その他 - このカテゴリーの人気商品!!

価格:210 円 価格:300 円
ラシックス (フロセミド) 40mg アカンプロル (アカンプロセート) 333mg
高血圧、心性・腎性・肝性浮腫などに作用するループ系利尿剤!強力な利尿促進と素早い効き目が特長で高血圧治療に用いられる利尿薬における第一選択薬!腎機能が低下している方にも使用可能! 身体的、精神的、社会的に影響をおよぼすアルコール依存症(慢性アルコール中毒)の治療薬!お酒を飲みたくなくなるから、無理なく断酒ができる可能性大!日本では承認申請中!

 

その他 - 新しく追加した商品

価格:6480 円

ウロレック(シロドシン)8mg(30錠入)

前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療薬!アドレナリン受容体の働きを抑制することで、前立腺や尿道の筋肉を弛緩させ、排尿をスムーズにします!ユリーフのジェネリック薬!

価格:14900 円

デポ・メドロール水懸注40mg(酢酸メチルプレドニゾロン)

抗炎症作用はプレドニゾロンの約1.2倍、ヒドロコルチゾンよりも弱い塩類蓄積作用を持つステロイド剤!さまざまな使用法ができる注射液タイプ!適応症状の幅が広いのも特長です!

価格:1520 円

ファルシゴ静注(アルテスネート)60mg

ヨモギ由来の短期作用型抗マラリア薬!副作用がほとんどなく、高い効果が期待できますが、作用時間が短いために通常はほかの抗マラリア薬と併用!がんの治療効果があるとの報告も!

 

その他 - 全商品一覧(335)

消化器--肝臓 (4)

消化器--胆嚢 (4)

消化器--すい臓(膵臓) (0)

泌尿器--むくみ(腎性浮腫) (17)

泌尿器系--前立腺肥大症 (21)

泌尿器系--尿路感染症 (3)

泌尿器系--頻尿 (4)

泌尿器系--夜尿症 (5)

骨格筋の病気--骨粗鬆症 (10)

骨格筋の病気--筋無重力症 (1)

骨格筋の病気--こむらがえり (2)

骨格筋の病気--その他 (4)

筋肉増強作用のある薬 (4)

ステロイド剤(内服薬) (12)

マラリア (5)

寄生虫症・原虫症 (17)

アルコール、及びその他依存症 (5)

女性特有の病気(膣炎・子宮内膜症・多毛症など) (32)

リウマチ (2)

自己免疫疾患治療薬 (8)

めまい・メニエール病 (3)

吐き気・酔い止め (12)

葉酸 (1)

通風・尿酸結石 (9)

薬以外(錠剤カッター・検査キット) (5)

どこにも含まれない薬 (31)

その他(取扱い無し・要問合せ) (89)

ワクチン (1)

 

その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

2016-11-04
亜鉛を運ぶ分子の詳細な図面を研究者が作成(【News-Medical.Net】より) - 亜鉛は傷の治癒、視力、DNA合成、味覚や嗅覚、そして性的健康にも必要な物質です。しかしその重要性の割に、科学者たちは現在までそのミネラルが体に移動する仕組みを完全に理解していない。研究者たちは、この重要なミネラル.... 続きを読む

2016-10-12
一般遺伝子多型を持つ高齢者で、葉酸の過剰摂取が末梢神経障害のリスクを上昇させる可能性(【News-Medical.Net】より) - 葉酸(ビタミンB9)の過剰摂取は、一般遺伝子変異を持つ高齢者の神経損傷障害リスクの上昇と関係している。人種や民族の背景による違いはあるが、アメリカ人の6人に1人が、ビタミンB12 輸送たんぱく質をコードする遺伝子であるTCN2の中に.... 続きを読む

2016-09-19
オメガ3、オメガ6脂肪酸が読書能力を向上させる?(Medical News Today】より) - もし子供の読書能力に問題があるなら、家庭教師を雇うよりも、その解決方法として脂肪酸サプリが役立つかもしれない。このような結論を出したスウェーデンのヨーテボリ大学で行なわれた研究が『児童心理学精神医学ジャーナル』で発表.... 続きを読む

2016-09-01
妊娠中の新しい2つの抗てんかん薬の服用は子供の思考能力とIQに有害ではない可能性(News-Medical.net】より) - レベチラセタムとトピラマートは、妊娠中にこれら2つの抗てんかん薬を服用していた母親から生まれた学童の思考回路とIQに対して有害ではない可能性があることが、米国神経学会の医学会報である『ニューロジー』のオンライン版.... 続きを読む

2016-06-28
妊娠中の高オメガ3食品の摂取は赤ちゃんの体重に影響なし(【News-Medical.Net】より) - ヨーロッパでは、10歳未満の学童の約3人に1人が肥満、もしそうでなくても過体重である。この事実に対する原因に関する調査において、母親の子宮内の胎児プログラムが、この「重大な問題」の潜在的な原因であるとして調査の対象.... 続きを読む

2016-06-23
ジスキネジアに安全な長時間作用薬(【MedPageToday.com】より) - ベルリン‐レボドパ誘発性ジスキネジアに対するアマンタジンの徐放薬が、長期的に耐容性がいいことを、研究者たちがメッドページ・トゥデイで報告した。現在進行中の非盲安全試験の中間分析で、ADS-5102(試験薬)における副作用イベント率は.... 続きを読む

2016-06-17
妊娠中の葉酸不足は小児肥満症と関連(【MedPageToday】より) - この研究の結果、母親の葉酸と子供体重の間にはL字型関係があることがわかり、葉酸濃度の低い母親から生まれた下位4分の1の子供は、残りの4分の3と比較してリスクの上昇がみられた、と語るのはバルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学の.... 続きを読む

2016-06-14
オキシトシンホルモンに感情の知覚を促進する役割(【News-Medical.Net】より) - オキシトシン(ホルモンとして以外に脳内の神経伝達物質として働く)が、他人の表情における感情の認識を容易にする役割を果たすことを複数の研究が証明している。セバスチャン・コルブ氏(先端研究国際大学院大学(SISSA)の神経科学分野の研究者)と.... 続きを読む

2016-05-11
胸やけの治療薬は血管を早く老化させる(【Medical News Today】より) - 胸やけは、食道逆流やGERD(胃食道逆流症)とも呼ばれ、胃から分泌された酸が食道に流れ込んだ際に起こる。この状況はとても不愉快なことがあり、またプロトンポンプ阻害剤(PPIs)は簡単に入手できる上に症状を即座に解消できる.... 続きを読む

2016-04-15
ワルファリンの知識が不充分な患者は致死的な副作用が増える可能性(【Medical News Today】より) - ノルウェーのベルゲンにあるハウケラン大学病院看護師研究科のシャスティ・オターハルス医師が本日、2016年欧州循環器疾患看護会議で発表した内容によると、ワルファリンに関する知識に乏しい患者は、重篤な副作用のリスクが.... 続きを読む

2016-04-12
ゾニサミドがミオクローヌス・ジストニア運動症状を緩解させる(【News-Medical.Net】より) - 無作為化クロスオーバー試験で、ゾニサミドがミオクローヌス・ジストニアを持つ成人の運動症状と関連身体障害を明らかに改善したことが明らかになった。ミオクローヌス・ジストニアはごくまれな疾患で、彼らの研究はこの設定で.... 続きを読む

2016-03-21
シクロオキシゲナーゼ-2の阻害がマウスの妊娠高血圧腎症様症状を改善(【News-Medical.Net】より) - 妊娠高血圧腎症(子癇前症)は妊娠後期の血圧上昇を特徴とし、胎盤への血流が低下するために早産や妊娠合併症のリスクを上昇させる。今号の「JCIインサイト」において、ロビン・ダビソン博士と同僚はその根本の原因を発見するために.... 続きを読む

2016-03-13
レイノー病を引き起こす可能性のある薬(【MedPageToday】より) - チャールズ・クーリとその同僚は、薬の及ぼす範囲がレイノー現象(RP)を引き起こしうることについて、システマティック・レビューを用いて分析した。著者たちは、β遮断薬に続いて最大のリスクを持つシスプラチン、ブレオマイシン.... 続きを読む

2016-02-29
テルミサルタンがNASH治療に効果を発揮(【MedPageToday】より) - この研究で、ダッカにあるバンガバンドゥ・シーク・ムジブ医科大学(MSMMU)肝臓病学部のシャイヌール・アラム博士による研究チームは、テルミサルタンが非アルコール性脂肪性肝炎(NAFLD)スコア(NAS)およびNASH患者の線維症スコアを改善.... 続きを読む

2016-01-25
抹茶:健康的なメリットと栄養成分(【Medical News Today】より) - 抹茶は文字どおり「粉状のお茶」を意味し、緑茶を粉末状にしたものである。一般的な緑茶は、茶葉をお湯に浸した後に捨てられる。抹茶の場合は茶葉を挽いて粉末にし、お湯と混ぜる。そのため茶葉ごと摂取される。伝統的には.... 続きを読む

2016-01-13
胃酸薬と慢性腎臓疾患との関連性(【Medical News Today】より) - これは、バルチモアにあるジョンズ・ホプキンス大学医学部の新しい研究結果であり、JAMAインターナル・メディシン(JAMA Internal Medicine)で発表されたものである。しかし、プロトンポンプ阻害薬(PPI)と慢性腎臓疾患との関連性に関する研究結果では.... 続きを読む

2015-12-31
多発性硬化症患者のビタミンD3多量摂取は安全(【News-Medical.Net】より) - 多発性硬化症を伴う人にとって多量のビタミンD3摂取は安全であり、また体の過剰な免疫反応の調節に役立つかもしれない、というジョンズ・ホプキンス医師の予備研究が、米国神経学会の医学雑誌である『ニューロジー』の12月30日オンライン版で.... 続きを読む

2015-12-22
ナルメフェンのアルコール依存症治療に対する効果は弱いという根拠を試験のメタ分析で発見(【Medical News Today】より) - 今週出版のPLOSメディスン誌で発表された系統的再検査およびメタ分析(SRMA)によると、現時点で入手可能な無作為化比較試験(RCT)による証拠は、アルコール依存症がおよぼす悪影響の減少に対するナルメフェンの使用を裏付けていない.... 続きを読む

2015-11-30
アスピリンにほかの役割はまだあるか?(【Medical News Today】より) - 植物は歴史を通して治療に利用されている。植物や薬草由来の薬は依然として世界的に治療の基本的形態である。過去20年以上にわたって開発され、FDA(米国食品医薬品局)に承認された薬剤の50%以上が、天然産物もしくは主に植物由来の.... 続きを読む

2015-11-19
脂肪肝疾患の治療に糖尿病薬が効くかもしれない(【MNT】より) - 2型糖尿病の治療薬が一部の人に対する脂肪肝の改善に効くかもしれない、という新しい調査結果がランセット誌で発表された。バーミンガム大学の研究員たちは、現状では認可されている治療がない非アルコール性脂肪性肝疾患.... 続きを読む

2015-10-30
妊娠中の抗生物質服用はもはや心配なし(【MedicalNewsToday】より) - 最大級の研究の結果、妊娠中のマクロライド系抗生物質の使用は問題がないことを示した。研究の結果によると、マクロライドは胎児の成長には悪影響は与えないとのことだ。アメリカに住む何千人という妊婦は妊娠中に抗生物質.... 続きを読む

2015-10-30
抗生物質が特発性肺線維症の死亡率を削減(【MedPage Today】より) - 特発性肺線維症(IPF)での生存率が、経口抗生物質のピルフェニドンでの治療により劇的に改善したことが、2つの大規模試験の統合データでわかった。ASCEND試験およびCAPACITY試験において、ピルフェニドンで治療した患者はプラセボ(偽薬)治療の.... 続きを読む

2015-09-23
ビタミンBは夢見の状態を高められるか?(【The University of Adelaide】より) - アデレード大学の研究員が、ビタミンBは夢見をさらによくすることができるかどうかの新しい国民調査に協力してくれる人を募集している。心理学部の学生であるデンホルム・アスピーは、自身の博士号の研究としてさまざま角度から.... 続きを読む

2015-09-02
スタチン誘発筋力低下の仕組みを科学者が特定(【 Medical News Today】より) - オランダにあるラドバウド大学ナイメーヘン医療センターの研究者たちは、『細胞メタボリズム・ジャーナル』誌において研究結果を発表した。 スタチンは肝臓でのコレステロール生成を阻止する働きを持ち、一般にはコレステロールを.... 続きを読む

2015-08-10
妊婦のヨウ素サプリ服用がお金の節約に(【MEDPAGE TODAY】より) - モデリングの分析によると、イギリスでは妊婦のヨウ素補給はIQを高めるため、お金の節約になるそうだ。 研究者たちは、妊婦に対するヨウ素(ヨード)補給の費用を決定するために臨床データを分析、すなわち補給によってIQ.... 続きを読む

2015-07-17
抗マラリア薬でパーキンソン病を治療できるかもしれない(【Medical News Today】より) - 現在のところ、パーキンソン病の進行を遅らせたり止めたりする標準的な治療法は確立しておらず、有効な治療は個々の症状への対処である。しかし今、画期的な研究により、この病気の進行に対して効果を発揮する2種類の既存の.... 続きを読む

2015-07-16
一般の精神剤に関節炎を治療する可能性(【MNT】より) -塩化リチウムは、主に双極性障害などの精神問題の治療に使用される精神安定剤だが、関節炎の治療にも有効かもしれないことが新しい研究でわかった。研究はロンドンのクイーン・メアリー大学(QMUL)において、ニ.... 続きを読む

2015-07-09
一部のSSRI抗うつ剤に出生異常リスクを上昇させる可能性(【BMJプレスリリース】より) - SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として知られている一部の抗うつ剤の妊娠初期における服用は、出生異常リスク上昇と関係しているとの結果が今週のBMJで発表された。 もしこれらに因果関係がある場合、出生異常に.... 続きを読む

2015-06-01
魚油脂肪酸が高齢者の筋肉量低下を減らす効果があることが研究で明らかに(【FoodBev.com】より) -ワシントン大学薬学部の調査によると、魚油由来のオメガ3多可価不飽和脂肪酸(PUFA)は高齢者の筋肉量を増やし、筋肉の機能を改善する可能性があるようだ。 60-85歳のグループを、ひとつは魚由来のオメガ3脂肪酸を6ヵ月間摂.... 続きを読む

2015-05-27
パラセタモールの過剰服用が肝移植の原因の6分の1を占める(【Wiley】より)-ヨーロッパの国におけるパラセタモール起因の肝不全には大きな開きがあるが原因は不明:アイルランドでは6倍、またイギリスでは2倍の高いリスクがあると研究により明らかに肝移植(ALFT)の原因となるパラセタモー.... 続きを読む

2015-05-27
新世代避妊ピルと高い血栓リスクの関係性が確認される(【BMJ】より) -本日のBMJに掲載された研究で、新世代の経口ピルと重篤な血栓(静脈血栓塞栓症/VTE)との関連性を決定づける新しい証拠を発表している。この研究結果は、新世代の黄体ホルモン(ドロスピレノン、デソ.... 続きを読む

2015-05-20
アセトアミノフェンの長期曝露が、睾丸での男性ホルモン生成を減少させる可能性(【PubMed】より) -胎児のテストステロンが抑制される原因に関してはほとんど解明されていないままだが、ほとんどの一般男性における生殖障害は胎児期におけるテストステロンの曝露の低さと関係している。妊娠中のアセトアミノフェンの長期使用は男児の.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-05-04
ビタミンBとオメガ3脂肪酸が脳委縮を防ぐ(【スワンソン・ヘルスブログ】より) -オメガ3脂肪酸およびビタミンBが、高齢者の脳委縮に効果を発揮するかもしれないことが新しい研究でわかった。オメガ3の血漿濃度、ホモシステイン濃度、脳委縮の進展および認知症との間にある関係を示した過去の調査を踏ま.... 続きを読む

2015-04-10
認知機能と血糖コントロールの改善におけるシタグリプチンの二重の役割(糖尿病・イン・コントロールより)― 認知症の中で最も発症頻度の高いのがアルツハイマー病である。症状はゆっくり増悪し、経時的に悪化し、やがて一般的な日常生活活動に支障をきたすようになる。アルツハイマー病の治療法は分かっていないが、シタグリ.... 続きを読む

2015-04-10
抗マラリア薬は関節リウマチに有用(メドページ・トゥデイより)― ヒドロキシクロロキンは、メトトレキサートよりも高脂血症を引き起こしにくい。初期の関節リウマチにおいて、抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンによる治療は、メトトレキサートと比較して、高脂血症リスクを低くする.... 続きを読む

2015-03-25
てんかん薬が多発性硬化症の人の失明を防ぐかもしれない(【米国神経学会プレスリリース】より) -ワシントンDC ‐ てんかん発作予防のために一般的に使用されている薬が、意外にも多発性硬化症(MS)の失明を予防するかもしれないことが、2015年4月18日から25日までワシントンDCで開かれた.... 続きを読む

2015-03-19
妊娠中のネズミにおける過剰なビタミン摂取は、子の食べ物の好みに影響を与える可能性(【カナダ科学出版社】より) -トロント大学栄養科学学部と医学部の研究者グループが、母親が必要量以上のビタミン(A、D、E、K)をすると、子の脳の発達と行動にどのような影響を与えるのかをネズミを使って実験している。彼らの.... 続きを読む

2015-03-17
シプロヘプタジン(抗ヒスタミン薬)が、MAPキナーゼp38活性化を介して細胞周期進行を遮断し、肝細胞癌の細胞増殖を阻害(7thスペースより)― 肝細胞癌は、世界における癌死亡の主な原因となっている。しかし、現在の肝細胞癌に対する化学療法剤は、効果不十分であったり、高額であったりする上に、これらの薬剤で治療しても満足な治療成績は得られていない。.... 続きを読む

2015-03-03
妊婦および授乳婦は、幼児の発育に不可欠なオメガ3の摂取が推奨量に満たないことが研究で示唆(【カナダ科学出版社プレスリリ-ス】より) -APrON(Alberta Pregnancy Outcomes and Nutrition)はアルバータ州革新健康対策により創設されたカルガリーおよびエドモントン在住の2000人以上の女性およびその子供から.... 続きを読む

2015-02-28
高用量リファンピンで結核患者の治療期間が短縮される可能性(HCPライブより)― 高用量リファンピン及びモキシフロキサシンを標準的薬物治療に併用すると、結核患者の治療成功に要する日数が短縮される可能性がある。この研究結果は今週シアトルで開催されたレトロウイルス及び日和見感染症学会(Conference.... 続きを読む

2015-02-25
ナルトレキソンの服用で若年問題飲酒者の飲酒量が減少(イェール・ニュースより)― 若年者がナルトレキソンを服用すると、乱酒の程度が抑えられ、アルコールによる悪影響も少なくなることが、エール大学医学部(Yale School of Medicine)による試験で示された。著者らによれば、本剤は若者の飲酒頻度を減らすには至らな.... 続きを読む

2015-02-25
新たに多発性骨髄腫と診断された患者にも今後はレナリドミド(メッドスケープより)― 米国食品医薬品局(FDA)はレナリドミド(レブラミド、セルジーン社)とデキサメタゾン(複数の商品名あり)の併用について、これまでの適応を拡大し、新たに多発性骨髄腫と診断された患者も対象にすることとした。FDA.... 続きを読む

2015-02-24
関節リウマチに対するメトトレキサートの最新情報(家庭医療ニュースより)― コロラド州スノーマス ― 昔ながらの関節リウマチ治療薬に新たな効能は期待できるのか?メトトレキサート(関節リウマチ治療薬)に関して言えば、答えは間違いなく「イエス」である、とハーバード大学医学部(Harvard Medical School、ボ.... 続きを読む

2015-02-24
ワイオミング大学の教授がカプサイシンの薬理効果を解明(ララミー・ブーメランより)― ワイオミング大学(University of Wyoming : UW)の研究者グループの研究結果によると、日ごろ近所のスーパーで辛いものをあまり買わないのなら、その傾向を変えた方がいいかもしれません。トウガラシの辛み成分であるカプサイシンが.... 続きを読む

