がん治療 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2015-03-15

ソース(記事原文):スタンダード・デジタル

オーストリアの専門家らによれば、癌予防にアスピリンを用いると数百人の死亡を回避できる可能性

スタンダード・デジタル(2015年3月15日) ― ウィーン:50歳以上の人に定期的に低用量アスピリンを10年間以上投与すると、食道・胃・大腸癌の死亡率が有意に減少する可能性のあることが、金曜日に発表された。

製薬会社ラナッハ(Gerot Lannach)社の主催する科学会議において、ロンドン大学クイーン・メアリー(Queen Mary University of London)ウルフソン予防医学研究所の責任者で、英国の癌専門医ジャック・カズィック(Jack Cuzick)氏が発表したところによると、こうしたアスピリンの服用で、オーストリアにおける死亡例数が年に441例減少し、欧州では年に5万例減少する可能性があるとしている。

カズィック氏は、悪性腫瘍の予防策として禁煙の次に有効なアスピリンの予防的効果について、一般の人々はもっと知る必要があるとしていることを、オーストリア通信社が伝えている。

同氏によれば、アスピリン投与によるベネフィットの有害作用に対する比は8:1であり、最大リスクは出血である。このテーマは現在幅広く研究されており、胃に生息するピロリ菌もその一例であり、中年層の20%は自覚のないまま保有しており、癌の誘因となっている。

ただし、専門家によれば、ピロリ菌は抗生物質を使用することで容易に治療可能だという。

同氏はその他のリスク因子には糖尿病や高血圧があるとしている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円

- アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円