アボステリド/アボステライド0.5(デュタステライド/デュタステリド)0.5mg (10カプセル)

390 円!! 活性型男性ホルモンの生成を阻害!肥大した前立腺を縮小させ、下部尿路症状や尿流の改善をもたらします!同時に、男性ホルモンによる脱毛も阻害することから、発毛・育毛効果も期待大!アボダートのジェネリック薬!

Avosteride 0.5 (Dutasteride) - 0.5mg (10 Capsules)

■ 10カプセル

この商品は必ず男性名義でご注文ください。

(女性名義でご注文の場合、完全返金保障の対象外とさせていただきます。税関で止められる可能性があります。)

価格:390 円


数 量 :   


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

デュタステライド/デュタステリド(Dutasteride)

 

製造国

インド

 

製造元

HAB Pharmaceuticals & Research Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。


●前立腺肥大症
通常、成人は1日1カプセルを経口服用します。


●男性型脱毛症(AGA)
通常、成人は1日1-5カプセルを経口服用します。


アボステリド/アボステライド0.5は、男性専用薬です。


 

商品詳細

アボステリド/アボステライド0.5は、肥大した前立腺を縮小させることで、下部尿路症状の軽減、尿流の改善をもたらす前立腺肥大症の治療薬です。


前立腺肥大症は、50代くらいから徐々に多く見られるようになり、60代では50%以上、80代では90%の男性に認められるとされている男性特有の疾患で、男性独自の器官である前立腺が肥大し、尿道や膀胱を圧迫することによって起こる残尿感、頻尿、尿意切迫感、尿線途絶、尿性低下、副圧排尿、夜間頻尿などの排尿障害を特徴とします。

前立腺肥大症そのものの原因はわかっていませんが、排尿困難を起こす下部尿路通過障害には2つの病態があります。ひとつは前立腺平滑筋の過剰な収縮による機能的閉塞で、これにはアドレナリン作動神経と前立腺平滑筋内のα1アドレナリン受容体が関与しています。もうひとつは、前立腺組織内の男性ホルモンであるヒドロテストステロンによる機械的閉塞で、肥大結節によりもたらされるものです。


前立腺肥大症の治療薬には、主にα1アドレナリン受容体遮断薬、ステロイド性抗アンドロゲン薬、植物製剤などが用いられます。このうちα1遮断薬は、前立腺の平滑筋を弛緩させて尿道抵抗を低下し、排尿障害を改善する薬剤です。現在は前立腺肥大症治療の第一選択薬となっていますが、前立腺の肥大そのものを縮小する作用は持っていません。
一方、ステロイド性抗アンドロゲン薬は、前立腺を縮小させることで機械的閉塞を解除するように働きかけます。しかし、血中の男性ホルモンを低下させるために勃起障害の頻度が高く、また前立腺がんのマーカーである血清PSA(前立腺特異抗原)値を低下させ、前立腺がんの早期診断を困難にするなどの欠点があります。


前立腺の発生、成長および機能の維持には男性ホルモンのアンドロゲンが深く関わっており、中でもテストステロンは前立腺、精嚢、外性器などにおいて、5α還元酵素の働きによりさらに強力なアンドロゲンであるジヒドロテストステロンに変換されます。ジヒドロテストステロンは前立腺における主要なアンドロゲンであることから、前立腺肥大症の発症に関与していると考えられているホルモンです。
5α還元酵素には前立腺、陰毛、腋毛、ひげ、頭髪、肝、副腎、腎、皮脂腺、後頭部頭皮などにまんべんなく存在している1型と、前頭部、前立腺、貯精嚢、睾上体、肝臓、毛嚢に集中している2型がありますが、アボステリド/アボステライド0.5の有効成分であるデュタステリドは、この両方を阻害し、前立腺組織にあるジヒドロテストステロンのT濃度を低下させることにより、前立腺容積を減少させ、前立腺肥大症の諸症状を改善します。

なお、ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症(AGA)の原因物質でもあるため、アボステリド/アボステライド0.5はその治療薬として使用されることもあります。試験の結果では、AGA治療薬として有名なプロペシアの主成分であるフィナステリドと比較して、その効果は1.5倍とも言われていますが、これはフィナステリドが5α還元酵素2型のみを阻害するのに対し、デュタステリドは前頭部の生え際やこめかみ部分の皮脂腺に存在する1型および、前頂部の毛乳頭に存在している2型の両方を阻害するためと考えられています。


