【要薬監証明】ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg

3240 円!! 1錠内に5成分を同時配合!3大危険因子である高血圧、高コレステロール、動脈血栓の形成を妨げ、心疾患や脳卒中などの血管障害のリスクを低減!
【注意】この商品の個人輸入は可能ですが、 薬監証明が必要になります。 詳細については厚生労働省(電話:03-5253-1111)に直接お問い合わせください。

Polycap (Simvastatin/Ramipril/Atenolol/Hydrochlorothiazide/Aspirin) - 20/5/50/12.5/100mg (30 Capsules)

■ 30カプセル

価格:3240 円

申し訳ございません、こちら入荷未定商品となっております。


※この商品に関係するニュース記事へのリンクがページ最下部にあります。

 

有効成分

アテノロール(Atenolol)

シンバスタチン(Simvastatin)

ヒドロクロロチアジド(Hydrochlorothiazide)

ラミプリル(Ramipril)

アスピリン(Aspirin)

 

同一成分含有商品

ヴァルザールH(ディオバンHCTジェネリック)160mg (10錠) 1250 円
Valzaar-H (Valsartan) - 160mg (10 Tablets)

ヴァルザールH(ディオバンHCTジェネリック)80mg/12.5mg  (10錠) 1070 円
Valzaar H (Valsartan/Hydrochlorothiazide) - 80mg/12.5mg (10 Tablet)

シムラップ (シンバスタチン) 10mg  (10錠) 170 円
Simlup (Simvastatin) - 10mg (10 Tablets)

シムラップ (シンバスタチン) 20mg  (10錠) 280 円
Simlup (Simvastatin) - 20mg (10 Tablets)

ライペックス (シンバスタチン) 10mg (30錠) 2510 円
Lipex (Simvastatin) - 10mg (30 Tablets)

ライペックス (シンバスタチン) 20mg (30錠) 1970 円
Lipex (Simvastatin) - 20mg (30 Tablets)

ライペックス (シンバスタチン) 40mg (30錠) 2240 円
Lipex (Simvastatin) - 40mg (30 Tablets)

ライペックス (シンバスタチン) 80mg (30錠) 3170 円
Lipex (Simvastatin) - 80mg (30 Tablets)

【要薬監証明】テノーミン 50 (アテノロール) 50mg 14錠 (14錠) 390 円
Tenormin 50 (Atenolol) - 50mg (14 Tablets)

【要薬監証明】テノーミン 25 (アテノロール) 25mg 14錠 (14錠) 340 円
Tenormin 25 (Atenolol) - 25mg (14 Tablets)

【要薬監証明】テノーミン 100 (アテノロール) 100mg 14錠 (14錠) 510 円
Tenormin 100 (Atenolol) - 100mg (14 Tablets)

【要薬監証明】ポリキャップ(シンバスタチン、ラミプリル、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、アスピリン) 20/5/50/12.5/100mg (30カプセル) 3240 円
Polycap (Simvastatin/Ramipril/Atenolol/Hydrochlorothiazide/Aspirin) - 20/5/50/12.5/100mg (30 Capsules)

アクアザイド(ヒドロクロロチアジド)12.5mg (10錠) 210 円
Aquazide (Hydrochlorothiazide) - 12.5mg (10 Tablets)

アクアザイド(ヒドロクロロチアジド)25mg (10錠) 230 円
Aquazide (Hydrochlorothiazide) - 25mg (10 Tablets)

ラミプレス (ラミプリル) 1.25mg (10錠) 260 円
Ramipres (Ramipril) - 1.25mg (10 Tablets)

ラミプレス (ラミプリル) 2.5mg (10錠) 340 円
Ramipres (Ramipril) - 2.5mg (10 Tablets)

ラミプレス (ラミプリル) 5mg (10錠) 550 円
Ramipres (Ramipril) - 5mg (10 Tablets)

