メンタルヘルス - このカテゴリーの人気商品!!

価格:480 円 価格:350 円 価格:260 円
スタブロン (チアネプチン) 12.5mg プロチアデン (ドチエピン/ドスレピン)25mg(10錠) ミルザ25 (塩酸ミルナシプラン) 25mg
従来のうつ治療薬とは異なる新しいタイプのうつ病治療薬!脳内の神経伝達物質野効率を増加させることによってうつ症状を改善!
脳の神経伝達物質の量を増やし、神経作用を改善!意欲を高め、不安を減少!強い作用と少ない副作用が特長の三環系抗うつ薬! 不安を減らし、気分を高める、4世代のSNRI系抗うつ薬!副作用も少なく、効果や安全性が高い、トレドミンのジェネリック薬!

 

メンタルヘルス - 新しく追加した商品

価格:980 円

シタロプラム(シュウ酸エスシタロプラム)20mg 

効果、安全性共に優れたSSRI(選択性セロトニン再取り込み阻害薬)!精神状態を落ち着かせる脳内物質を増やし、不安やうつ症状を抑制します!強迫性障害、パニック障害、社会恐怖、外傷後ストレス障害などにも効果あり!

価格:780 円

バリドル(バリドラム)100mg 

古くからヨーロッパで不安やストレスの緩和に用いられてきたハーブが主成分!脳の興奮状態を抑え優れた鎮静効果を発揮します!副作用がほとんどないほか、狭心症や乗り物酔いにも有効とされています!

価格:6890 円

ブスピロン (塩酸ブスピロン) 10mg

デパスの代わりとして話題!全般性不安障害の治療薬!アザスピロン系の抗不安薬だから安全性が高く乱用、依存、耐性、退薬症状が現れない!脳内のセロトニン濃度を上げる作用のほかに、ドパミンなどの気分を明るくする伝達物質の働きも増強して症状を改善!

 

メンタルヘルス - 全商品一覧(205)

メンタルヘルス--三環系抗うつ剤 (20)

メンタルヘルス--四環系抗うつ剤 (0)

メンタルヘルス--抗うつ剤-SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) (23)

メンタルヘルス--抗うつ剤-SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬) (16)

メンタルヘルス---抗うつ剤--その他 (17)

メンタルヘルス--統合失調症・双極性障害-定形抗精神薬 (5)

メンタルヘルス--統合失調症・双極性障害-非定型抗精神薬 (13)

メンタルヘルス--統合失調症・双極性障害-気分安定薬 (11)

メンタルヘルス--ADHD(注意力欠如・多動性障害) (4)

メンタルヘルス--その他 (14)

メンタルヘルス(取扱い無し・要問合せ) (76)

 

メンタルヘルス - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2016-08-18
抗精神病薬の服用で出生異常のリスクは上昇しない(【Medical News Today】より) - 130万人の女性を対象としたマサチューセッツ州ボストンのブリガム・アンド・ウィメンズ病院の新調査によると、妊娠中の抗精神病薬の服用は、全体的な出生異常や特に心奇形のリスクを顕著に上昇させないことを示唆している.... 続きを読む

2016-05-11
リチウムなどの薬剤を使用している双極性障害患者の自傷行為、不慮の外傷(【ScienceDaily】より) - 自傷行為は双極性障害(BPD)における疾患および損傷の主な原因であり、またBPDの不慮の外傷のリスクについては研究中である。リチウムは自殺行為を減少させる可能性があるという新たな証拠があり、また抗けいれん薬の使用は.... 続きを読む

2016-03-04
ADHD投薬治療と低骨密度:子供が危険?(【Medical News Today】より) - 米国陸軍外科学研究所の整形外科医であるジェシカ・リベラ博士による研究の結果は、2016年の米国整形外科学会(AAOS)年次総会で発表された。疾病対策センター(CDC)によると、2011年には推定640万人の子供がADHD(注意欠陥過活動性障害)と診断されている。.... 続きを読む