2015-02-05
2月10日の全国駆虫デイに子供たちの駆虫をするキャンペーン(ビジネス・スタンダードより)― 全国的なキャンペーンが2月10日の全国駆虫デイを前に開始され、公立の学校やアンガンワディ (Anganwadi) ・センターを通じ、1歳~19歳の子どもを駆虫する。 「このプログラムの第一段階は、アッサム(Assam)州、ビハール(Bihar)州、チャッ.... 続きを読む

2015-01-08
パーキンソン病治療の徐放カプセル『RYTARY』(カルビドパ、レボドパ)がFDAに承認されたとインパックス製薬が発表(【PRニュースワイヤー】より) -インパックス研究所の一部門であるインパックス製薬は、同社が開発した経口徐放カプセルRYTARYが、本日、米国食品医薬品局(FDA)に承認されたことを発表した。これはカルビドパとレボドパを調合し、パーキンソ.... 続きを読む

2014-12-13
オキシトシンという「愛情ホルモン」が自閉症にも役立つ可能性(ナショナル・ジオグラフィックより) - 新たな研究でオキシトシンが自閉症の子供に有益となる可能性が示唆された。しかし、広く利用できる準備は整っているのだろうか。「愛情ホルモン」と名の付くものはどれも、よく吟味し、多少懐疑的な見方をする必要が.... 続きを読む

2014-12-05
乳児血管腫に対するプロプラノロール:一部の患児には追加的有用性が大きいとの評価(メディカル・エキスプレスより)― 増殖期の乳児血管腫(イチゴ状血管腫ともいう)がある患児へのプロプラノロールは、適切な比較対照治療に比べ追加的有用性があるかを評価するため、ドイツIQWiG(医療の質・効率研究所、Institute for Quality and Efficiency in Health Care)が資料を調べ.... 続きを読む

2014-12-04
アルツハイマー病薬が、むちゃ食い障害に関連した嗜癖行動を減らすことができるかもしれない(ユニバーシティ・ヘラルドより)― アルツハイマー病の薬が、むちゃ食い障害患者が衝動を制御するのに役立つかもしれない。ボストン大学医学部(Boston University School of Medicine)の研究者らは、神経保護薬であるアルツハイマー病薬のメマンチンが、むちゃ食い障害に関連した嗜.... 続きを読む

2014-12-02
肝移植後のC型肝炎再発患者の大半がソホスブビル/レジパスビル配合剤とリバビリンの併用で治癒(エイズ・マップより)― リバビリン併用下で、12週又は24週間のソホスブビル/レジパスビル配合剤(Harvoni)を用いたインターフェロンフリー(インターフェロンを含まない)治療を行うと、C型肝炎ウイルス(HCV)遺伝子型1型の肝線維化患者あるいは初期.... 続きを読む

2014-12-02
クルージングでの時差ボケを治す8つの方法(ハッフィング・ポストより)― 各種旅行プランや客室タイプおよび寄港地の観光ツアーについて何ヵ月もかけて吟味した後、ようやく一生に一度の海外クルージングの準備が整う。しかし、海外クルージングとなると、眠気と葛藤しながらの旅行になり、.... 続きを読む

2014-11-27
低用量ナルトレキソンが体へプラスの影響を及ぼす(ヘラルド・レビューより)― 低用量ナルトレキソンという処方薬は、医師なら誰しも名前は知っているが、まず処方することはない。一般的にナルトレキソンは、ヘロイン常用者、アルコール中毒者、オピオイド断薬に用いられるものである。一方、低.... 続きを読む

2014-11-26
受胎前の葉酸が胎内発育遅延リスクを低下(メッドスケープより)― BJOG(産科婦人科学会雑誌(Obstetrics and Gynecology)11月26日号オンライン版に掲載された集団データベースの研究と系統的レビューによれば、受胎前に葉酸を補給することにより出生時の胎内発育遅延リスクが有意に減少する。RCOG臨床品質部門の副.... 続きを読む

2014-11-25
テノホビルはB型肝炎ウイルスを8年間にわたり継続的に抑制(エイズマップより)― テノホビルを8年間投与しているB型慢性肝炎患者のほとんどがウイルス抑制を維持していた。この結果は、米国ボストンで今月開催された米国肝疾患学会(AASLD)で発表された。血清学的な奏効率は経時的に増加し、腎臓・骨関.... 続きを読む

2014-10-20
血管運動神経症状に対する低用量パロキセチン治療で体重・性欲は変化しない(ヒーリオより)― 『メノポーズ(Menopause)』誌に発表された第III相試験プール解析の結果によると、閉経に伴う血管運動神経症状の治療に低用量パロキセチンを使用しても体重や性機能に有意な変化はなかったという。今回の知見の元になったの.... 続きを読む

2014-10-14
低用量パロキセチンはホットフラッシュを生じる女性で体重増加の原因にならず(ファーマシー・タイムズより)― 低用量パロキセチン(商品名Brisdelle)治療を、更年期のホットフラッシュ(ほてり)を生じる女性に用いた場合、体重増加または性機能障害の原因とはならないことが、2件の第3相試験のデータを統合した探索的解析で示された.... 続きを読む

2014-10-14
臨床ソリューション:学校で呼吸困難を起こした8歳の児童(EMS1.comより)― 呼吸困難を起こした小学生に対応した。次のステップを正しく行ったか?今月の優勝者は、アレルギー反応、そして小児特有のエピペン自己注射での治療の必要性を正しく特定したミケーレ・クラヴィッツ(Michele Kravitz)です。お見事.... 続きを読む

2014-09-03
イブプロフェンが高齢における免疫機能回復を手助けできると研究が見出す(HNGNより)― 新しい研究で、市販の鎮痛剤イブプロフェンが高齢における免疫機能回復に有効であったことがわかった。この研究は米国実験生物学会連合(Federation of American Societies for Experimental Biology)がマウスで行った。この研究のため、研究者らは高齢、そして若い.... 続きを読む

2014-09-02
血流改善薬物が嚢胞性線維症における運動不耐性の原因の特定に役立つかもしれない(メディカル・エキスプレスより)― 肺が比較的健康であっても嚢胞性線維症患者が通常の人より運動能力が低い理由を科学者が判明するのに、小さな白い錠剤が手助けとなるかもしれない。研究者らは、肺高血圧治療用にレバティオという商品名で、勃起不全.... 続きを読む

2014-08-27
PCOSの女性はメトホルミンで体重増加を避けられるかも(ヒーリオより)― 『ジャーナル・オブ・クリニカル・エンドクリノロジー&メタボリズム(The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism)』に発表された研究によると、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で中心性肥満とインスリン抵抗性を認める女性にメトホルミンを使用した.... 続きを読む

2014-08-25
アスピリンが静脈血栓塞栓症の再発リスクを低減(ヒーリオより)― 初発の特発性静脈血栓塞栓症患者において、抗凝固療法を施行した後のアスピリンで、静脈血栓塞栓症の再発リスクが3分の1未満に抑えられることが、新たな研究結果で示された。この患者集団においてアスピリンは出血.... 続きを読む

2014-08-22
ビューティー101:過酸化ベンゾイル(スタイルビストロより)― お気に入りの化粧品の裏ラベルを見てはコソッと調べている、その成分についてあれこれ知りたいと思ったことはありませんか?すてきなワードやラベルに気を取られて、自分の顔や体にどんなものを使っているかきちんと.... 続きを読む

2014-08-20
香港のエボラ治療薬候補の中には乳がん治療薬(スタンダード紙より)― 衛生防護センター(Centre for Health Protection)の19日夜の発表によると、香港ではエボラ出血熱の患者の治療に乳がん治療薬を使用するかもしれない。保健当局がアメリカの製薬会社から未承認薬ZMapp(ジーマップ)を入手できないためだと.... 続きを読む

2014-08-19
NICEが骨髄異形成症候群へのレナリドミド使用推奨の案を出す(NICEより)― NICEは骨髄異形成症候群の治療選択肢として、レナリドミド(レブラミド、セルジーン社)を推奨するガイダンス(最終案)を出した。骨髄異形成症候群(MDS)とはさまざまな骨髄障害をひとまとめにしたものであり、骨髄の.... 続きを読む

2014-08-18
リドカイン注射が線維筋痛症患者の痛覚過敏を緩和(HCPライブより)― 末梢組織にリドカインを注射すると、線維筋痛症患者の痛覚感受性が低下することを、フロリダ大学(University of Florida)の研究者らが明らかにした。本研究の共同研究者で、フロリダ大学疼痛・行動保健研究センター(Center for Pain Research and Behavioral Health)セン.... 続きを読む

2014-08-12
関節手術中のトラネキサム酸が輸血の必要性を低減するかもしれない(2ミニット・メディスンより)― 研究の概要:整形外科手術後の周術期の失血と輸血は、合併症の懸念があるがそれに対しさまざまな予防戦略が存在している。薬理学的なアプローチの一つはトラネキサム酸の使用である。トラネキサム酸は、プラスミノー.... 続きを読む

2014-08-08
パーキンソン病の衝動制御障害を抑えるにはナルトレキソン?(メッドスケープより)― オピオイド拮抗薬ナルトレキソンが、パーキンソン病患者における衝動制御障害(ICD)を抑える可能性のあることが、予備的研究で示唆されている。フィラデルフィアのペンシルバニア大学(University of Pennsylvania)の研究者らが実施した予備試験.... 続きを読む

2014-08-08
糖尿病治療薬メトホルミンで寿命が延びる可能性(メディカル・ニュース・トゥデイより)― メトホルミンは2型糖尿病治療薬であり、米国において認可されている。英国のカーディフ大学(Cardiff University)が実施した18万人を対象とする新たな研究で、メトホルミンが非糖尿病者においても寿命を延ばす可能性のあることが明ら.... 続きを読む

2014-08-08
自閉症児でもそうでなくても社会的スキルにオキシトシンが関連(ヒーリオより)― 『プロシーディングズ・オブ・ザ・ナショナル・アカデミー・オブ・サイエンシズ(Proceedings of the National Academy of Sciences)』に最近掲載された研究結果によると、社会的機能を向上させるオキシトシンの力は、一部の自閉症児の治療に有用かも.... 続きを読む

2014-07-30
ナルトレキソンがパーキンソン病患者の衝動制御障害を軽減(メディカル・エキスプレスより)― パーキンソン病患者の20%以下とその家族が直面する一般的な問題のうち、あまり知られていない問題に、強迫性賭博、衝動的性行動、過食、衝動買いなどからなる衝動制御障害の発症がある。こうした患者におけるパーキン.... 続きを読む

2014-07-30
リポソームアムホテリシンBが小児の熱帯リーシュマニア罹患期間を短縮(ヒーリオより)― リポソームアムホテリシンBによる全身治療は、5価アンチモンの治療と比較して、小児における熱帯リーシュマニアの罹患期間を大幅に短縮したことが、研究結果で示された。後向き研究において、熱帯リーシュマニア(.... 続きを読む

2014-07-30
ベバシズマブとロムスチンの併用が再発膠芽腫の転帰を改善(ヒーリオより)― ロムスチンとベバシズマブの併用は、いずれかを単剤で用いるよりも全生存期間の延長につながることが、ランダム化非盲検第2相試験の結果で示された。再発膠芽腫患者にはあまり治療選択肢がなく、二次化学療法では軽.... 続きを読む

2014-07-29
研究者らが頭部外傷の治療法を検討中(ワシントン大学デイリーより)― ワシントン大学外科学教授で、ハーバービュー医療センター(Harborview Medical Center)外傷部門責任者のアイリーン・バルガー(Eileen Bulger)氏は、外傷性脳損傷後の生命予後および回復に対するトラネキサム酸の有効性を検討する全米試験で、同施設の.... 続きを読む

2014-07-28
排卵誘発効果は従来のクロミッドよりもレトロゾールのほうが高いと研究で判明(メディカル・イクスプレスより)― フロリダ大学(University of Florida : UF)が関係した研究によると、排卵誘発剤はまもなく、40年以上使われてきた薬から別の薬に取って代わるかもしれない。女性の妊娠を助ける効果は新しい薬のほうが30%高いという。『NEJM(New England Journal of.... 続きを読む

2014-07-23
2型糖尿病薬が認知症リスクを大幅に削減(糖尿病ヘルスより)― 新しい研究で、ジェネリックの糖尿病薬に驚くべき示唆がなされた。2型糖尿病薬患者によく処方されるピオグリタゾン(Pioglitazone)は、認知症発症のリスクも減少させるようである。ピオグリタゾンがアルツハイマー病および認.... 続きを読む

2014-07-22
ナトリウム特異的イオンチャネルの機能を光で調整することを可能にした光感受性タイプのアミロライド(PHYS.ORGより)― 利尿薬アミロライドは高血圧の治療薬として用いられている。ミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学(Ludwig Maximilian University:LMU)研究者らは今回、アミロライドに光感受性物質を合成することで、ナトリウム特異的イオンチャネル.... 続きを読む

2014-07-21
エンテカビル、EUでB型慢性肝炎小児患者に勧告取得(メッドスケープより)― 欧州連合(EU)の規制当局は昨日、B型慢性肝炎ウイルス(HBV)感染の治療薬であるエンテカビル(バラクルード、ブリストル・マイヤーズスクイブ社)の小児への適応拡大を勧告した。欧州医薬品庁(EMA)の委員会がこの.... 続きを読む

2014-07-18
好酸球性食道炎に高用量フルチカゾンが有効(サイエンス・コーデックスより)― 好酸球性食道炎(EoE)は食道の慢性炎症性疾患であり、(食道の組織に)好酸球という白血球が多数存在するのが特徴である。このEoEに対しステロイド薬のプロピオン酸フルチカゾンを高用量で使用すると、患者の多くは安.... 続きを読む

2014-07-14
レイク郡の判事ら、アヘン中毒の犯罪者のための自主的なナルトレキソンプログラムを開始することで合意(ニュース・ヘラルドより)― レイク郡(Lake County)の一般訴訟裁判所の判事ら4人は、薬物関連の犯罪者がアヘン中毒と戦う助けとなるよう、自主的なナルトレキソン注射が含まれるよう代替治療計画を進めることを決定した。判事であるユージン・A・ル.... 続きを読む

2014-07-09
妊娠率の向上にレトロゾールが有効との研究報告(ウォール・ストリート・ジャーナルより)― 不妊症と闘う多嚢胞性卵巣症候群患者は、現在一般に病院で使用されている薬剤とは別の薬剤を用いて妊娠確率を高められることが、新たな研究で示唆されている。本試験は、政府の資金援助で750人の女性を対象に実施され.... 続きを読む

2014-07-07
乳児の血管腫のプロプラノロール治療が良い結果を出す(ヒーリオより)― 研究結果によれば、プロプラノロール治療で、眼周囲に毛細管血管腫がある乳児の屈折異常や不同視が有意に減少した。この後ろ向き研究は、毛細管血管腫患者17人を対象としたもので、1mg / kgプロプラノロールで1日3回.... 続きを読む

2014-07-06
カミソリ負けにはヒドロコルチゾンクリームやアロエベラを(シアトル・タイムズより)― Q:ビキニ・ワックス後の赤いブツブツを治す方法はありますか?A:カミソリ負けは男性の首に起ころうと、女性のビキニラインであろうと、皮膚科医は鬚毛部仮性毛包炎という病名で呼びます。この症状は、ワックスや.... 続きを読む

2014-07-03
アセタゾラミドと低カロリー食が頭蓋内圧亢進症に有用(メドスケープより)― アセタゾラミド治療を受けながら減量食を摂る特発性頭蓋内圧亢進症患者は、視野機能、うっ血乳頭の重症度、QOL(生活の質)、脳脊髄液圧に有意な改善がみられ、忍容性も良好であることが、新たな多施設共同無作為化プラ.... 続きを読む

2014-07-03
メラトニンのサプリメントが骨粗鬆症を予防する可能性(ニューズウィークより)― 近年、メラトニンのサプリメントは睡眠補助薬として急速に市場を拡大している。栄養ビジネスジャーナル(Nutrition Business Journal)の概算によれば、2007年にわずか9千万ドルであった売上高が、2012年(参照可能な最新データ)に2億6千万ド.... 続きを読む

2014-06-27
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS):メトホルミンに抗炎症薬ロフルミラストの追加で肥満が軽減する可能性(メディカル・リサーチより)― メディカルリサーチ:今回の研究の主な知見を教えてください。イェンスタール:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の肥満女性を対象に、ホスホジエステラーゼ(PDE)4の選択的阻害薬ロフルミラストをメトホルミン(MET)に追加.... 続きを読む

2014-06-24
研究がアルコール中毒に対して可能な治療を見出す(デイリー・トロージャンより)― 南カルフォルニア大学薬学部(USC School of Pharmacy)の研究が、一般的な抗寄生虫薬を使用してアルコール使用障害を治療する、新しい薬物治療の可能性を見出した。イベルメクチンという薬剤は従来、人や動物の寄生虫感染治療に使用さ.... 続きを読む

2014-06-24
イブプロフェンが早期老化および死亡を予防する可能性 - 研究報告(インディペンデントより)― 最も広範に使用されている鎮痛剤の一つが、炎症を抑え、早期老化と死亡を予防する可能性のあることが、新たな研究で示唆された。免疫系の過剰な活性化・老化促進・関連疾患に起因する慢性炎症と、寿命短縮との間に強.... 続きを読む

2014-06-18
プロゲステロンが脳腫瘍の治療法となる可能性(エモリー大学ニュースより)― プロゲステロンというホルモンが高悪性度の脳腫瘍に対する治療に部分的に寄与する可能性がある。この腫瘍を発症させたマウスにおける高濃度プロゲステロンは、神経膠芽腫(グリオブラストーマ)細胞を死滅し、腫瘍増.... 続きを読む

2014-06-16
多発性骨髄腫に対するレナリドマイド投与でサリドマイドよりもQOL向上(癌ネットワークより)― 新たに多発性骨髄腫と診断された患者において、メルファランおよびプレドニゾン併用下で、サリドマイドまたはレナリドマイドの追加を比較したところ、奏効率、効果の深さ、治療期間、無増悪生存率、全生存率において.... 続きを読む

2014-06-16
人工膝・股関節全置換術を受ける患者へのトラネキサム酸使用で出血が減少(ヒーリオより)― ある研究結果によると、人工膝または股関節全置換術を受ける患者にトラネキサム酸を局所使用したところ、出血が有意に減少し、副作用も認めなかったという。研究者らは、人工膝関節全置換術(TKA)を受ける患者50人と.... 続きを読む

2014-06-04
アウトドアの専門家:衣服に防虫剤を噴霧しマダニを寄せ付けない(シラキュース.comより)― フィンガーレイクス・モール(Fingerlakes Mall)内のバス・プロ・ショップス(Bass Pro Shops)キャンプ用具売場の責任者シェーン・ウィルキンソン(Shane Wilkinson)さんは、多くの人たちと同じく、去年の冬にマダニをやっつけられるものと思い込んでいたとい.... 続きを読む

2014-06-02
抗糖尿病薬メトホルミンによる老化遅延と延命効果(メディカル・エキスプレスより)― ルーヴェン・カトリック大学(KU Leuven)に所属するベルギー人博士研究員ワウテル・デハース(Wouter De Haes)氏らによる研究で、世界で最も広範に使用されている抗糖尿病薬メトホルミンが、老化を遅延させ、寿命を延長させるという新た.... 続きを読む

2014-05-30
DMDの男の子に希望を持たせるタダラフィル(リバティ・ボイスより)― タダラフィルは肺血管を拡張したり勃起不全(ED)を改善するための薬で、シアリスやアドシルカという名でも知られています。でもデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に苦しむ人たちにとってタダラフィルはEDの治療.... 続きを読む

