心臓・血液の病気 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2013-03-11

ソース(記事原文):MPR

アロプリノールが心不全患者の心房細動の発生率を低減

MPR(2013年3月11日)― カリフォルニア州サンフランシスコ-アロプリノールが心不全患者の心房細動(AF)の発生率を低減させたことを、米国心臓学会(American College of Cardiology, ACC)第62回学術集会(2013年)で発表された後ろ向きコホート研究が見出した。

近年、血清尿酸は心不全の罹患率および死亡率の簡単で独立したマーカーとして、また心房細動リスクの予測因子として示されている。

i. 「この効果は、酸化ストレスの変化によってもたらされている可能性がある」とフロリダ州マイアミのマイアミ退役軍人局病院(Miami Veterans Affairs Healthcare System)およびマイアミ大学医学部(Department of Medicine, University of Miami)のフェルナンド エンリケ・ヘルナンデス(Fernando Enrique Hernandez)医師は指摘した。

ヘルナンデス博士と同僚らは、2005年1月から2011年1月にブルース・カーター・マイアミ退役軍人心不全クリニック(Bruce Carter Miami Veterans Affairs heart failure clinic)に登録されていた退役軍人603人のAFの発生率に対するアロプリノールの効果を評価した。患者の駆出率は≤40%で、「AFの定義は、AFで入院したり、AFでクリニックの診察を受けることであった」。アロプリノール服用は、薬局の電子カルテにおけるAFの診断後に処方されたアロプリノール(カテゴリ変数)であるか、被験者の最初の処方日から最後の処方箋の日付、死亡、または投与中止までの正味時間として分類された。

「我々はロジスティック回帰を使用してアロプリノール使用の傾向を計算し、それから傾向一致分析と、傾向スコアと左心房の大きさに合わせて調整した多変量Cox比例モデルを実施した」と博士らは述べた。

アロプリノールを使用した患者103人を、非アロプリノールユーザー500人とマッチングした。この2つの照合群は平均年齢、CAD、ACEIとβ遮断薬の使用、左心房の大きさの中央値、駆出率の平均を含む傾向一致ベースライン特性が類似していた、と研究者は述べた。

アロプリノール使用の傾向を調整した場合、非アロプリノール・ユーザと比較して、AFの発生率はアロプリノール群で低かった。(HR 0.53 [95%CI 0.28から0.98]; P = 0.04)

研究の著者らは、これらの知見には無作為化試験での検証が必要であると結論づけている。


この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- 錠剤カッター () 540 円

- レボライザー(吸入器) (1個) 1080 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)100mg (250錠) 1070 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg (100錠) 800 円

- ザイロリック (アロプリノール)100mg (10錠) 390 円

- シムビコート・タービュヘイラー (ブデソニド/ホルモテロールフマル酸塩水和物) 200 /6 (120吸入分) (1スプレー缶) 9940 円

- ハンディヘイラー () 800 円

- アポ・アロプリノール(アロプリノール)100mg (1000錠) 4280 円

- アポ・アロプリノール (アロプリノール)300mg(500錠入り) (500錠) 3770 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)100mg(1000錠) (1000錠) 4870 円

- アロプリノール・アポテックス(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4160 円

- ディー・ピー・アロプリノール(アロプリノール)300mg(500錠) (500錠) 4350 円