レクサプロ(シュウ酸エスシタロプラム)20mg

10690 円!! 副作用を抑えた第3世代のSSRI抗うつ剤! 日本未認可の超人気有名ブランド! SSRIの欠点を改善し、効果発現が早いのが特長! 2007年度SSRI処方世界1位!全抗うつ剤の中で2位!

Lexapro (Escitalopram Oxalate) - 20mg (28 Tablets)

■ 28錠

価格:10690 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

シュウ酸エスシタロプラム(Escitalopram oxalate)

 

同一成分含有商品

フェリス- S(レクサプロジェネリック) 20 mg (10錠) 1340 円
Feliz S (Escitalopram Oxalate) - 20mg (10 Tablets)

レクサプロ(シュウ酸エスシタロプラム)10mg (28錠) 6410 円
Lexapro (Escitalopram Oxalate) - 10mg (28 Tablets)

レクサプロ(シュウ酸エスシタロプラム)20mg (28錠) 10690 円
Lexapro (Escitalopram Oxalate) - 20mg (28 Tablets)

エス・シタデップ(シュウ酸エスシタロプラム)10mg (10錠) 530 円
S Citadep (Escitalopram Oxalate) - 10mg (10 Tablets)

エス・シタデップ(シュウ酸エスシタロプラム)20mg (10錠) 620 円
S Citadep (Escitalopram Oxalate) - 20mg (10 Tablets)

ロクサレート(シュウ酸エスシタロプラム)10mg (28錠) 1340 円
Loxalate (Escitalopram Oxalate) - 10mg (28 Tablets)

ロクサレート(シュウ酸エスシタロプラム)20mg (28錠) 1780 円
Loxalate (Escitalopram Oxalate) - 20mg (28 Tablets)

エチゾラ・プラス5(エチゾラム/エスシタロプラム)0.5mg/5mg (10錠) 350 円
Etizola Plus 5 (Etizolam/Escitalopram) - 0.5mg/5mg (10 Tablets)

エチゾラ・プラス10(エチゾラム/エスシタロプラム)0.5mg/10mg (10錠) 480 円
Etizola Plus 10 (Etizolam/Escitalopram) - 0.5mg/10mg (10 Tablets)

エスシタロプラム(シュウ酸エスシタロプラム)10mg  (28錠) 890 円
Escitalopram (Escitalopram Oxalate) - 10mg (28 Tablets)

エスシタロプラム(シュウ酸エスシタロプラム)20mg  (28錠) 1460 円
Escitalopram (Escitalopram Oxalate) - 20mg (28 Tablets)

エスシタロプラム・アポテックス(エスシタロプラム)20mg(28錠) (28錠) 1480 円
Escitalopram-Apotex (Escitalopram) - 20mg (28 Tablets)

エスシタロプラム・アポテックス(エスシタロプラム)10mg(28錠) (28錠) 920 円
Escitalopram-Apotex (Escitalopram) - 10mg (28 Tablets)

 

製造国

デンマーク(ニュージーランド・オーストラリア市場向け)

 

製造元

Healthcare Logistics

 

使用量

レクサプロは1日1回、シュウ酸エスシタロプラムとして10mgを経口服用します。
年齢や症状によって、最大で1日20mgまで増量することが可能です。
食事はレクサプロの吸収に影響を与えません。

 

商品詳細

レクサプロ 20mgは、有効成分にシュウ酸エスシタロプラムを配合した、SSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)系の抗うつ剤です。
レクサプロ 20mgはアメリカ、ヨーロッパにおいて許認可され、発売されています。日本では持田製薬が開発中ですが、未だ厚生労働省の許認可には至っておりません。

レクサプロ 20mgの有効成分であるシュウ酸エスシタロプラムは、シタロプラムの光学異性体(分子式は異なるが、構造式が異なる)であるS鏡像体のみで構成されているものです。
抗うつ作用に影響する受容体に対し結合する効果を持っているのはS鏡像体であると言われており、ほかの鏡像体などが存在しない分、効率よく反応することができ、少量での処方で充分な効果が発揮されると考えられています。

これまで、抗うつ剤で実績があったのは、三環系や四環系と呼ばれる第一世代、第二世代の抗うつ剤でした。
これらの抗うつ剤は非選択性と言われ、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込み阻害作用を持っています。
そのため副作用が強く、口の渇き・便秘・眠気・起立性低血圧など、患者のQOL(クオリティーオブライフ/生活の質)を損なう可能性がありました。

しかし、第三世代の抗うつ剤として開発されたSSRIは、セロトニンを選択的に阻害するため、効果は従来どおりであるにもかかわらず、第一世代、第二世代の抗うつ剤に比べ、副作用がはるかに少ないという画期的な性質を持っています。
ところがSSRIにも「効果の発現に時間がかかる」という欠点があります。一般的にSSRIなどの選択性抗うつ剤は、服用開始から効果の発現までに2週間程度の時間がかかるといわれています。

この問題を解決したのがレクサプロ 20mgで、SSRIとしての副作用の少なさと、服用後比較的早期に効果が期待できるという点で、注目を集めるようになりました。

レクサプロ 20mgの効能としては、うつ病・抑うつ状態・パニック障害・全般性不安障害など従来のSSRIと同じですが、うつ病の再発防止にも効果を発揮します。また、このほかにも、ほかの治療法への依存性を抑制するためにも使用されます。