2016-02-17
ベンゾジアゼピン系とオピオイド系併用で過剰服用リスク(【MedPageToday】より) - オピオイド系薬とベンゾジアゼピン系薬を並行して服用することは危険であり、患者の過剰服用リスクを上昇させるかもしれないことが新しい研究でわかった。マサチューセッツ州の新しい法律は、オピオイドの濫用を減らすため.... 続きを読む

2016-02-17
抗生物質関連せん妄、特定はまれ、現在は分類化(【MedPageToday】より) - 抗生物質関連せん妄は滅多に発症せず過小診断であるが、特定の抗生物質クラスに反応し、特徴的な症状をもつ3つのタイプに分類することができる。ブリガム・アンド・ウイメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)のシャミク・バタチャリア医学博士.... 続きを読む

2016-01-28
子供のSSRIS使用:思った以上に高いリスク?(【MedPage Today'】より) - 抗うつ薬は自殺企図や自殺念慮と関係しており、特に子供や青年に多い。またその害はとてつもなく過小評価されていることが、以前に行なわれた規制薬物の無作為試験のメタ分析によりわかった。このメタ分析は製薬会社のウエブサイト.... 続きを読む

2015-08-11
オメガ3が精神病を防止するかもしれない(【MedicineNet.com】より) - 遡ること2010年、高リスクの研究で13歳から25歳までの被験者にオメガ3のサプリメントを12週間投与したところ、精神異常の第1エピソードの発現を最大1年間防いだことがオーストラリアの研究者によって報告された。そして今、その後どうなったかを、.... 続きを読む

2015-06-24
長時間作用型抗精神病薬が統合失調症治療を向上させる可能性(【UCLA NewsRoom】より) -統合失調症は、アメリカ国内では200~300万人がかかっている疾病で、幻覚、妄想、混乱などの症状を引き起こす。治療しなかった場合は、失業や愛する人との離別など、生活の質に大きな影響を与えることになる。しかし統合失調症.... 続きを読む

2015-04-22
個人の症状に合わせた双極性障害治療(【テル・アビブ大学ニュースルーム】より) -喜びと活力の極致から、急速に悲しみ、疲労、精神錯乱へと変化してしまう双極性障害(BD)の患者は、絶望感とほとんどの場合この地球上での孤独感を感じている。国立衛生研究所によれば、アメリカ人の約3%がBD.... 続きを読む

2015-04-10
統合失調症の陰性症状が抗炎症薬で軽減する可能性(メッドスケープより)― 新しい研究により、統合失調症のある症状には一般的な薬のオフターゲット作用が有用と考えられている。具体的には、オンダンセトロンとシンバスタチンが統合失調症の安定期において陰性症状の軽減に中程度の効果を示.... 続きを読む

2015-03-02
初期の精神病における陰性症状に対する通常治療併用下のミノサイクリン投与による効果 - 有益性の程度と作用機序(BeneMin試験):ランダム化対照試験の実施計画書(7thスペースより)― 精神病における陰性症状は、第一世代・第二世代の抗精神病薬を用いた従来の治療を用いても改善せず、精神病患者に認められる生活の質(QOL)低下の主な原因の一つとなっている。ミノサイクリンとは神経保護作用のある広域.... 続きを読む

2014-07-17
全般性不安障害の治療:ブスピロンは良い選択肢?(メッドスケープより)― ブスピロンは利用できるようになってから30年近く経つ抗不安薬ですが、不安障害、特に全般性不安障害(GAD)の治療における役割は曖昧で疑問視されることもあります。この薬が初めて利用可能になった頃、GADにはベンゾ.... 続きを読む

2014-07-09
フルオキセチンと行動療法の併用で小児うつ再発が減少(ドクターズ・ラウンジより)― うつ病障害の若者において、フルオキセチンと再発予防的認知行動療法の併用が、再発リスクを削減する。この研究結果は、精神医学雑誌アメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリー(American Journal of Psychiatry)6月17日号オンライン版に掲.... 続きを読む

