糖尿病 - このカテゴリーの人気商品!!

価格:260 円 価格:2680 円 価格:7820 円
プランディアル (ボグリボース) 0.2mg グルコバイ(アカルボース)100mg(トルコ市場向け) メトチェック(塩酸メトホルミン)500mg
糖質の消化・吸収を遅延して、心血管系の疾病を引き起こす原因となる食後血糖値をコントロールする食後過血糖改善薬!さらに2型糖尿病の発症予防や治療にも有効! 2型糖尿病治療薬!小腸での糖類吸収を阻害することによって食後の血糖値の上昇を抑制!トルコ市場向け商品です! アンチエイジング効果があるとして再注目されているメトホルミンが有効成分!本来は肝臓における糖分の生成を抑えることで血糖値を低下する2型糖尿病治療薬!

 

糖尿病 - 新しく追加した商品

価格:7680 円

アプルウェイ(トホグリフロジン水和物)20mg

インスリンを介さず、腎臓でのブドウ糖の取り込みを阻害する新しい糖尿病治療薬!空腹時、食後の高血糖の是正するだけでなく、体重減少効果や腎保護作用も認められています!

価格:7800 円

ルセフィ(ルセオグリフロジン水和物)2.5mg

大正製薬が開発した尿から糖を排泄するSGLT2阻害薬!従来の治療薬と異なり低血糖症の発症を引き起こしにくく糖尿病に伴う合併症を予防します!

価格:7200 円

デベルザ(トホグリフロジン水和物)20mg

腎臓でグルコースを再吸収するSGLT2の働きを阻害する新しい糖尿病治療薬!インスリンに直接作用しないため低血糖などの副作用が引き起こされにくいうえ、他薬との併用でより大きな効果も期待できます!

価格:8370 円

血糖値測定器AM2401型(試験紙25枚、採血針、ケース付)

わずか10秒!食前と食後の血糖値を簡単に測定できる自己血糖測定器!採血の痛みはほとんどありません!また軽量・小型ながら、測定結果は180回分まで記録可能!

価格:690 円

ポスメイル口腔内崩壊錠(ボグリボース)0.2mg (10錠)

糖質の消化・吸収を遅延して、心血管系の疾病を引き起こす原因となる食後血糖値をコントロール!さらに2型糖尿病の発症も予防!水なしで服用できる口腔内崩壊タイプ!ベイスンのジェネリック薬!

価格:830 円

ポスメイル口腔内崩壊錠(ボグリボース)0.3mg (10錠)

糖質の消化・吸収を遅延して、心血管系の疾病を引き起こす原因となる食後血糖値をコントロール!さらに2型糖尿病の発症も予防!水なしで服用できる口腔内崩壊タイプ!ベイスンのジェネリック薬!

 

糖尿病 - 全商品一覧(86)

糖尿病--スルホニル尿素(SU)薬 (6)

糖尿病--αグルコシターゼ阻害薬 (12)

糖尿病--インスリン抵抗性改善薬--チアリゾン系 (6)

糖尿病--インスリン抵抗性改善薬--ビグアナイト系・メトホルミン (5)

糖尿病--インクレチン関連薬 (8)

糖尿病--SGLT2阻害薬 (9)

糖尿病--その他 (14)

糖尿病(取扱い無し・要問合せ) (24)

 

糖尿病 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2016-09-15
特定の脂肪酸が女性の糖尿病リスクを上昇させるおそれ(【News-Medical.Net】より) - 新しい研究によると、特定の脂肪酸を多量に摂取する女性は、肥満指数(BMI)に関係なく2型糖尿病を発症するリスクが上昇するそうだ。この結果は、9月12日から16日にドイツのミュンヘンで開催された欧州糖尿病学会(EASD)で報告された。この研究の著.... 続きを読む

2016-09-14
経口抗糖尿病薬が体内の窒素と尿素の代謝を調節(【News-Medical.Net】より) - もっとも頻繁に処方されている経口抗糖尿病薬であるメトホルミンは、代謝経路に有意に働きかけることが、ヘルムホルツ・センター・ミュンヘン研究所の科学者とデュッセルドルフのドイツ糖尿病センター(DDZ)の研究員に.... 続きを読む

2016-07-26
一般的な2型糖尿病治療薬の早産に対する驚くべき効果(【News-Medical.Net】より) - 7月25日に発表された研究結果によると、通常は2型糖尿病を持つ何百万もの人が使用する薬であるメトホルミンが、早産の重大な原因を断つという思いがけない働きをするかもしれないことがわかった.初期段階の研究は、シンシナティ.... 続きを読む

