進行乳がんの女性において非常に劇的にその病気が抑制されているので、このような患者の治療法の変革が期待されている。第III相BOLERO-2試験.... 続きを読む

2012-07-23
抗高血圧薬は55歳以上の女性における乳癌リスクを増加せず(ヘルス・カナルより) ― 心不全や高血圧などの症状を治療するのに通常処方される薬剤は、55歳過ぎの女性に乳癌のリスク増加をまねかないことが、ダンディー大学(University of Dundee)による新規研究で示された。多くの乳癌は女性ホルモン(エストロゲン)依存性.... 続きを読む

2012-06-18
より効果的な乳癌治療薬レトロゾール(ABCヘルスニュースより) - 新しい薬が、乳癌と戦っている命を救えるかもしれない。レトロゾールがタモキシフェンと比較してより効果的に乳癌の再発を防ぐことを、12年間の研究が証明している。研究者によれば、乳癌と闘っている何百万もの女性に対し、.... 続きを読む

2012-02-02
がんに対する新たな対抗手段、コルヒチン(ニュース・メディカルより) ― 体の異常細胞のみをターゲットとし、健康な組織には無害な薬を見つけることは、がん研究者の目標である。それが、ブラッドフォード大学がん治療研究所(the Institute of Cancer Therapeutics at the University of Bradford)の所長であるローレンス・パターソン(Laurence Patterson)教授と.... 続きを読む

2011-12-15
エベロリムスとエキセメスタンの併用が乳癌に有効(ドラッグ・ディスカバリー&ディベロップメントより) - エベロリムスとエキセメスタンの併用が、乳癌の治療として有望であることが明らかにされた。「閉経後のホルモン受容体陽性転移性乳癌患者において、エキセメスタン投与にエベロリムスを追加すると、癌を抑制できる期間が.... 続きを読む

2011-12-09
スタチン治療は乳房密度を変えない(ファミリープラクティス・ニュースより) - サンアントニオ ― 乳がんのリスクが高い閉経前女性の小規模ランダム化第III相試験で、アトルバスタチンによる治療は1年後のマンモグラフィ濃度を大きく変えなかった。スタチン類は心血管疾患予防に広く使われているが.... 続きを読む

2011-11-25
ビスホスホネートの使用によりER陽性症例の対側乳癌リスクが低下(HemOncトゥデイより) - 最初にER陽性の原発浸潤性乳癌を発症した女性において、ビスホスホネートの全身投与と長期使用は、対側乳癌のリスク低下と関連した。研究者らは、ワシントン州西部のSEER集団ベース癌登録のデータを用いて、研究の.... 続きを読む

2011-11-15
バイアグラで皮膚癌が治癒できる?(フォーブスより) - 世界の高齢男性を救う医薬品バイアグラは、同剤の根強い愛好者でも知らない価値を有する可能性がある。最新研究の結果が裏付けられれば、バイアグラは最終的に悪性黒色腫に対する一次治療となるかも.... 続きを読む

2011-11-14
乳がんに対するタモキシフェン耐性の秘密とそれを克服する方法が識別された(バイオスコラー・ドットコムより) - カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の科学者らは、乳がんに対するタモキシフェン耐性の分子基盤を発見し、それを克服する可能性のある方法を見出した。この30年間、何千人もの乳がん患者の女性がタモキシフェン.... 続きを読む

2011-11-12
1日あたり8ペンス(10円)の糖尿病治療薬で「卵巣癌を阻止できる」(メールオンライン・ヘルスより) - 1日あたり8ペンス(2012年6月為替相場で10円)かかるだけの薬剤が、卵巣癌の予防に大躍進をもたらす可能性がある。メトホルミンは錠剤型になっており、NHS(イギリス国家健康保証制度)では2型糖尿病患者の治療に広く使用している.... 続きを読む

