痛み止め(鎮痛・抗炎症) - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2016-11-07

ソース(記事原文):Medical Daily

アスピリンの効果:
アセチルサリチル酸がどのように痛みを緩和し、
炎症を減少させるか。毎日服用すべき?

【Medical Daily】(2016年11月7日)

ほとんど人が人生のある時点でアスピリンを使用したことがあるはずだが、どうしてこの小さな白い錠剤がとても効率よく痛みを鎮めるかを考えたことがあるだろうか?幸いにも、「ハウ・スタッフ・ワークス(How Stuff Works 」のチームが最近、この広く知られた薬の裏に隠された科学についてわかりやすくユーチューブビデオにまとめている。


アスピリンはかなり新しい医学的驚異であるが、この薬自体は、6000年以上も痛み止めとして使用されているヤナギの木由来である。「ハウ・スタッフ・ワークス」によって説明されているとおり、科学者がヤナギに含まれ有効成分であるサリシンを抽出して純化に取り組んでから、現在我々が知っているアスピリンとして知られるようになった。


消化管の中でサリシンはサリチル酸に分解され、痛みと炎症の減少を助ける。ドイツの科学者はこれを大量に合成することに成功したが、残念ながら胃の内壁にとても負担をかけた。そこでサリチル酸合成の弱酸性バージョンとしてつくられたのがアスピリンである。


危険を警告するために痛みは重要であるが、ケガの危険性がなくなっても痛みが続くのは意味がない。さらに、月経けいれんや頭痛など、ケガが原因でない痛みもあり、予防することはできない。アスピリンは、痛みの感覚を脳に知らせる細胞に歯止めをかける結果として、脳は痛みをあまり記録せず、炎症反応も少なくなる。



この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円

- アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円