バイオ・イー250IU(ビタミンEサプリメント(ビタミンE250IU/小麦胚芽油150mg/レシチン50mg)(60カプセル)

5880 円!! 強力な抗酸化作用が動脈硬化や心臓病を予防!血行をよくすることで肩こりや腰痛、冷え症のほか、美肌効果も期待!吸収を高めるレシチンを配合した画期的なビタミンEサプリメント!

Bio E 250 IU (Vitamin E 250IU /Wheatgerm oil 150mg /Lecithin 50mg) (60 Capsules)

■ 60カプセル

価格:5880 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ビタミンE (Vitamin E)

小麦胚芽油(Wheatgerm oil)

レシチン(Lecithin)

 

同一成分含有商品

メネビット/メンエビット  (30錠) 5340 円
Menevit (Vitamins and Minerals) - 30 Capsules

コアサチン非ステロイド性クリーム(小児治療用)(アラントイン/パンテノール/ビタミンB6/ビタミンEなど) (30gチューブ) 4970 円
Coresatin (Pediatric Nonsteroidal Healing Cream) - 30g

ゴールドオメガ・スリー (60カプセル) 1950 円
Gold Omega 3 (Fish Oil/Eicosapentaenoic Acid/Docosahexaenoic Acid/Omega-3 Acids/Vitamin E) - 1000mg/330mg/220mg/100mg/6.7mg (60 Capsules)

コアサチン非ステロイド性クリーム(糖尿病性足潰瘍支持療法用)(アラントイン/パンテノール/ビタミンB6/ビタミンEなど) (30gチューブ) 6630 円
Coresatin Nonsteroidal Cream (Supporting Therapy For Diabetic Foot Ulcers) - 30g

キュー・テン(コエンザイムQ10/レシチン)30mg/20mg  (30カプセル) 2970 円
Q10 (Q10 Coenzyme/Lecithin) - 30mg/20mg (30 Capsules)

レバー・プロテクト(レシチン875mg/硫酸亜鉛一水和物6.87mg/ピコリン酸クロム160mcg)(60カプセル) (60カプセル) 11450 円
Liver Protect (Lecithin 875mg / Zinc sulphate monohydrate 6.87mg / Chromium picolinate 160mcg) (60 Capsules)

ビタミンB12アイクリーム・プラス(ビタミンB12/ロサケンティフォリアウォーター/ヒアルロン酸/スクワラン/カフェイン/アラントイン/シアバター/ビタミンE/ビタミンC/ビタミンB3)(15mL) (15mL) 7800 円
Vitamin B12 Eye Cream PLUS (Vitamin B12 /Rosa Centifolia Flower Water/ Hyaluronic Acid/ Squalane/Caffeine/Allantoin/ Shea butter/ Vitamin E/ Vitamin C/ Vitamin B3) (15mL)

レシチン1200(レシチン)1200mg(60カプセル) (60カプセル) 5730 円
Lecithin 1200 (Lecithin) (60 Capsules)

バイオ・イー250IU(ビタミンEサプリメント(ビタミンE250IU/小麦胚芽油150mg/レシチン50mg)(60カプセル) (60カプセル) 5880 円
Bio E 250 IU (Vitamin E 250IU /Wheatgerm oil 150mg /Lecithin 50mg) (60 Capsules)

アドバンスド・リンクルリフティング・アイエマルジョン(ジュビニティー/ビタミンE/レチノール/ヒアルロン酸/エルアルギニン/アミノ酸/グラエクムエキス/ペンタバイティン)(20mL) (20mL) 36000 円
Derma Medream Advanced Wrinkle Lifting Eye Emulsion (Juvinity/ Vitamin E/ Retinol/ Hyaluronic Acid/ L-Arginine/ Amino Acid/ Graecum Extract/ Pentavitin/ Olive Extract/ Soy Bean Extract) (20ml)

 

製造国

オーストラリア

 

製造元

Blackmores

 

使用量

成人

1日1-2カプセルを食事と共に経口服用します。


子供(12歳未満)

推奨されていません。


 

商品詳細

バイオ・イー250IUは、強力な抗酸化作用を発揮する天然ビタミンEのサプリメントです。動脈硬化などの生活習慣病をはじめ、老化の予防、血流、肌荒れの改善にも効果が期待できます。


ビタミンEは油に溶ける脂溶性ビタミンで、大きくトコフェロールとトコトリエノールに分けることができ、さらにそれぞれ4種類の合計8種類が存在します。これらを合わせてビタミンEと呼び、その中でももっとも強い活性を持ち、また体内のビタミンEの90パーセントを占めるのがα-トコフェノールです。バイオ・イー250IUは、このα-トコフェノールを1カプセル中に355mg含んでいます。

ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも呼ばれ、血管や細胞、肌の老化を防止する働きを持っていますが、これらの効果は活性酸素を抑える抗酸化作用によります。活性酸素は、体内に取り込まれた酸素が化学変化を起こすことで発生し、体内に侵入してくる細菌などを排除する反面で、過剰に発生した場合は細胞膜など体内の脂肪酸と結合して細胞を酸化させ、有害物質の過酸化脂質をつくります。この物質はシワ、シミ、たるみなどを含む皮膚の老化、動脈硬化などの原因となるほか、脳卒中や心筋梗塞の危険を高めます。さらに細胞膜が破壊されると、細胞の核にあるDNAが活性酸素によって損傷し、突然変異の遺伝子を作り出すことでがんを誘発することもあります。