2016-06-26
NASHを伴う糖尿病患者にピオグリタゾンが有効(【 News-Medical.Net】より) - ピオグリタゾンが前糖尿病または2型糖尿病患者の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の進行を食い止めるかもしれないことが、無作為化試験の結果わかった。「Animals of Internal Medicine」で発表された試験の主要転帰は、悪化を伴わない非アルコール性脂肪肝疾患活動指数.... 続きを読む

2016-06-23
高価な糖尿病治療薬は有効?(【MedPageToday.com】より) - 2型糖尿病の新しい治療に関して、費用と効果に対する新たな疑問が問われている。先週発表された、リラグルチド(ビクトーザ)が主要心臓血管イベントおよび全死因死亡の減少と関係しているという発表を受け、今、医者たちに.... 続きを読む

2016-04-08
腎障害患者へのメトホルミン薬使用をFDAが承認(【MedPage Today】より) - 現在の医薬表示は、腎臓が完全に機能していない人に対してはメトホルミンを使用しないよう強く推奨している。しかしながら、メトホルミンの腎臓機能に対する影響に関する膨大な研究を検討した結果、FDAは軽度の腎障害を持つ人、また.... 続きを読む

2016-04-06
1型糖尿病患者ではダパグリフロジンとリラグルチドの併用がケトアシドーシスを引き起こすかもしれない(【MedPage Today】より) - 研究者たちは、既にリラグルチドおよびインスリンで治療を行なっている1型糖尿病患者30人を調査した。まず患者をナトリウム・グルコース共役輸送体-2(SGLT-2)阻害薬であるダパグリフロジンまたはプラセボ薬のいずれかを追加薬とするグループに.... 続きを読む

2016-04-06
1型糖尿病患者ではダパグリフロジンとリラグルチドの併用がケトアシドーシスを引き起こすかもしれない(【MedPage Today】より) - 研究者たちは、既にリラグルチドおよびインスリンで治療を行なっている1型糖尿病患者30人を調査した。まず患者をナトリウム・グルコース共役輸送体-2(SGLT-2)阻害薬であるダパグリフロジンまたはプラセボ薬のいずれかを追加薬とするグループに.... 続きを読む

2015-11-19
バイアグラが糖尿病リスクを持つ人のインスリン感受性を改善する(【Medical News Today】より) - 内分泌学会のClinical Endocrinology & Metabolismジャーナル誌で発表された新しい研究によると、バイアグラの商品名で知られているシルデナフィルには、前糖尿病患者のインスリン感受性を改善するだけでなく、心臓および.... 続きを読む

2015-10-06
メラトニンと食事時間: 一般的な遺伝子の差異が糖尿病により大きなリスクをもたらす可能性(【サイエンスデイリー】より) - 一般的な遺伝子変異を持つ人では2型糖尿病の進行リスクがより高い可能性がある理由について、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(BWH)とスペインのムルシア大学の研究者たちが新たな光を注いだ。健康的な被験者を慎重に研究することで.... 続きを読む

2015-08-28
スピロノラクトン:“もうひとつの”ニキビのホルモン療法(【MEDPAGETODAY】より) - 1980年代に行なわれた研究では、スピロノラクトンは特に非ホルモン療法では無反応の女性のニキビに対する治療効果が実証されていた。ところがFDA(米国食品医薬品局)の強制により、腫瘍形成の可能性に関する警告および.... 続きを読む

2015-04-29
糖尿病の発症を予防する薬はほとんど使われない(【UCLSニュースルーム】より) エンリケ・リベロ(Enrique Rivero)著 -メトホルミンは糖尿病の発症を防ぐ薬として値段も手ごろで有効であるが、実際はほとんど使用されていない。UCLAがその理由を調査した。UCLAの研究によれば、糖尿病発症の予防に効果が認められている安価な薬を処方する医.... 続きを読む

2015-02-27
メトホルミンが妊娠糖尿病後の2型糖尿病リスクを低下(糖尿病.co.ukより)― 妊娠糖尿病歴を有する女性におけるメトホルミンの服用が、2型糖尿病の発症リスクを低下させることが、新たな研究で示された。本研究によれば、妊娠糖尿病歴のない女性では、メトホルミンによる2型糖尿病のリスク低.... 続きを読む

2014-12-05
併用療法におけるサクサグリプチンの有効性(糖尿病・イン・コントロールより)― 2型糖尿病患者において、サクサグリプチンを別の種類の薬剤に追加すると、血糖コントロールが改善される。サクサグリプチンとは、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害薬のことであり、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)と、ブドウ.... 続きを読む

2014-12-04
リラグルチドが腎臓病を有する糖尿病患者への適応で欧州にて承認(メッドスケープより)― 注射用グルカゴン様ペプチド1(GLP-1)受容体作動薬である「リラグルチド」(ノボノルディスク社製造のビクトーザ)を、中等度の腎機能障害を有する成人2型糖尿病患者へ適応拡大することについて、欧州連合の承認勧告が得ら.... 続きを読む

