ゼット(パキシルジェネリック) 20 mg

750 円!! 副作用を抑えた第3世代のSSRI抗うつ剤 ! パキシルのジェネリック!フルオキセチン(プロザック)より強力!

Xet (Paroxetine) - 20mg (10 Tablets)

■ 10錠

価格:750 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

塩酸パロキセチン水和物(Paroxetine Hydrochloride Hydrate)

 

製造国

インド

 

製造元

Zydus Healthcare

 

使用量

通常、ゼットをパロキセチンとして10~20mgから服用を開始し、1~2週間ごとに5~10mgずつ徐々に増やします。
なお減量も徐々に行います。
うつ病・うつ状態:成人に1日1回、パロキセチンとして20~40mgを毎夕食後に服用します。
パニック障害:成人に1日1回、パロキセチンとして30mgを毎夕食後に服用します。
強迫性障害:成人は1日1回、パロキセチンとして40~50mgを毎夕食後に服用します。
いずれも原則として1週ごとに10mg/日の増量が可能です。

 

商品詳細

ゼット20mgはパキシル(アロパックス)20mgのジェネリックです。

パキシル(アロパックス)は、パロキセチン塩酸塩水和物を有効成分とする抗うつ剤で、日本ではグラクソ・スミスクライン社から発売されています。

また海外では、下記のように様々な名前で発売されています。
Paxil(日本、アメリカ、カナダ、ブラジルなど)、Aropax(オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ブラジルなど)、Seroxat(オーストリア、ギリシャ、イスラエル、ポーランド、ポルトガル、イギリス、中国など)、Pondera(ブラジルなど)、Deroxat(スイス、フランスなど)、Paroxat(ドイツなど)、Cebrilin(ラテンアメリカなど)。

ゼット20mgの効能・効果は、うつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害などが適用され、様々な精神疾患の治療に使用されています。また日本では認められていませんが、海外では、社会不安障害(SAD)や全般性不安障害(GAD)、さらに心的外傷後ストレス障害(PTSD)などにも効果があるとして処方されています。

ゼット20mgの有効成分であるパロキセチンは、脳内セロトニン神経に対して選択的に強く作用します。
パロキセチンは、脳内セロトニン神経に存在する神経物質・セロトニンの再取り込みを阻害するため、脳内シナプスの間隙に存在するセロトニンの量が増え、神経の伝達が改善(うつが改善)されます。

ゼット20mgは効果が感じられるまでに比較的時間のかかる薬として知られています。飲み始めてから効果が無いと感じても、自分の判断で安易に服用を止めたりせず、最低でも2ヶ月程度は飲み続けるよう勧められています。

 

他の商品との比較

ゼット20mgは選択性セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)よ呼ばれる第三世代の抗うつ剤で、第一世代・第二世代の抗うつ剤と比較した場合、口の渇き、便秘、心毒性などの副作用が軽減されています。

パロキセチンは同様のSSRI系抗うつ剤であるフルオキセチン/Fluoxetine(商品名:プロザック/Prozac)より強い効果があり、フルオキセチン(プロザック)で効果のなかった人に対してもある一定の効果が認められたという臨床報告があります。

ただし、ゼット20mgの有効成分であるパロキセチンは、強い向精神作用や依存性があるため、使用には注意が必要とされています。

 

特別な注意

ゼット20mgの使用に際して、対象年齢は特に注意するべき点です。
抗うつ剤の使用には、基本的に副作用と薬の効果における見極めが大切ですが、このゼット20mgに関しては、特に18歳未満のうつ病患者を対象とした臨床試験で重大な不利益が確認されたという結果が出ています。また、同様に24歳以下についての結果も、あまり芳しくないことが分かっています。

ゼット20mgは抗うつ剤であるため、副作用・使用上の注意について大変厳重な規定があります。うつ病は、一般的な服用量を漫然と飲み続けるだけで治療できるような症状ではありません。医師との相談の上で服用量などを調節してい行く必要があります。

特にうつ病などの精神疾患において、自分の症状を自分で見極めることは不可能であり、さらに薬の使用、中断、増量などにより、自殺のリスクも考えられるため、ゼット20mgの使用は、必ず医師の診断・処方を受け、指示どおりに服用するようにしてください。

 

他の薬との併用

ゼット20mgと塩酸セレギリン(MAO阻害剤:抗うつ剤の一種。副作用が強く、非可逆的作用を持つため、現在は抗うつ剤としてよりもパーキンソン病のために用いられることがあります)との併用は、セロトニン症候群を誘発する可能性があるため、禁忌となっています。
これは、脳内セロトニン濃度が高まるためと考えられており、服用中あるいは服用2週間以内の人が使用することを禁じています。
また、近年開発された改良品としてRIMA(例えば、オーロリックス(アメリカ)、マネリックス(カナダ)、トリマ(ジェネリック・インド))という、可逆的MAO-A阻害剤がありますが、これもゼット20mgとの併用は禁忌となっています。

また、塩酸チオリダジン(商品名:メレリル)、ピモジド(商品名:オーラップ)さらにアルコール、あるいはセイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品との併用は、薬の効果を強くすることがあるため、禁じられています。

 

誤って大量に服用した場合

直ちに病院に相談し、医師の診断を受けて下さい。

 

服用し忘れた場合

ゼット20mgを飲み忘れた場合は、決して2回分を一度に飲まないで下さい。
ゼット20mgの飲み忘れに気がついたときにできるだけ早く1回分を飲むようにします。ただし、次回の服用時間が近い場合は、その1回分は飛ばして、次回分からきちんと飲むようにします。