人間の身体には活性酸素が増え過ぎたときにそれを消去する働きを持つ何種類かの酵素が存在し、基本的にはこれらの酵素によりある程度の活性酸素を抑えることができます。しかしこの働きは加齢と共に衰え、さらに現代の食生活や生活環境などは活性酸素を増やす要素が多く、これらの酵素ではすべてを処理しきれないといわれています。そのため外部から抗酸化成分を補い、この活性酸素の発生をできるだけ抑えることが身体のさびつきや老化を防ぐための重要なポイントになります。その抗酸化力を高める成分のひとつがビタミンEです。


ビタミンEの効果は細胞の酸化を防ぐことによる老化、関節炎、がん、糖尿病、アルツハイマーなどの予防のほかに、フリーラジカルから動脈壁を守る役割も持っています。フリーラジカルは、外からの病原菌や細菌などの攻撃から体を守る免疫機能としての役割を持つ一方で、増えすぎると細胞膜や組織を構成する脂質やたんぱく質を攻撃し、脂質を連鎖的に酸化させる脂質過酸化反応を引き起こす物質です。

酸化による傷害を受けた動脈壁は、血管内に粥状のかたまりであるプラークを形成しやすいといわれており、これが大きくなると血管を詰まらせ、やがて血管狭窄や動脈硬化を引き起こす原因になります。このプラークの原料のひとつにLDL-コレステロールがあります。しかし、悪玉と呼ばれるLDL-コレステロールではありますが、実際には酸化した場合に限り体に対して有害であることがわかっています。ビタミンEはこのLDL-コレステロールや脂肪を酸化から守ることで、血管の詰まりを防いで心臓の健康や生活習慣病を予防・改善する効果が期待できます。

さらに、ビタミンEは毛細血管を拡げ、末梢血管の血行障害により起こる冷え症、腰痛、肩こり頭痛などの症状を改善し、また血流がよくなることで肌のハリやツヤがアップして美肌効果が期待できるほか、月経前のイライラ、生理痛、生理不順の改善など、更年期障害による症状を軽減する効果もあるといわれています。


なおバイオ・イー250IUは、吸収、持続性にすぐれた天然ビタミンのα-トコフェノールに加え、ビタミンEが豊富な小麦胚芽油や、ビタミンEの吸収をよくするレシチンを配合しています。これらの働きにより、毎日の健康に必要なビタミンEを効率よく摂取することができます。


 

他の商品との比較

合成よりも吸収、持続性にすぐれた天然ビタミンを配合しています。


服用しやすいカプセルタイプです。


ビタミンEは細胞膜をダメージから守る抗酸化物質です。


脂肪やコレステロールを酸化から防ぎます。


 

特別な注意

【禁忌】

・バイオ・イー250IUの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【服用注意】

・抗凝血剤、抗血小板剤を服用中の人

・抗酸化剤を服用中の人

・がん化学療法、放射線量方を受けている人


【使用上の注意】

・定められた用量を守ってください: 過剰摂取を長期間継続した場合、骨粗しょう症のリスクや死亡率が高まるとの報告があります。

・妊婦、授乳婦の服用は、過剰に摂取しなければ問題ないとされていますが、事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

・鉄分と併用した場合、ビタミンEの抗酸化力が低下することがあるので、併用する場合は時間をずらして摂取してください。


 

他の薬との併用

【併用注意】

・抗凝血剤、抗血小板剤: 出血リスクを高めることがあります。

・抗酸化剤(ビタミンC、セレニウム、βカロチンなど): 血中コレステロール値管理のために服用した2種類の薬剤(スタチン、ナイアシン)の心臓保護効果が低下したとの報告があります。

・がん化学療法、放射線療法: これらの治療の有効性に変化をもたらす可能性があります。

・鉄分: ビタミンEの抗酸化力が低下することがあります。


 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

バイオ・イー250IUを過剰に摂取した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

発疹、発赤、そう痒、胃部不快感、頭痛、便秘、下痢


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-03-19
妊娠中のネズミにおける過剰なビタミン摂取は、子の食べ物の好みに影響を与える可能性(【カナダ科学出版社】より) -トロント大学栄養科学学部と医学部の研究者グループが、母親が必要量以上のビタミン(A、D、E、K)をすると、子の脳の発達と行動にどのような影響を与えるのかをネズミを使って実験している。彼らの.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2011-09-27
はげしい夏の余韻を癒す(エグザミナーより) - 夏は過ぎ去っていったが、海辺の太陽を満喫したあとの余波は、わたしたちの肌にくっきりその跡を付けている。容赦なく降り注ぐ太陽光線にされされ、ブヨや蚊に刺されたあとが残り、塩素の入ったプールの水や海水で泳ぎ.... 続きを読む

2011-09-23
皮膚のトラブルに賢い解決策(ガルフニュースより) - 特定の美肌に関するトラブルは突発的に何度となく現れるものだが、解決することは可能である。皮膚科医リリアン・カーン(Lillian Khan)医師が、一般的なトラブルへの対処法を伝授する.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。