2014-12-01
フェノフィブラートはPPARαを介した糖尿病性網膜症に有効(ニュース・メディカルより)― フェノフィブラートが糖尿病性網膜症を防ぐ理由を説明する研究が、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)αが網膜周皮細胞の保護効果を発揮するからだと示している。研究著者である馬建興(Jian-xing Ma) (University of Oklahoma Health Sciences Center, Oklahoma City.... 続きを読む

2014-11-27
ダントロレンが壊滅的な形態の糖尿病を治療できるかもしれない(糖尿病.co.ukより)― 筋弛緩薬のダントロレンが、まれではあるが壊滅的な糖尿病の形態であるウォルフラム(Wolfram)症候群の効果的な治療薬である可能性がある。ウォルフラム症候群とは? ウォルフラム症候群の患者は、通常ごく若年で1型糖尿病を.... 続きを読む

2014-11-10
糖尿病治療薬の第一選択はメトホルミン単剤との結果が改めて示された(薬学ジャーナルより)― 追加の血糖降下薬が必要となった糖尿病患者はメトホルミン服用群では24.5%だったのに対し、スルホニル尿素薬群では37.1%であった。糖尿病と診断されたのが最近で、治療のために処方されているのはメトホルミンだけという患.... 続きを読む

2014-11-10
研究がメトホルミン単剤療法を糖尿病薬の第一選択として支持(薬学ジャーナルより)― メトホルミンを服用した糖尿病患者の24.5%のみが、スルホニル尿素を投与された37.1%と比較して、第2の血糖降下薬を必要とした。最近糖尿病だと診断されメトホルミン単剤療法を処方された患者は、単剤療法として他の経.... 続きを読む

2014-10-31
メトホルミンは糖尿病患者の血糖値を下げる最良の初期経口薬(糖尿病・イン・コントロールより)― メトホルミン、スルホニル尿素、チアゾリジンジオン、DPP-4阻害剤を比較し、第2治療薬が必要となる時間への影響を評価した...糖尿病治療には多くの薬剤クラスの経口薬が使用されているが、初期治療として使用するのにど.... 続きを読む

2014-10-02
基礎インスリンにリラグルチドを追加すると2型糖尿病マーカーが改善(ヒーリオより)― 2型糖尿病入院患者におけるメトホルミン併用下または非併用下で、基礎インスリンにリラグルチドを追加すると、血糖コントロールが有意に改善する。この研究結果は、第50回欧州糖尿病学会(European Association for the Study of Diabetes:EASD)年次総会で発.... 続きを読む

2014-08-18
フェノフィブラートは糖尿病の男性同様、女性にも有効(メッドスケープより)― FIELD試験(糖尿病におけるフェノフィブラート治療によるイベント減少を検討する試験)の新たな解析で、脂質低下療法の効果は男性と同様に女性においても認められることが明らかにされた。研究者らによれば、先に行われ.... 続きを読む

2014-08-08
メトホルミン治療、より良い脂質コントロールを提供(糖尿病・イン・コントロールより)― 冠動脈疾患のある2型糖尿病患者では、グリピジド治療よりメトホルミン治療を受けている患者の方が、より良い全体的な脂質効果が見られた....この研究結果は多施設二重盲検無作為化プラセボ対照比較試験(SPREAD-DIMCAD)で解析さ.... 続きを読む

2014-06-25
肥満・過体重患者におけるリラグルチドは体重減少を促進して2型糖尿病の発症を遅延(HCPライブより)― リラグルチドを投与された肥満患者や過体重患者は、プラセボ投与患者と比較して、体重が有意に減少し、2型糖尿病を発症する可能性も低くなった。SCALE(非糖尿病・糖尿病患者における満腹感と肥満-リラグルチドの臨床的.... 続きを読む

2014-06-23
糖尿病治療薬リラグルチドによる治療で心血管リスク因子が改善(ニュース・メディカルより)― 食事・運動療法の併用下における糖尿病治療薬リラグルチドは、有意な体重減少につながり、複数の心血管リスク因子(高血圧や高コレステロールなど)を改善させることが、多施設共同試験で示された。この結果は、3,700人.... 続きを読む

2014-05-27
リラグルチドは1型糖尿病患者に有効(メッドスケープより)― 注射用グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)アゴニストであるリラグルチド(ノボノルディスク社製造ビクトーザ[Victoza])を、インスリンに併用すると、1型糖尿病患者に有益となる可能性のあることが、12週間の無作為化試験による結果で示.... 続きを読む

2014-05-19
リラグルチドは1型糖尿病にも肥満にも有効(メドページ・トゥデイより)― リラグルチドは、1型糖尿病に対するインスリン療法の追加治療としても、非糖尿病者における抗肥満薬としても有効なようだ。研究者らがここラスベガスで報告した。報告が行われたのは、米国臨床内分泌学会(American Association of Clinical.... 続きを読む