2014-05-26
ハンチントン病の神経変性を遅らせる有望な方法が動物モデルで判明(レッド・オービットより)― ハンチントン病の動物モデルにおいて特定のグルタミン酸受容体(シナプス外NMDA受容体)をブロックすると、運動の学習および協調性が改善し、細胞死も防げることを研究が示している。ブリティッシュコロンビア大学(University.... 続きを読む

2014-05-19
MERSに対して活性を示す薬剤、クロロキンとクロルプロマジン(グローバル・ディスパッチより)― 印刷に先駆けてジャーナル「アンチマイクロバイアル・エージェンツ・アンド・ケモセラピー」 (Antimicrobial Agents and Chemotherapy)に発表された一連の研究論文が、中東呼吸器症候群(MERS)に対して効果的な治療法となりえる多くの既存の医薬品と開.... 続きを読む

2014-05-10
デスモプレシン口腔内崩壊錠が夜尿症児の睡眠パターンと心理機能を改善させることが新規研究で示唆(パイプライン・レビューより) - インスブルック(オーストリア) ― 夜尿症児における睡眠パターンと心理機能(注意力に関する問題や記憶など)が、口腔内崩壊錠デスモプレシン(MINIRINRMelt)*で改善されることが、新たなデータで示された。また、小児の神経心理機.... 続きを読む

2014-05-09
腰痛とうつ病を抱えて暮らしている高齢者が参加可能な調査研究(メディカル・エキスプレスより) - 慢性腰痛とうつ病とを経験している高齢者が、両方の症状を治療するのに、投薬治療のみか、健康指導と新たな問題解決能力学習を伴う投薬治療かの、どちらが最善であるかどうかを見出すことを目的とした5年間の研究の.... 続きを読む

2014-05-08
致死性デュシェンヌ型筋ジストロフィーをバイアグラやシアリスで治療(レッド・オービットより) - シアリスとバイアグラは一般的に男性の勃起不全を治療するために処方されるが、新しい研究で、これらの薬がデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)として知られている致死性障害を治療するために使用できることが示さ.... 続きを読む

2014-04-25
閉経後の性交痛が局所リドカインで軽減(臨床内分泌学ニュースより) - 46名の女性が参加した無作為化比較試験の結果によれば、閉経後のひどい性交痛がある乳がんサバイバーは挿入前に局所リドカイン液を膣前庭に塗ることで、苦痛のない性交ができるそうだ。ポートランド・オレゴンヘルス.... 続きを読む

2014-04-25
頭蓋内圧亢進症において利尿剤アセタゾラミドが視力予後を改善(メディカル・リサーチより) - 今回、軽度の視力低下を伴う特発性頭蓋内圧亢進症症(旧病名:偽脳腫瘍)患者について検討しました。その結果、低ナトリウム食の減量プログラムに加えて、利尿剤の一種であるアセタゾラミドを服用した患者は、同プロ.... 続きを読む

2014-04-25
子どもへの抗てんかん薬ゾニサミドの使用は忍容性が良好(HCPライブより) - 『エピレプシア(Epilepsia)』4月号に掲載された研究によると、1年にわたりゾネグラン(ゾニサミド)を小児てんかん患者に使用する試験を行ったところ、忍容性は良好であったという。イタリア、フィレンツェ大学(University of Florence.... 続きを読む

2014-04-23
母体レチノイド値が子の免疫への鍵(メドページ・トゥデイより) - 妊娠中の母体の食餌由来レチノイド量が、成体になってからの二次性リンパ性器官の大きさや、免疫応答の効率をコントロールすることが、マウスの研究で示された。また、妊娠中の母体の栄養状態が子の健康に影響を及ぼ.... 続きを読む

2014-04-16
オレンジ郡(米国)で昔ながらの薬剤を新たに救急救命薬剤として使用(ニュース・プレックスより) - この救急救命薬剤は、米国や世界中で数十年間も用いられているが、今回、オレンジ郡で新たな使用法が発見された。オレンジ郡の消防・救急医療部門の副責任者トム・ジョイス(Tom Joyce)氏は「これまで使用されてきたのとは異.... 続きを読む

2014-04-10
非ホジキンリンパ腫におけるレナリドマイドとリツキシマブの併用投与による持続的効果(ヘアリオより) - 第2相試験の結果によれば、再発性または難治性、もしくは低悪性度の非ホジキンリンパ腫の患者グループにおいて、レナリドマイドとリツキシマブを併用投与すると、持続的効果が得られる。患者30人に、週1回のリツキ.... 続きを読む

2014-04-10
アルコール依存症治療にバクロフェンを使うクローダ先生(デジタル・ジャーナルより) - バクロフェンという薬を、アルコール依存症の治療に使うことができます。実はこの薬、昔からあるんです。バクロフェンは筋弛緩薬であり、重症の筋痙縮の治療に使われています。この薬は主にGABA-B受容体に作用します。そ.... 続きを読む

2014-04-04
低用量アスピリンが受胎能をアップ:研究結果(ビジネス・スタンダードより) - 高額な治療や薬剤に頼ることなく、ごく普通のアスピリンで女性の受胎能が増強される可能性のあることが、研究で明らかにされた。低用量のアスピリンを服用すると、妊娠と生児出産の確率が高まる可能性がある。その理.... 続きを読む

2014-04-02
葉酸が神経管の先天性欠損を予防(ラスクルーセス・サンニュースより) - アシュレー・グレイリー(Ashley Graley)が、もし葉酸の重要性を知っていたとしたら、おそらく随分前から服用し始めていたにちがいない。彼女曰く、「毎日1錠の小丸薬を服用することで、これまで味わってきた心痛(手術など)を.... 続きを読む

2014-04-01
レストレスレッグス症候群の治療にプレガバリンが効く可能性(ドクター・ティプスターより) - レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)は、神経障害の一つであり、脈に合わせたような脚のずきずき感や、むずむず感のほか、どうしても脚を動かしたくなるなどの不快感がある。健常者でも同様のことが時々起.... 続きを読む

2014-03-31
アロプリノールは高尿酸血症や痛風の死亡リスクをやや低下させる(ドクターズ・ラウンジより) - アナルズ・オブ・ザ・リウマチック・ディジーズ(Annals of the Rheumatic Diseases)電子版に3月24日掲載された研究によると、アロプリノール開始は高尿酸血症患者および痛風患者の死亡リスクの若干の低下と関連している。ボストン大学医.... 続きを読む

2014-03-21
アスピリンを常用しても腎臓に影響しない(アラブニュースより) - サウジアラビア王国で腎臓専門医が腎臓病について話し、血栓形成防止にアスピリンを常用しても腎障害患者には副作用がないと語った。これは、ハーリド・アブドゥルアジーズ・アル・サラン(Khalid Abdulaziz Al-Saran)が木曜日にサウジ.... 続きを読む

2014-03-21
スタチンが多発性硬化症を抑制するのに役立つ可能性(ヘルスセントラルより) - ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London)の研究者らが実施した初期試験の結果から、スタチンは高コレステロールの治療薬として一般に使用されてきたが、多発性硬化患者においても疾患進行を遅らせたり、症状を.... 続きを読む

2014-03-21
ヘパリンはプリオンの立体構造変化とプリオン病を防ぐカギかもしれない(メディカル・エキスプレスより) - プリオンは感染因子であり、牛海綿状脳症(いわゆる「狂牛病」)や、ヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病などの神経変性疾患の原因とされている。立体構造が変化したミスフォールドタンパク質だけでできている感染因子.... 続きを読む

2014-02-27
脳梗塞予防薬が軽度認知症を遅らせると判明(バンコク・ポストより) - 米国のオンライン科学ジャーナル『プロス・ワン(PLoS One)』で木曜日に発表された研究によると、研究者らは、脳梗塞予防に用いられる薬剤であるシロスタゾールが軽度認知症の進行を抑える効果があることを見出した。国.... 続きを読む

2014-02-24
ケガやキズを早く治したいならセラペプターゼ(gbトリビューンより) - 普通のケガでも、体に傷や痕がつくことがあります。でも時間が経てば、たいていのケガはきれいに治るものです。ただ、場合によっては傷が深すぎてなかなか治らないことも…。そんな時は食事に加えて、セラペプターゼ.... 続きを読む

2014-02-21
「承認されている最大投与量を超えるスタチンが生存期間を延長」:医師らが報告(エクスプレスより) - 承認されている最大投与量を超える用量のスタチンが、延命につながり、早期死亡リスクを低下させることが、新たな研究で示された。通常タイプのコレステロール低下薬は、心疾患や脳卒中による死亡率を削減するほか、.... 続きを読む

2014-02-17
更年期症状を改善させる治療法(ヘラルド・トリビューンより) - 米国産科婦人科学会(American College of Obstetricians and Gynecologists : ACOG)の better-late-than-never(「遅くとも義務を果たすことを始むるは、決して果たさざるにまさる」)」部門が、更年期症状の効果的治療におけるガイドラインを改訂した。「更年期症状の管理」という診療ガ.... 続きを読む

2014-02-17
抗けいれん薬トピラマートが大量飲酒を抑制(サイエンス・ブログより) - 米国において大量飲酒は一般的であり、個人的および社会的費用の増加を招き、具体的には職場の生産性・医療費・刑事裁判費の損失により年間推定2,235億ドルの費用がかかる。データによると、12歳以上の23%が直近1ヵ月で.... 続きを読む

2014-02-17
二分脊椎の予防目的として政府が食品メーカーにパンへの葉酸添加を推進(トップニュースより) - 政府は、乳児が二分脊椎で生まれることのないよう予防する目的で、パンに葉酸を添加するよう食品メーカーに義務付けたい考えである。23年間にわたるこの問題への長い討論の末、保健相は二分脊椎への予防策を決定した.... 続きを読む

2014-02-13
プレガバリンは下肢静止不能症候群を効果的に治療し症状悪化のリスクが少ない(メディカル・エキスプレスより) - 2月13日の『二ュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』(The New England Journal of Medicine)で発表された報告は、下肢静止不能症候群(RLS)の治療に一般に処方されるタイプの薬剤を使用した長期的な治療が、一部の患者に重.... 続きを読む

2014-02-11
オキシトシンが更年期の体重増加と骨減少を元に戻す(メドページ・トゥデイより) - オキシトシン投与はマウスにおいて、卵巣摘出によって誘発される骨減少症、および骨髄脂肪蓄積を正常化する。この海綿骨パラメータに対する効果は、RANKL / OPG軸を経由した骨芽細胞と破骨細胞とのクロストークの回復を介.... 続きを読む

2014-02-06
自閉症治療薬が動物試験で有望視(ライブサイエンスより) - 特定の自閉症患者の症状を消失させることを目的とした薬剤が、初期研究の動物試験で有望であることが示されたことを、研究者らが報告している。科学誌「サイエンス」2月6日号に掲載された本研究によれば、マウスと.... 続きを読む

2014-02-03
同種移植時と自己免疫疾患へのケトプロフェン適用の可能性(ビジネス・レコーダーより) - ケトプロフェンとは、筋痛、関節障害、関節炎、強直性脊椎炎、軟部組織損傷に用いる非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)のことである。ケトプロフェンは、パキスタンやその他多くの国々で、人間医学と獣医学の両方で広く使用さ.... 続きを読む

2014-02-03
早産の予防法を患者ごとに個別化する新規アプローチの発見(サイエンス・コーデックスより) - この新しい研究結果は、早産リスクの高い女性のうち、プロゲステロン注射が効く女性を特定することにより、近い将来、患者ごとに個別化した早産の予防的治療を医師が行えるように導く可能性がある。自然に産生される.... 続きを読む

2014-01-31
二次進行型多発性硬化症におけるラモトリギンの神経保護作用を調べた試験(バイオニュース・テキサスより) - 少し前に、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンに属する病院(University College London Hospital)である試験が完了した。試験の結果は、ある薬の投与で神経細胞へのナトリウムイオン流入をブロックすると、攻撃的な神経細胞障害を防ぐことが.... 続きを読む

2014-01-27
自閉症児にリスペリドンを用いるのは望ましい?(イーマックス・ヘルスより) - 薬物療法は自閉症における最も適切な治療法ではないと考えられるが、自閉症児の生活を規則正しいものにする手助けとして、リスペリドンなどの特定の医学的に認可された調合薬を時々投与することは非常に有用である。.... 続きを読む

2014-01-27
急性高山病の予防にイブプロフェンが有用(アバウト.comより) - 登山者、ハイカー、スキーヤー、旅行者たちを悩ませるのが、高度障害、いわゆる急性高山病(AMS)とその症状(悪心、頭痛、嘔吐、疲労など)です。コロラド州のロッキー山脈にある高い峰や、アラスカ・アジアの高い山.... 続きを読む

2014-01-27
青年期の慢性疲労に対するバラシクロビル治療(NCBIより) - 慢性疲労症候群とは、疲労感、意欲減退、意気消沈、身体活動低下を呈する疾患であり、全ての症状がうつ病の診断基準と広範囲にわたって重なっている。複数の研究で、慢性ウイルス感染症と慢性疲労症候群が結び付けら.... 続きを読む

2014-01-21
ループス患者における妊娠合併症の予防に抗マラリア合剤が役立つ可能性(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - エール大学医学部(Yale School of Medicine)の研究者らによる新たな研究で、ループス(狼瘡)とそれに関連した抗リン脂質症候群という疾患を呈する女性患者における妊娠合併症を予防するのに、抗マラリア合剤が役立つ可能性があること.... 続きを読む

2014-01-21
術後せん妄とメラトニン濃度低下の関連性を研究が示す(ファーマシー・プラクティス・ニュースより) - 日本の小規模研究において、術後せん妄を呈したICU患者はそうでない患者と比べ、術後1時間時点でのメラトニン濃度が低いことを示唆する知見が得られた。研究結果からは、セボフルラン曝露量とメラトニン濃度の間に負.... 続きを読む

2014-01-06
関節リウマチの治療に用いるメトトレキサートは化学療法とみなされる?(About.comより) - 関節リウマチ患者の中にはメトトレキサートを処方された際に不安を感じる人もいる。この薬剤は癌の治療に用いる化学療法剤として知られている。一方、メトトレキサートを関節リウマチに処方した場合、これを化学療法.... 続きを読む

2014-01-03
乳がん治療薬エキセメスタンには紫外線の悪影響からあらゆる細胞を守る能力も(ヘルス&ビューティー・ニュースより) - ステロイド系のエキセメスタンは通常、乳がんがエストロゲンで成長するタイプの場合に使われる薬です。この薬はエストロゲン生成を妨げるだけでなく、紫外線や炎症の悪影響からあらゆる細胞を守ることが分かりました.... 続きを読む

2014-01-03
ガバペンチンとは具体的にどのような薬剤なのか?(ライブサイエンスより) - ガバペンチン(別名ニューロンチン)は、鎮痛作用のある抗けいれん薬であり、カプセル剤、錠剤、経口液として販売されている。用途は幅広く、てんかん患者における特定タイプのてんかん発作の抑制や、ヘルペス後神経.... 続きを読む

2014-01-02
ケニア:不思議な植物 - アロエベラの上位5つの最も優れた有益性(オールアフリカより) - エジプト人は6千年前からアロエベラを「不死の植物」と呼んでおり、エジプト人以外の人にはこの見慣れた低木は「不思議な植物」として知られている。その呼称にかかわらず、1つだけ確かなのは、アロエベラが内服剤.... 続きを読む

2014-01-02
ケニア:不思議な植物 - アロエベラの上位5つの最も優れた有益性(オールアフリカより) - エジプト人は6千年前からアロエベラを「不死の植物」と呼んでおり、エジプト人以外の人にはこの見慣れた低木は「不思議な植物」として知られている。その呼称にかかわらず、1つだけ確かなのは、アロエベラが内服剤.... 続きを読む

2014-01-01
小児の焦点性てんかんにトピラマートが有効であることを示す研究報告(てんかんリサーチより) - トピラマートは、小児の焦点性てんかんの薬物療法として有効かつ忍容性の高い治療法であることが、最近の研究で示された。この抗けいれん薬は、トパマックスという商品名で販売されており、レンノックス・ガストー症.... 続きを読む

2013-12-30
絶対音感が身につく薬?音楽家でなくてもバルプロ酸でドレミの聞き分けが可能に(国際ビジネスタイムズより) - てんかんや双極性障害の躁状態を治療する薬の副次的効果が、人によっては嬉しいものになるかもしれません。『フロンティアーズ(Frontiers)』に発表された新しい研究によると、動物でも人でも、FDA承認薬のバルプロ酸で絶対.... 続きを読む

2013-12-30
絶対音感が身につく薬?音楽家でなくてもバルプロ酸でドレミの聞き分けが可能に(国際ビジネスタイムズより) - てんかんや双極性障害の躁状態を治療する薬の副次的効果が、人によっては嬉しいものになるかもしれません。『フロンティアーズ(Frontiers)』に発表された新しい研究によると、動物でも人でも、FDA承認薬のバルプロ酸で絶対.... 続きを読む

2013-12-19
アスピリンが「怒り症候群」との闘いに役立つかもしれない(英テレグラフ紙より) - 研究によると、複数の抗炎症薬が、通常十代後半に始まり「攻撃的衝動に抵抗できないこと」と定義されている症状である間欠性爆発性障害の抑制に役立つかもしれない。あなたが短気なら、アスピリンを服用するだけで激.... 続きを読む

2013-12-17
ルンブロキナーゼ(About.comより) - ルンブロキナーゼは、ミミズの1種であるルンブルクスルベルス由来の酵素である。栄養補助食品の形で販売され、線維素溶解酵素(血栓の分解を促進する成分)として分類されている。ルンブロキナーゼで補うと、より良.... 続きを読む

2013-12-16
抗がん剤が認知力を増強(ヴァンダービルト大学ニュースより) - 乳癌治療および予防に使用される薬として一般に知られているタモキシフェンが、閉経後の女性の認知能力を向上させることを、ヴァンダービルト(Vanderbilt)大学の研究者らが発見した。精神医学教授ポール・ニューハウス(Paul .... 続きを読む

2013-12-16
抗がん剤が認知力を増強(ヴァンダービルト大学ニュースより) - 乳癌治療および予防に使用される薬として一般に知られているタモキシフェンが、閉経後の女性の認知能力を向上させることを、ヴァンダービルト(Vanderbilt)大学の研究者らが発見した。精神医学教授ポール・ニューハウス(Paul .... 続きを読む

2013-12-15
夜更かしの習慣をメラトニンで直す(フィリピンスター紙より) - 患者さんの睡眠リズムが世間一般とずれているのなら、メラトニンと光療法が役に立ちます。イリノイ州エバンストン・ノースウェスタン大学睡眠・概日生物学センター(Northwestern University Center for Sleep and Circadian Biology)のアソシエイト・ディレクター.... 続きを読む

2013-12-13
ビクトーザ(Victoza)糖尿病治療薬がアルツハイマーに対する治療の鍵を握る可能性(Diabetes.co.ukより) - 新たな研究の目的は、糖尿病治療薬リラグルチドが初期のアルツハイマー病患者の記憶を改善させるのかどうかを検討することにある。本研究プロジェクトは、アルツハイマー病協会慈善団体から一部の財政的援助を受けて.... 続きを読む

2013-12-13
オキシトシンという「愛情ホルモン」が自閉症にも役立つ可能性(ナショナル・ジオグラフィックより) - 新たな研究でオキシトシンが自閉症の子供に有益となる可能性が示唆された。しかし、広く利用できる準備は整っているのだろうか。「愛情ホルモン」と名の付くものはどれも、よく吟味し、多少懐疑的な見方をする必要が.... 続きを読む

2013-12-13
イエメンのプラジカンテル治療キャンペーン、住血吸虫症に対し良好な結果を示す(グローバル・ディスパッチより) - 木曜日に発表された世界保健機関のニュース・リリースによると、イエメンで行われているビルハルツ住血吸虫症対策キャンペーンは、3年間でこの慢性寄生虫症の感染症が半分以下に減少するという非常に良好な結果を示.... 続きを読む