しかし、デュタステリドは副作用の出現率が10%と高く、さらに血中半減期が長いために肝臓への負担がかかる上、AGAに影響があるのは2型だけであると考えられていることから、現段階でデュタステリドをAGAの治療薬として認定しているのは、韓国を含むごくわずかな国に限られています。


 

他の商品との比較

テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型および2型の5α還元酵素を阻害し、肥大した前立腺を縮小させ、下部尿路症状を軽減し、尿流を改善します。


前立腺肥大症の適応症を有する5α還元酵素阻害薬です。


デュタステライド/デュタステリドを有効成分とする薬剤は、日本ではアボルブ(グラクソ・スミスクライン)、ザガーロ(グラクソ・スミスクライン)の名前で発売されています。


海外ではDutas、Duprost、Durize、Dutagen、Veltrideなどの名前で発売されています。


 

特別な注意

【禁忌】

・アボステリド/アボステライド0.5の成分およびほかの5α還元酵素阻害薬に対し過敏症の既往歴のある人
・女性
・小児など
・重度の肝機能障害のある人: アボステリド/アボステライド0.5は主に肝臓で代謝されるため、血中濃度が上昇するおそれがあります。


【慎重服用】
・肝機能障害のある人: アボステリド/アボステライド0.5は主に肝臓で代謝され、半減期は約3-5週間です。肝機能障害のある人が服用した場合の薬物動態は検討されていません。


【重要な基本的注意】
・アボステリド/アボステライド0.5は経皮吸収されることから、女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に触れないでください。漏れた薬剤に触れた場合は、ただちに石けんと水で洗ってください。
・アボステリド/アボステライド0.5の服用前に、直腸診やほかの前立腺がんの検査を実施してください。またアボステリド/アボステライド0.5の服用中も定期的にこれらの検査を実施してください。
・アボステリド/アボステライド0.5は、血清前立腺特異抗原(PSA)に影響を与えるので、以下の点に注意してください。
1.PSA値は、前立腺がんのスクリーニングにおける重要な指標です。一般にPSA値が基準値(通常、4.0ng/mL)以上の場合には、さらなる評価が必要となり、前立腺生検の実施を考慮に入れる必要があります。なお、アボステリド/アボステライド0.5の服用中の人で、服用前のPSA値が基準値未満であっても、前立腺がんの診断を除外しないように注意してください。
2.アボステリド/アボステライド0.5は、前立腺がんの存在下であっても、服用6ヵ月後にPSA値を約50%減少させます。従って、アボステリド/アボステライド0.5を6ヵ月以上服用している人のPSA値を評価する際には、測定値を2倍した値を目安として基準値と比較してください。なおPSA値は、アボステリド/アボステライド0.5の服用中止後6ヵ月以内に服用開始前の値に戻ります。
3.アボステリド/アボステライド0.5の服用中におけるPSA値の持続的増加に対しては、前立腺がんの発現や、アボステリド/アボステライド0.5の服薬不遵守を考慮に含め、注意して評価してください。
4.アボステリド/アボステライド0.5の服用中において、Free/Total PSA比は一定に維持されるので、前立腺がんのスクリーニングの目的で%Free PSAを使用する場合には、測定値の調節は不要です。


【効能・効果に関連する使用上の注意】
前立腺が肥大していない人における有効性および安全性は確認されていません。


【用法・用量に関連する使用上の注意】
・カプセルの内容物が口腔咽頭粘膜を刺激する場合があるので、カプセルは噛んだり開けたりせずに服用してください。
・服用開始初期に改善が認められる場合もありますが、治療効果を評価するためには、通常6ヵ月の治療が必要です。