2014-03-25
2型糖尿病におけるトレシーバ(Tresiba)とビクトーザ(Victoza)の拡大利用をヒト用医薬品委員会が承認勧告(ファーマビズより) - ヒト用医薬品委員会(Committee for Medicinal Products for Human Use :CHMP)は、2型糖尿病におけるトレシーバ(インスリンデグルデク)とビクトーザ(リラグルチド)の利用拡大を承認勧告した。今後、欧州委員会(European Commission)が適応追加を承認すれば、ビクトーザ.... 続きを読む

2014-03-25
ベバシズマブで効果の得られない糖尿病性黄斑浮腫患者にはトリアムシノロンが有効(ヘアリオより) - 短期的ベバシズマブ硝子体内投与で効果を得られない糖尿病性黄斑浮腫患者において、トリアムシノロンを硝子体内投与すると有用であることが、研究で明らかにされた。本研究は、ベバシズマブの硝子体内投与で効果を得.... 続きを読む

2014-03-24
糖尿病に対する2剤併用療法が血糖コントロールに役立つ可能性(デイリーRxニュースより) - 2種類の糖尿病治療薬による併用療法で、血糖値を効率的にコントロールすることができる。具体的にはメトホルミンにビルダグリプチンを加えると、効果的な併用療法となることが、新たな研究で確認された。糖尿病患者.... 続きを読む

2014-03-22
アロエベラ液汁で血糖値を下げることができる:ベターダイジェスチョン.オルグの新しいレポート(PRウェブより) - 「アロエベラ液汁で血糖値を40%下げることができる」というタイトルのベターダイジェスチョン.オルグ(BetterDigestion.org)の新しいレポートは、アロエ液汁がどうやって血糖値を下げ調整を保つことができるのかを詳しく説明していま.... 続きを読む

2014-03-17
男性へのテストステロン注射で糖尿病を予防できる?(メディカル・エキスプレスより) - シドニー大学(University of Sydney)の研究者たちが、いままでにない試験に参加してくれる男性を探しています。その試験とは、男性にテストステロンを定期的に注射することで2型糖尿病を予防できるか評価するというものです。.... 続きを読む

2014-03-14
メトホルミンにビルダグリプチンを追加すると血糖コントロールが改善(腎臓&泌尿器学ニュースより) - ビルダグリプチンとメトホルミンの併用投与は、忍容性不良や低血糖を誘発することなく、血糖コントロールを改善させることが、新たな研究で示唆された。多施設共同二重盲検比較試験において、東京医科大学のMasato Odawara博士.... 続きを読む

2014-01-25
移植後の新規発症糖尿病に対する有望な薬剤(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 小規模試験で、腎移植後の新規発症糖尿病の治療薬シタグリプチンに短期的な有効性および安全性が示された。ノルウェーにあるオスロ大学病院(Oslo University Hospital)のテア・アニン・ストレム・ハルデン(Thea Anine Strom Halden)博士らは、移植後に新規.... 続きを読む

2014-01-22
糖尿病の胃不全麻痺に対するメトクロプラミド点鼻薬の良好な結果:イヴォーク・ファーマ社による研究報告(ウォール・ストリート・ジャーナルより) - イヴォーク・ファーマ(Evoke Pharma)社(ナスダック登録名:EVOK)は、市販のメトクロプラミド経口錠と比較して、メトクロプラミド経鼻投与薬の方が、糖尿病性胃不全麻痺の症状管理に効果的であることを示した研究論文を本日発表した.... 続きを読む

2013-12-14
2型糖尿病における認知症に対する防御能をメトホルミンが付与する可能性(糖尿病ヘルスより) - 糖尿病治療薬メトホルミンは、血糖値のコントロールに役立つのみならず、糖尿病患者に多い健康リスクの一つである認知症リスクを低下させる可能性もある。糖尿病症状をコントロールするためにスルホニル尿素を服用し.... 続きを読む

2013-12-14
2型糖尿病における認知症に対する防御能をメトホルミンが付与する可能性(糖尿病ヘルスより) - 糖尿病治療薬メトホルミンは、血糖値のコントロールに役立つのみならず、糖尿病患者に多い健康リスクの一つである認知症リスクを低下させる可能性もある。糖尿病症状をコントロールするためにスルホニル尿素を服用し.... 続きを読む

