ハイプロン(ジェネリックソナタ)10mg

1160 円!! 広く知られている睡眠導入剤! 起床4時間以上前の睡眠前に服用する必要あり!長期にわたる服用は依存の可能性も!ソナタのジェネリック!※当商品はアメリカ/イギリスには発送できません。

Hyplon-10 (Zaleplon) - 10mg (10 Capsules)

■ 10カプセル

価格:1160 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ザレプロン(Zaleplon)

 

製造国

インド

 

製造元

Consern Pharma PVT. LTD

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。

通常、成人は1日1錠を就寝時もしくは就寝後寝付けない場合に経口服用します。
高齢者、低体重者、肝臓に疾病のあるは1日5mgの服用が推奨されています。

 

商品詳細

ハイプロン-10は、主に不眠症の治療に利用される非ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン受容体作動薬)の鎮静・睡眠薬です。

不眠症は、寝付けない、夜中や早朝に目が覚める、熟睡できないなど、充分な睡眠が取れないために、日常生活に支障をきたす病気です。
しかしいくら睡眠時間が短くても、昼間の生活に特に影響がない場合は不眠症には含まれません。
不眠症になる原因として、病気などが原因である身体的要因、環境の変化による生理学的要因、主にストレスや精神不安などによる心理的要因、うつ病、神経症、統合失調症などの精神疾患が原因の精神医学的原因、そしてアルコールやたばこ、薬剤などが原因となり眠れなくなる薬理学的原因などに分けられます。
充分な睡眠が取れないために体の調子が悪くなり、動悸や息切れ、体重減少、めまい、頭痛、胃腸不良、慢性疲労などの症状のほか、イライラや気分の落ち込みなど、精神的にも問題がおよぶことがしばしばあります。
ほかにも注意力や判断力の低下、思考能力の欠如などから、仕事のミスや交通事故などにつながり、日常生活に大きな支障をきたすことがあります。

一般に不眠症の治療は、非薬物療法と、薬物療法が挙げられます。
非薬物療法では、朝起きたら太陽の光を浴びて体内時計をリセットする、適度な運動、就寝前の刺激物を控える、寝る前にゲームやインターネットなどで脳に刺激を与えないなどのほか、不眠の原因となる心理的要因を取り除いたり、環境を変えるなどの方法が取られます。
一方、薬物療法では、感情の変化やストレスによる脳神経の興奮を抑えるなど、できるだけ自然な眠りが起こる仕組みに近い作用を持つ睡眠薬が使用されることが多いようです。
その代表的な薬がベンゾジアゼピン系です。
ベンゾジアゼピン系の薬は、脳内の神経伝達物質であるGABAの脳内作用を増強する働きがあります。体内に取り込まれたベンゾジアゼピン系薬物は、脳内の「GABA A受容体」という部分に結合します。
ベンゾジアゼピン系薬物が結合したGABA A受容体に、GABAが結合すると、塩素イオンの神経細胞内への流入がGABA単独で結合した場合より促進されることで、脳内の活動はスローダウンし、それが心の不安、緊張を和らげ、催眠作用を発揮すると考えられています。
実際、ベンゾジアゼピン系の薬は効果が高く、安全性が高いため、睡眠薬治療の主流となっていますが、それでも運動障害作用や筋弛緩作用などの副作用があるため、ふらつきや注意力低下、構音障害のほか、不安や興奮が起こることがあります。

ベンゾジアゼピンの利点を残しながらも副作用を低減させ、より自然な睡眠に導くように開発されたのが、ハイプロン-10の有効成分であるザレプロンです。
ザレプロンはほかの睡眠薬とは異なり、睡眠のメカニズムを妨げることなく作用し、また薬の依存性や服用中止による不眠症の再発リスクが起こることなしに、最大5週間の服用が可能です。

 

他の商品との比較

ハイプロン-10は服用後に素早く体内に吸収され、短時間で効果を発揮します。

ハイプロン-10服用による副作用は、ほとんどないとされています。

ザレプロンを有効成分とする薬は、日本では承認されていませんが、海外では、Sonata、Zalaplonなどの名前で販売されています。

 

特別な注意

以下の場合、ハイプロン-10を絶対に服用しないでください。
・ハイプロン-10の成分に対して過敏症の既往歴のある人
・睡眠時無呼吸症の人
・肝臓に重篤な疾患のある人
・重症筋無力症の人
・重篤な呼吸疾患または胸部に重篤な問題のある人