2011-11-10
慢性骨髄性白血病(CML)(癌ネットワークより) - 慢性骨髄性白血病(CML)は、未分化造血幹細胞の悪性形質転換(がん化)から生じるクローン性の骨髄増殖性疾患である。CMLはモノクローナル(単一細胞クローン由来のタンパク)が原因となり、骨髄、単球、赤血球、巨核球、B細胞.... 続きを読む

2011-11-09
多発性骨髄腫:課題と進歩(EmpowHER.comより) - 多発性骨髄腫は予後が特異なガンである。カナダ統計局の最近の調査で、多発性骨髄腫に罹患し最初の5年間存命した患者が、次の5年間生存する可能性は60パーセントしかないことがわかった。ラリー・F・エリソン.... 続きを読む

2011-11-08
バイアグラを使用して悪性メラノーマを阻害(インサイエンス・オーガナイゼーションより) - 腫瘍の多くは慢性炎症を引き起こすので、結果として免疫系がもたらす腫瘍への特異的攻撃が抑制される。ドイツがん研究センター(DKFZ)とハイデルベルク大学(Heidelberg University)マンハイム医学部.... 続きを読む

2011-10-25
治療法:乳癌再発に対する優れた阻害薬(ニューヨーク・タイムズより) - 乳癌治療薬レトロゾールは、広く使用されているエストロゲン阻害薬タモキシフェンよりも、女性の乳癌再発の確率を低下させ、生存確率を大幅に改善させることが、新たな解析で示された。本試験は、エストロゲン受容体陽性.... 続きを読む

2011-10-24
乳癌のメカニズム理解を目指す研究(ウェールズ・オンラインより) - ウェールズでは毎年約600人の女性が乳癌で死亡しています。乳癌防止月間のこの機会に、癌研究ウェールズ(Cancer Research Wales)がどのように乳癌に必須の研究に資金提供しているかを、リー・キャンベル(Lee Campbell)が説明します。癌研究.... 続きを読む

2011-10-20
エキセメスタンによる高リスク女性の乳癌発症が減少(セントルイス・アメリカンより) - バッファロー大学(University at Buffalo)の研究者らが実施した国際的二重盲検無作為化第III相臨床試験の結果により、エキセメスタンが乳癌の高リスク閉経後女性において、リスクを有意に減少させることが示された。この試験結果は.... 続きを読む

2011-10-14
侵襲性の高い乳癌は黒人女性に多くみられる(デイトン・デイリー・ニュースより) - 黒人女性は白人女性ほど癌の発現頻度が高くないが、侵襲性の高いタイプの癌で若くして死亡する割合は高い。フランキー・ヘラルド(Frankye Herald)はこれについて嫌というほど知り尽くしている。マイアミバレー病院(Miami Valley Hospital)の看護師.... 続きを読む

2011-10-13
メタ分析: メトホルミンが2型糖尿病における大腸癌リスクを低下させる可能性(内分泌関連ニュースより) - メトホルミン治療は、癌細胞増殖リスクの有意な低下に関連しており、それにより全体的な癌リスクの低下がみられる。最近のメタ分析から得られたデータによれば、この効果はメトホルミン治療を受けた2型糖尿病患者のうち.... 続きを読む

2011-10-13
乳がん患者は薬を変更すると生存率が改善(サイエンティスト・ライブより) - ジャーナル・オブ・クリニカル・オンコロジー(Journal of Clinical Oncology)で本日発表されたインターグループ・エキセメスタン試験(IES: Intergroup Exemestane Study)の.... 続きを読む

2011-10-10
乳癌は発病前に阻止しましょう!(英テレグラフ紙より)) - 乳癌発症の家系的リスクが高い女性に対し、極めて有望な結果を伴う予防薬が投与されている。 続きを読む

2011-10-09
ピンクリボンを考える:乳癌治療を変える研究(デイリーインターレイクより) - 10月はピンクリボン月間と呼ばれています。地元の乳腺外科医メリッサ・フルバット博士(Dr. Melissa Hulvat)は、カリスペル地域医療センター(Kalispell Regional Medical Center)のバス乳腺センター(Bass Breast Center)で、革新的研究に関する情報の更新を始めました。また、それに伴い自身の診療業務.... 続きを読む