2013-12-13
オキシトシンという「愛情ホルモン」が自閉症にも役立つ可能性(ナショナル・ジオグラフィックより) - 新たな研究でオキシトシンが自閉症の子供に有益となる可能性が示唆された。しかし、広く利用できる準備は整っているのだろうか。「愛情ホルモン」と名の付くものはどれも、よく吟味し、多少懐疑的な見方をする必要が.... 続きを読む

2013-12-10
降圧薬アムロジピンが脳血管性認知症の初の治療薬になるかも(ブリストル大学ニュースより) - 2つの主要な慈善団体によると、1日4ペンスで済むアムロジピンがあと10年のうちに脳血管性認知症の初の治療薬になるかもしれない。認知症の中でも、アルツハイマー型に次いで多いのが脳血管性認知症だ。アムロジピ.... 続きを読む

2013-12-09
新たに診断された多発性骨髄腫の標準治療候補としてのレナリドマイド持続投与(OncLive.comより) - 移植術非適応の新たに診断された多発性骨髄腫患者において、持続的Rd(持続的レナリドマイドと低用量デキサメタゾン)の併用は、MPT(メルファラン、プレドニゾン、サリドマイド)による標準的併用と比較して、無増悪生存.... 続きを読む

2013-12-01
アスピリンは認知症の歯止めにも有用か(ニュース・トラック・インディアより) - アスピリンは心発作および脳卒中の予防に役立つことで一般に知られているが、研究者らは昨今、ごくシンプルなアスピリンが認知症および癌を撃退する鍵を握っているのではないかと考えている。こうした主張は、長らく.... 続きを読む

2013-11-29
セラペプターゼは乳房嚢胞の除去に有効(SBワイヤより) - 乳房嚢胞とは、乳房内にみられる液体を含んだ嚢のことである。癌ではなく良性なのが救いだが、乳房嚢胞の数は増えていく。乳房嚢胞が描出されると輪郭の明瞭な円形または卵形の塊のように見える。手触りはブドウの房.... 続きを読む

2013-11-25
オキシトシンは一夫一婦制につながる:パートナーを見るとホルモンが脳の報酬系を刺激する(メディカル・エキスプレスより) - 愛し合っている人たちの絆はどうやって維持されているのだろうか?ボン大学医療センター(Bonn University Medical Center)の科学者らが発見した生物学的メカニズムは、愛し合っているカップルの間に働く引き付ける力を説明できる可能性がある.... 続きを読む

2013-11-21
初期のアルツハイマー病における運転能力障害を遅らせるのにメマンチンが有用(精神科ニュースより) - メマンチン20mg/日を1年間投与したアルツハイマー病患者は、プラセボ投与患者と比較して、運転能力が維持または改善されたことが、小規模な予備試験で示された。アナ・リーザ・カーチス(Anna Lisa Curtis)氏は、メマンチンは中等度.... 続きを読む

2013-11-16
PCI(経皮的冠動脈インターベンション)時の腎障害をスタチンが回避する可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行前のアトルバスタチン(リピトール)単回投与で、造影剤による急性腎障害の発生頻度が4分の1に減ったことを、イタリアの研究者らが報告した急性腎障害の所見は、アトルバスタ.... 続きを読む

2013-11-16
ヒドロコルチゾンが両側膝置換患者を守る(ニュース・メディカルより) - コルチコステロイドの反復投与は、両側人工膝関節置換術(TKA)を受けた患者を、発熱、疼痛、急性呼吸窮迫などの術後の副作用から守る可能性があることを、研究が示唆している。無作為化プラセボ対照試験の結果、手術.... 続きを読む

2013-11-15
肺と心臓の末端器官虚血/再灌流傷害に対するヘパリンの予防効果(7thスペースより) - 虚血/再灌流(I/R)傷害は、心血管系に有害であり、炎症反応および多臓器機能不全の原因である。本研究では、全身炎症反応を誘発する活性凝固時間レベルの大動脈遮断に対する影響と、その肺や心臓への影響を調べた。方法.... 続きを読む

2013-11-15
低用量でも効果のある抗マラリア薬(メディカル・ニュース・トゥデイより) - 新しい研究で、プリマキンという薬が、低用量でもマラリア伝染を防止するのに標準用量と同じ効果があることが発見された。プリマキンは、マラリア原虫の感染ステージである生殖母体を標的とし、マラリア撲滅に重要な.... 続きを読む

2013-11-11
研究:抗てんかん薬でアルコール依存症を治療(CBSサクラメントより) - スクリプス研究所(Scripps Research Institute)の科学者らが行った新しい研究によると、普段はてんかんや神経因性疼痛の治療に使われている薬を、アルコール依存症の治療にも安全に使用できるという。「ガバペンチンは医師にとって新し.... 続きを読む

2013-11-01
バルプロエートがどうやって発作の進行を阻止するか(DDDマガジンより) - バルプロエートが最初に発見された50年後、ニューロバイオロジー・オブ・ディジーズ(Neurobiology of Disease)誌で今日発表された研究は、この薬がどう機能して発作の進行を阻止するかを報告している。バルプロエート(エピリム(Epilim)、.... 続きを読む

2013-10-20
葉酸欠乏症は玄孫の健康に影響を及ぼす可能性がある(ヴァーチャルメディカルセンターより) - 葉酸欠乏症は、子に二分脊椎、心臓欠陥、胎盤異常など深刻な健康問題を引き起こす可能性がある。本日発表された研究で、葉酸の代謝に必要な遺伝子の変異が、次の世代の子に影響を及ぼすだけでなく、次の数世代の健康.... 続きを読む

2013-10-19
ビンポセチンは脳への血流を改善(ニュース・ウィズ・ビューズより) - ニチニチソウ植物由来ビンポセチンは優れた記憶改善剤として定評がある。主な作用機序は、脳全体の血流を増加させ、神経を損傷から守ることにある。ビンポセチンが血管疾患を有する人への一助となるよう世界中で使用 .... 続きを読む

2013-10-17
スタチンが手術に起因する記憶障害を防止すると発見される(アルツハイマー協会より) - 一般に処方されているスタチンであるアトルバスタチンが、マウスにおいて、術後に起こる脳内の炎症を軽減することが見出された。この炎症は、術後の記憶低下やアルツハイマー病につながることがある。ロンドン大学イ.... 続きを読む

2013-10-10
部分てんかんの小児へのゾニサミド使用が承認される(てんかんリサーチUKより) - ゾニサミドは斬新な抗てんかん薬(AED)であり、「ゾネグラン」という名で販売されている。このたび小児への使用が承認され、英国でも6歳以上の子どもおよび青少年に部分てんかん治療薬として処方できることになった.... 続きを読む

2013-10-10
マントル細胞リンパ腫に対する単剤レナリドマイドは安全かつ有効(ヘアリオより) - ボルテゾミブ治療後もしくは治療抵抗性となった後、再発または進行が認められたマントル細胞リンパ腫患者において、レナリドマイドは持続的な効果と予測可能な安全性プロファイル(特徴)を持つことが示された。米国.... 続きを読む

2013-10-02
葉酸欠乏の影響は何世代も後にまで及ぶ(ニュー・サイエンティストより) - 親が食事から葉酸を十分に摂取できているかどうかで、その子どもだけでなく後の世代の健康が左右されるかもしれません。これはマウスを使った研究で、葉酸欠乏が引き金となり子や孫マウスに異常が起きたという結果か.... 続きを読む

2013-09-22
新規診断の部分てんかんに対するゾニサミド使用は問題なし(メドページ・トゥデイより) - ゾニサミド(ゾネグラン)は成人における部分てんかん発作の長期単独療法として有効であり、カルバマゼピンに対し非劣性を示したと、研究者らが報告した。フランス、パリにあるピティエ‐サルペートリエール病院(Hopital .... 続きを読む

2013-09-18
パラセタモールが暑さの中での運動耐容能を改善(メディカル・エキスプレスより) - パラセタモールは暑さの中で運動した際の熱的課題に耐えられる運動能力および身体能力に顕著な効果を与えるという研究報告が、実験生理学雑誌(Experimental Physiology)9月20日号に掲載された。これまで研究チームによって、パラセタモール.... 続きを読む

2013-09-18
ケトコナゾールが急性尿閉の管理に役割を担う可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 良性の前立腺閉塞に起因する急性尿閉(AUR)患者において、TWOC(カテーテル抜去後に自然排尿がスムーズにできるかの試験期間)成功を向上させるには、タムスロシンとケトコナゾールの併用投与が安全な治療法となることが、.... 続きを読む

2013-09-12
オキシトシン:自閉症の人に「ラブホルモン」が有用?(デコーデッド・サイエンスより) - オキシトシンはとても強力なホルモンです。このホルモンは多くの社会的行動・親としての行動・ストレス関連行動において重要な神経伝達物質であり、セックス、出産、母体ケア、社会的認知、きずな形成の際に濃度が高.... 続きを読む

2013-09-12
メラトニンには安眠以上の効果も(ハッフィングトン・ポストより) - メラトニンには睡眠を促し老化を遅らせる強力な力があり、多くの医師がアンチエイジングの必需品とし、スザンヌ・サマーズ(Suzanne Somers)のような有名人がもてはやしていますが、これには理由があります。メラトニンは熟睡.... 続きを読む

2013-09-12
糖尿病治療薬がアルツハイマー病を改善(Zニュースより) - 一般に処方される糖尿病治療薬が、脳内に蓄積されたアルツハイマー病に関連するプラーク(老人斑)や記憶障害を改善させることを、研究者らが明らかにした。本研究はランカスター大学(Lancaster University)クリス・ホルスカー(Christian Holscher )教.... 続きを読む

2013-09-11
睡眠時無呼吸に抗てんかん薬が有望(メドページ・トゥデイより) - 抗てんかん薬ゾニサミド(ゾネグラン)が過体重・肥満の成人における閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)をある程度緩和したことを、パイロット試験が示した。スウェーデン・ヨーテボリ大学(University of Gothenburg)のヤン・ヘドナーMD(Jan Hedner, .... 続きを読む

2013-09-11
糖尿病治療薬が後期段階のアルツハイマー病における脳損傷を改善させる可能性(ミラーより) - インスリン産生を促進するのに用いるリラグルチドがアルツハイマー病患者の記憶障害を軽減させる可能性のあることが、ランカスター大学(Lancaster University)の研究で判明。糖尿病患者によって一般的に用いられる薬剤が、記憶障害を改.... 続きを読む

2013-09-05
オキシトシン経鼻吸入が相貌失認を改善(サイエンス・デイリーより) - ホルモン剤オキシトシンを吸入すると、相貌失認(失顔症)が一時的に改善する可能性がある。この研究結果は、ボーンマス大学(Bournemouth University)顔認識障害センター(Centre for Face Processing Disorders)のセーラ・ベイト(Sarah Bate)氏とレイチェル・ベンネット(Rachel Bennetts)氏.... 続きを読む

2013-09-03
手根管症候群におけるステロイド注射は症状の重症度を軽減(2ミニット・メディスンより) - 研究の概要:手根管症候群(CTS)はよくみられる病態であり、最初に保存療法(手首の固定)を試みた患者のほとんどが、最終的には手術を必要とする。CTSの手術は一般に良好な転帰にもかかわらず、リスクがないわけでは.... 続きを読む

2013-09-02
人生を変えるビタミン:葉酸(onislamより) - いずれは人の親になりたいと思っている人なら、誰だってかわいらしく健康な赤ちゃんを夢見るものです。でも、残念ながらその夢が叶わないこともあります。オースティン(Austin)はとても健康な男の子でした。最初の頃は.... 続きを読む

2013-08-31
強力なスタチンを高用量で使用すると認知症リスクが低下(臨床内分泌学ニュースより) - 台湾で行われた後向き観察研究によると、アトルバスタチンやロスバスタチンなどの強力スタチンを総等価用量として高用量服用した高齢者は、認知症の発症リスクが3分の1に減少していたという。欧州心臓学会議(European .... 続きを読む

2013-08-29
乳がんの薬が400人以上の女性の命を救うことを研究が示す(ザ・ガーディアンより) - タモキシフェンは毎年13,000人の女性に処方される - しかし、深刻な副作用ため多くの患者がコースを終えることがない。研究によると、時に深刻な副作用はあるものの、この最もよく使われる乳がんの薬のフルコースを受ければ.... 続きを読む

2013-07-27
葉酸(ビタミンBの一種)が加齢に伴う視力低下リスクを低減(ニュースFIXより) - 新たな研究によれば、女性の加齢黄斑変性リスクを低減させるには、複数のビタミンサプリメントの服用が役立つという。これは加齢に伴う視力の衰えを予防するのに役立つシンプルな方法であることを確証しうるものである。.... 続きを読む

2013-07-02
ミルナシプラン/プレガバリンが線維筋痛症患者を効果的に治療(ヘアリオより) - 研究結果によると、プレガバリン治療にミルナシプランを追加すると、プレガバリン単独では不完全著効であった線維筋痛症患者の間で症状が改善した。多施設共同非盲検試験で、研究者らは、プレガバリンを300 mg /日また.... 続きを読む

2013-06-19
喘息薬がダウン症候群患者の認知力を高めるかもしれない(カウンセル&ヒールより) - 新しい研究は、喘息薬がダウン症候群患者の認知力を向上させることを示唆している。スタンフォード大学の研究者らは、FDA承認喘息薬であるホルモテロールが、ダウン症候群のマウスモデルにおいて認知機能を改善したこ.... 続きを読む

2013-06-18
アルツハイマー病治療のための合剤で消失したシナプスが再生する可能性(ヘルスラインより) - 10年にわたる研究でアルツハイマー病により脳が障害される仕組みを明らかにした結果、その障害を回復させる新規薬剤が開発されている。その新しい薬はニトロメマンチン(NitroMemantine)と呼ばれており、優れたアルツハイマー病.... 続きを読む

2013-06-17
多嚢胞性卵巣症候群の女性に対するリラグルチドやメトホルミンの体重減少効果は単独投与よりも併用投与のほうが優れる(ヘアリオより) - 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で肥満の女性に対するリラグルチドとメトホルミンの短期併用投与は、有意な体重減少をもたらしたという。米国内分泌学会議(ENDO 2013)において、リュブリャナ大学医療センター(University Medical Center in Ljubljana).... 続きを読む

2013-06-15
パーキンソン病に関連する葉酸欠乏症(ニュースFIXより) - 葉酸不足の食餌を与えたマウスはパーキンソン病を発症しやすいことが、新たな研究で示された。パーキンソン病では化学物質ドーパミンを産生する神経細胞が死滅するため、患者に運動障害や、振戦・硬直・こわばり感な.... 続きを読む

2013-06-14
男性型脱毛症に対する治療薬フィナステリドが飲酒量を減少させる可能性(レッド・オービットより) - フィナステリドとは男性型脱毛症および前立腺肥大の治療に用いられる合成薬のことである。この2つの疾患に対するフィナステリドの副作用は、性欲低下や勃起不全などの性機能障害の発症率が増加することなどからなり.... 続きを読む

2013-06-14
男性の育毛剤がアルコールへの関心を低下させるかもしれない(カウンセル&ヒールより) - 脱毛抑止剤の使用で一部の男性がアルコールに関心がなくなることが、新しい研究で明らかになった。科学者らは、一部の男性がフィナステリド(プロペシア)という生え際の後退を遅らせる薬を服用すると、服用後、アル.... 続きを読む

2013-06-13
線維筋痛症に対する抗うつ薬ミルタザピンの検討(プロヘルスより) - 編集者のコメント:ミルタザピン(商品名レメロン)とは四環系抗うつ薬のことである。ミルタザピンが作用する仕組みは正確に分かっていないが、特定の脳内化学物質(ノルエピネフリンやセロトニンなど)の活性を高め.... 続きを読む

2013-06-13
痛風の診断・治療の最新情報(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - ダブリンにある関節炎・リウマチクリニック(Arthritis and Rheumatology Clinic)のリウマチ専門顧問医師、シャヒーフ・アルラキ博士(Dr Shaheef Alraqi)が、痛風の診断・治療・管理の最新技術や、治療が十分でないと起こりうる結果について、おおまか.... 続きを読む

2013-06-13
今日は娘の卒乳日(ハッフィングトン・ポストより) - おととしの夏、最悪なことに発疹を発症してしまいました。顔は『オペラ座の怪人』のようになり、首から足にかけてまだら状に発疹が広がったんです。発疹はどんどんひどくなっていきました。これを使えば発疹が消える.... 続きを読む

2013-06-12
ニモジピンが熱性痙攣を軽減(ニュース・メディカルより) - 熱性痙攣として知られる発熱による幼児期てんかん発作は、それを目の当たりにする親にとって恐怖の体験となる。この全身痙攣は、主に生後6ヵ月~5歳の小児に起こり、ほんの数秒から最長40分以上持続する。現在では.... 続きを読む

2013-06-08
糖尿病治療薬がアルツハイマー病に効力のある可能性(エキスプレスより) - 数千人の英国人が服用している糖尿病治療薬が、アルツハイマー病による衰弱作用を阻止するのに役立つ可能性がある。また、ピオグリタゾン(インスリン抵抗性改善薬)は、脊髄損傷を修復するのにも有用であることが、.... 続きを読む

2013-06-07
優れたトマト成分リコピンが「男性の夜間排尿をストップ」(SWNS.comより) - 「不老不死薬」という異名を持つ優れたトマト成分に、男性の夜間排尿を防ぐという新たな健康上の利益が見出された。リコピンは、トマトを赤くする抗酸化物質であり、男性における心血管疾患や脳卒中を予防し、前立腺.... 続きを読む

2013-06-05
ベキサロテン、新しいアルツハイマー遅延薬として期待(Palatinateより) - 抗がん剤であるベキサロテンは、ヒトのアルツハイマー病に関連する複数の遺伝子変異を発現しているマウスにおいて、アルツハイマー病に関連する記憶障害の一部を回復させることが示されている。サイエンス(Science)誌で.... 続きを読む

2013-06-04
禁煙補助薬がアルコール依存症の治療に有望(メディカル・エキスプレスより) - 国立衛生研究所(National Institutes of Health : NIH)の科学者らが行った研究によると、禁煙補助薬はアルコール依存症の治療選択肢として有望だという。この研究では、禁煙補助薬として2006年に承認されたバレニクリン(商品名「チャンピッ.... 続きを読む

2013-06-04
アルツハイマー病治療薬が心臓発作リスクの低減に関連(メディカル・エキスプレスより) - スウェーデンの7,000人を超えるアルツハイマー病患者を対象とした大規模研究によると、早期段階のアルツハイマー病を治療するために使用される薬は、心臓発作や死亡リスクの低減に関連している。電子版ヨーロピアン・ハ.... 続きを読む

2013-06-04
カプサイシンが健康に及ぼす効果(ベスト・オブ・ニューオリンズより) - コショウ中の化学物質カプサイシンは、疼痛の軽減や、アレルギーの緩和、心臓の健康促進などの効果をもたらす。チリや、カイエンペッパー、アバネロ、またはハラペニョ(いずれもトウガラシの実)を噛むと灼熱感を伴.... 続きを読む

2013-06-04
スタチンが関節リウマチ治療に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 関節リウマチ症状を緩和するのにスタチン抗炎症作用が役立つ可能性がある。関節リウマチの炎症性特性は、罹患者の心疾患リスクを増加させる。スタチンは心臓病の予防に役立つコレステロール降下薬であるが、新たなア.... 続きを読む

2013-06-03
嚢胞性線維症の若年患者の骨密度がアレンドロン酸で改善(Healioより) - ビスホスホネート剤であるアレンドロン酸は、骨量減少の抑制を適応とする。イタリアの研究者らによると、嚢胞性線維症の患者で、骨量減少に対する別の治療法が奏効しなかった患者において経口アレンドロン酸は骨密度.... 続きを読む