2014-06-04
エストラジオールが女性統合失調症患者に有用となる可能性(アジアン・サイエンティストより)― エストラジオールは、他の治療法が効かない統合失調症女性患者の症状を軽減させることが、無作為化臨床試験で示された。エストラジオール(女性ホルモン)が治療抵抗性の統合失調症女性患者の治療に役立つ可能性のあ.... 続きを読む

2014-05-06
境界性パーソナリティ障害にセロクエルXRが有用(メドページ・トゥデイより)― 境界性パーソナリティ障害の患者に対し長時間作用型の抗精神病薬クエチアピンフマル酸塩(セロクエルXR)を使用するプラセボ比較試験を実施したところ、有意な改善が見られたという。研究者がここニューヨークで発表.... 続きを読む

2014-05-05
「実地臨床」試験の現場でうつ病に対するデスベンラファキシンは安全かつ有効(HCPライブより) - デスベンラファキシン(商品名: Pristiq)は、成人のうつ病(旧病名:大うつ病性障害)治療薬として、臨床試験での検証を経て、米国食品医薬品局(FDA)によって2008年認可された。今回、アルゼンチン、チリ、コロンビア、メキシコ.... 続きを読む

2014-05-02
抗精神病薬による体重増加の治療にメトホルミンが役立つ可能性(精神医学ニュースより) - 体重増加を抑えるメトホルミンの効果はそれ程大きくないが、抗精神病薬に伴う体重増加やその関連症状を生じるリスクのある患者にとって、メトホルミンが重要な併用薬となる可能性がある。新たなメタ分析で研究者らが.... 続きを読む

2014-02-24
老年期のうつ病・認知症の発症をオメガ3脂肪酸サプリメントやセルトラリンが防ぐ可能性(ニュース・メディカルより) - 老年期のうつ病・認知症の発症を防ぐために、オメガ3脂肪酸サプリメントと抗うつ薬セルトラリンは高齢者の抑うつ症状や認知機能低下を軽減できるかどうか、シドニー大学(University of Sydney)で研究が行われている。脳血管の変.... 続きを読む

2014-02-14
「うつ病」と「線維筋痛症の痛み」にクエチアピン(アバウト.comより) - 大うつ病性障害(MDD)に線維筋痛症を併発している人に、クエチアピンXR(徐放性)が有効なことを新しい研究が示唆しています。クエチアピンの商品名は「セロクエル」「セロクエルXR」です。研究者らが8週間の二重盲.... 続きを読む

2013-12-15
オキシトシンは精神障害の治療に有用か?(YottaFireより) - 自閉症と統合失調症の治療薬としてこのホルモン(オキシトシン)が有用であるという科学的根拠が示されていることを、精神医学誌ハーバード・レビュー・オブ・サイカイアトリ(Harvard Review of Psychiatry)が報じた。ペンシルベニア州フィ.... 続きを読む

2013-09-23
オキシトシンが精神疾患の治療に役立つかもしれない(ビジネス・スタンダードより) - 新しい調査によると、「ラブホルモン」であるオキシトシンは自閉症や統合失調症などの精神疾患の治療に役立つ可能性がある。 科学者らは、オキシトシンが特定の精神的健康疾患、特に社会的機能障害に関わる疾患に対す.... 続きを読む

2013-09-12
バレニクリンがうつ病の喫煙者の禁煙を手助けする(UCサンディエゴより) - 禁煙治療を求める喫煙者の約半数には、うつ病歴がある。うつ状態でない喫煙者と比べて、大うつ病性障害(MDD)患者は禁煙が困難である。ファイザー(Pfizer)は、現在うつ病または既往歴のある喫煙者の気分や不安のレベル.... 続きを読む

2013-09-10
分子メカニズム:オキシトシンが脳のシグナル伝達を増強する(SFARIより) - 『ネイチャー(Nature)』に8月4日に発表された研究によると、オキシトシンは脳のシグナル強度を高めるとともに、背景ノイズを最小限にすることでシグナル伝達を強化するという。ここ数年で複数の研究がにわかに、オキ.... 続きを読む