2013-11-20
糖尿病治療薬は雄マウスで延命効果がある一方、雌では効果が弱い(UofMヘルスより) - メイン州にあるミシガン大学(University of Michigan)ジャクソン研究所(Jackson Laboratory)と、テキサス大学医療科学センター(University of Texas Health Sciences Center)が主導する研究により、2型糖尿病の治療に多く用いられる薬剤が、雄マウスの生存期間中央値を22%延長させること.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-10-23
リナグリプチン ? 1日1剤のみで糖尿病をコントロール!(ヘルス・インディアより) - 糖尿病のコントロールに、複数の薬剤を服用しなくてはならないことに、うんざりしていませんか? リナグリプチン(linagliptin)という錠剤がこうした悩みを解決してくれるかもしれません。この新世代の薬剤は、体重増加の回避に有.... 続きを読む

2013-09-05
糖尿病処方薬で心発作リスクは上昇せず(デイリーRxより) - 糖尿病治療薬サクサグリプチン(saxagliptin)は心発作リスクを上昇させないと考えられるものの、心不全患者はその危険性を通告された。サクサグリプチンは糖尿病患者の血糖値を抑えるのに役立つ薬である。本剤は心発作リスクを上.... 続きを読む

2013-06-19
テストステロンがインスリン感受性を惹起(メドページ・トゥデイより) - ホルモン不足の2型糖尿病男性患者にテストステロンを投与すると、インスリン感受性を改善させられることが、研究者らによって報告された。無作為化対照試験において、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症を伴う2型糖.... 続きを読む

2013-06-17
スタチンは1型糖尿病の子どもにも有効(メドページ・トゥデイより) - 1型糖尿病でLDLコレステロール高値の小児および青少年を対象とした小規模な無作為化試験において、スタチン療法は6カ月にわたり有効かつ安全であった。フロリダ州ジャクソンビルにあるヌムール小児クリニック(Nemours Children's Clinic.... 続きを読む

2013-04-17
コルヒチンで糖尿病患者の金属ステント再狭窄が減少(tctmdより) - 米国心臓病学会誌(Journal of the American College of Cardiology)2013年4月10日号オンライン版に掲載された無作為化試験によれば、糖尿病患者に金属ステント(ベアメタルステント)を留置した後、低用量コルヒチンを連日投与すると、6ヵ月時点のステン.... 続きを読む

2013-04-12
健康最前線:糖尿病とメラトニン(トゥーリバーズ・トリビューンより) - 睡眠制御をつかさどるホルモンであるメラトニンが低値である場合、糖尿病リスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示唆された。ハーバード大学ブリガム&ウィメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)の研究者らは、大半のホルモン.... 続きを読む

2013-04-10
熱傷小児患者における長期プロプラノロールの有用性(AAPグランドラウンズより) - ガルベストン(テキサス州)とトロント(カナダ)の研究者らは、重症熱傷を負った小児を対象にプロプラノロールを1年間使用した効果について評価した。被験者は19歳未満で、全体表面積(BSA)の30%以上の熱傷により入院.... 続きを読む

2013-03-15
糖尿病治療薬シタグリプチンはHIV患者に安全―研究で判明(メディカル・エキスプレスより) - シタグリプチンはインスリン分泌の後押しをするため、結果的に血中の糖が多く処理されることになる。この薬は、糖尿病リスクがあるHIV陽性患者が使用しても安全なようだ。HIV患者は、心臓発作、糖尿病、インスリン分泌.... 続きを読む

2013-02-21
シタグリプチンの血糖コントロール以外の効果:QOL(生活の質)に焦点を当てる(7thスペースより) - グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)類似体などのインクレチン(ホルモン)や、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)阻害剤が、糖代謝を調節することが最近明らかとなっている。今回の試験目的は、日本国内のDPP-4阻害剤の臨床使用における有.... 続きを読む

2013-01-07
メトホルミンは2型糖尿病ハイリスク患者における心臓イベントを防止する(MPRより) - ダイアビーティス・ケア(Diabetes Care)で12月10日に発表された研究によると、 メトホルミン治療はグリピジドと比べ、2型糖尿病ハイリスク患者における心血管イベントを大きく低減する。上海交通大学医学院(Shanghai Jiao Tong University School of Medicine).... 続きを読む

2012-12-10
メトホルミン療法は肥満の子どものBMIと空腹時血糖値を改善(ニュース・メディカルより) - 米国内分泌学会(Endocrine Society)のジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー&メタボリズム(Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism: JCEM)誌が掲載した最近の研究によると、メトホルミン療法は肥満の子どもの肥満度指数(BMI)や空腹時血糖値の.... 続きを読む

2012-12-08
リナグリプチン投与が腎機能を保護する可能性(糖尿病ヘルスより) - リナグリプチン(linagliptin)の服用は、2型糖尿病患者において腎臓を保護するのに役立つとみられる。同剤は特定の血中天然物質の量を増加させることによって血糖値を低下させるものであり、一般に食事療法や運動と併用したり、.... 続きを読む