2013-06-02
クエン酸カリウムが骨量減少を抑制(ニュースFIXより) - 腎結石の予防・治療薬が、副次効果として骨密度を増やしてくれる。腎結石の予防や治療でよく使われているのがクエン酸カリウムだ。テキサス大学(University of Texas)の研究者らは、腎結石ができる患者の骨密度にクエン酸カリウ.... 続きを読む

2013-06-02
抗うつ薬が脳卒中の回復に役立つ可能性(アルバーニポータルより) - 抗うつ薬の単回投与が、脳卒中を克服した生存者における体の動きを改善するのに有用となる。フランス(トゥールーズ市)の研究者らは、脳卒中を発症した患者8人を対象に、抗うつ薬フルオキセチンが運動機能に及ぼす.... 続きを読む

2013-05-31
スタチンはプラークの炎症を抑える(メドページ・トゥデイより) - ある画像研究において、強化スタチン療法がアテローム性プラークの炎症を大幅に軽減することが分かったが、心血管イベントに対するスタチン効果を説明できるのかは分からないという。ボストン、マサチューセッツ総合.... 続きを読む

2013-05-31
セベラマー投与が透析患者の死亡リスクを低下(腎臓・泌尿器学ニュースより) - 血液透析患者に対する炭酸カルシウムではなくセベラマー(高リン血症治療薬)投与によるリン酸塩のコントロールが、心血管系による死亡率および総死亡率(全原因による死亡率)リスクを有意に低下することが、データ.... 続きを読む

2013-05-31
メラトニンが高地での睡眠および認知を改善する可能性(ヘルスカナルより) - 北米の最高峰マッキンリーで新たに行われた研究が、メラトニンは高地での睡眠および認知の改善に役立つことを示唆している。研究結果によれば、メラトニン服用後の被験者はプラセボ服用後よりも早く入眠し、また入眠.... 続きを読む

2013-05-08
妊婦が服用しても問題のない制吐薬(デイリーRxより) - 重篤な妊娠悪阻(つわり)に対して投薬を受ける妊婦がいる。しかし、薬剤が胎児にとって常に安全なのか知りたくても十分な情報を集めるのは難しい場合がある。最近の研究で、ある吐き気止めの薬が、妊娠転帰不良の.... 続きを読む

2013-04-17
薬剤で自閉症患者の記憶力向上が判明(ニュースマックス・ヘルスより) - 高血圧や不安症およびパニック発作の治療に一般的に用いられる薬剤が、自閉症スペクトラム障害患者の作業記憶を改善させることが明らかにされた。自閉症患者は言語・表情・社会的手掛かりの処理方法が異なるため、.... 続きを読む

2013-04-16
メトトレキサートが関節リウマチ患者の死亡リスクを最大70%低下(関節炎アバウト.comより) - メトトレキサートが関節リウマチ患者の死亡リスクを低下させる可能性のあることが、医学誌「関節炎&リウマチ(Arthritis&Rheumatism)」2013年2月号掲載の研究結果で示された。米国10ヵ所のリウマチ診療所における関節リウマチ患者約5,000.... 続きを読む

2013-04-15
シロドシンが急性尿閉の管理を改善させる(腎臓・泌尿器学ニュースより) - 新しい研究によると、前立腺肥大の男性における急性尿閉(AUR)後のシロドシン治療は、「カテーテルを使用しない排尿の試み(TWOC)」が成功する可能性を有意に高める。研究者らはAURを認める50歳以上の男性60名を、3日.... 続きを読む

2013-04-15
自閉症患者のワーキングメモリをプロプラノロールが改善、ミズーリ大学の研究で判明(ミズーリ大学ニュースより) - ミズーリ州コロンビア―自閉症スペクトラム障害(ASD)の人は、言葉、表情、社会的手がかりの処理の仕方が異なるため、他者とのコミュニケーションや相互作用に苦労することが多い。先行研究から、高血圧・不安・パニ.... 続きを読む

2013-04-12
リニューアルしたAloeVera.comがアロエベラの効用を説明(PRウェブより) - アロエベラの効用は何百年もの間、何千人もの人々によって賛美、称賛されてきました。今日では、天然のアロエクリーム、ジェル、ジュースが、急ピッチで大量に生産されています。そのような製品の人気に、ナチュラル.... 続きを読む

2013-04-10
葉酸は自閉症リスク低下に関連(SCI-TECHトゥデイより) - CDC(疾病対策予防センター)の新たな研究によれば、妊娠前と妊娠中に葉酸を摂取した女性は、その後の乳児における自閉症診断率が約40%低くなった。自閉症の症状は約1歳になるまで現れないものの、自閉症を促す生物学的.... 続きを読む

2013-04-10
放射線障害後の幹細胞再生を上皮成長因子が助ける(メディカル・エキスプレスより) - デューク大学(Duke Medicine)の研究者らによれば、上皮成長因子は、放射線曝露後の造血幹細胞の回復を速めることが判明した。この所見はがん患者だけでなく、いわゆる核爆弾や原子力災害の被害者にとっても、新しい治療の.... 続きを読む

2013-04-05
特発性正常圧水頭症と考えられる患者の精神神経症状に対するメマンチン治療:症例報告(7thスペースより) - 緒言:特発性正常圧水頭症の患者は、症状の「古典的」三主徴に加え、精神神経症状を呈することが多い。メマンチンは、アルツハイマー病やレビー小体型認知症の患者でみられる精神神経症状にプラスの効果があると報告.... 続きを読む

2013-04-03
メトホルミンが加齢プロセスを遅延させる可能性(オンメディカより) - 広く処方されている2型糖尿病治療薬メトホルミンが、ダイエットに類似した効果により、加齢プロセスを遅らせることが、新たな研究で示された。カロリー制限食は、複数の動物においてその後の人生における健康の改善.... 続きを読む

2013-04-02
デュロキセチンが化学療法による神経障害を軽減(オンコロジー・レポートより) - デュロキセチンを5週間毎日経口投与すると、化学療法による末梢神経障害を有する患者の疼痛が軽減され、機能およびQOL(生活の質)も改善されることが、JAMA誌(米国医師会誌)4月3日号で報告された。化学療法による末梢.... 続きを読む

2013-04-02
ジスルフィラム:従来の依存症治療薬の新たな裏付け(EurekAlert!より) - 50年以上前に、アルコール依存症の治療目的で承認された初の薬がジスルフィラムであった。この薬はアルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドを阻害することによって、少なくとも部分的には役に立つ。体内のアセト.... 続きを読む

2013-03-27
大抵の乳児血管腫はプロプラノロールで安全に消失(皮膚&アレルギー・ニュースより) - 乳児血管腫は、毛細血管の限局的増殖によって生じる良性腫瘍を特徴とする。血管の病気という性質から、病変の色調は鮮紅色から紫や青色までさまざまである。増殖性血管腫の乳児を対象に、無作為化二重盲検適応型第II.... 続きを読む

2013-03-27
母親が免疫抑制剤を服用しても授乳に問題なし(メディカル・エキスプレスより) - 米国腎臓学会誌(CJASN)先行公開版に掲載された研究によれば、免疫抑制剤タクロリムスを服用している女性では、授乳しても乳児の薬物量が増えることはないので心配に及ばないという。臓器移植を受けたことがあるか、その他.... 続きを読む

2013-03-27
高血圧治療薬がコカイン依存症に有用である可能性(ヒューストン・ニュースより) - マイケル・E・ドベーキー退役軍人局医療センター(Michael E. DeBakey VA Medical Center)の研究者らは、一般的な降圧薬がコカイン依存症の治療にも有効である可能性を発見した。本研究で、ドキサゾシンの急速増量法は、同剤の緩徐な増量法(少量.... 続きを読む

2013-03-26
アジスロマイシンは気管支拡張症の治療に有用かもしれない(e!サイエンス・ニュースより) - JAMA 3月27日号に掲載された2件の研究論文によると、非嚢胞性線維症で気管支拡張症の患者に対し抗菌薬アジスロマイシンまたはエリスロマイシンを投与したところ、症状は改善したが抗菌薬の耐性リスクも高まった。気管.... 続きを読む

2013-03-20
多発性硬化症患者の酸化ストレスがメラトニンで軽減する可能性(ナチュラル・スタンダードより) - ある研究報告によれば、二次進行型多発性硬化症(SPMS)の患者にメラトニンを補給することで、酸化ストレスによるダメージが減るかもしれません。多発性硬化症(MS)は、脳や脊髄の神経線維が侵されていく慢性疾患です.... 続きを読む

2013-03-11
妊婦の葉酸の摂取が子供の自閉症のリスクを低減すると、ノルウェーの研究が発表(クリーブランドより) - 妊娠前と妊娠中に葉酸のサプリメントを摂取した母親は、後に子供が自閉症と診断される可能性が低減した。これはノルウェーの小児数十万人を研究したもので、アメリカ医師会機関紙(Journal of the American Medical Association)で2月中旬に発表された.... 続きを読む

2013-03-05
歯科衛生の観点における葉酸の重要性(ワールデンタルより) - 今年の全国葉酸啓発週間(National Folic Acid Awareness week)は1月6日~12日に開催され、葉酸の日常的摂取の重要性について広く伝えられたが、これは一般的な成人病および出生時欠損症を予防することを目的としている。葉酸とは、ビタミンB9.... 続きを読む

2013-02-28
痛風に関する最新の臨床所見(アイリッシュ・メディカル・タイムズより) - 数少ないリウマチ症状の1つである痛風は、根治可能な病気である。長い待機リストに関連する現行の治療と、一般医による地域治療の重要性について「最新の臨床所見(Clinical Update)」記事の更新版でゲアリー・カリトンが論評する.... 続きを読む

2013-02-27
シチコリンは、細胞外シグナル制御キナーゼ(細胞外シグナル制御キナーゼ)1・2およびインスリン受容体基質1に関与する経路を介して、血管/ヒト脳微小血管の内皮細胞の生存を改善し、これにより血管新生を誘発する(7thスペースより) - シチコリンとは、脳卒中患者の治療薬として使われている神経保護薬の1つである。同剤の作用機序を明らかにしている公表データはわずかしかない。方法: 管腔様構造への遊走・増殖・分化を3次元培養(マトリゲルという.... 続きを読む

2013-02-27
ある薬とアスピリンの併用で脳卒中リスクが低下(UPI.comより) - 米国と中国の研究者らによれば、脳卒中や一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリンとプラビックス(Plavix)を併用投与したところ、再発のリスクが低下した。カリフォルニア大学サンフランシスコ校脳卒中サービス.... 続きを読む

2013-02-27
胎児に対するオンダンセトロンの安全性が研究により裏付けられる(メドペイジ・トゥデイより) - 妊娠中における制吐薬オンダンセトロンの使用は、胎児の転帰不良に関連しないことが、観察研究で明らかにされた。コペンハーゲンにあるデンマーク国立血清学研究所(SSI:Statens Serum Institut)のビョルン・パステルナーク(Bjorn Pasternak)博士らに.... 続きを読む

2013-02-27
慢性疾患の治療にアスピリンが役立つ可能性:研究(トップニュースより) - レゾルビンは、特定の疾患を治すのに役立つ分子である。ある研究から、レゾルビンの生成をアスピリンが惹起する傾向にあることが分かった。レゾルビンはオメガ3脂肪酸から作られる。この分子は、炎症性肺疾患、心疾患.... 続きを読む

2013-02-27
慢性疾患の治療にアスピリンが役立つ可能性:研究(トップニュースより) - レゾルビンは、特定の疾患を治すのに役立つ分子である。ある研究から、レゾルビンの生成をアスピリンが惹起する傾向にあることが分かった。レゾルビンはオメガ3脂肪酸から作られる。この分子は、炎症性肺疾患、心疾患.... 続きを読む

2013-02-23
魚油とアスピリンがアルツハイマー病を治療する可能性(トップニュースより) - ボストンにあるブリガム&ウィメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)とハーバード大学医学部(Harvard Medical School)の研究者らによれば、魚油とアスピリンを重篤な慢性疾患に対する攻撃手段として使用できる可能性がある。魚油とアスピリンは疾患の原因.... 続きを読む

2013-02-22
母乳産生量を増やすために母親が薬剤に頼る傾向が増加(ニュース10より) - 最もよく処方される薬剤にはドンペリドンとレグラン(Reglan)の2種類がある。両剤とも胃腸障害に役立つよう開発されたものであるが、女性の母乳産生を刺激する主なホルモンであるプロラクチンの濃度を上昇させるという副作.... 続きを読む

2013-02-22
肝硬変を有するB型肝炎ウイルス感染患者がエンテカビル治療を受けると肝臓の諸症状発現や死亡が減少(ヘアリオより) - エンテカビル治療は、B型慢性肝炎と肝硬変を有する患者において、肝臓の諸症状発現、肝細胞癌、および死亡のリスクを低下させることが、最近の研究で示された。2005年12月~2012年6月にエンテカビル0.5mg/日を12ヵ月間以上.... 続きを読む

2013-02-22
セラペプターゼ―カイコから人への贈り物(mySteinbach.caより) - セラペプターゼはセラチオペプチダーゼという名でも知られている酵素で、日本で最初に発見されました。カイコは成虫になると、自分で作った繭に穴をあけ、そこから抜け出してライフサイクルを次へとつないでいくこと.... 続きを読む

2013-02-21
イマチニブが多発性硬化症の進行を遅延かつ抑制(ニュース・メディカルより) - 米科学誌プロス・ワン(PLOS ONE)に掲載された新たな研究によれば、がん治療に現在用いられている薬剤が、ラットにおいて多発性硬化症という自己免疫疾患の進行を遅延させ抑制することができるという。今回の発見は、スウェ.... 続きを読む

2013-02-21
好酸球性食道炎に対するエソメプラゾールの臨床効果はフルチカゾンよりも良好(ヘアリオより) - 好酸球性食道炎患者がエソメプラゾール治療を受けた場合、フルチカゾン治療と比較して、組織学的効果は同程度であるものの、より大きな臨床効果を得られることが、最近の研究で示された。前向き単盲検対照試験におい.... 続きを読む

2013-02-19
B型肝炎ウイルスとHIVの重複感染患者ではテノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用するとB型肝炎ウイルス抑制の可能性が高まる(エイズマップより) - ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)とB型肝炎ウイルス(HBV)に重複感染した人を対象とした研究において、テノホビルをエムトリシタビン(FTC)またはラミブジン(3TC)と併用する抗レトロウイルス療法が、B型肝炎ウイルスの複製を検出限界.... 続きを読む

2013-02-18
新形態のミソプロストールが分娩を促進(メドページ・トゥデイより) - 陣痛誘発目的の新しい形態のミソプロストール(サイトテック)は、同様の膣挿入タイプのジノプロストン(サヴィディル)よりに迅速に作用すると、臨床試験が示した。カリフォルニア大学アーバイン校(University of California Irvine)のデボラ.... 続きを読む

2013-02-15
母親の葉酸使用が「乳児の自閉症性障害になるリスクを低下する」(FIGOより) - ノルウェーの小児85,000人を対象とした新たな研究により、母親の葉酸使用は、乳児の自閉症性障害を持って生まれるリスクを減少させることが明らかとなった。本研究は、ノルウェー衛生研究所(Norwegian Institute of Public Health)が実施し、アメリカ.... 続きを読む

2013-02-04
慢性腎疾患ステージ5Dの高リン血症に対する炭酸ランタン治療:中国本土における多施設共同無作為化二重盲検対照試験(7thスペースより) - 慢性腎臓病ステージ5D(透析療法中)の患者では血清リン濃度のコントロールが不可欠である。現在、中国本土の集団における経口リン吸着薬の臨床試験成績は得られていない。目的:慢性腎疾患ステージ5Dの患者における.... 続きを読む

2013-01-25
花の効力を含む認知症治療薬(バーチェスター・ヘルスケアより) - 数世紀にわたり、花は様々な病気に対する伝統的な生薬(薬草剤)の製造に用いられてきた。最近の研究で、ここ5年間で製造された全ての新薬のうちの3分の1が、天然物由来であることが明らかにされた。これらの治療.... 続きを読む

2013-01-24
薬剤の増量で頻尿が軽減(デイリーRxより) - 過活動膀胱では1日に何度もトイレに駆け込むことになる。特定の薬剤が役立つとはいえ、低用量に効果を示さない患者もいれば、用量を徐々に増やすことに抵抗を感じる患者もいる。一方、特定のソリフェナシン含有剤の.... 続きを読む

2013-01-22
重いつわりに対する治療候補の模索(バッファロー大学ニュースより) - ケイト・ミドルトン(Kate Middleton)も悩まされた妊娠悪阻(つわり)は 体力を消耗させる稀な症状であるが、こうした症状のある妊婦は、抗けいれん薬ガバペンチンにより著しい効果を得られることが、トーマス・グッツーゾ(Thomas Guttuso Jr.)博士.... 続きを読む

2013-01-17
タモキシフェンが筋ジストロフィーに有望なことが動物試験で明らかに(ドクターズ・ラウンジより) - アメリカン・ジャーナル・オブ・パソロジー(American Journal of Pathology)の1月15日付オンライン版に掲載された研究によると、乳癌治療薬タモキシフェンは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーモデルマウスの筋力および筋機能を改善する.... 続きを読む

2013-01-16
進行した軟部肉腫の患者にソラフェニブが有望(ヘアリオより) - 第2相試験の結果から、ソラフェニブは平滑筋肉腫患者の治療薬として有望であるように思われる。本研究は、進行した軟部組織肉腫患者を対象に、多標的チロシンキナーゼ阻害剤ソラフェニブ(商品名ネクサバール、バイエル.... 続きを読む

2013-01-16
アセトアミノフェンは術後転帰を改善させる可能性(ニュース・メディカルより) - アセトアミノフェン(パラセタモール)の予防的静脈内投与が、術後の吐き気と嘔吐を減少させる可能性のあることが、研究で示唆された。ただし、予防的なアセトアミノフェンがもたらす術後の吐き気と嘔吐の減少は、疼痛.... 続きを読む

2013-01-09
男性の浮気心を抑制する鼻スプレー(ベイカーズフィールドより) - 「ザ・アトランティック(The Atlantic)」オンライン版の健康ページのブログに、目を見張るような記事が載っていました。オキシトシンと呼ばれるホルモンを適量使うだけで、男性パートナーの浮気な気持心を抑制する可能性が.... 続きを読む

2013-01-07
プロザックが新たな脳細胞の生成に関与している可能性(PsychCentral.comより) - 新しい研究は、通例プロザック(Prozac)、サラフェム(Sarafem)、フォンテックス(Fontex)と呼ばれている抗うつ剤のフルオキセチンが、成体脳における新たな神経細胞生成に関連していると報告している。研究者らは、子孫神経細胞が成人の大脳.... 続きを読む

2013-01-06
シルデナフィルがアポリポ蛋白Eノックアウトマウスの血管内皮機能を回復(7thスペースより) - アテローム性動脈硬化症は、動脈壁の炎症過程であり、活性酸素種(ROS)と一酸化窒素(NO)の産生の不均衡を伴う血管内皮機能障害で始まる。シルデナフィルは勃起不全に使用される選択的ホスホジエステラーゼ5(PDE5).... 続きを読む

2013-01-04
経口イソトレチノインはモルビアン病患者に有効な治療法(ヘアリオより) - イソトレチノイン長期服薬が、モルビアン病(Morbihan disease)患者の治療成功につながったことが、研究結果で示された。ニューヨーク大学ランゴン医療センター(New York University Langone Medical Center)皮膚科において、モルビアン病患者5名(年齢21~61歳、うち.... 続きを読む

2013-01-04
葉酸は先天性異常の実証された予防法のうちの1つであり、新たな支援団体がこれに取り組む(PRニュースワイヤーより) - 先天性異常に対する最良予防法の1つは、ビタミンB(葉酸)含有の複合ビタミン剤を毎日服用することであり、これが健康な乳児を産む重要なステップとなる一方、このことは女性の約3分の1にしか知られていない。新生.... 続きを読む

