ニゾニド 500 (ニタゾキサニド) - 500mg

6000 円!! ニゾニド500(ニタゾキサニド)500mg は、ニタゾキサニドを主成分として含む抗ウイルス薬です。ウイルスと宿主タンパクの結合を阻害することで、ウイルスの複製を阻害する新しい作用機序が特徴。B型肝炎や寄生虫の駆除治療として用いられます。◆最近ではイベルメクチンと抗ウイルス薬のニタゾキサニドを併用することで、Covid19(新型コロナウイルス)の治療にも効果的であるという研究も発表されました。◆注文ご希望のお客様はこちらよりお問い合わせください。

Nizonide 500 (Nitazoxanide) - 500mg (60 Tablets)

■ 60錠

価格:6000 円

X 【現在、在庫切れとなっています】


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

ニタゾキサニド(Nitazoxanide)

 

製造国

インド

 

製造元

Ind-Swift Ltd.

 

使用量

以下の服用量は目安です。自己判断で量を調節せず、医師の指示に従って服用してください。


・1~3歳
ニタゾキサニドとして100mgを食物と一緒に、12時間おきに経口で3日間摂取してください。

・4~11歳
ニタゾキサニドとして200mgを食物と一緒に、12時間おきに経口で3日間摂取してください。

・12歳以上
ニタゾキサニドとして500mgを食物と一緒に、12時間おきに経口で3日間摂取してください。

 

商品詳細

ニゾニド500の主成分であるニタゾキサニドは、ウイルスがもっているタンパク質であるHBxと、宿主細胞のタンパク質であるDDB1との結合を阻害する抗ウイルス薬です。ウイルスのタンパク質と宿主細胞のタンパク質の結合を阻害することで、ウイルスの複製を防止し、ウイルスの産物量を抑えます。

ニタゾキサニドは、寄生生物や細菌、ウイルスなどに対して幅広く効果を示すことが特徴です。海外ではクリプトスポリジウムやジアルジアによって引き起こされる下痢の治療薬としてすでに承認されています。ニタゾキサニドを服用することで、下痢が引き起こされる期間を有意に短縮することが可能です。
また、全世界での患者数が2億5千万人以上いると言われているB型肝炎 の治療薬としても注目されています。B型肝炎の治療薬はすでにいくつも開発されていますが、どれもウイルスの複製を阻害するのみでウイルスタンパク質そのものを陰性化することはできません。そのためB型肝炎の治療を始めると、一生涯にわたって服用を続ける必要があります。

しかしニタゾキサニドは、ウイルスの複製を阻害するだけでなくウイルスタンパク質の陰性化をすることが期待されています。そのため生涯にわたって抗ウイルス薬を飲み続けることなくB型肝炎のウイルスを体内から排除できる可能性があるのです。他にC型肝炎の治療にも有効である可能性が示されており、こちらも現在研究が進められています。

最近ではニタゾキサニドと抗寄生虫薬のイベルメクチンを併用することで、Covid19(新型コロナウイルス)の治療にも効果的であるという研究も発表されました。イベルメクチンは、もともと単体の服用でもCovid19による致死率を80%下げられる可能性があると言われています。

ある臨床検査でイベルメクチンを服用したグループでは、死亡者は573人中8人でしたが、イベルメクチンを含まないプラセボを服用したグループでは510人中、44人の死亡者が確認 されました。イベルメクチンを服用することで、Covid19が体内から除去されるのに必要な時間を短縮できるため、治療効果があるのだと推測されています。 このイベルメクチンにプラスして、幅広いスペクトルを示すことが特徴のニタゾキサニドを併用することでCovid19の治療に効果を示すのではと注目されているのです。

 

他の商品との比較

これまで使われてきたB型肝炎の治療薬は、多くがウイルスの逆転写酵素を阻害することでウイルスDNAの産生を阻害するものです。ところが、すでに感染した細胞の逆転写酵素を阻害することはできませんでした。一方でニゾニド500に含まれているニタゾキサニドは、逆転写酵素ではなくタンパク質の結合に着目した薬です。ウイルスの複製を阻害するだけでなく、ウイルスを体内から完全に排除できるのではと期待されています。

 

特別な注意

【禁忌】
ニゾニド500の主成分であるニタゾキサニドや、製剤中に含まれている成分に過敏症がある方、過敏症の既往歴がある方は服用しないでください。

【高齢者】
高齢者がニゾニド500を服用した場合の安全性については確立されていません。高齢者は肝機能や腎機能、心臓機能などが低下しており副作用が出やすくなっているので、副作用の発現に注意しながら服用してください。

【小児】
ニゾニド500mgは、小児の服用に関しても安全性と有効性が承認されています。ただし1歳以上からの服用となるため、1歳未満の方は服用しないでください。

【妊婦・授乳婦など】
催奇形性や胎児毒性は認められていないものの、妊婦や授乳婦が使用した際の安全性については確立されていません。そのため妊娠中は服用を控え、授乳中に服用する場合は授乳をしないようお願いします。

 

他の薬との併用

ワルファリンなど、血漿タンパク質と結合する性質をもつ薬と併用すると、効果が弱まる可能性があります。

 

誤って大量に服用した場合

ニゾニド500を大量に摂取してしまった場合は、すぐに胃洗浄など適切な処置をしてください。解毒剤は今のところありません。

 

服用し忘れた場合

 

副作用

ニゾニド500の服用により、以下の副作用が起こることがあります。

腹痛、頭痛、色素沈着、悪心、下痢、胃食道逆流症、めまい、胸腔および縦隔の障害、呼吸困難、発疹、蕁麻疹

 

この商品に関係するニュース・記事

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。