2013-07-01
統合失調症に対する新たな治療選択肢を発見(ニュース・メディカルより) - 極めて大量のファモチジン(200mg/日)を投与することにより、血液脳関門に十分な量の薬剤を浸透させられ、脳内ヒスタミン系に影響を与えられることが、ジェスパー・エケルンド(Jesper Ekelund)教授を中心とする研究グループによって明.... 続きを読む

2013-06-13
デュロキセチンが高齢者GADに有益だと判明(精神科ニュースより) - 65歳以上の患者に限定した第IV相臨床試験において、デュロキセチンは高齢者の全般性不安障害の治療に安全かつ有効であることが判明した。この研究は、デュロキセチン(シンバルタ)の証拠ベースの主なギャップを埋め.... 続きを読む

2013-06-05
バラシクロビルが双極性障害患者の認知を改善(精神科ニュースより) - 双極性障害で認知障害もみられ、さらに単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)血清陽性の患者を対象とした無作為化二重盲検プラセボ対照臨床試験において、4カ月間の経口抗ウイルス薬バラシクロビルは患者の認知機能を高め.... 続きを読む

2013-05-31
アセトアミノフェンで恐怖や不安が和らぐ可能性、大学の研究者が報告(バンクーバー・サン紙より) - 一般的なOTC鎮痛薬アセトアミノフェンは頭痛を治すだけにとどまらないようだ。ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia : UBC)の研究者らが行った新しい研究によると、恐怖や不安、そして実存的不安を打ち消す薬として.... 続きを読む

2013-03-18
メマンチンは認知症を伴わない精神障害に有効か?(MPRより) - メマンチンは、非競合的グルタミン酸N-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体遮断薬であり、アルツハイマー病および認知症の治療薬として米国食品医薬品局(FDA)に認可された。本剤は、精神異常作用や幻覚発動作用を及ぼすこと.... 続きを読む

2012-12-11
一般的な心臓治療薬が自閉症の症状を一部抑える可能性(メディカル・エキスプレスより) - 一般に高血圧コントロールに処方される薬剤(主に利尿剤)が、自閉症症状をいくらか緩和する可能性があると研究者らは述べている。障害が軽度である人の方が効果を得られやすいことが、新たな研究で示された。本研究.... 続きを読む

2012-07-16
更年期の気分変動とうつ病への手助け(バイオ・ホルモン・ヘルスより) ― プロゲステロンは気分を高めてくれることが知られていますが、大半の人に当てはまるビタミンD欠乏もみられる場合、それを解消すれば大きな効果があります。更年期の気分変動は本当につらいものですが、ひどすぎる場合、.... 続きを読む

2012-06-20
小児期恐怖症に対する新たな治療法(メディカル・イクスプレスより) - 不安障害と情動障害のサポート・治療・研究を担うオーストラリアの主要施設マッコーリー大学情緒的健康センター(Centre for Emotional Health)では、小児期における犬・クモ恐怖症に対する新たな治療法を試験中である。この治療法は心理学者が.... 続きを読む

2012-04-14
パーキンソン病患者に対する抗うつ薬の効果(Nurse.comより) - 特定の抗うつ薬は、運動障害の悪化につながることなく、パーキンソン病患者における抑うつ状態を緩和させるように思われることが、研究で示された。「パーキンソン病では抑うつ状態が多々みられるので今回の結果は興味深いものだが、.... 続きを読む

2011-12-26
完璧な組合せ:抗うつ剤と話し合い療法を一緒に行うと効果的な理由を科学が解明し始めた(フォーブスより) - 抗うつ剤は長年、抑うつ症や不安神経症などの気分障害の治療に使われてきており、頼りになる治療薬としてますます信頼を高めている。だが、抗うつ剤がどのように作用するのか、もっと正確に言えば作用する理由を.... 続きを読む