2011-10-08
スタチン療法がヒトの食道腺癌細胞の増殖や悪性度を抑制(JTCSより) - 目的:食道腺癌は通常転移拡散するまで診断されない進行性の悪性腫瘍で、現在、効果的な薬物療法がない。細胞内接着分子-1(ICAM-1)の発現は、様々なヒト腫瘍細胞の予後不良指標で転移能に大きく影響する。スタチン療法は.... 続きを読む

2011-09-26
アロマターゼ阻害薬レトロゾールによる手術後の乳癌再発リスクの低下(BioScholar.comより) - アロマターゼ阻害薬レトロゾールは、閉経後ホルモン受容体陽性の早期乳癌が認められる女性において、乳癌の再発を予防し、死亡リスクを低下することが、研究者らによって明らかにされた。タモキシフェンとアロマターゼ.... 続きを読む

2011-09-21
化学療法による末梢神経障害:癌治療による衰弱効果(オンコロジーナースアドバイザーより) - 化学療法を受けている患者の多くに生じる重篤な副作用に末梢神経障害があり、投与量の減少に至る原因となったり、治療の早期中止につながったりする。また、患者のQOL(生活の質)にも著しい影響を及ぼす。がん化学療法に.... 続きを読む

2011-09-15
新たに発見された蛋白質が乳がんの成長を抑制する可能性があると判明した(サイエンスデイリーより) - シュレシュ・アラハリ博士(Suresh Alahari)率いる研究チームは、自身の研究室で発見した蛋白質が乳がん細胞の成長を阻害することを明らかにした。アラハリ博士はニューオリンズにあるLSU医療科学センター.... 続きを読む

2011-09-12
乳がん患者の一過性熱感に対するベンラファキシンとクロニジンの効果は偽薬を上回る(ファミリープラクティスニュースより) - 欧州心臓学会(European Society of Cardiology。略称:ESC)心不全部会(Heart Failure Association)主催の心不全会議2011(Heart Failure Congress 2011)で発表されたEMPHASIS-HF試験のサブ解析結果から、アルドステロン拮抗薬エプレレノン(ファイザー社のインスプラ)は.... 続きを読む

2011-09-06
脳腫瘍患者に対する標準治療を免疫遺伝子治療と併用するのは安全であることが研究から示唆(サイエンスデイリーより) - 遺伝子療法の一種が、致命的な脳腫瘍の治療に安全であることが臨床試験で示されるとともに、放射線療法との併用でも同様であった。オハイオ州立大学総合がんセンターのアーサーGジェイムスがん病院&リチャード・J.... 続きを読む

2011-09-01
ご一緒に乳癌を過去のものにしませんか?(サイエンスネットワークより) - 国際乳癌介入試験(International Breast Cancer Intervention Study:IBIS-II)を実施する研究者らは、乳癌を予防するのに極めて有用となりうる試験への参加を女性に呼びかけて.... 続きを読む

2011-08-31
「抗癌作用のあるウイルス」が有望視(BBCヘルスより) - 遺伝子工学によって作られた(遺伝子組み換え)ウイルスは、血液中に注入すると、体全体の癌細胞を選択的に標的とすることができるもので、研究者らは今回が初の症例であるとしている。ネイチャー(科学誌)によれば.... 続きを読む

2011-08-11
乳癌が肺に転移する仕組みを発見(ニュースワイズより) - 乳癌の遠隔転移は乳癌死亡例の90%以上の原因となっている。このたび、その遠隔転移の過程がジョンズ・ホプキンス(Johns Hopkins)の研究者らによって解明された。2つの医学誌の発表によれば、乳癌細胞を移動させて肺で受け取れる.... 続きを読む

2011-06-08
ナプロキセンは結腸癌モデルマウスの腫瘍を減少させることを研究者らが報告した(サイエンスデイリーより) - 多数の試験から、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は結腸癌リスクを減らすことが明らかにされている。NSAIDのナプロキセンやその誘導体であるNOナプロキセンについて検討する動物試験は、主に化学的に誘発された腫瘍形成に焦点を合わせてきたが、.... 続きを読む