2012-12-04
2型糖尿病患者の脳卒中後の脳損傷をリナグリプチンが減らす可能性(ニュース・メディカルより) - スウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)の科学者らは、マウスを用いた研究から、ある新しい治療の可能性を発見した。その治療は、2型糖尿病患者で脳卒中が起きた場合に、その後の脳損傷を減らす可能性がある。.... 続きを読む

2012-11-30
局所シンバスタチンが非治癒性の糖尿病創傷に対する答えかもしれない(ニュース・メディカルより) - 局所シンバスタチンはマウスの創傷治癒を著しく促進するので、非治癒性の創傷を伴う糖尿病患者の治療に良い選択肢となるかもしれない、と研究者らは述べている。「糖尿病における創傷治癒の遅延には、いくつかの要因.... 続きを読む

2012-11-07
研究:糖尿病治療でメトホルミンが心臓にもたらす有益性はスルホニル尿素薬を上回る(サイエンス・コーデックスより) - バンダービルト(Vanderbilt)での研究で、最も一般に処方されている糖尿病治療薬が心臓発作、脳卒中、死亡のリスクに及ぼす影響について検討が行われた。その研究から、メトホルミンにはスルホニル尿素薬を上回る有益性のある.... 続きを読む

2012-10-04
糖尿病患者に対するバイトリン使用でBMIは問題とならない(メドページトゥデイより) - 糖尿病患者が肥満であろうとなかろうと、エゼチミブ・シンバスタチン配合剤(バイトリン)による治療は一貫して効果があり、コレステロール値を下げると研究者らは話した。マイアミ大学(University of Miami)(フロリダ州コーラル.... 続きを読む

2012-10-04
2型糖尿病の高齢者に対するシタグリプチンの使用はスルホニル尿素薬と比較して血糖コントロールは同等だが低血糖は少ない(メディカル・ニュース・トゥデイより) - 欧州糖尿病学会(European Association for the Study of Diabetes : EASD)年次総会(ドイツ、ベルリン、2012年10月1日~5日)で報告された研究結果から、2型糖尿病の高齢患者に対するシタグリプチン(ジャヌビア、MSD社)は、スルホニル尿素薬(SU薬)で.... 続きを読む

2012-09-05
アクトスは安全なのか?(AARPより) - 質問:最近、糖尿病治療薬アクトスに関する訴訟の公示をみましたが、服用し続けても安全なのでしょうか?回答:それは一概には言えません。ピオグリタゾン(アクトス)と類似薬ロシグリタゾン(アバンディア)は、.... 続きを読む

2012-06-30
インスリン以外の1型糖尿病治療薬(デイリーRxより) - 1型・2型糖尿病は多くの異なる特性を持つと考えられるが、類似している点もたくさんある。これらの類似点を考慮すると、いずれかの糖尿病に対する治療が、もう一方の糖尿病にも使用できる可能性があるということになる.... 続きを読む

2012-06-29
日本人患者におけるリラグルチドの有効性は「容易」に予測(ニュース・メディカルより) - リラグルチドは、BOT(経口薬とインスリンとの併用療法)の代替薬として一部の日本人糖尿病患者に有効である一方、人によっては全く効果がないことが、研究者らによって報告された。ただし、日本人がリラグルチドに効果を示す.... 続きを読む

2012-06-25
メトホルミンが2型糖尿病患者のがんリスクを低下させる可能性(サイエンスデイリーより) - 一般に処方されている糖尿病治療薬のメトホルミンは、2型糖尿病患者の全がんリスクを低下させることが、大規模な系統的レビューを行った研究により明らかにされている。この結果は、ヒューストンで開かれている米国.... 続きを読む

2012-06-24
インスリンにリラグルチドを併用するとコントロール不良の1型糖尿病が改善される(EurekAlert!より) - コントロール不良な1型糖尿病の肥満成人は、インスリン療法に2型糖尿病治療薬リラグルチドを加えることで、血糖値を良好にコントロールできることが新たな研究により明らかにされている。研究結果は、ヒューストンで.... 続きを読む

2012-06-17
アラブ首長国連邦- 糖尿病男性患者のもう1つの治療選択肢(MENAFN医学誌より) - 糖尿病男性患者は病態コントロールをより効果的に行う一助となるテストステロン補充療法という代替療法に直ちに期待することができる。ただし、この治療は血液検査でテストステロン値が低いと診断された患者にしか処方.... 続きを読む

2012-01-31
腎機能障害を有する糖尿病患者に対するフェノフィブラートは安全であると判明(ドクターズ・ラウンジより) ― フェノフィブラートの長期的連日投与は、中等度の腎機能障害を有する2型糖尿病患者に有益であるほか、軽度腎機能障害を有する患者と比較して薬剤関連の安全性に関する懸念事項は増加しないことが、糖尿病ケア(Diabetes Care)誌2月号に.... 続きを読む