2011-12-22
恐れ知らずの若さ:プロザックが脳を若返らせることで不安を消失させる(サイエンティフィック・アメリカンより) - 抗うつ薬は、脳の可塑性を増大させることによって成体マウスにおける恐れを軽減させることが新たな研究で示されている。実験用成体マウスが特定の刺激(音や閃光)と、電気ショックの痛みを結びつけることを一旦学ぶと.... 続きを読む

2011-12-05
不安症の治療: 薬物療法または精神療法、もしくはその併用療法が有用(ロサンゼルス・タイムズより) - 不安症患者には、認知行動療法を選択する患者もいれば、薬剤を選ぶ患者もいる。また、発作を回避するため、これらの併用療法を必要とする患者もいる... 続きを読む

2011-12-05
最新の抗うつ剤の有効性はほぼ同じであるが、副作用や即効性は薬によって異なると研究が見出す(WebMD医療ニュースより) - 新たな分析によると、最新の抗うつ剤はすべて、有効性はほぼ同じだが、誰にとっても作用が同じという訳ではない。「製薬業界の主張に反し、有効性だけを基準にし、ある薬より別の薬を選択した方が良いということを.... 続きを読む

2011-12-02
プロザックが成人期自閉症の症状を緩和する可能性(ウェブMDより) - 抗うつ薬プロザックが自閉症スペクトラム障害の特徴的症状(反復的な強迫行動)の治療に有用であるように思われる。新たに発表された研究は、自閉症の成人患者を対象に実施されたもので、プロザック(フルオキセチン)を投与した患者.... 続きを読む

2011-11-15
メタンフェタミン乱用に対する抗うつ薬における有望な初期結果(バルチモア・サンより) - 抗うつ薬ミルタザピンは、少なくとも短期的に一部のメタンフェタミン中毒者の薬剤使用を抑制するのに役立つ可能性のあることが小規模試験で示唆された。依存性の高い刺激物質メタンフェタミンは、鼻・口から吸引したり.... 続きを読む

2011-11-03
トピラマートとクエチアピンの併用により青年期の双極性障害患者における大麻使用が減少(クリニカル・サイカイアトリー・ニュースより) - 患者75人を対象とした試験に基づき、大麻(カンナビス)の使用頻度が高いと報告した双極性障害(躁鬱病)の青年(12歳~19歳)に対するトピラマートとクエチアピンの併用療法は忍容性が良好であったことが.... 続きを読む

2011-10-28
孤立状態からの脱却:季節性感情障害の治療(アトランティック紙より) - 人口の6~10%は冬の間に季節性うつ病を患います。でも、この病気を終わらせる方法はあります。北半球ではどんどん日が短くなり、寒くなっています。そして、中にはどんどん憂鬱な気分になっていく人たちもいます。季節性感情障害(SAD)とは.... 続きを読む

2011-10-27
不眠症の治療が小児期および思春期の抑うつ状態の治療を促進(ファミリープラクティスニュースより) - 抑うつ状態の治療を受ける前に明確な不眠症を報告していた小児および思春期患児(13歳~19歳)の約過半数が、フルオキセチン治療開始から最初の数週間で、睡眠および抑うつ状態の両方に有意な改善を認めたことが.... 続きを読む

2011-10-25
親の訓練がADHD未就学児に有益となる可能性(USAトゥデイより) - 新たな報告によれば、子供の問題行動の管理方法に関する訓練を受けた両親は、注意欠陥/多動性障害(ADHD)の症状が認められる未就学児のふるまいを改善させられるという。また、6歳未満の幼児に対しADHD治療薬.... 続きを読む

2011-10-24
専門家らがうつ病の革新的な治療法を討議(トレードアラビアより) - 先日、うつ病の革新的な治療薬に対する選択肢を討議するため、ドバイでこの種で初めての会議が行われ、湾岸地域全域から100名以上の医療専門家が参加した。この会議はフランスの大手製薬会社であるセルヴィエ社(Les Laboratoires Servier).... 続きを読む