2011-06-06
皮膚がんの治療法が学会で明らかにされた(サイエンスデイリーより) -進行皮膚がん患者は、2つの新たな治療法により、より長く生きられる可能性のあることが、シカゴ開催のがん学会で発表された。ベムラフェニブ(Vemurafenib)という薬は、化学療法よりも長い生存期間を患者にもたらす可能性が大きい.... 続きを読む

2011-05-24
早歩きが前立腺癌に効く(BBCニュース-ヘルスより) -前立腺癌と診断されて間もない男性は、早歩きをすることで癌の進行を抑えることができると研究者らは主張している。彼らの観察結果によれば、少なくとも週に.... 続きを読む

2011-05-16
前立腺がんの進行は肥満男性に多い(英テレグラフ紙より) - 肥満男性における前立腺から他の部位へのがん転移率は、健康体重の人より3倍高いことが研究で明らかにされた。ここ数十年間におよぶ肥満率の増加は、前立腺がん発生率の上昇の背後にある重要な要因である可能性が本研究から示唆される。ただし.... 続きを読む

2011-05-03
がん予防のガイドラインに従うことで、がん、心疾患、全死因による死亡リスクが低下する(サイエンスデイリーより) - 14年間にわたって100,000人以上の男女を対象に実施された試験から、がん予防のガイドラインに従った非喫煙者は、がん、心疾患、全死因による死亡リスクが低いことが明らかにされた.... 続きを読む

2011-04-15
10ペンスの糖尿病薬で乳癌を治療できる可能性(英テレグラフ紙より) -1日10ペンス(約13円)しかかからない糖尿病薬の投与により乳癌患者を治療できるかもしれないと研究者らが主張している。安価な治療で効果が得られる可能性のある患者を特定するための、新たな検査法を.... 続きを読む

2011-04-15
糖尿病治療薬で乳癌治療の可能性-研究者らが語る (BBCニュースより) - 研究によると、何千万もの糖尿病患者が常用している薬には乳癌に対抗する役割があるかもしれないという。英マンチェスターの研究者らは、癌の進行が速い患者で、メトホルミンが有用である可能性のある患者を特定する新しいテストを開発した。この発見は.... 続きを読む

2011-04-10
アスピリンは膵がんの危険性を低下させる可能性(サイエンスデイリーより) - 大規模な症例対照試験によると、アスピリンを少なくとも月に1回服用することは、膵がんの危険性の有意な減少に繋がる.... 続きを読む

2011-03-27
乳がん予防薬を「処方すべき」(BBCニュースより) - がん専門家国際委員会によれば、乳がん発症リスクが高い女性に予防的薬剤を投与すべきであるという。同委員会は、タモキシフェンなどの薬剤により乳がん発症の確率を低下させることができると報告しており、.... 続きを読む

2011-01-06
運動により前立腺がん患者の死亡リスクが低下する可能性(サイエンスデイリーより) - 前立腺がんの男性に関する新たな研究により、運動が、全死亡率リスクおよび前立腺がんに起因する死亡リスクの低下に関連することが明らかとなった.... 続きを読む

2010-12-09
エキセメスタンは、ホルモン受容体陽性早期乳がんに対する、もう一つの第一選択補助療法であるかもしれない(サイエンスデイリーより) - エキセメスタンはエストロゲン産生を妨害するアロマターゼ阻害薬である。このエキセメスタンがホルモン受容体陽性早期乳がん手術後の閉経後女性に、もう一つの選択肢を与えてくれるかも.... 続きを読む

2010-09-29
子宮内膜がんの治療に子宮内避妊用具が利用可(サイエンスデイリーより) - がん専門誌・アナルズオブオンコロジー(Annals of Oncology)のオンライン版に掲載された新しい研究によると、避妊用に開発された子宮内用具を使って子宮内膜がんを治療し、治すことさえできるという。子宮の内側の膜にがんが発生する子宮内膜がん.... 続きを読む