2011-11-16
糖尿病治療薬が末期腎不全患者の体重に及ぼす影響に差異(メドページ・トゥデイより) - 2型糖尿病および末期腎疾患(ESRD)を有する患者に2剤の経口血糖降下薬を投与したところ、同程度の糖尿病コントロールが得られたが、シタグリプチン(ジャヌビア)の場合では体重増加を伴わなかったことが、米国腎臓学会(American Society of Nephrology).... 続きを読む

2011-11-13
腎臓病を併発している糖尿病患者のための最もよい薬(メドインディアより) - 研究者らは、2型糖尿病と慢性腎臓病を併発している患者の血糖値を下げるのに、シタグリプチンがグリピジドと同程度に有効であることを見出した。シタグリプチンの長所:シタグリプチンは、グリピジドと比べ、血糖値を.... 続きを読む

2011-10-24
子どもにおける糖尿病の治療法とは?(アメリカ食品医薬品局より) - お子さんの体重が増えていませんか?家でごろごろばかりしていませんか?もしそうならお子さんは2型糖尿病にかかる恐れがあるかもしれません。米国国立糖尿病消化器病・腎疾患研究所によると、かつては肥満で40歳以上の.... 続きを読む

2011-10-14
適正なバランスを取る糖尿病治療薬(フィリピン・デイリー・インクワイアラーより) - この糖尿病治療薬は、90年代後半に導入された後、ほんの数年で直ぐに最高の売り上げを打ち出した。ところが、2型糖尿病を治療する革命的な新規アプローチとして注目を集めた直後、多数の試験により心臓発作リスクが.... 続きを読む

2011-10-11
糖尿病の女性は乳癌になりやすい(10TV.COMより) - 糖尿病患者のナンシー・マクファーランド(Nancy McFarland)さんは、「私は乳癌を初期段階で見つけることが肝心だと思うので、個人的にはマンモグラフィを受けています」という。10TV(テレビ局)のアンドリア・カンバーン.... 続きを読む

2011-09-23
研究: アフリカ系アメリカ人女性において妊娠糖尿病や糖尿病前症により乳癌リスクが増加(ドラッグストアニュースより) - アフリカ系アメリカ人女性における癌の早期検出や予防を可能にすると考えられる細胞内シグナル伝達経路を研究者らが発見した。ワシントンで開催された米国癌研究学会(AACR)による癌医療格差に関する第4回総会で.... 続きを読む

2011-09-15
2型糖尿病の試験でノバルティス社のガルバス(Galvus)の有効性が明らかとなる(PBRクリニカルトライアルズより) - ノバルティス社が実施したガルバス(ビルダグリプチン)を評価するための24週間にわたる無作為化多施設共同二重盲検並行群間プラセボ対照試験では、2型糖尿病患者と、中等度または重度の腎機能障害患者に対する.... 続きを読む

2011-09-14
欧州糖尿病学会(EASD):リラグルチドとインシュリンの併用療法は体重増加を招かない(メドページトゥデイより) - 欧州心臓学会(European Society of Cardiology。略称:ESC)心不全部会(Heart Failure Association)主催の心不全会議2011(Heart Failure Congress 2011)で発表されたEMPHASIS-HF試験のサブ解析結果から、アルドステロン拮抗薬エプレレノン(ファイザー社のインスプラ)は.... 続きを読む

2011-09-13
コフスが糖尿病研究を主導(コフスコーストアドボケートより) - コフス・コースト(オーストラリア)が、糖尿病研究の最先端に立っている。トオーミーナ(コフス・コースト)の家庭医イーアン・アーサー医師は、パースで開催された オーストラリア糖尿病学会&オーストラリア糖尿病教育士協会.... 続きを読む

2011-04-23
糖尿病マウスにおいて「食事療法により腎不全が改善」(BBCニュースより) - 高脂肪で低糖質の栄養制限食により糖尿病マウスの腎障害を修復できることが、米国の研究者らによって示された。プロス・ワン(PLoS One)に掲載された研究で、過剰な血糖が原因で腎臓の尿管に生じた損傷を「ケトン食療法」により改善.... 続きを読む

2011-04-06
糖尿病治療に子宮体がんに対する予防効果もある可能性(サイエンスデイリーより) - ウォリック大学(University of Warwick)のウォリック医学部(Warwick Medical School)が主導した研究により、糖尿病治療と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性に対する治療に用いる治療薬メトホルミンには、子宮体がんに対する予防効果が.... 続きを読む

2011-03-30
肝疾患による死亡が「糖尿病患者に多い」(BBCニュースより) - 糖尿病者では、糖尿病でない人に比べて、肝疾患による死亡率が70%高いことが、新たな研究で示された。糖尿病が、一部の肝疾患リスクを上昇させることは既に知られている。血糖コントロールが適切に行われないため.... 続きを読む