2011-10-23
過食症(ザ・スター・オンラインより) - 過剰に食べた後にさまざまな方法で食べたものを排出しようとしているなら、過食症を患っています。神経性過食症は摂食障害です。この障害は食べ物を大量に食べ(むちゃ食い)、その後で本人が嘔吐を促したり、下剤を使用.... 続きを読む

2011-10-23
眠気と抑うつ状態(ザ・スター・オンラインより) - うつ病に対する合理的治療法の選択肢として概日リズムのリセットがある。概日リズム障害は、寝起きのリズムの変化によって生じるもので、うつ病の主因の1つであることが確認されている。マレーシアではうつ病は4番目に多い.... 続きを読む

2011-10-20
ADHD検診は早期に開始して長期継続(モダンメディスンより) - 米国小児科学会(American Academy of Pediatrics:AAP)の新ガイドラインによれば、 注意欠陥/多動性障害(ADHD)に対する査定は、4歳で開始し、18歳まで続けるべきであるとしており.... 続きを読む

2011-10-14
エストラジオール(卵胞ホルモン)の閉経前投与により閉経期前後の抑うつ状態が減少(ファミリープラクティスニュースより) - 閉経前にエストラジオールをより長期間投与していた女性は、閉経移行期に抑うつ状態を発症するリスクが有意に低いことが、女性1,282人のデータに基づき明らかにされた。「閉経移行期に女性における抑うつ状態のリスクが.... 続きを読む

2011-10-07
躁症状は特定の抗精神病薬で最良効果を示す(サイカイアトリー・オンラインより) - 新たなメタ解析によれば、躁症状の治療では、3種類の抗精神病薬(リスペリドン、オランザピン、ハロペリドール)が、気分安定薬やその他の抗精神病薬よりも、有意に高い有効性を示している。 続きを読む

2011-10-05
双極性障害の治療に検討されている利用可能な薬剤(サイキアトリック・タイムスより) - 双極性障害に対し、メチレンブルーに加え数種の利用可能な薬剤が検討されている。テキサス大学(University of Texas)のマーサル・サンチェス氏(Marsal Sanches)とジェイアー・ソアレス氏(Jair Soares)はこれら薬剤のレビューを実施し.... 続きを読む

2011-09-24
アゴメラチンが湾岸アラブ諸国協力理事会(GCC)域内のうつ病患者に新たな希望をもたらす(AMEinfo.com より) - パリで開催された第24回欧州神経精神薬理学会議(24th European College of Neuropsychopharmacology (ECNP) Congress)に6,000人以上の医療専門家が集まり、アゴメラチンに関する.... 続きを読む

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は.... 続きを読む

2011-09-05
ヨーロッパ人の約40%が精神疾患に苦しむ(インターナショナルビジネスタイムズより) - ドイツのドレスデン大学(Dresden University)により発表された新たな研究によれば、約1億6,500万人のヨーロッパ人(欧州人口の38%)が精神疾患を患っている。この脳障害には、抑うつ状態、不安.... 続きを読む

2011-04-22
初期試験で抗うつ薬により損傷後の脳細胞が増加(サイエンスデイリーより) - 抗うつ薬が、脳損傷後の新規脳細胞の創出・生存を促進するのに有用となりうることが、ロチェスター医科大学(University of Rochester Medical Center)の脳神経外科医らによる研究で示された.... 続きを読む

2011-01-01
脳が恐れを知らないとき ― 恐怖の発見がPTSDに対する新治療につながる可能性(サイエンス・デイリーより) -アイオワ大学(University of Iowa)の研究者らは、人に恐怖を体験させる脳の部位を特定した。この発見により心的外傷後ストレス障害(PTSD)や不安の諸症状に対する治療が.... 続きを読む

2010-12-29
失業が、若者の精神不衛生に関連するとの報告(BBCニュースより) - 英国ウェールズでは、長期失業に伴い精神衛生上の問題を抱える若者の数が増加しており、その中でも長期的に失業している人に.... 続きを読む