このように、レクサプロ 20mgは海外で注目を集め、世界での売上高を見ると、2007年度のSSRI系の薬としては1位、抗うつ剤全体の中でも2位(1位はSNRI系のエフェクサー)と、非常に幅広く利用されているにもかかわらず日本では現在のところ許認可が下りていないため、販売されていません。(2009年1月現在)

 

他の商品との比較

レクサプロ 20mgの有効成分であるエスシタロプラムはSSRIのひとつですが、少量で充分な効果が期待できるだけでなく、第一世代、第二世代の抗うつ剤に比べて副作用がとても少なく、またほかのSSRIやSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬・第四世代の抗うつ剤)に比べて、効果の発現が早いと言われています。

 

特別な注意

レクサプロ 20mgを使用している間、車の運転などの精密作業は避けてください。

 

他の薬との併用

レクサプロ 20mgを使用している間、ほかの抗うつ剤との併用は避けてください。

特にレクサプロ 20mgと、塩酸セレギリン(MAO阻害剤:抗うつ剤の一種。副作用が強く、非可逆的作用を持つため、現在は抗うつ剤としては使われていませんが、パーキンソン病のために用いられることがある)とを併用すると、セロトニン症候群(セロトニンの分解が阻害され、脳内セロトニン濃度が高まり、発汗・全身けいれん・異常高熱などの副作用が発現する)になるおそれがあるため、それらの併用は禁忌とされています。

また、MAO阻害剤を服用後2週間以内にレクサプロ 20mgを投与することは禁じられています。同様にレクサプロ 20mgの服用を停止してからMAO阻害剤を服用するまでには2週間以上の期間をあける必要があります。

さらに、近年開発された改良品としてRIMA(例えば、オーロリックス(アメリカ)、マネリックス(カナダ)、トリマ(ジェネリック・インド))という、可逆的MAO-A阻害剤がありますが、これもレクサプロ 20mgとの併用は禁忌となっています。

加えて、レクサプロ 20mgとピモジド(商品名:オーラップ)の併用も禁忌とされています。

 

誤って大量に服用した場合

直ちに病院に相談し、医師の診断を受けて下さい。

 

服用し忘れた場合

レクサプロ 20mgを服用し忘れた場合、その回の服用を飛ばし、次回の服用を通常どおり行なって下さい。一度に2回分の服用をすることは避けてください。

 

副作用

レクサプロ 20mgで報告されている副作用は、吐き気、悪心、口の渇き、食欲困難などが一般的なものです。
基本的にこれらの症状は、服用を継続していくにつれ軽減される傾向にあります。

また、眠気などの副作用が生じる可能性がとても低いことが知られています。

レクサプロ 20mgの重度の副作用として注意しなくてはならないのはセロトニン症候群で、これはMAO阻害剤との併用によって発現する可能性があり、併用禁忌として注意喚起されています。

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-06-28
心不全患者に抗うつ剤は効果なしとの研究結果(【HealthDay】より) - 抗うつ剤のレクサプロは、うつ病を患う心不全患者には効果がないかもしれない、とドイツの研究者が報告している。「心不全の人のうつは、心不全でないうつ患者や抗うつ剤がよく効く人とは異なるかもしれない」と語るのは.... 続きを読む

2016-01-28
出産前の抗うつ薬の使用は胎児の先天性心疾患と無関係(【HealthDay】より) - 今週、米国予防医学専門委員会(USPSTF)が、妊娠中および出産後のうつに関するスクリーニングと該当者の治療を勧告した。女性たちは、うつの投薬治療が胎児にどのような影響を与えるのか気になることだろう.... 続きを読む

2015-08-11
妊娠中の抗うつ剤服用における有益性と危険性(【HealthDay News】より) - 精神障害を持つ女性が一般的に処方される抗うつ剤を妊娠中に服用すると、出産合併症がわずかながら減ることが新しい研究で示唆された。 しかしながら、これらの女性から生まれた新生児は呼吸問題などの問題のリスクがより高.... 続きを読む

2015-07-09
一部のSSRI抗うつ剤に出生異常リスクを上昇させる可能性(【BMJプレスリリース】より) - SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として知られている一部の抗うつ剤の妊娠初期における服用は、出生異常リスク上昇と関係しているとの結果が今週のBMJで発表された。 もしこれらに因果関係がある場合、出生異常に.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-12-05
不安症の治療: 薬物療法または精神療法、もしくはその併用療法が有用(ロサンゼルス・タイムズより) - 不安症患者には、認知行動療法を選択する患者もいれば、薬剤を選ぶ患者もいる。また、発作を回避するため、これらの併用療法を必要とする患者もいる... 続きを読む

2011-11-04
エスシタロプラムによりオピオイド依存症患者における疼痛強度と疼痛による障害を軽減(ニューズ・メディカルより) - エスシタロプラムという抗うつ薬と一般的疼痛の緩和との間の関連を証明する恐らく初めての研究において、ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine:BUSM)の研究者らは.... 続きを読む

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は.... 続きを読む

2011-01-26
抗うつ薬の使用に伴い閉経期のホットフラッシュが軽減する(サイエンスデイリーより) -閉経期への移行中または閉経後の女性が抗うつ薬エスシタロプラムを使用したところ、プラセボを服用した女性と比較して閉経期のホットフラッシュの頻度および重症度が低下し.... 続きを読む

2010-02-02
抗鬱薬で脳卒中後の認知機能が回復する可能性(サイエンスデイリーより) - 脳卒中を発症した患者に抗鬱剤であるエシタロプラムを投与したところ、偽薬や問題解決療法を受けた患者と比べ、思考、学習、及び記憶力に回復がみられたとの記事が.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。