ルリルクス・クリーム(ルリコナゾール)1%(50g)

1150 円!! 強力な抗真菌活性とすぐれた皮膚貯留性!約半分の治療期間で、水虫、いんきん、たむし、でんぷうなどに顕著な改善効果を発揮するイミダゾール系抗真菌薬です!正しい使用で完治も可能!

Lulirx Cream(Luliconazole)1% (50g)

■ 50g

価格:1150 円

数 量 :

ご注文手続き完了後1ヵ月~1ヵ月半で入荷予定となります


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ルリコナゾール(Luliconazole)

 

製造国

インド

 

製造元

Cadila Pharmaceuticals

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の使用においては医師の指示に基づき、適切な量を使用するようにしてください。


1日1回患部に適量を塗布します。


 

商品詳細

ルリルクス・クリーム1%は、水虫、いんきん、たむしなどの白癬(はくせん)や、指間びらん、間擦疹などのカンジダ症、さらにでんぷう(癜風)を治療するイミダゾール系の抗真菌薬です。


体に取り付くカビ疾患の90%を占める皮膚感染症は、汗、汚れ、体質などが関係して、カビの仲間である真菌が皮膚の表層にある角質に入りこむことで発症しますが、その主な原因となるのが白癬(はくせん)です。白癬は、皮膚糸状菌が原因で起こる皮膚感染症で、皮膚糸状菌は皮膚の角層、爪、髪の毛などを構成しているケラチンというたんぱく質を栄養とし、分解・利用することで繁殖していくカビの一種であり、ケラチンの存在する部位であればどこにでも感染する可能性があります。例えば足に感染すれば「水虫」、体部では「たむし」、股間部の場合は「いんきん」、頭部に感染すればシラクモなどと呼ばれ、円形・不整形の白身を帯びた輪ができる、皮膚の表面がカサカサになりウロコ状になる、小さい水疱やかゆみが生じる、などの症状があらわれます。


カンジダは、口中、消化管、膣などの粘膜や皮膚の湿った部分に普通に生息している常在菌で、酵母など球状のカビである分芽菌という真菌に属しています。通常は免疫機能が過度の増殖を防いでいるため、健康な人の場合では発症することがほとんどありませんが、風邪、疲労、ストレスなどによる体力低下をはじめ、ステロイドや抗生物質の使用による抵抗力低下のほか、血液疾患、AIDSなどの免疫不全症、糖尿病といった基礎疾患などが原因となってカンジダが異常に増殖し、感染症を引き起こすことがあります。感染した部位により症状は異なりますが、主に発疹やびらん、かゆみなどがみられます。


またでんぷう(癜風)は、カビの一種である癜風菌に感染することにより、主に胸、背中、腕、頚部などの上半身に黒いシミ(黒色癜風)や、その反対に白い脱色素斑(白色癜風)があらわれる疾患です。特に汗をかきやすくなる春から夏にかけて発症や悪化しやすい上に、かゆみや赤みをほとんど伴わないために、発症に気づかない場合が多いとされています。外用薬塗布で2週間ほどで菌は陰性化するケースがほとんどですが、色素の沈着や脱失は長期間残り、また再発率が極めて高い菌でもあります。


これらの皮膚糸状菌、酵母類、でんぷう対して強い抗真菌作用を示すのが、イミダゾール系の抗真菌薬であるルリルクス・クリーム1%です。細胞は、その形状を保つために細胞膜に被われ、細胞内の生化学反応系を外部から保護していますが、真菌細胞は人間の細胞とは異なり、エルゴステロールと呼ばれるステロイドを主成分とする植物性細胞膜を持っています。細胞膜のリン脂質と特異的に結合してこの膜の物性を変化させ、最終的には細胞膜の構造・機能を障害し、抗真菌作用を発揮するのが、ルリルクス・クリーム1%の有効成分であるルリコナゾールです。ルリコナゾールにより細胞膜の合成を阻害させられた真菌細胞は細胞分裂が不可能になり、増殖できなくなるため、やがて死滅します。そのため、ルリルクス・クリームを正しく使用することにより、水虫、カンジダ、でんぷうを完全に治すことが可能になります。


なお、ルリコナゾールの抗真菌活性作用はほかの成分よりも強く、また皮膚に貯蓄する性質を持っていることから、ほかの抗真菌薬と比較して約半分の期間で治療効果を発揮するとされています。


 

他の商品との比較

イミダゾール系抗真菌薬です。


広いスペクトルを持ち、特に皮膚糸状菌に対して強力な抗真菌活性を示します。


体部白癬、股部白癬、皮膚カンジダ症およびでんぷうの足白癬以外の皮膚真菌症に対しても、短期間塗布で高い有効率を示します。


ルリコナゾールを有効成分とした薬剤は、クリームのほかに軟膏や液剤があり、日本ではルコナック(ポーラファルマ、佐藤製薬)、ルリコン(ポーラファルマ)の名前で発売されています。


海外では、Luliconazole、Luzu、Luliconなどの名前で発売されています。


 

特別な注意

【禁忌】

・ルリルクス・クリームの成分に対し過敏症の既往歴のある人


【使用上の注意】

・眼科用として角膜、結膜には使用しないでください。

・著しいびらん面には使用しないでください。


【妊婦、産婦、授乳婦など】

・妊婦または妊娠している可能性のある人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用してください。


【小児など】

・低出生体重児、新生児、乳児、幼児または小児に対する安全性は確立していません。


 

他の薬との併用

ほかの薬剤とルリルクス・クリームの併用に関する注意は報告されていませんが、併用する場合は事前に医師または薬剤師に相談するのが望ましいとされています。

 

誤って大量に服用した場合

過剰に塗布した分は拭き取る、または洗い流してください。

 

服用し忘れた場合

問題ありません。

 

副作用

ルリルクス・クリームを使用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用

そう痒、発赤、刺激感、摂食、皮膚炎、疼痛、湿疹、ほてり、熱感、灼熱感、水疱、BUN上昇、尿たんぱく増加、接触性皮膚炎


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。