2010-12-01
生殖年齢の女性の抑うつと産後うつ病(CDCより) - 抑うつを経験する女性は大勢います。他の病気と同じように、抑うつにも症状があります.... 続きを読む

2010-11-15
オキシトシンと社会的接触とが不安を軽減:ホルモンは隔離された動物のストレス軽減には効果が薄い可能性(サイエンスデイリーより) - 新しい研究によると、オキシトシンはストレスを受けた動物の不安を軽減するが、仲間の存在がある場所で回復できる場合のみである.... 続きを読む

2010-10-04
統合失調症に対する抗精神病薬に期待すべきこと(CNNヘルスより) - 統合失調症の症状で苦しんでいるのなら、抗精神病薬が役に立つ。数ある抗精神病薬の中でも特に、ハロペリドール(ハルドール)、リスペリドン(リスパダール)、オランザピン(ジプレキサ)等は統合失調症の主要な治療薬で.... 続きを読む

2010-04-30
「抱擁ホルモン」、男性を共感力豊かに(BBCニュースより) - ドイツと英国の研究者チームによると、オキシトシンを含むスプレー式点鼻薬によって、男性は他人の感情に対して、より共感力豊かになるという。同研究者チームは、「抱擁ホルモン」であるオキシトシンを吸い込むことで、男性が女性と同じように共感力豊かになることを発見。48人のボランティアを.... 続きを読む

2010-04-21
善行や悪行は人を強くするのか(サイエンスデイリーより) - ハーバード大学にて新しい研究が行われた。その研究結果は、善行により、我々の意志の力そして体力の限界が押し上げられる可能性があることを示すものであった。この研究に参加した人々の内、善いことをした人々(困っている人に手を差し伸べることを想像しただけの人々でさえも)の体力テストの成績は、そうでない人々の成績を....更に、この発見は、不安症や鬱の新しい治療に役立てられる可能性がある、と.... 続きを読む

2010-03-08
ADHDに非刺激薬が有効な場合(ArticlesBase.comより) - ADHD(注意欠陥・多動性障害)用の非刺激薬はすべての患者に効くわけではないことが、患者の報告から明らかにされている。最近まで、非刺激薬アトモキセチン(ストラテラ)が効くかどうかは一か八かであると考えられていた。事例報告や科学雑誌によれば、アトモキセチンが非常によく効く患者もいれば、全く効かない患者もいる。 アトモキセチンに関して行われた多くの科学的研究から、この薬はほとんどの患者に対して.... 続きを読む

2010-03-01
トランキライザー(精神安定剤)(BBCヘルスより) - 抗不安薬や睡眠薬は、短期使用であれば特定の状況に役に立ちますが、長期使用の場合は依存症が大きなリスクです。 トランキライザーとは? 不安を取り除いたり、眠りを誘発するために(時には筋肉の緊張を和らげるなど他の作用のために)使用される複数の異なるグループの薬です。このような薬として.... 続きを読む

2009-02-15
辛い記憶を消し去るベータ阻害薬(ABCニュース・ヘルスより) - たった1錠の錠剤で、過去の辛い記憶と、そこから生まれる恐怖感や不安感を切り離すことができると想像してほしい。オランダの研究者が行った新しい研究では、そのような事が可能であるという結論が出された。2月15日のオンライン版ネイチャー・ニューロサイエンスに掲載された。メレル・キント氏(Merel Kindt)と同僚は.... 続きを読む

2009-01-01
薬の種類(BBCヘルスより) - どのような場合でもあなたのかかりつけ医や精神科医以外の人が精神病薬を処方することはありません。自分の服薬状況を変える前には医師らに相談することが大切です。トランキライザー: バリウム、テマゼパム、ゾピクロンなどのトランキライザーは、気分を落ち着かせて不安を軽減したり、睡眠の補助として使用される薬のグループです。特定の状況には抗不安薬が使用されます。具体的な状況として、飛行機で空を飛ぶのは怖いが飛行機に乗らなければならないといった場合に.... 続きを読む