2013-01-01
5度の流産後に出産したのは「特効薬」アスピリンのおかげであるとする英国人女性(ビックニュースネットワークより) - 5年間で5度の流産を経験したリバプール在住の看護師が、昨年7月ようやく娘を授かったが、それ以前に1日1回アスピリンを服用していた。ドーン・パドック(Dawn Paddock)さん(33歳)は、要となる妊娠12週目を乗り切ることにい.... 続きを読む

2012-12-08
抗けいれん薬が妊娠悪阻に苦しむ女性の妊娠継続に役立つ(イグザミナーより) - 12月7日に発表されたバッファロー大学(University of Buffalo)のプレスリリースによると、妊娠中に1部の女性が経験する、重度で難治性の吐き気および嘔吐を抑える薬であるガバペンチン(gabapentin)の効力の予備調査を実施した同大学神経学.... 続きを読む

2012-12-05
青少年のB型肝炎の鎮静化に成人用抗ウイルス薬が有効(ヘルス・ニュース・ダイジェストより) - 成人用抗ウイルス薬のフマル酸テノホビルジソプロキシル(テノホビルDF)は、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している青少年の治療に安全で有効なことが最近の臨床試験で明らかにされた。試験結果は、米国肝臓学会.... 続きを読む

2012-12-05
オオアザミのエキスは肝臓によい効果を示す(mySteinbach.caより) - アザミ属の植物に何かしらの利点があるとは信じがたいかもしれない。しかし、そのうち1つ、オオアザミして知られる種は、多くの病気、特に肝臓の疾患の治療薬として何千年も使われてきた。この薬草はカプセルや抽出液.... 続きを読む

2012-12-03
痒みはここで終わる(デイリーRxニュースより) - 小児の髪に入り込む小さな吸血動物を殺すのは難しい。化学物質がかかわると、シラミ治療の安全性が問題となりうる。しかし、新しい研究で、髪に塗布するイベルメクチン配合治療薬は安全に使用でき、効果が高いことが.... 続きを読む

2012-12-03
アスピリンは肝臓癌のリスク低下に関連(ニューヨーク・タイムズより) - アスピリン使用と肝臓癌リスク低下との間に関連性のあることが、研究者らによって大規模な前向き試験で明らかにされた。50歳~71歳の男女30万人以上のデータを解析することにより、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎.... 続きを読む

2012-11-06
新たな産後薬が母親の命を救う(ニュース.com.auより) - メルボルンの研究者らが開発中の母体向け新規吸入薬により、毎年最高15万人の女性の命が救われる可能性がある。全ての母親は、妊娠後の危険な合併症を予防するため、産後オキシトシン注射を投与される。発展途上国の.... 続きを読む

2012-11-02
カリフォルニアの研究者らがアルコール依存患者治療の優れた「第一選択薬」として2剤の名を挙げている(テストカントリーより) - カリフォルニアの研究者グループが、アルコール依存患者の治療で優れた第一選択薬となるアカンプロセート(キャンプラル(Campral))とナルトレキソン(レビア(ReVia))について、ある結果を明らかにした。ロイター(Reuters).... 続きを読む

2012-10-31
効果的で安全なアタマジラミ用ローション(メドページ・トゥデイより) - 局所イベルメクチン(スクライス)を単回、10分間塗布すると、シラミ用梳き櫛を用いずにアタマジラミを殺すのに有効かつ安全であったことを、製薬会社の資金援助による2件の第III相試験が示した。ニュージャージー州.... 続きを読む

2012-10-30
シロスタゾールが血管形成術後の重症虚血肢の再狭窄を減少(ニュース・メディカルより) - キノリノン誘導体のシロスタゾールが、膝下動脈血管形成術の3ヶ月後の再狭窄、再閉塞、および臨床上の必要に応じて実施した標的病変血行再建術(TLR)の減少に関連しているかもしれないと研究者が述べている。重症虚.... 続きを読む

2012-10-24
成人の脳腫瘍で最もよく見られるタイプの治療に抗酒薬が役立つ可能性(英国がん研究所より) - ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサーに今日(水曜)掲載された研究によると、60年以上の間アルコール依存症患者の治療に使用されている薬が、神経膠芽腫の治療に役立つかもしれない。神経膠芽腫は、成人の.... 続きを読む

2012-10-19
アトルバスタチン:歯周病の新しい治療薬?(歯科学iQより) - 歯周病は細菌感染症であり、口腔内の病原菌に対する宿主の炎症性免疫反応の結果として組織破壊が起こります。歯周病原菌は有害な副産物や酵素を産生し、それらがコラーゲンなどの細胞外マトリックス、および宿主細胞膜を.... 続きを読む

2012-10-18
血管運動症状に対する低用量SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が有望視(モダン・メディスンより) - 北米閉経学会(NAMS:North American Menopause Society)の総会で発表された2件の研究結果によれば、新しいタイプの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である低用量メシル酸パロキセチン(LDMP)は、閉経の血管運動症状(のぼせ・ほてり・発汗・動悸・.... 続きを読む

2012-10-18
乗り物酔いの治療に開発されたチューインガム(gizmagより) - 乗り物酔いになってしまうと感じたとき、錠剤やカプセルでは効くのに必要以上に長く待たなければならない。これを念頭に置いて、科学者らがチューインガムを作成し、薬を飲むよりも速く乗り物酔いを緩和すると主張し.... 続きを読む

2012-10-17
集中治療室における血流感染が44%減少(ワシントン大学ニュースルームより) - 病院の集中治療室における大規模研究により、患者を抗菌剤入り石鹸を用いて毎日沐浴させ、抗生物質軟膏を経鼻投与すると、薬剤耐性菌MRSAなどの危険な病原菌に起因する血流感染が44%減少することが明らかとなった。また、ン.... 続きを読む

2012-10-15
研究によれば抗てんかん薬が減量の補助としての有望性を示している(ドクターズ・ラウンジより) - ゾニサミドと栄養カウンセリングの併用は、一部の肥満成人に有効でしたが、副作用がないわけではありませんでした。元々はてんかん治療のために開発された処方薬を、定期的な栄養カウンセリングと併用すると、肥満成人は.... 続きを読む

2012-10-14
肝癌を乗り越える(ザ・スター・オンラインより) - ネクスパップ患者支援プログラム(NexPAP Patient Assistance Programme)が3周年を祝っています。バイエル社(Bayer)によるネクスパップ患者支援プログラムの恩恵を受けた肝癌生存者らが、最近、プログラムの3周年にあわせた祝賀会のために集まり.... 続きを読む

2012-10-13
オキシトシンはアルコール依存症者の飲酒渇望を撃退するのに有用(ニュー・サイエンティストより) - 「幸せホルモン」といわれるオキシトシンがアルコール依存症を撃退するのに役立つ可能性がある。チャペルヒルにあるノースカロライナ大学(University of North Carolina)コート・ペーザーセン(Cort Pedersen)氏らは、アルコール依存症のボランティア参加者.... 続きを読む

2012-10-12
新しい研究で、デスモプレシン・メルトが夜尿症の子供の睡眠障害を低減すると示された(ファーミウェブより) - 国際小児禁制学会(International Children's Continence Society (ICCS)、小児禁制改善教育資源(Education and Resources for Improving Childhood Continence (ERIC)、および英国小児泌尿器協会(British Association of Paediatric Urology (BAPU)の最初の合同会議本日で発表された新しい前向き研究の中間結果は、口中溶融デスモプレシン.... 続きを読む

2012-10-10
研究が早産を遅らせる最良の薬を見出す(メドページ・トゥデイより) - セレコキシブ(セレブレックス)やインドメタシン(インドシン)などのプロスタグランジン阻害剤、および程度は劣るがニフェジピンやニカルジピン(カーディーン)などのカルシウム拮抗薬が早産を遅らせるのに最適で.... 続きを読む

2012-10-10
非ホルモン剤のガバペンチンがホットフラッシュを減らすと報告された(Emaxヘルスより) - ホットフラッシュは極めて不快な閉経期症状です。ホルモン補充療法(HRT)によってこの症状を和らげることができますが、さまざまな理由から、多くの女性はHRTを利用しない選択をします。各種の非ホルモン剤も利用可能.... 続きを読む

2012-10-10
サリドマイドがくすぶり型骨髄腫患者の疾患進行を遅らせる可能性(骨髄腫ビーコンより) - 最近完了した第III相試験の結果から、サリドマイドがくすぶり型骨髄腫患者の疾患進行を遅らせることが示唆されている。具体的に言うと、その試験でゾメタ(Zometa)と併用してサリドマイドを服用した患者らは、ゾメタの投与を.... 続きを読む

2012-10-10
スタチンが多発性硬化症の進行を遅らせる可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 高用量シンバスタチン(商品名Zocor)は、二次進行型多発性硬化症患者における脳萎縮を有意に軽減させ、身体障害の進行を2年間遅らせることを、研究者らが発表した。英国ロンドン大学(University College London)のジェレミー・チャタウェイ(Jeremy Chataway).... 続きを読む

2012-10-04
抗うつ薬が更年期症状を減らす(メドページトゥデイより) - 低用量の抗うつ薬パロキセチン(パキシル、ペクセバ)は、ホットフラッシュの頻度および重症度を多少下げる可能性のあることが2件の短期試験で明らかにされた。フロリダ大学(University of Florida)(ジャクソンビル)のアンドリュー.... 続きを読む

2012-09-24
アロプリノールによる尿酸値低下と腎結石形成減少(メロディカより) - アロプリノールは体内の尿酸生成量を減少させるものである。尿酸が蓄積すると痛風や腎結石につながる。アロプリノールは、がん治療を受けている人を対象に、痛風または腎結石を治療すること、ならびに尿酸値を低下する.... 続きを読む

2012-09-18
トラネキサム酸の全般的な救命効果(ニュース・メディカルより) - トラネキサム酸は外傷患者における治療開始前の死亡リスクにかかわらず生存期間に有益性を付与することが、CRASH-2試験の事前に規定された解析で明らかにされた。研究著者でロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院(London School of Hygiene and Tropical Medicine.... 続きを読む

2012-09-17
サリドマイドが致死性の肺疾患患者に有用である可能性(abcニュースより) - ダイアン・ゴートニー(Diane Gwartney)さんは、目覚めている間ずっと咳衝動と闘っていた。英語教師を辞した72歳のゴートニーさんは「一日中、肋骨が痛くなるまで咳をすることを想像してみてほしい。咳をしながら授業を進めようと.... 続きを読む

2012-09-15
扁桃摘出術の際のステロイド使用による出血リスクは認められず(メドページ・トゥデイより) - 扁桃摘出術後の悪心および嘔吐を抑制するためのデキサメタゾン使用により、重篤な術後出血の発生率が高くはならないことを研究者らが報告した。ボストンにあるマサチューセッツ感覚器病院(Massachusetts Eye and Ear Infirmary)のクリストファー.... 続きを読む

2012-09-12
ミソプロストール-妊産婦死亡率の低下に欠かせないもの(インター・プレス・サービスより) - 「ミソプロストールのない生活なんて私には想像できません」婦人科医で、産科医でもあるアズラ・アーサン博士(Dr. Azra Ahsan)はこう話します。同氏は、女性が分娩後の出血により死亡するのを防ぐため、意見が分かれているこの薬を.... 続きを読む

2012-09-11
トラネキサム酸がより広く用いられることで出血性外傷患者をさらに何百人か救える可能性(メディカル・エキスプレスより) - 血液凝固促進薬トラネキサム酸は、様々な外傷性出血患者に対し安全に投与できるもので、最も重篤な症例への投与に限定されるべきではないことが、イギリス医師会雑誌(BMJ:British Medical Journal)本日号に掲載された研究で示された。先行研究.... 続きを読む

2012-08-31
幹細胞移植後のレナリドマイド維持療法は多発性骨髄腫患者にとって有益(OncLive.comより) - 多発性骨髄腫患者における自家造血幹細胞移植後、免疫調節剤レナリドマイドを持続的に投与すると、疾患進行までの期間と全生存期間がプラセボと比較して有意に延長することが、第III相CALGB100104試験によって示された。一方で、.... 続きを読む

2012-07-20
トラネキサム酸の単回投与で膝の手術の血液喪失が減少(ニュース・メディカルより) ― トラネキサム酸の術中単回投与は、低侵襲の人工膝関節全置換術(TKA)を受ける患者の血液喪失を減らすのに有効であると研究が示唆している。止血帯を外す5分前に10 mg/kgのトラネキサム酸を投与されるよう無作為に割り当て.... 続きを読む

2012-07-18
急性腎盂腎炎に対する抗生物質シプロフロキサシン短期間投与の有効性(モダン・メディスンより) ― 急性腎盂腎炎を有する高齢女性に経口シプロフロキサシン(シプロ、Proquin)を7日間投与すると治療に成功し安全性も認められる、とスウェーデンの研究者らが報告している。ランセット(医学誌)2012年6月20日号オンライン版に掲載.... 続きを読む

2012-07-17
プラビックス(硫酸クロピドグレル)とは何か?(メディカル・ニュース・トゥデイより) ― プラビックス(クロピドグレル二硫酸)は、血小板の凝集や血栓形成を予防する薬である。この処方薬は血流を改善し、将来の脳卒中や心臓発作の可能性を減らす。プラビックスは、経口のチエノピリジンクラス抗血小板剤である.... 続きを読む

2012-07-13
アセタゾラミドで急性高山病を防ぐ(レッドオービットより) ― アセタゾラミドは急性高山病(AMS)の予防および治療のために広く処方されているが、有効且つ安全とされる適正用量ははっきりと定められていない。アセタゾラミドの用量増加に伴う有効性および危険性を比較している.... 続きを読む

2012-07-08
脳性麻痺患者のために開発された新しい治療法(インジュリー・ローヤー・ニュースより) ― 分娩時に新生児の脳に酸素が不足すると、非常に深刻で生涯に及ぶ結果を招く場合があります。実際、低酸素性脳損傷で子供が脳性麻痺を発症することがあります。これは、中枢神経系や脳に影響する症状で永続します。.... 続きを読む

2012-07-05
脳卒中により損傷した脳をメトホルミンが修復する可能性(メドページ・トゥデイより) - 糖尿病治療薬として広く使用されているメトホルミンは、神経系の損傷に対しても治療薬となる可能性があると、研究者らが報告した。トロント小児病院(Hospital for Sick Children)のフリーダ・ミラーPhD(Freda Miller, PhD)と同僚らによれば、.... 続きを読む

2012-07-04
ノートPCを直接膝に乗せないように(タイムズ・オブ・インディアより) - ノートパソコンを直接膝に長期間乗せていると、皮膚を傷める可能性があります。ノートパソコンは、ユーザーにモビリティーを提供するため考案されました。だから、私たちはもうデスクトップパソコンに縛られていません.... 続きを読む

2012-06-27
体内に住み着く寄生虫の殺傷方法(io9.comより) - 寄生虫はまさに悪夢である。3.6メートル(12フィート)もの長さの寄生虫が腸内をくまなく動き回り、真夜中に体外へ出る。都市伝説によるとダイエット剤がサナダムシを広めるという話もある。これらの寄生虫を駆除する風変わりな.... 続きを読む

2012-06-19
プロゲステロンが外傷性脳損傷の患者を救う可能性(リーガル・エグザミナーより) - ある若い女性が歩行者事故に遭い、外傷性脳損傷で肢体不自由となりましたが、事故後の人生で二度目となるチャンスを与えられました。18歳のミシェル・ヴァケーロ(Michelle Vaquero)さんは、道路を横断中、車側の非で宙に舞い上がり.... 続きを読む

2012-06-15
MLN9708が多発性骨髄腫治療に有望な結果を示す(ASCO 2012)(骨髄腫ビーコンより) - 3つの臨床試験の中間結果は、MLN9708が、単剤としてあるいはレブリミドとデキサメタゾンとの併用で、前治療を受けていない多発性骨髄腫患者と再発性または難治性の骨髄腫患者の双方にとって、効果的で忍容性が高い治療法である.... 続きを読む

2012-06-15
若者における中毒による併存症を見極める(精神医学ニュースより) - 青少年における薬物乱用の研究により、治療に関する貴重な洞察(特に併存症の果たす役割)が得られている。思春期の若者における薬物使用が増えている一方、関連疾患を治療する既存の心理社会的介入にはわずかな有効性しか.... 続きを読む

2012-05-06
薬が拒食症からの生還に役立つかもしれない(インディペンデント紙より) - 米国で実施された新たな研究によれば、低用量の抗精神病薬が拒食症の治療に役立つかもしれない。シカゴ大学(University of Chicago)の研究者らは、マウスにおいて、拒食状態での生存率がオランザピンによって改善することを明らかにした.... 続きを読む

2012-05-05
恐怖!血を吸う寄生虫(ウィンフィールド・クーリエより) - 春が来るのが早かったこと、そして冬が暖かかったことがダニの大量発生につながりました。この寄生虫とそれらが運んでくる病気について、多くの人が怖がり、強い関心を寄せているのは当然のことです。現在、米国では病気を.... 続きを読む

2012-04-23
プロプラノロールが小児血管腫の標準治療とみなされる(ファミリープラクティス・ニュースより) - 現在、食品医薬品局が認可した小児血管腫の治療薬はないが、プロプラノロールが目下の標準治療であるようだと米国皮膚病学会 (the American Academy of Dermatology) 年次総会でアルフィ・クロール (Alfie Krol) 博士が述べた。2008 年以来、プロプラノロールの .... 続きを読む

2012-04-23
子宮内で脳性麻痺と闘う新たな技術(JDSUPRA.comより) - オーストラリアのメルボルンにあるモナッシュ医療センター(Monash Medical Centre)の医師らは、出産前の胎児の脳性麻痺を含めた脳損傷を防ぐ目的で、メラトニンを用いる新たな医学的研究の実施を発表した。試験は、20名の妊婦を対象に.... 続きを読む

2012-04-15
消化器の診断的手技後のインドメタシン投与が膵炎を防ぐ可能性(ニュース・メディカルより) - 診断的手技、つまりERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)の実施後に膵炎になるリスクは高い。ERCPは、胆管および膵管の障害を治療するため、または診断するために広く用いられている方法である。ERCP手技の際は、.... 続きを読む

2012-02-13
アルツハイマー病に対するベキサロテン(コロントより) - アルツハイマー病に関するもう一つの興味深い結果をここに報告する。確実に利用する人がいる分野である。ケースウェスタン(Case Western)の研究グループは、様々な異なる疾患モデルマウスにおいて、レチノイドX受容体のリガンド.... 続きを読む

2012-02-12
認可済医薬ターグレチン(Targretin)がアルツハイマー病を好転させる見込み(オールボイセズより) - 10年以上前にFDAが認可した皮膚ガン治療薬、今度はアルツハイマー治療の可能性 続きを読む

2012-02-10
ベキサロテンがアルツハイマー病を治癒する?(エグザミナーより) - アルツハイマー病協会(Alzheimer's Association)による2011年の報告書「アルツハイマー病の正確な情報(Alzheimer's Disease Facts and Figures)」 によると、アラバマ州におけるアルツハイマー病患者が11万人になると予想されている。これは... 続きを読む

2012-02-10
ベキサロテン ― マウスでアルツハイマー病の症状を好転させる薬(ヘルス・インディア.comより) - ベキサロテンはFDAが承認した抗ガン剤だが、研究によるとアルツハイマー病の発症による病理的、認知的な記憶障害を好転させるようである。この結果が示すのは、ベキサロテンという薬が、この進行性の脳疾患にかかっている.... 続きを読む

2012-02-09
マウスにおいてアルツハイマー病の症状が改善(サイエンティフィック・アメリカンより) - マウスに投与した抗がん剤が、脳に障害を与えるタンパク質を除去し、数日以内に認知機能の改善をもたらしたとはいえ、ヒトにも作用するのだろうか? 続きを読む

2012-02-09
抗がん剤によりアルツハイマー病が治療できる可能性(マイヘルス・ニュース・デイリーより) - 脳は多量のエネルギーを必要とするが、脳の部位によってはマラソンをするときに脚が消費するのと同じぐらい多くのエネルギーを常に消費している。このエネルギーの大半はブドウ糖から.... 続きを読む

