がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-09-03

ソース(記事原文):News-Medical

アスピリンががん治療の効果を促進させるかもしれない

【News-Medical】(2015年9月3日) ― 『セル・トゥデイ(Cell Today)』誌で発表された新しい研究によると、がん患者に免疫療法と並行してアスピリンを投与すると、治療の効果を劇的に促進する可能性があるらしい。

『セル・トゥデイ(Cell Today)』誌で発表された新しい研究によると、がん患者に免疫療法と並行してアスピリンを投与すると、治療の効果を劇的に促進する可能性があるらしい。

英国がん研究所が設立したフランシス・クリック研究所の研究者たちは、皮膚、胸そして大腸がん細胞は、膨大な量のプロスタグランジンE2(PGE2)を頻繁に生成していることを発表した。PGE2は欠陥細胞を攻撃するという免疫システムの正常な反応を弱め、がんの潜伏を助ける。これが腫瘍に成長を許す手口で、一部の免疫療法が思ったほど効果をあらわさないことの説明になっているかもしれない。

アスピリンはCOX阻害薬と呼ばれる分子グループの一部で、PGE2の生成を止め、免疫システムを呼び起こす助けをする。ネズミを使った実験では、免疫療法とアスピリンまたはほかのCOX阻害薬の組み合わせは、単剤療法と比較して大腸がんおよび皮膚がんの進行を大幅に遅らせた。

フランシス・クリック研究所の上級グループリーダーで、研究著者のカエターノ・レイス・エ・ソウサ教授はこう語っている。「免疫システムからの逃避方法としてPGE2を生成するがんもある、ということを私たちは増えてきた証拠に追加しました。もしがん細胞が持つPGE2の生成能力を奪うことができるなら効果的にこれを取り除き、免疫システムのフルパワーを全開にします」。

「免疫療法としてアスピリンのようなCOX阻害薬を併用することは、患者が治療によって受ける恩恵を大きく変えるかもしれません。取り組むにはまだ早いですが、しかしこのことはがんの免疫療法をより効果的にするだけでなく、人生を変えるような結果を患者にもたらす助けになることでしょう」。

英国がん研究所の臨床医長であるピーター・ジョンソン教授は、「PGE2 は体内のさまざまな細胞に作用し、またこの研究はその作用のひとつががん細胞を無視するように免疫システムに伝えていることを示唆しているのです。がん細胞にPGE2の生成をやめさせると、免疫システムは‘殺りくモード’に切り替わり、腫瘍を攻撃します」と話している。

「この研究はネズミで行なわれたため、実際に患者の治療のひとつとしてCOX阻害薬を投与されるまでには、まだいくつかの道をたどる必要があります。しかし、さまざまながんの治療反応を劇的に改善するのが単純な方法だというのは、実におもしろい研究結果です」。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円

- アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円