2008-12-29
パーキンソン病患者のうつ病治療には旧世代の抗うつ薬のほうが優れている?(サイエンスデイリーより) - 第一選択薬として使用されることの多い抗うつ薬で、セロトニンだけに作用する薬は、パーキンソン病患者のうつ病治療に最適ではない可能性のあることが新たな研究により明らかにされた。この新たな研究は、米国神経学会.... 続きを読む

2008-08-04
ホルモンが精神病の症状を緩和する(BBCニュースより) - ホルモンパッチ剤は、統合失調症など重度の精神疾患の女性が精神病的な感情にとらわれるのを防いでくれるかもしれない。オーストラリアの科学者らは、女性患者に性ホルモンのエストロゲンを投与したところ、幻覚や妄想に悩まされたという報告が比較的少なかったことを明らかにした。アーカイブス・オブ・ジェネラルサイキアトリー・ジャーナル(Archives of General Psychiatry Journal)に掲載された報告によれば.... 続きを読む

2008-07-05
不安障害を治療しないとどうなるか(ヘルスセントラルより) - 不安障害には治療法があります。精神療法、認知行動療法、薬物治療が行われる可能性があり、不安症状を和らげ、健康で生産的な生活を送る助けとなります。しかし、有効な治療法があるのに治療を受けない人が無数に.... 続きを読む

2007-09-04
処方薬や心理療法なしでどんな恐怖症でも治す方法(ArticlesBase.comより) - 恐怖症は強烈な恐れで、そのためにその恐怖の対象を避けるか、さもなければ耐え難いほどの精神的痛みを感じながら我慢するということになります。また、他の大部分の人たちが怖がらない、ないしそれほどは怖がらないものを怖がるという点で不合理な恐れでもあります。よくある恐怖症の例として.... 続きを読む

2007-01-05
クロルプロマジン(BBCニュースより) - イギリス医師会雑誌(British Medical Journal:BMJ)では、最も優れた医学的大発見を決定するためのコンクールを進めている。現代の医療専門家らにより、過去166年間の中から複数の発見が支持されている。 ロンドンにあるホマートン病院(Homerton Hospital)の精神療法指導医トレヴァー・ターナー(Trevor Turner)氏は、クロルプロマジンを支持している。クロルプロマジンは.... 続きを読む

2007-01-01
極度のあがり症を克服する方法(ロヤーネ・リアル著「Your Guide to Finding Friends, Making Friends, and Keeping Friends(友達を見つけ、友達を作り、友達を維持する為のガイド)」より) - 大多数の人が時と場合によって人見知りをしたりあがっている状態を経験する。事実、国民のたった約7%の人がそのようなことがない。残りの我々にとっては、「あがる」ということにもちょっとした不便さを感じる場合から.... 続きを読む

2006-12-11
精神展開薬:強迫性障害治療の希望の星(BBCニュースより) - ジャーミー(仮名)が最後にバスケットボールに触れてから、もう何年も経っていた。彼は、強迫性障害を患っているため、汚れや細菌が体に付くのを恐れていた。足の裏に触れる靴底以外、地面に体が触れるのを嫌っていたのである。しかし、強迫性障害患者に対するプシロシビン(マジックマッシュルームに含まれる幻覚誘発物質)の効果を測るために行われた小規模の臨床試験に参加中、ジャーミーは裸足で床の上に立ち、運動がしたい、ボールで遊びたいと.... 続きを読む

2006-07-26
双極性障害を抱えながら精一杯生きる(BBCニュースより) - 政府顧問は、双極性障害に対する治療および診断のための新ガイドラインを発行した。この疾患は、旧病名を躁鬱病といい、重度の精神健康障害のことであり、高揚状態の躁病から深い抑うつ状態への変動を特徴とする.... 続きを読む