その他 - このカテゴリーに関連するニュース・情報

下記の内容は、当サイトがWeb上の英語で書かれたニュースや記事を独自に訳したものであり、当サイトはその内容、翻訳の正確性に関して一切免責とさせて頂きます。この点をご理解の上、参考になさってください。また、この翻訳文の無断利用はお控え下さい。

2016-09-19

ソース(記事原文):Medical News Today

オメガ3、オメガ6脂肪酸が読書能力を向上させる?

【Medical News Today】(2016年9月19日)

もし子供の読書能力に問題があるなら、家庭教師を雇うよりも、その解決方法として脂肪酸サプリが役立つかもしれない。このような結論を出したスウェーデンのヨーテボリ大学で行なわれた研究が『児童心理学精神医学ジャーナル』で発表された。


この研究は、ヨーテボリ大学サルグレンスカ・アカデミーのギルバーグ神経精神医学センターの医長であり研究員でもある、マッツ・ジョンソン氏が主導した。


過去の研究では、子供の不注意と読書能力欠損に対してオメガ3およびオメガ6に好ましい効果があることを示唆している、と彼とその同僚は述べている。そこで研究チームは、脂肪酸が主に学童の読書能力を改善するかどうかの確認を試みた。


人の体は、必要とする多くの脂肪をほかの脂肪や物質から生成することができるが、オメガ3とオメガ6は食物から摂取しなければならない必須脂肪である。


オメガ3を多く含む食物は、魚、植物油、ナッツ類、亜麻油、葉物野菜である。一方、食物中のオメガ6脂肪酸の多くは植物油に含まれている。


ジョンソン氏とその同僚は、オメガ3とオメガ6に含まれる多価不飽和脂肪と、それが子供の学習能力と行動に与える効果は、研究の成長分野である、と語る。


研究チームによると、現代の食事はあまり多くのオメガ3を含んでいない。


「脳の細胞膜はその大部分が多価不飽和脂肪でできており、脳内の神経細胞とシグナル伝達システム調整の間のシグナル伝達には脂肪酸が重要であると示している研究もあります」とジョンソン氏。



軽度の注意障害を持つ子供に対して大きな改善効果

この研究の実行にあたり、研究者たちは西スウェーデンの3年生(9歳から10歳)の児童154人を集めた。


そして研究者たちはロゴス・テストと呼ばれるコンピュータを利用した試験で児童たちの読書能力を測定した。この試験では読書速度、無意味語の読み能力、そして語彙を計測する。


次に、子供たちを無作為に選んでオメガ3とオメガ6のカプセル、またはヤシ油を含んだ見た目そっくりの偽薬服用群に分けた。子供たちは3ヵ月これを服用したが、子供も親も脂肪酸と偽薬のいずれを服用しているのかは知らされなかった。


3ヵ月後、子供たち全員がオメガ3/6カプセルを研究の残り3ヵ月間服用した。

3 ヵ月後であっても、脂肪酸を追加したことで偽薬群と比較して子供たちの読書能力が向上したことを認めることができました。特に無意味語を声に出して正しく発音する読む能力(音韻解読)と、文字の並びを速やかに読む能力(視覚分析時間)に対して顕著でした」。

マッツ・ジョンソン


実験には軽度の注意力不足の子供が数名含まれていたが、ADHD(注意欠陥過活動性障害)と診断された子供はいなかった。しかしながら、軽度の注意力不足の子供たちは脂肪酸サプリの服用後は、読書が速くなるなど特定の試験で大きな改善を示した、と研究者たちは述べている。


オメガ3やオメガ6が学童の読む能力を向上させたことを示した最初の二重盲式プラセボ比較研究がある。この研究は、脂肪酸サプリから利益を受けたと示唆しているが、ジョンソン氏は、「結果をさらに信頼するには、ほかの研究でも同じことを行なわなければなりません」と語っている。



この記事に関連するくすり屋さん取扱商品

- ゴールドオメガ・スリー (60カプセル) 1950 円

- ゴールドオメガ・スリー・プラス (60カプセル) 5630 円

- オメガ・デイリー(オメガ3)1034mg(60カプセル) (60カプセル) 15000 円

- オメガ・ブレイン(オメガ3)1000mg(60カプセル) (60カプセル) 15000 円

- キッズ・フルーティー・フィッシュ(子供用オメガ3サプリメント)(オメガ3)525mg(30カプセル) (30 カプセル) 7840 円