2010-10-28
インスリン分泌細胞の研究が、糖尿病の治療を改善に導く可能性(サイエンスデイリーより) - 人体でインスリンを分泌するβ(ベータ)細胞は、30歳を過ぎると複製されなくなる。このことは、臨床医が優れた糖尿病の治療を行えるようになるまであと一歩のところ.... 続きを読む

2010-06-30
眼の研究により糖尿病性眼病変の進行を遅らせる2つの治療法が明らかになった(サイエンスデイリーより) - Ⅱ型糖尿病の高リスク成人患者の糖尿病性網膜症に関して、研究者らは同症の進行を遅らせる可能性がある2つの治療法を発見した。同症は眼病変の一種で、生産年齢のアメリカ人が失明する主要な原因である。 厳格な血糖管理を行うと、標準的な血糖管理を行った場合と比べて.... 続きを読む

2010-02-27
ストレスが高齢糖尿病患者の精神的退化の危険性を高めると研究が示している(サイエンスデイリーより) - ストレスが高齢糖尿病患者の記憶障害と認識低下の危険性を高めると研究が示している。大学の研究者らは、2型糖尿病に罹患している60歳から75歳の男性と女性、900人以上を対象に試験を行った.... 続きを読む

2010-02-05
糖尿病の新しい治療法(アーティクルベースより) - 多くの医師や研究は、糖尿病症例の増加は世界共通の問題であると述べている。血糖値をコントロールし、合併症を軽減するための糖尿病治療を受けている新しい人材を見つけ出そうと絶え間ないリサーチが行われている。最も進歩がみられているのは.... 続きを読む

2009-12-18
ステロイド注射が糖尿病関連の眼疾患の進行を遅らせるかもしれない(サイエンスデイリー) - ジャマ・アーカイブ(JAMA/Archives)のジャーナルの1つであるアーカイブ・オブ・オフサルモロジ―誌(Archives of Ophthalmology:眼科学に関する雑誌)12月号に掲載された報告によれば、コルチコステロイドであるトリアムシノロンの眼内注射によって、糖尿病性網膜症の進行が抑制されるかもしれない。糖尿病性網膜症は.... 続きを読む

2009-10-06
身体のサーカディアンリズムと血糖コントロールの密接な関係(サイエンスデイリー) - 科学者らは長い間、体内時計を解明しようとしてきた。チクタクと時を刻む音は、私たちを目覚めさせ、食事の時間、就寝の時間を知らせる。だが、何がサーカディアンリズム(24時間周期のリズム)を決めているのか。新たな研究によって、グルココルチコイドと呼ばれる強力な(効果のある)ホルモンの日々の変動と、体内で血糖を調整する、なくてはならない機序の一部である体内時計が.... 続きを読む

2008-09-25
糖尿病性眼症に対する治療法(ABCヘルスデイニュースより) - 高血圧の治療に使用されるカンデサルタンが、糖尿病患者における網膜症発症リスクを抑えること、そして網膜症症状を軽減する事を示す更なる証拠が.... 続きを読む

2007-03-30
動脈を守る糖尿病薬(BBCニュースより) - 動脈血管壁に脂肪が溜まると心疾患の原因になるのだが、ある糖尿病治療薬を服用すると血管壁に脂肪が付きにくくなるとの研究報告がある。ピオグリタゾンには、インスリンと呼ばれるホルモンに対する感受性を高める作用がある。2型糖尿病患者の中にはインスリンが不足している場合が多い。シカゴ大学が行った研究の結果.... 続きを読む

2006-11-14
糖尿病治療薬は動脈壁肥厚の進行を遅らせるのに役立つ可能性(サイエンスデイリーより) - JAMAオンライン版に本日掲載された研究によれば、糖尿病患者のインスリン感受性を改善するため投与される薬は動脈壁の肥厚も遅らせるようである。この研究は、米国心臓協会の科学セッション(American .... 続きを読む

2006-11-14
糖尿病治療薬は動脈壁肥厚の進行を遅らせるのに役立つ可能性(サイエンスデイリーより) - JAMAオンライン版に本日掲載された研究によれば、糖尿病患者のインスリン感受性を改善するため投与される薬は動脈壁の肥厚も遅らせるようである。この研究は、米国心臓協会の科学セッション.... 続きを読む

2001-09-20
薬剤で糖尿病の腎不全が遅延(BBCニュースより) - 糖尿病の最も重篤な合併症の1つを最長2年遅延させられる可能性のあることが、専門家らによって報告されている。.... 続きを読む

2001-03-22
糖尿病による死亡は「防止可能」(BBCニュースより) - 高血圧治療薬のイルベサルタン(アプロベル、Aprovel)による治療は何千もの命を救える可能性が.... 続きを読む