【慎重服用】
・ハイプロン-10の服用中は、アルコールを絶対に摂取しないでください。アルコールが睡眠作用を増大させる可能性があります。

・過去に麻薬やアルコールに依存したことのある人は、特に慎重に服用してください。

・ハイプロン-10を含む、睡眠を誘引する薬を服用中の人は、それらに依存する可能性があります。

・必要以上にハイプロン-10やほかの睡眠薬を服用しないでください。

・睡眠薬を服用する際に、一時的な記憶喪失や協調欠如が起こる可能性があります。
この状態は、ハイプロン-10服用後少なくとも4時間行動しないことで避けることができます。

脂肪分の多い食事の後の服用は、ハイプロン-10の吸収を阻害し、効果を弱めます。
また大量の食事を摂取した後の服用は、ハイプロン-10の効果出現が遅くなることがあります。

安全性が確立していないため、妊娠中または妊娠している可能性のある人は、ハイプロン-10を服用しないでください。

安全性が確立していないため、授乳中の人は、ハイプロン-10を服用しないでください。

途中で服用を中止した場合、睡眠障害、気分の変化、不安感、情動不安などの症状が再び現われる可能性があります。

ほかの睡眠薬・鎮痛薬と同様に、ハイプロン-10を服用した場合、うつ病の人では自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、ハイプロン-10の服用にあたってはリスクとベネフィットを考慮してください。

旅行中、特に飛行機でハイプロン-10を服用しないでください。
通常、ハイプロン-10の効力が切れる前に目覚める必要があり、服用後4時間以上の睡眠が取れない場合は物忘れなどの症状が出現することがあります(旅行者健忘症)。

 

他の薬との併用

以下の薬剤とハイプロン-10は、絶対に併用しないでください。
・ナトリウム・オキシベート

以下の薬剤とハイプロン-10を併用する場合、注意してください。
・アルコール: ハイプロン-10の鎮静作用が増大するおそれがあります。

・中枢神経作用成分複合薬(多元受容体標的化抗精神病薬、睡眠薬、精神安定剤/鎮静剤、抗うつ薬、麻薬性鎮痛薬、抗てんかん薬、麻酔薬、抗ヒスタミン剤など: 中枢神経鎮静作用が亢進するおそれがあります。

・肝臓酵素に影響を与える薬: アゾール系抗真菌薬(ケトコナゾール、シメチジン、リファマイシンなど)、抗けいれん薬(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタールなど)

・眠気を誘引する薬: 抗ヒスタミン薬(ジフェンヒドラミン、プロメタジンなど)、抗けいれん薬(レベチラセタムなど)、睡眠・抗不安薬(アルプラゾラム、ジアゼパム、ゾルピデムなど)、筋肉弛緩薬(シクロベンザプリン、カリソプロドールなど)、麻薬性鎮痛薬(コデインなど)、精神薬(チオリダジン、リスペリドン、アミトリプチリン、トラゾドンなど)

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

ハイプロン-10は睡眠薬であるため、問題ありません。

 

副作用

ハイプロン-10を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。

主な副作用
めまい、眠気、短期記憶喪失、協調欠如、運動失調、非静穏性、集中力低下、無気力、うつ病、興奮、精神錯乱、異常思考、異常行動、悪夢、幻覚、複視、視覚困難、嗅覚障害、発語障害、吐き気、食欲減退、光線過敏、不快感

極稀に起こる重篤な副作用
過敏反応、アミン基転移酵素増加

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2010-03-20
不眠症における患者数、診断、最新の治療(ArticlesBase.comより) - 背景: 入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、日中傾眠、いびき、睡眠時無呼吸のいずれかに当てはまる場合には、不眠症の可能性がある。不眠症は米国において多くみられる問題で、5,000万人以上のアメリカ人が睡眠に関連した問題を抱えていると報告されている。これは女性に多くみられ、特に閉経後や高齢の女性に.... 続きを読む

2010-03-20
不眠症の有病率・診断・最新治療(アーティクルベースより) - 入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、日中傾眠、いびき、または睡眠時無呼吸の経験があれば、不眠症を患っている可能性がある。不眠症は米国内ではよくある問題であり、5,000万人を超えるアメリカ人が、睡眠に関連した問題を抱えているとの報告がある.... 続きを読む

2010-03-01
トランキライザー(精神安定剤)(BBCヘルスより) - 抗不安薬や睡眠薬は、短期使用であれば特定の状況に役に立ちますが、長期使用の場合は依存症が大きなリスクです。 トランキライザーとは? 不安を取り除いたり、眠りを誘発するために(時には筋肉の緊張を和らげるなど他の作用のために)使用される複数の異なるグループの薬です。このような薬として.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。