2012-02-01
関節形成術にてトラネキサム酸含有の輸液を最初に投与すると輸血をする必要性が減少(整形外科トゥデイより) ― 関節再建における最新コンセプト(Current Concepts in Joint Replacement)2011年冬期総会での発表によれば、人工股関節置換術または膝関節置換術を施行する患者に対し、輸血やトラネキサム酸などの抗線溶薬を使用するよりも、最初に輸液を投与した方が.... 続きを読む

2012-01-25
シルデナフィルがリンパ管奇形に対し可能性を示す(ドクターズ・ラウンジより) ― ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン1月26日号に掲載された手紙で提示された3つの症例によると、シルデナフィルによる治療の結果、小児のリンパ管奇形は退縮する。カリフォルニア州にあるスタンフォード大学.... 続きを読む

2012-01-19
皮膚パッチによりアルツハイマー病がいくぶん緩和される(スタンダード紙より) - 皮膚パッチがアルツハイマー病の有害事象を軽減するのに役立つ可能性のあることが、香港中文大学(Chinese University)の医師らによって明らかにされた。アルツハイマー病は不治の病であるものの、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬という.... 続きを読む

2012-01-12
3歳の女児、生まれつきのあざに生命を脅かされるも克服(iolニュースより) - 生まれつきのあざのせいで死に直面した3歳の女児が、英国での先駆的治療を試みる最初の患者となった末、ようやく笑顔を取り戻すことができた。ミリー・フィールド(Millie Field)ちゃんが生まれたとき、顔面に小さな青い斑点がみられたが、.... 続きを読む

2012-01-12
熱射病の新薬となるか? 悪性高熱症への影響(ニュースワイズ誌より) - 悪性高熱症と熱射病における類似症状

悪性高熱症とは生命を脅かす遺伝的筋障害であり、麻酔時に使われる特定タイプの薬剤にリスクを有する人が最も発症しやすい。一方、熱射病は主に高温/湿潤環境下での労作により生じるものである。悪性高熱症と熱射病は主な誘因が異なるとはいえ.... 続きを読む

2012-01-12
「あの」感覚を理解する(ポストヌーンより) - 全世界があなたの周りを回っているかのような、あの感覚を経験したことがありますか?突然平衡感覚を失うかのように感じたことがありますか?そうであれば、おそらくあなたが経験したのはめまいです。めまいとは、基本的に.... 続きを読む

2012-01-12
熱射病の新薬となるか? 悪性高熱症への影響(ニュースワイズ誌より) - 悪性高熱症とは生命を脅かす遺伝的筋障害であり、麻酔時に使われる特定タイプの薬剤にリスクを有する人が最も発症しやすい。一方、熱射病は主に高温/湿潤環境下での労作により生じるものである。悪性高熱症と熱射病は.... 続きを読む

2012-01-05
歯周病の新たな治療法(デンティストリーIQより) - 歯周炎は炎症性疾患であり、バイオフィルム内の細菌と、宿主応答により惹起されたさまざまな因子の多面的相互作用によって生じます。病原性の細菌は、歯の表面や歯肉溝にコロニーを形成します。歯周炎における細菌の.... 続きを読む

2012-01-05
子供におねしょを克服させるための戦略(ナラガンセット・パッチより) - トイレ・トレーニングは終わっているのに、夜まだおねしょをする子供がいたとしても、これはあなただけではありません。米国では、500万人の子供が6歳以上でもまだ夜間、おねしょをしています。育児をする上でたくさんの.... 続きを読む

2012-01-04
痛風の再発を防ぐ(ctpost.comより) - 最近、私は尋常ではない状況を経験しました。何の前触れもなく、ある朝、足の激しい痛みで目が覚めたのです。今までこのような経験をしたことは一度もありません。週末でしたので、私はウォークインクリニックに行きました.... 続きを読む

2011-12-15
妊娠中のてんかん治療(デイリーRxより) - 抗てんかん薬フェニトインを服用している妊婦から生まれる乳児に、先天性欠損リスクのあることが明らかとなっている。今回の新規研究では、新しい抗てんかん薬ほど、安全性が高いというデータを裏付けることを目的とした.... 続きを読む

2011-12-10
肺血栓後に低用量のアスピリンを投与すると再発が予防できる可能性(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 危険な肺血栓に対する強力な抗凝固薬の投与後、患者に低用量のアスピリンを投与することで、血栓の再発する確率が低下する可能性のあることが、新たな研究によって明らかに.... 続きを読む

2011-12-10
再発/進行した皮膚T細胞リンパ腫患者に対する維持療法として経口レナリドマイドが有用である可能性(MPRより) - カリフォルニア州サンディエゴ発 - 第53回アメリカ血液学会年次総会・展示会で発表された第2相多施設共同試験の結果によれば、再発/進行した皮膚T細胞リンパ腫 (CTCL)患者に対する経口レナリドマイドの活性は.... 続きを読む

2011-11-25
ダントロレンでハンチントン病を軽減しうる(メドインディアより) - ハンチントン病(HD)は人の歩行、発話、思考能力に影響する遺伝性の神経変性疾患で、不随意運動や筋肉の協調運動喪失を発症する。新しい研究は、RyanR阻害剤ダントロレンがハンチントン病マウスの歩行とバランスの障害を.... 続きを読む

2011-11-22
オーストラリアの医師がギャンブル依存症患者に抗ヘロイン剤を処方(テレグラフより) - ギャンブル依存症患者を治療しているオーストラリアの医師が、ギャンブル依存症患者に衝動を抑えられるよう抗ヘロイン剤であるナルトレキソンの処方を検討するよう勧告されている。メディカル・ジャーナル・オブ・オーストラリア.... 続きを読む

2011-11-20
エネルギー切れ?脳の動きをスローにしよう(io9.comより) - 脳は多量のエネルギーを必要とするが、脳の部位によってはマラソンをするときに脚が消費するのと同じぐらい多くのエネルギーを常に消費している。このエネルギーの大半はブドウ糖から.... 続きを読む

2011-11-16
痛風治療薬が術後の不整脈発生率を下げる(ヘルスカナル・ドットコムより) - 研究のハイライト:-プラセボ対照無作為化試験において、コルヒチンは、心膜切開後症候群および術後心房細動の発生率を約半分に減らした。-心臓手術を受けた患者の入院期間についても、コルヒチン投与群のほうが.... 続きを読む

2011-11-15
痛風は単なる関節炎の疼痛発作にあらず(イサクア・プレスより) - アメリカ人の830万人以上が痛風に罹患している。滑液中の尿酸が過剰になると、滑液中に針状結晶が形成されて、身体に炎症反応が起き、その結果として急性関節炎の一種である痛風が起こる。尿酸は身体の細胞代謝の老廃物.... 続きを読む

2011-11-11
スルホニル尿素剤よりもメトホルミン投与で腎臓リスクと死亡リスクが低下(腎臓&泌尿器科学ニュースより) - 2型糖尿病にスルホニル尿素剤を初期投与すると、メトホルミンの初期治療と比べ、腎機能低下、末期腎疾患(ESRD)、または死亡のリスク増加に関連することが、2011年米国腎臓学会議(Kidney Week)で発表された研究結果で示された.... 続きを読む

2011-11-11
研究:ナルトレキソンの使用によるオピオイド依存症の再発予防(ベッカーズ・レビューより) - 月1回の徐放性ナルトレキソン筋肉内注射の使用は、解毒後のオピオイド依存症再発を予防する有効な方法となる。この結果は、米国精神医学・精神衛生学会年次総会.... 続きを読む

2011-11-11
ビタミンD類似体2種が二次性副甲状腺機能亢進症に同様の有効性を示す(腎臓泌尿器科ニュースより) - 高テストステロンは年配の男性、特に体重が減少している人の除脂肪体重の減少を抑制すると、最近の多施設研究の結果が示している。これらの男性には、高テストステロン値と体力低下緩和との関連も見られた。 続きを読む

2011-11-10
子供用虫下し錠剤(デカンクロニクルより) - 学校保健プログラムの一環として、チェンナイ市の公社保健局は学童によく見られる腸内寄生虫感染症の治療に対し、児童70万人に錠剤を配布することを決定した。学童の活力レベルを高めることを主要な背景としたこの配布.... 続きを読む

2011-11-10
高テストステロンで筋肉量の維持が可能(モダンメディシンより) - 高テストステロンは年配の男性、特に体重が減少している人の除脂肪体重の減少を抑制すると、最近の多施設研究の結果が示している。これらの男性には、高テストステロン値と体力低下緩和との関連も見られた。 続きを読む

2011-11-10
急性肺障害および急性呼吸促迫症候群(ALI-ARDS)に対するステロイドは早期投与すれば有用となる可能性(ファミリープラクティスニュースより) - コルチコステロイドの使用が、急性肺傷害と急性呼吸促迫症候群を有する患者に利益をもたらすのかどうかの判定はまだ下されていない、とスチーブン・ペイストアズ(Stephen M. Pastores)博士は.... 続きを読む

2011-11-09
歯周病の治療に全身性抗生物質投与(デンティストリーIQより) - 慢性歯周炎は、歯垢バイオフィルムと体内免疫応答との相互作用によるものである。バイオフィルムは、歯面に付着した細菌が多層状になった生態系であり、浮遊する単独の微生物叢と比べ、抗生物質および免疫応答からの.... 続きを読む

2011-11-09
腎障害患者における痛風発作の予防 - 投与量の手引き(メディカルニュース・トゥデイより) - 米国リウマチ学会(ACR:American College of Rheumatology)の年次総会で発表された新たな薬物動態(PK)試験の結果では、腎障害患者の痛風発作の予防にコルヒチンを使用することに関し、新たな科学的根拠に基づいた.... 続きを読む

2011-11-09
ループス腎炎の新ガイドラインが治療に対応(スキン&アレルギー・ニュースより) - シカゴ-成人ループス腎炎のスクリーニングと管理のための米国リウマチ学会(American College of Rheumatology)のガイドラインは、2012年初旬に最新の改訂版が発行予定だが、この改訂版ガイドラインは.... 続きを読む

2011-11-09
局所性ジストニアの治療法とは(EmpowHER.comより) - 局所性ジストニアの患者は、顎、声帯、首など体の特定部分において、筋肉の不随意収縮が見られます。この病気はさまざまな要因によって起こります。例えば、外傷や脳卒中などの脳損傷が原因となることがあります.... 続きを読む

2011-11-01
セレコキシブは手足症候群を軽減できるのか?(クリニカルオンコロジーより) - 最近行われた研究は、カペシタビンをベースとした治療に、セレコキシブを併用すると、手足症候群(HFS)の発生率が低下すると結論付けている。手足症候群には3段階の重症度があるが.... 続きを読む

2011-10-27
既存薬で遺伝性腎疾患を治療できる可能性(カリフォルニア大学ニュースルームより) - カリフォルニア大学サンタバーバラ校の研究者らは、別の適応で現在利用されている薬剤を用いて、遺伝性腎疾患の患者を助けられる可能性のあることを発見した。この結果は全米科学アカデミー会報誌(Proceedings of the National Academy of Sciences)今週号.... 続きを読む

2011-10-25
重度高山病の主要な危険因子を研究者らが特定(ニューズワイズより) - フランスの研究者らが行った研究によると、特定の運動関連反応を測定することが、内科医らが重度高山病(SHAI)に罹るリスクの高い人を見極める判断材料になる。さらに研究者らは、アセタゾラミド(ACZ)という高山病防止.... 続きを読む

2011-10-23
男と女の盗癖(ニューヨークタイムズ・オピニオンより) - 万引きの文化史の研究開始にあたり、私はまず女性の事例から調査を開始した。どのみち、万引きの第一波が17世紀後半のロンドンで記録されて以来、万引きは女性のやることだとされていた。男性が路上強盗や殺人罪など.... 続きを読む

2011-10-20
解消したい厄介な健康問題ベスト10!(ミラー・ライフスタイルより) - 恥ずかしい思いをする健康問題を抱えていませんか? ここでは多くの人々の悩みの種となる最も気まずい状況の真相に迫り、その対処方法について話します。1. 足の臭い - 足療医ロレイン・ジョーンズ(Lorraine Jones)氏は.... 続きを読む

2011-10-19
発生頻度の高い振戦疾患に関する新ガイドラインの発表(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 米国神経学会の治療ガイドライン改訂版によれば、プリミドン(商品名Mysoline)という抗痙攣薬と、プロプラノロール(インデラル)という高血圧薬は、本態性振戦患者における身体の揺れを治療するのに最も有効な薬剤である。 続きを読む

2011-10-13
尿失禁には多数の治療選択肢が存在(ファミリープラクティスニュースより) - 尿失禁は女性が生涯で直面する最も厄介な疾患に相当すると思われる一方、治療を模索する患者の80%~90%で症状の緩和が得られるという朗報もある。 続きを読む

2011-10-10
慢性B型肝炎患者における疾病管理の新マーカーとしてB型肝炎表面抗原量を用いることを香港中文大学が発見(ヘルス・カナルより) - 現在は経口抗ウイルス薬が、B型肝炎ウイルス(HBV)の増殖を抑制するのに極めて有効である。しかし、肝臓内B型肝炎ウイルスの消失はごく少ない割合の患者でしかみられない。抗ウイルス薬の中止後、ほとんどの患者で肝炎の再発が.... 続きを読む

2011-10-07
肝疾患患者に注射を用いた治療試験を実施(BBCより) - 肥満により肝損傷を生じた患者の治療に連日の注射を使用可能かどうかが検討される予定である。 続きを読む

2011-09-28
男性の下部尿路症状(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - 前立腺肥大症(BPH)は男性によくみられる泌尿器疾患で、前立腺が肥大して下部尿路症状(LUTS)が起こります。BPHの罹患率は年齢と共に高まり、40代の男性で40%、80歳以上の男性では90%にみられます。 続きを読む

2011-09-28
ロバスタチンは神経線維腫症1型患児に安全かつ有効だと考えられる(ニュースメディカルより) - 全米子供調査(National Children's Study:NCS)はロバスタチンの有益な効果に注目した。小児専門病院(Children's National Medical Center)の研究者らは、.... 続きを読む

2011-09-27
ノコギリヤシで前立腺肥大が治療できる?(ウェブMDより) - 前立腺肥大を有する男性は、排尿困難などの症状を軽減するためのノコギリヤシと呼ばれるサプリメントに長年にわたり関心を寄せてきた。具体的に、どのようにしてノコギリヤシが症状を軽減すると考えられるようになったかは定かでないが.... 続きを読む

2011-09-26
アルコール依存症と闘うアジア人にUCLAの新たな研究が有効となる可能性(UCLAニュースルームより) - UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の新たな心理学研究で、アルコール依存症と闘うアジア人は、特にナルトレキソンから利益を得られる可能性のあることが示された。ナルトレキソンはアルコール依存症の治療薬として.... 続きを読む

2011-09-22
親しい人が飲み過ぎるなら・・・(マクリーンズより) - かつてアルコール依存症であった1組のカップルが、AA(アルコール中毒者更生会)に代わる対処法のヒントを提供する。 続きを読む

2011-09-12
手洗いが有害な胃腸内寄生虫を回避する鍵(デイリーヘラルドより) - ある10代の少女にとって、せっかくの夏休みにそんな1週間を過ごすとは、決して素晴らしいとは言えないものだった。少なくとも嘔吐はしていなかったものの、それ以外のあらゆる不快な胃腸症状に苦しめられたのだ.... 続きを読む

2011-09-12
処方せん医薬の筋弛緩薬は、アルコール依存症の魔法の薬?(ワールドクランチより) - アルコール依存症の治療薬を発見したと言う人が増えている。それは、バクロフェンという定番だが強力な筋弛緩薬である。 ただ問題は、ルー・ゲーリック病や脳性麻痺、また痙攣性麻痺を伴う病気などに苦しんでいるのでない限り.... 続きを読む

2011-09-02
ウイルスの発見が小児の脳腫瘍治療を助ける可能性(キャンサー・リサーチUKより) - 髄芽腫は小児に最もよくみられる悪性脳腫瘍である。ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション(Journal of Clinical Investigation)に掲載された研究によれば、その大部分はあるウイルスに感染している.... 続きを読む

2011-09-01
ウルソジオールとメトトレキサートの併用は長期にわたり胆汁性肝硬変に有効(インターナルメディスンニュースより) - 原発性胆汁性肝硬変に対するウルソジオールとメトトレキサート、またはウルソジオールとコルヒチンの併用療法は長期にわたり有効性を示し、20年間持続したことが明らかにされた。ジョン・リョン博士(Dr. John Leung).... 続きを読む

2011-05-26
関節リウマチとCOPDとの関連が研究により裏付けられる(サイエンスデイリーより) - 関節リウマチ(RA)患者の慢性閉塞性肺疾患(COPD)併発率は、健常対照者の2倍であり、年齢、性別、喫煙、肥満などの変数で補正しても、この関連性は維持された。この研究は、2011年欧州リウマチ学(EULAR)年次総会で発表された。関節リウマチ.... 続きを読む

2011-05-22
パーキンソン病と「関連する」細菌(BBCニュース・ヘルスより) -米国の研究者らによると、胃潰瘍の原因菌がパーキンソン病に関係しているそうだ。マウスをヘリコバクター・ピロリ(H.ピロリ)に感染させたところ、パーキンソン病様症状が.... 続きを読む

2011-04-21
ヨード(ヨウ素)を摂り過ぎると体に良くない?(くすり屋さんオリジナル記事) - 人間の体が必要とするヨード(ヨウ素)の量は、通常1日当たり0.05~0.15mgとごく微量です。私たちがよく口にする食品に含まれるヨードの量で、圧倒的に多いのが.... 続きを読む

2011-04-21
痛風発作時に尿酸降下薬を開始すると関節炎が悪化?(くすり屋さんオリジナル記事) - 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン(第2版)」によれば、未治療(尿酸降下薬を未投与)の場合に起きた痛風発作(痛風関節炎)では、尿酸降下薬を新たに開始することで発作が悪化するか.... 続きを読む

2011-04-12
パーキンソン病患者に希望を与える薬剤(英テレグラフ紙より) - 重いパーキンソン病に苦しむ数千人の人々が、ふるえを軽減する新薬の恩恵を受けられる可能性がある、と研究が示している。脳神経変性疾患であるパーキンソン病の患者440名を対象にした2年間にわたる試験により.... 続きを読む

2011-04-07
買い物は「健康を増進する可能性」(BBCニュースより) - 研究によると、少なくとも台湾の65歳以上の人達の場合、買い物により寿命が延びるのだそうです。肉体的および精神的虚弱などの因子を調整しても、毎日買い物をする男性と女性は、買い物をしたがらない人たちより長生きした、と科学者ら.... 続きを読む

2011-03-08
リンゴを食することにより、試験動物の平均寿命が10%延長(サイエンスデイリーより) - 体に良いとされるリンゴの抗酸化物質を摂取することにより、試験動物の平均寿命が10%延長するという最初の証拠を.... 続きを読む

2011-02-22
骨密度を高め、骨損失量を減らすニトログリセリン軟膏とその研究(ウィンニペグフリープレスより) - 更年期の女性が就寝時にニトログリセリン軟膏を塗ったところ、わずかな骨塩量の増加と骨損失量の低下がみられたと、カナダで行われた予備研究の結果報告に記されている。この研究結果は.... 続きを読む

2011-02-15
風邪の症状が亜鉛により軽減(サイエンス・デイリーより) - コクラン・ライブラリー(Cochrane Library[英国国保が発行])に掲載された系統的レビューによれば、亜鉛の補充により、風邪に起因する疾患の重症度が軽減され、疾患の持続期間も.... 続きを読む

2011-01-26
抗うつ薬の使用に伴い閉経期のホットフラッシュが軽減する(サイエンスデイリーより) -閉経期への移行中または閉経後の女性が抗うつ薬エスシタロプラムを使用したところ、プラセボを服用した女性と比較して閉経期のホットフラッシュの頻度および重症度が低下し.... 続きを読む