ゼット20mgには依存性があるので、服用をやめた場合には非常に高い確率で頭痛や身体の軽度の痺れと言った離脱症状が生じることが確認されています。こうした副作用は、ゼット20mgを服用し忘れた場合、また薬の服用量を減量する過程でも見られることがあります。

 

副作用

ゼット20mgは飲み始めの半月ほどの間、比較的に副作用が強く現れることが知られているため、少量から服用を開始するように勧められることが多いようです(個人差があり、数日で副作用が見られなくなる人もいれば、1ヶ月ほどかかる人もいます) 。

ゼット20mgの重大な副作用として、いずれも1%未満ではありますが、セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱・幻覚・せん妄・痙攣、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害などが確認されています。

不安、興奮、手足の震え、筋肉のこわばり、発汗、急激な発熱、考えがまとまらない、現実には存在しない物が見える、意識がうすれる、全身倦怠感、意識の低下、全身倦怠感、食欲不振、皮膚や結膜が黄色くなるなどの症状が見られる時には、すぐにゼット20mgの使用を中止し、医師に相談してください。

その他、一般的に多い副作用としては眠気、吐き気や食欲不振などがありますが、これは投与後しばらく続いた後、軽くなる傾向があります。症状の軽減や医師との相談の上、服用量を調節することで対応可能な範囲と考えられます。

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-01-28
子供のSSRIS使用:思った以上に高いリスク?(【MedPage Today'】より) - 抗うつ薬は自殺企図や自殺念慮と関係しており、特に子供や青年に多い。またその害はとてつもなく過小評価されていることが、以前に行なわれた規制薬物の無作為試験のメタ分析によりわかった。このメタ分析は製薬会社のウエブサイト.... 続きを読む

2016-01-28
出産前の抗うつ薬の使用は胎児の先天性心疾患と無関係(【HealthDay】より) - 今週、米国予防医学専門委員会(USPSTF)が、妊娠中および出産後のうつに関するスクリーニングと該当者の治療を勧告した。女性たちは、うつの投薬治療が胎児にどのような影響を与えるのか気になることだろう.... 続きを読む

2015-09-16
パキシルは10代には安全ではないことが判明(【HealthDay】より) - 最初に行なわれた試験データを10年以上経過した後に再分析したところ、問題を持つ若者の治療に安全かつ効果的であると謳って物議を醸している抗うつ薬であるパキシルの臨床試験とは異なる結果を示した。.... 続きを読む

2015-07-09
一部のSSRI抗うつ剤に出生異常リスクを上昇させる可能性(【BMJプレスリリース】より) - SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)として知られている一部の抗うつ剤の妊娠初期における服用は、出生異常リスク上昇と関係しているとの結果が今週のBMJで発表された。 もしこれらに因果関係がある場合、出生異常に.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2014-10-20
血管運動神経症状に対する低用量パロキセチン治療で体重・性欲は変化しない(ヒーリオより)― 『メノポーズ(Menopause)』誌に発表された第III相試験プール解析の結果によると、閉経に伴う血管運動神経症状の治療に低用量パロキセチンを使用しても体重や性機能に有意な変化はなかったという。今回の知見の元になったの.... 続きを読む

2014-10-14
低用量パロキセチンはホットフラッシュを生じる女性で体重増加の原因にならず(ファーマシー・タイムズより)― 低用量パロキセチン(商品名Brisdelle)治療を、更年期のホットフラッシュ(ほてり)を生じる女性に用いた場合、体重増加または性機能障害の原因とはならないことが、2件の第3相試験のデータを統合した探索的解析で示された.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2012-10-18
血管運動症状に対する低用量SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が有望視(モダン・メディスンより) - 北米閉経学会(NAMS:North American Menopause Society)の総会で発表された2件の研究結果によれば、新しいタイプの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である低用量メシル酸パロキセチン(LDMP)は、閉経の血管運動症状(のぼせ・ほてり・発汗・動悸・.... 続きを読む

2012-10-04
抗うつ薬が更年期症状を減らす(メドページトゥデイより) - 低用量の抗うつ薬パロキセチン(パキシル、ペクセバ)は、ホットフラッシュの頻度および重症度を多少下げる可能性のあることが2件の短期試験で明らかにされた。フロリダ大学(University of Florida)(ジャクソンビル)のアンドリュー.... 続きを読む

2012-10-01
一般的な抗うつ薬パキシルが心不全を予防する可能性(サイエンス・コデックスより) - ミシガン大学(University of Michigan)の研究者らによれば、うつ病や不安障害を治療するのに通常用いられる薬剤が心不全の予防に役立つ可能性があるという。ミシガン大学生命科学研究所(Life Sciences Institute)の研究教授で、ミシガン大学医学部薬理学教授の.... 続きを読む

2012-04-14
パーキンソン病患者に対する抗うつ薬の効果(Nurse.comより) - 特定の抗うつ薬は、運動障害の悪化につながることなく、パーキンソン病患者における抑うつ状態を緩和させるように思われることが、研究で示された。「パーキンソン病では抑うつ状態が多々みられるので今回の結果は興味深いものだが、.... 続きを読む

2011-09-14
強迫性障害を理解する(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - スティーブン・マクウィリアムス(Stephen McWilliams)博士は、強迫性障害の複雑な症状に注目し、治療できる方法はないか検討している。強迫神経症を患う小説家メルヴィン・ユドール(Melvin Udall)氏は.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。