【その他の注意】
・海外臨床試験において、18-52歳の健康成人を対象に、52週間の服用期間および24週間の服用後追跡期間を通して、デュタステリド0.5mg/日の精液特性に対する影響を評価したところ、服用52週目における総精子数、精液量および精子運動率の服用前値からの平均減少率は、それぞれ23%、26%、18%であり、精子濃度および精子形態への影響は認められませんでした。
・デュタステリド0.5mgの服用群における総精子数の服用前値からの平均減少率は、24週目の追跡期間後においても23%のままでした。しかしながら、いずれの評価時期においても、すべての精液パラメータの平均値は正常範囲内であり、事前に規定した臨床的に重要な変動(30%)には至りませんでした。またデュタステリドの2例において、服用52週目に服用前値から90%を超える精子数の減少が認められましたが、追跡24週目には軽快しました。
デュタステリドの精液特性におよぼす影響が、各個人の受胎能に対しどのような臨床的意義を持つかは不明です。

・女性は服用しないでください。

・乳汁中に移行するかどうかは不明です。

・小児などには使用しないでください。


 

他の薬との併用

【併用注意】
・CYP3A4阻害作用を有する薬剤(リトナビルなど): これらの薬剤との併用により、デュタステライドの血中濃度が上昇する可能性があります。

 

誤って大量に服用した場合

医師の診断を受けてください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときにすぐに服用してください。

次回の服用時間が近い場合は、服用し忘れた分は飛ばして、次回分から服用してください。

2回分を1回に服用することは絶対におやめください。


 

副作用

アボステリド/アボステライド0.5を服用した場合、以下の副作用が起こることがあります。


●主な副作用
じんましん、アレルギー反応、発疹、そう痒症、限局性浮腫、血管浮腫、性欲減退、勃起不全、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)、射精障害、脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症


●極稀に起こる重篤な副作用

肝機能障害


 

この商品に関係するニュース・記事

2015-08-25
前立腺肥大症と男性型脱毛の治療薬の副作用(【ScienceDaily】より) - これらの結果は、現在出ている『内分泌リビュー・ジャーナル』および『メタボリック障害』誌のオンライン版の世界的な共同批評の一部である。ボストン大学医学部(BUSM)の生物化学泌尿器学教授であるアブドゥルマジド・トライシ.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-01-22
デュタステリドが組織診にて検出可能な前立腺癌リスクを22.8%低下(ニュース・メディカルより) - 4年間にわたるREDUCE(デュタステリドによる前立腺癌関連事象低下)臨床試験は、前立腺肥大の治療に通常用いられるデュタステリド(5αレダクターゼ阻害薬:5ARI)を服用した男性を対象に、前立腺癌リスク低下について評価した.... 続きを読む

2011-09-28
男性の下部尿路症状(アイリッシュ・メディカル・タイムスより) - 前立腺肥大症(BPH)は男性によくみられる泌尿器疾患で、前立腺が肥大して下部尿路症状(LUTS)が起こります。BPHの罹患率は年齢と共に高まり、40代の男性で40%、80歳以上の男性では90%にみられます。 続きを読む

2011-09-27
ノコギリヤシで前立腺肥大が治療できる?(ウェブMDより) - 前立腺肥大を有する男性は、排尿困難などの症状を軽減するためのノコギリヤシと呼ばれるサプリメントに長年にわたり関心を寄せてきた。具体的に、どのようにしてノコギリヤシが症状を軽減すると考えられるようになったかは定かでないが.... 続きを読む

2010-03-13
前立腺がん治療薬デュタステリドが「がんのリスクを低減する可能性」(BBCニュースより) - 前立腺腫大を有する男性を対象にすでに使用されている薬が、前立腺がん発症リスクを低減するとみられることが、大規模国際共同試験で示された。 6500名以上を対象とした4年間の試験から、デュタステリドの投与を受けた男性では、プラセボ投与の男性よりも前立腺がんのリスクが23%低いことが示された。本試験はNew England Journal of Medicine(NEJM)誌に掲載されたもので.... 続きを読む

2001-06-11
ハゲ治療薬、「初期テストに合格」(BBCニュースより) - 発毛を促進する錠剤が複数の実験でハゲ治療に有効であることを示しつつある。製薬会社グラクソ・スミスクライン社(GlaxoSmithKline)による予備実験で、有望な結果が出た。 ハゲのために地肌が見えている、また生え際が後退している男性が、デュタステライドという薬を摂取すると、著しい改善が見られ.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。