2010-04-13
前立腺癌ワクチンを承認(BBCニュースより) - アメリカ食品医薬品局は、前立腺癌の‘ワクチン’を承認した。このワクチンの効能は免疫システムの働きを利用し、前立腺癌を攻撃するのである。プロベンジは、アメリカ食品医薬品局に初めて承認された免疫療法薬であり、進行性の前立腺がんを患う男性用の薬である。服用量は個人個人で異なり、費用も高額で.... 続きを読む

2010-04-11
乳腺領域幹細胞のホルモン感受性が医薬品により抑えられる(サイエンスデイリーより) - ウォルター・アンド・イライザ・ホール研究所に勤める研究員が、乳腺領域幹細胞は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンに対し非常に敏感である事を発見した。これは、乳がんの新しい治療法と予防法の開発に繋がる発見... 続きを読む

2010-03-30
白血病再発を防止、細胞経路がターゲット(サイエンスデイリー) - 急性骨髄性白血病(AML)の寛解期にある、子供の約40%と大人の70%以下が疾患を再発させている。近年、医師らは、この原因が白血病幹細胞にあると考えるようになっている。この幹細胞は、白血病に特徴的な未熟血球を作り出し、そして典型的ながん治療に耐性を示すがん細胞を絶え間なく複製する。ボストン小児病院(Children's Hospital Boston)の研究者らは、これらの細胞を全滅させ、再発を防ぐことができる方法を.... 続きを読む

2010-03-13
前立腺がん治療薬デュタステリドが「がんのリスクを低減する可能性」(BBCニュースより) - 前立腺腫大を有する男性を対象にすでに使用されている薬が、前立腺がん発症リスクを低減するとみられることが、大規模国際共同試験で示された。 6500名以上を対象とした4年間の試験から、デュタステリドの投与を受けた男性では、プラセボ投与の男性よりも前立腺がんのリスクが23%低いことが示された。本試験はNew England Journal of Medicine(NEJM)誌に掲載されたもので.... 続きを読む

2008-12-15
放射線とホルモン療法の併用が前立腺がんによる死亡を削減(ABCニュース・ヘルスより) - 前立腺壁外への進展が認められる局所進行前立腺がんに対する放射線と長期ホルモン治療を併用して受けた患者では、死亡リスクが半減することが、新しい研究で示された。スウェーデンの研究チームは、この放射線治療を追加したことで患者がずっと長く健康でいられたと結論付けた。事実、放射線治療の追加によって、男性患者の全生存率が10%上昇し.... 続きを読む

2008-09-02
乳癌治療薬は認知低下と関係あらず:研究より(ABCヘルスデイニュースより) - 以前の研究結果に反して抗癌剤アナストロゾールは認知能力に損傷を与えないことが判明した。アナストロゾールはタモキシフェンよりも閉経後の女性の乳癌再発を防ぐのに優れていると証明された。しかし、断面調査によるとアナトロゾールなどの内分泌治療法は、より低下した言語記憶力や認知処理に関係.... 続きを読む

2008-07-31
ピロリ菌除去、がん治療に向けて(BBCニュースより) - 研究報告によると、胃がん患者の胃の中にひそむピロリ菌を除去することで、がん再発を防ぐことができるという。多くの胃潰瘍の原因であることが判明しているピロリ菌はまた、胃がんとも関係.... 続きを読む

2007-11-10
白血病治療薬に長期的な安全性および有効性が認められることが研究で示唆(サイエンスデイリーより) - グリベックという商品名でよく知られるメシル酸イマチニブが、進行型の慢性骨髄性白血病(CML)患者において、長期にわたり安全かつ有効であることを証明する研究が.... 続きを読む