2011-01-10
プロザック(Prozac)による治療は脳卒中からの回復を促進する(BBCニュースより) - ある研究によると、患者が脳卒中の発作を起こした後、速やかにプロザック(Prozac)を投与すると麻痺からの回復に役立つかも.... 続きを読む

2010-12-15
カレースパイスから派生した混合物に脳卒中と外傷性脳損傷からの神経保護作用(サイエンス・デイリーより) - ソーク生物学研究所(Salk Institute for Biological Studies)の科学者らがカレースパイスのターメリックから作った派生化合物で、脳梗塞と外傷性脳損傷(TBI)の動物モデルに見られた分子欠損と行動障害の両方に驚異的.... 続きを読む

2010-10-18
骨髄腫に対する化学療法・新薬・幹細胞の第III相試験で高奏効率が確認(サイエンスデイリーより) - 新たな多発性骨髄腫患者を治療するための2種類の方法を比較するこの種では最初の研究により、この両治療法から肯定的.... 続きを読む

2010-09-30
静注用治療薬が細菌性髄膜炎による死亡リスクを下げる可能性(サイエンスデイリーより) - 新たな研究により、ある静注用(IV)治療薬が細菌性髄膜炎による死亡リスクを低下させることが明らかにされた。この研究は、米国神経学会(American Academy of Neurology)の医学雑誌ニューロロジー.... 続きを読む

2010-09-17
アカンプロセートがアルコール依存症の再発を防ぐと、レビューで明らかに(サイエンス・デイリーより) - 新しいコクラン・レビュー(Cochrane Systematic Review)によると、アカンプロセートの使用によりアルコール依存症の治療を受けた後に再飲酒を行う患者の数が減少するそうだ。この薬は.... 続きを読む

2010-08-31
妊娠中に特定の抗ウイルス薬を使用することは、主要な先天性欠損症のリスク上昇に関連しないことが研究で示唆されている(サイエンスデイリーより) - 単純ヘルペスは発症率が高く、疾患の素因がある女性の1%超が妊娠第1三半期に単純ヘルペスを発症しており、かなりの数の妊婦に抗ウイルス薬の治療が適応されている。「アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルの安全性は、概ね十分に確立されているが、これらの抗ウイルス薬の妊娠初期における使用に関するデータは乏しい」と著者らは記している。 デンマークの首都コペンハーゲンの国立血清研究所(Statens Serum Institut)のビョルン・パステルナーク(Bjorn Pasternak, M.D., Ph.D.)博士と、アンダース・ヴィード(Anders Hviid, M.Sc., Dr.Med.Sci.)博士は、.... 続きを読む

2010-08-19
長期エンテカビル療法、慢性B型肝炎患者の線維症と肝硬変に効果(サイエンス・デイリーより) - この国際的な研究に携わった研究者らによると、エンテカビル(抗ウイルス剤)の累積治療を少なくとも3年間受けた慢性B型肝炎ウイルス(HBV)感染患者に、かなりの組織学的改善と線維症と肝硬変の改善がみられたという。同研究の.... 続きを読む

2010-08-10
亜鉛の量が十分であれば、高齢者の肺炎が軽減されることが試験により明らかに(サイエンスデイリーより) - 観察研究において、介護施設入居者の高い割合で、試験期間中に血清(血中)亜鉛の低濃度がみられたことが明らかになった。科学者らは、血中亜鉛濃度が正常な群はその濃度が低い群と比較して、肺炎を.... 続きを読む

2010-07-20
アルコール依存症に対する治療としてナルトレキソン投与は男女で同等の効果(サイエンスデイリーより) - 1980年代の米国におけるアルコール使用障害(AUD)の有病率は男性のほうが女性の約5倍多かったが、この男女差は縮まり、現在では.... 続きを読む

2010-07-19
乳児血管腫に対する治療結果の比較(サイエンスデイリーより) - 複雑な乳児血管腫に対し、より安全で優れた治療法を見出すための取り組みが続くなか、ウィスコンシ医科大学(Medical College of Wisconsin )とウィスコンシ小児病院.... 続きを読む

2010-06-30
葉酸により頭部損傷と脊髄損傷の治癒が促される仕組みを解明(サイエンスデイリーより) - 葉酸(葉酸塩またはビタミンB9とも呼ばれる)を十分に摂取しない女性から生まれた乳児は.... 続きを読む

2010-06-27
11年間の試験結果に基づき、関節炎には早期かつ積極的な治療が推奨(サイエンス・デイリーより) - 抗リウマチ薬(DMARDs)は、関節リウマチ(RA)の最初の兆候が見られた時点で、早期にかつ積極的に用いるべきだ。バイオメッド.... 続きを読む

2010-06-10
痛風治療薬は腎臓病患者に有益であるとの解析結果(サイエンスデイリーより) - 痛風の治療によく使用される薬剤が、腎臓病患者の健康を維持するのに有用となる可能性があるという.... 続きを読む

2010-06-04
ロバスタチン: ペストに対する新たな兵器?(サイエンスデイリーより) - ある実験的な研究によって、高コレステロール血(症)の治療に処方される薬品ロバスタチンが、動物をペストの致死的な影響から保護することが明らかになった。この伝染病は世界各地で急増中である。感染症・熱帯病研究所(Unité de Recherche sur les Maladies Infectieuses et Tropicales Emergentes)(CNRS/エックス・マルセイユ第2大学(CNRS/Université Aix-Marseille 2))の科学者らによって.... 続きを読む

2010-05-27
侵攻性リンパ腫、新研究で有望な治療(サイエンス・デイリーより) - 新たな研究によると、形質転換したリンパ腫の患者で、レナリドマイド(lenalidomide)に対して「瞠目すべき」反応.... 続きを読む

2010-04-05
早産と脳損傷:炎症が原因か(サイエンスデイリーより) - 早産で子供を出産する際に未熟児に何が起こり、脳損傷がどの様にして起こるのか。この謎の答えに研究者は近づいた。羊水内及び胎児の脳内の炎症と脳損傷に何らかの関係があることが、新たな研究により.... 続きを読む

2010-03-12
シラミ根絶?経口シラミ駆除薬の効果を実演(サイエンスデイリーより) - 先日、AP-HP(アンリ・モンドール病院及びアヴィセンナ病院)とフランス国立衛生医学研究所(ユニット738“慢性疾患療法に関する有効性評価のモデルと方法及びツアーのCIC202)の研究員達が、新分子のシラミ駆除効果を実演してみせた。従来のシラミ駆除薬品に耐性を持つシラミが増えているなか、この新しい医薬品は全く新しいシラミ駆除薬であり、研究に参加した人々の95%に効果が.... 続きを読む

2010-01-23
骨が脆い子供に希望を与える臨床試験(BBCニュースより) - ルーク・ホール(Luke Hall)が初めて骨折したのは、まだ母親の子宮にいた時のことだった。13歳までに40回以上骨折した。リーズ(Leeds)で暮らすルークは骨形成不全症(OI)患者.... 続きを読む

2009-12-01
痛風(BBCヘルスより) - 痛風は、一般によくある関節疾患であり、100人に約1人が発症している。男性のほうが、女性よりも2~3倍発症する割合が高い。自らはかなり健康だと思っている人でも.... 続きを読む

2009-11-10
リーシュマニア症:顧みられない寄生虫感染症の治療薬を見つけるための新しい戦略(サイエンスデイリーより) - 独自に開発した全く新しい方法を使い、ピッツバーグ大学創薬チームとウォルター=リード陸軍研究所の研究者らは共同で、リーシュマニア症に対する治療効果が期待できる化合物を発見した。リーシュマニア症は寄生虫感染症で、世界で最も見過ごされてきた疾患の一つだと広く考えられている。今回の発見は本日付けでオンライン科学雑誌「PLoS Neglected Tropical Diseases」に掲載される。これらの治療薬候補はリーシュマニア寄生虫の生活環の特定の段階においてこの寄生虫の成長を阻害.... 続きを読む

2009-09-24
パーキンソン病進行を遅らせる可能性のある薬(サイエンスデイリーより) - 著者:ラダ・チタレ - 44歳のクリス・ウッズ氏はニューハンプシャー州メリマックに住んでいる。彼が右半身に違和感を最初に覚えたのは、2005年9月にニューオーリンズに1ヶ月間滞在していた時のことである。彼は、カトリーナ台風の被害を受けた地域でボランティア活動を行っていた。「右腕と右手に強張った感じと、右足に痛みと尖ったものを充てられているような感覚があった」とウッズ氏は当時を振り返る。「急速に症状が悪化.... 続きを読む

2009-08-17
新たな発見が寄生回虫症の感染を食い止めるのに役立つかもしれない (サイエンスデイリー) - 寄生回虫駆除に有効な中国製の薬がある。カリフォルニア大学サンディエゴ校(University of California at San Diego)の生物学者らは中国の研究者らと共同でこの薬の作用機序を解明した。この薬の生物学的機序が解明されたことで回虫症とどう戦うかについて重要な新しい情報が得られる。熱帯地域では10億人以上が回虫症に感染しており.... 続きを読む

2009-07-01
心臓病治療薬が女児の腫瘍を除去(BBCより) - ワリントン出身の女児の赤ん坊はまぶたに腫瘍がありそれが原因で失明しかけていたが、通常は心疾患の治療に使用される薬によってその腫瘍が取り除かれた。ソフィー・オートンちゃんは、ベッドオードシャーの専門家にプロプラノロールと.... 続きを読む

2009-06-03
憩室性疾患(BBCより) - 憩室性疾患は、憩室と呼ばれる袋状の組織が腸の筋層から突出した場合に起きる疾患である。過去をみると、大腸の最下部のS状結腸という部位に発症することが最も多い。場合によっては、憩室が糞便により閉塞し.... 続きを読む

2009-05-01
小児における甲状腺機能低下症(BBCヘルスより) - 甲状腺機能低下症とは、甲状腺の活動が低下するものである。甲状腺とは、頸部に存在し、T3とT4(サイロキシン)と呼ばれる2種類のホルモンを産生する重要な腺で、このホルモンにより多くの組織の代謝率が調整される。甲状腺機能低下症では、.... 続きを読む

2008-11-08
痛風とパーキンソン病:通風の治療ならびに痛風の保護作用が研究で検討される(サイエンスデイリーより) -痛風患者の治療目標は、同患者に特有の高い血清尿酸値を引き下げることにより急性発作を減少させることにある。一方で、高い血清尿酸値は、パーキンソン病(PD)の発症リスクを低下することが示されている。痛風向けに開発された新薬で最近ヨーロッパでの使用が認可されたフェブキソスタットと.... 続きを読む

2008-11-01
アルコール依存症に対抗する薬(サイエンスデイリーより) - 神経薬理学者らは臨床試験を行い、トピラマートという薬が重度のアルコール依存症を軽減し、アルコール依存症による身体的・精神的な害を減らすのに効果的な治療薬であるということを発見した。この薬は飲酒が(ドーパミンのレベル上昇によりもたらされる)気分高揚効果を制限することで、飲酒が前よりも楽しくなくなり、飲酒に対する渇望が減り、大量飲酒を食い止める手助けが出来る。また、トピラマートは.... 続きを読む

2008-10-09
インフリキマブをベースにした治療が、クローン病治療に効果的(ABCヘルスデイニュースより) - レミケードのみ、もしくはアザチオプリンとレミケードの併用服用は、炎症性疾患治療に有効。研究者の発表によると、クローン病の治療には、アザチオプリンのみを服用するよりインフリキシマブ(レミケード)のみ、もしくはインフリキマブとアザチオプリンの併用服用が効果的で... 続きを読む

2008-07-12
しゃっくり-その原因、症状、治療(ArticlesBase.comより) - しゃっくり(hiccup、通常「ヒカップ」と発音され、hiccoughという古風だが今は使われていないスペルもある)とは、毎分数回繰り返される横隔膜のけいれん性の収縮。ヒトにおいては、空気が肺に突然入り込むことで、喉頭蓋が閉じ、「ヒック」という音を立てるもの。医学においては、同時性横隔膜粗動(SDF)または吃逆として知られている。 しゃっくりの原因: しゃっくりは自然に発生するものが多いが、特定の出来事によって生じるものとしても知られている。例えば.... 続きを読む

2008-06-09
アルコール渇望を薬剤で抑制(BBCニュースより) - 2件の研究プロジェクトはアルコール依存症に苦しむ人に現時点はもちろんのこと未来への希望も示した.... 続きを読む

2008-06-04
病的賭博者に薬が有用なことが明らかに(ロイターヘルスより) - 病的賭博者を対象とした試験において彼らにナルトレキソンを投与したところ、賭博をしたいという衝動や賭博に関連した行動が軽減した。ナルトレキソンはアルコール依存症や薬物依存症の治療に頻繁に使用される薬である。ナルトレキソンを投与した病的賭博者のうち、40%近くは少なくとも1か月間すべての賭博を控えることができた。有効成分を含有していない.... 続きを読む

2008-05-12
バイアグラ、筋ジストロフィー治療に効果あり(ザ・テレグラフより) - 非常に深刻な変性疾患である筋ジストロフィーによって生じる心筋の損傷が、バイアグラによって.... 続きを読む

2008-04-01
病的な賭博衝動の治療を目的としたオピオイド拮抗薬ナルトレキソンの二重盲検プラセボ比較試験(Physicians Postgraduate Pressより) - 目的:病的賭博症(PG)は成人の約1%に認められる機能障害であり、試験で立証された治療法はほとんど存在しない。この試験では賭博衝動を有する成人の病的賭博者を対象として、オピオイド拮抗薬ナルトレキソンの有効性および忍容性を検討した。方法:18週間の二重盲検プラセボ比較試験を行い.... 続きを読む

2007-11-12
血圧の薬、多発性硬化症(MS)に効く可能性(BBCニュースより) - 数十年にわたり高血圧治療に用いられてきた医薬品が多発性硬化症治療の鍵となる可能性が.... 続きを読む

2007-10-17
ステロイドが麻痺治療の「鍵」を握る(BBCニュースより) - 一般に処方されるステロイドが、顔面の外観を損なう症状を回復させるのに有用であることが、英国ダンディーの研究者らによって明らかにされた。ベル麻痺の主要研究において、プレドニゾロン投与による早期治療を受けた患者の95%が9ヶ月以内に完全治癒した.... 続きを読む

2007-09-12
体を冷やしたこともエヴェレットの脊椎を守ったのかもしれない(ABCニュース・ヘルスより) - 実験的治療が奏功したと言う医師もいる 確信が持てないと言う医師もいる アン=カンサグラ医師(An Kansagra)、ダン=チャイルズ(Dan Childs) ABCニュース医療部。 ケヴィン=エヴェレット (Kevin Everett)はアメフトチ-ムバッファロービルズ (Buffalo Bills)のタイトエンドプレーヤーだった。日曜日のこと、エヴェレットは致命的な脊髄損傷を負って機能性四肢麻痺となり.... 続きを読む

2007-09-07
サルコイドーシス-原因、症状そして治療法(アーティクルベースより) - サルコイドーシスは炎症性疾患で、類肉腫またはベスニエー-ベック病ともいいます。体の中のあらゆる場所のあらゆる器官に発症.... 続きを読む

2007-02-17
結核治療の期間短縮が可能かどうかについて、4年間にわたり試験を行う予定がある(BBCニュースより) - この試験は、ロンドンのセントジョージ医科大学(St George's Medical School)の医師らによって実施されるもので、アフリカの4ヶ国における患者1,200人を対象に、2種類の抗生物質の併用投与について検討.... 続きを読む

2007-02-15
バイアグラが早産児の命を救う(ザ・テレグラフより) - 死の瀬戸際にあった早産児が、小さく青い勃起不全薬バイアグラ(Viagra)錠の投与後に「奇跡的な回復」を遂げた。妊娠わずか24週目で生まれたルイス・グッドフェローちゃん(Lewis Goodfellow)が瀕死の状態で病院のベッドで横たわっていた時に、葬儀のことを話し始めていた、とルイスちゃんの両親は述べた。しかし.... 続きを読む

2006-07-01
小児期のネフローゼ症候群(BBCヘルスより) - ネフローゼ症候群とは?糸球体と呼ばれる腎臓内の微視的濾過装置の機能障害により、体内のタンパク質が失われ、ネフローゼ症候群の諸症状をもたらすに至る。糸球体は、血液をきれいにして尿を生成.... 続きを読む

2005-11-28
薬の服用に子供用ストローが大活躍(BBCニュースより) - ドイツに本社を置く製薬会社が、子供向けの薬用ストローを開発したと発表した。このストローには抗生物質が塗ってある。この抗生物質は無味であるため、口に運ばれる飲み物の中に薬が含まれていても子供は気付かない。コーラを含め、クラロシップは様々な飲み物に使用できる。ストローにはフィルターが付いており、ストローに付着している抗生物質の服用が完了すると、フィルターがそれを教えてくれる。毎年.... 続きを読む

2005-01-03
脳損傷に対する抗ヒスタミン薬の新しい効果(サイエンスデイリーより) - 胃潰瘍に対する抗ヒスタミン薬として広く使用されているラニチジンは、脳梗塞や外傷性脳損傷によって生じた脳虚血の新たな治療薬となるかもしれない。脳虚血は、先進国では死因の第3位となって.... 続きを読む

2004-11-30
尿失禁治療に幹細胞が活躍(BBCニュースより) - 患者自身の幹細胞を移植して腹圧性尿失禁を治療することに、科学者達は成功した。幹細胞は患者自身の腕の筋肉組織から採取され、研究室で培養される。その後、幹細胞は尿道壁や括約筋に注入される。この治療法は、幹細胞注入部の筋肉の量や筋緊張を高めるため、尿失禁予防効果が得られる。治療後24時間以内に 続きを読む

2004-11-13
研究者らによると、ある医薬品治療の組み合わせによって、結核性髄膜炎による死亡を3分の1にまで減らすことができるという(BBCニュースより) - 伝統的な結核治療薬(TB)と抗炎症薬であるデキサメタゾンを用いることで、このまれな髄膜炎による死亡率が30%減少することが分かった。 デキサメタゾンはすでに、ヘモフィルスーインフルエンザ菌b型(Hib)のような急性の細菌性髄膜炎の治療に用いられているが.... 続きを読む

2004-03-16
抗熱帯病撲滅キャンペーンに、大きな期待(BBCニュースより) - 世界で一番おぞましく外観を損ない、生活に支障をきたすほどの障害を引き起こす熱帯病。その一つを撲滅させるキャンペーンによって、わずか4年の間に、8000万人が治療を受けた。世界保健機関(WHO)の象皮病プログラムは.... 続きを読む

2003-08-20
肥満による高山病のリスク(BBCニュースより) - 高地で休暇を過ごす肥満者は健康を損なう重大リスクに直面する、と研究者らは話す。テキサス大学サウスウエスタン校(University of Texas Southwestern)の研究者らは、急性高山病は肥満者に発生する頻度が高いことを見出した。この疾患は、標高が低い地点から、約2438メートル(8,000フィート)以上の地点への急速な上昇と通常関連が.... 続きを読む

2000-08-23
抗がん剤はアルコール依存患者に有用(BBCヘルスより) - がん患者の治療に使用する薬剤はアルコール依存患者の禁酒に役立つ、と研究者らは述べている。オンダンセトロンという薬は、がん患者の吐き気の治療に用いられているが、米国の研究によって、この薬で重度の飲酒問題.... 続きを読む

1998-10-31
C型肝炎の優れた治療法(BBCニュースより) - C型肝炎に対し、現在の治療法よりもはるかに効果があると考えられる治療法が、科学者らによって開発された。C型肝炎ウイルス(HCV)による慢性感染症は、世界では1億7千万人、ヨーロッパでは500万人以上が発症していると推計される。このような人達のおよそ20%から30%は慢性肝疾患に.... 続きを読む