2007-11-01
海で見つかった抗癌剤(サイエンス・デイリーより) - 生物医学研究者は、サリニスポラ・トロピカ(Salinispora Tropica)というバクテリアの遺伝子の特定、配列決定を行った。抗癌作用のある混合物を作り出すこのバクテリアはバハマ沖の海洋堆積物中に.... 続きを読む

2007-07-23
前立腺癌治療薬は、ほとんどのケースにおいて生殖機能を低下させず(サイエンス・デイリーより) - 米国南西部腫瘍学グループ(Southwest Oncology Group)が行った研究の著者らによると、男性やその内科医は、性機能障害を起こすのではという懸念にとらわれず前立腺癌治療に有効と証明されている薬をためらいなく使用してよい.... 続きを読む

2007-02-21
薬剤により「長期的ながんリスクが低下」(BBCニュースより) - 女性がタモキシフェン投与を止めてから後も、同剤による長期的な乳がんリスクの低下が認められることが.... 続きを読む

2005-09-06
最善を期待すること(BBCリーズブログより) - 私の切断された足の腫瘍の組織構造に関する報告が戻ってきた。いい知らせは、腫瘍の全体が取り除かれたこと。私にはもう、腫瘍がない。わるい知らせは.... 続きを読む

2005-05-20
薬によって肺がんの生存率が上昇する(BBCニュースより) - 多剤併用療法は一部の肺がん患者の生存率を3分の1上昇させることが.... 続きを読む

2004-12-04
乳癌治療の進歩(BBCニュースより) - 高齢の早期乳癌女性には、現在のゴールドスタンダードとは別の薬剤を処方すべきであると専門家らは述べている。Lancet誌に掲載された5年データでは、閉経後女性の癌転移と再発を予防するには、アナストロゾールの方がタモキシフェンよりも優れていることが示されている。こうした女性患者には直ちにアナストロゾールを処方すべきであり.... 続きを読む

2004-10-10
遺伝子スイッチで「癌をオフ」に(BBCヘルスより) - 科学者らはマウスの癌誘発遺伝子を停止できると証明し、癌患者治療のための新しい希望を与えた。米スタンフォード大学(The Stanford University)の研究チームは、癌を誘発することで知られているMycと呼ばれる遺伝子の働きを止める薬を使用した.... 続きを読む

2003-07-13
皮膚がん治療の希望(BBCニュースより) - 主要な酵素をたたくことが、皮膚がんを防ぎ、治療するための新しい方法を提供することになるかもしれない、と専門家は述べている。 JNK2と呼ばれるその酵素は、非黒色腫皮膚がんの成長において極めて重要な役割を果たすことが明らかになってきている。 ミネソタ大学からの1つのチームは、JNK2の働きを破壊することが.... 続きを読む

2002-11-20
皮膚癌に対するクリーム(BBCニュースより) - 体の露出部は皮膚癌になりやすい。最も多くみられる皮膚癌に対する有効な集団治療として、簡便なクリームがいずれ外科医のメスに取って代わるようになる可能性がある。英国がん研究所(Cancer Research UK)から研究助成を受けた臨床試験により、基底細胞癌(BCC)、いわゆる高頻度にみられる非メラノーマ性皮膚癌に対するイミキモドクリームの有効性が.... 続きを読む

2002-01-26
卵巣がんの治療に成功した(サイエンスデイリーより) - 重篤な卵巣がんに苦しむ女性たちに、集中的な化学療法が新たな希望をもたらしている。 すでに乳がんや前立腺がんの治療に使われている薬剤を、初期治療ののち再発した卵巣がんの患者に投与したところ80%の症例に効果が.... 続きを読む

1999-09-16
乳がん治療薬は大いに期待できる(BBCニュースより) - 進行乳がんに罹った閉経後女性にとって恩恵となるかもしれない。ある医薬品が臨床試験で極めて有望な結果を出しているのだ。この薬はアナストロゾールといい、アリミデックスという商品名でゼネカ社(Zeneca)が販売しているが、現在の治療薬タモキシフェンの優位に疑問を投げかけることになるかもしれないと一部の科学者は考え... 続きを読む