アロー・シンバ (シンバスタチン) 40mg (90錠) 1430 円
Arrow-Simva (Simvastatin) - 40mg (90 Tablets)

アロー・シンバ (シンバスタチン) 80mg (90錠) 2330 円
Arrow-Simva (Simvastatin) - 80mg (90 Tablets)

ビジュレットL (塩酸アミロリド/ヒドロクロロチアジド) 2.5 mg/25mg (10錠) 350 円
BIDURET-L (Amiloride Hydrochloride/Hydrochlorothiazide) - 2.5/25mg (10 Tablets)

ハイザール(ロサルタンカリウム/ヒドロクロロチアジド)50mg/12.5mg (30錠) 3950 円
Hyzaar (Losartan Potassium/Hydrochlorothiazide) - 50mg/12.5mg (30 Tablets)

アレノ (アスピリン/ジピリダモール) 25mg/200mg (10カプセル) 620 円
Arreno (Aspirin/Dipyridamole) - 25mg/200mg (10 Capsules)

アキュレティック (塩酸キナプリル/ヒドロクロロチアジド) 10mg/12.5mg  (30錠) 1430 円
Accuretic (Quinapril Hydrochloride) - 10mg/12.5mg (30 Tablets)

アキュレティック (塩酸キナプリル/ヒドロクロロチアジド) 20mg/12.5mg  (30錠) 1610 円
Accuretic (Quinapril Hydrochloride) - 20mg/12.5mg (30 Tablets)

シプリルH(リシノプリル/ヒドロクロロチアジド)5mg/12.5mg  (10錠) 620 円
Cipril H (Lisinopril/Hydrochlorothiazide) - 5mg/12.5mg (10 Tablet)

【要薬監証明】ニロル(ニフェジピン/アテノロール)20mg/50mg (10錠) 390 円
Nilol (Nifedipine/Atenolol) - 20mg/50mg (10 Tablet)

オルメシップ・エイチ(オルメサルタン・メドキソミル/ヒドロクロロチアジド)20mg/12.5mg  (10錠) 440 円
Olmecip H (Olmesartan Medoxomil/Hydrochlorothiazide) - 20mg/12.5mg (10 Tablet)

【要薬監証明】テノリック50(アテノロール/クロルタリドン)50mg/12.5mg 10錠 (10錠) 480 円
Tenoric(AtenololChlorthalidone) - 50mg/12.5mg (10 Tablet)

イロベル・エイチ(イルベサルタン/ヒドロクロロチアジド(ハイドロクロロサザイド))150mg/12.5mg  (10錠) 550 円
Irovel H (Irbesartan/Hydrochlorothiazide) - 150mg/12.5mg (10 Tablet)

ビジュレット(塩酸アミロリド/ヒドロクロロチアジド)5 mg/50mg  (10錠) 620 円
BIDURET (Amiloride Hydrochloride/Hydrochlorothiazide) - 5/50mg (10 Tablets)

アロー・シンバ(シンバスタチン)20mg (90錠) 1340 円
Arrow-Simva (Simvastatin) - 20mg (90 Tablets)

【要薬監証明】テンシノール(アテノロール)50mg 28錠 (28錠) 1980 円
Tensinor (Atenolol) - 50mg (28 Tablets)

【要薬監証明】マイラン・アテノロール (アテノロール) 50mg (500錠) 2760 円
Atenolol (Atenolol) - 50mg (500 Tablets)

マイラン・アテノロール 【要薬監証明】(アテノロール) 100mg (500錠) 3980 円
Atenolol (Atenolol) - 100mg (500 Tablets)

シンバスタチン・マイラン(シンバスタチン)20mg(90錠) (90錠) 1390 円
Simvastatin Mylan (Simvastatin) - 20mg (90 Tablets)

 

製造国

インド

 

製造元

Cadila Healthcare Ltd.

 

使用量

下記の使用量はあくまでも目安です、
実際の使用は、医師の指示に基づいて行ってください。

1日1回朝食後に服用します。

 

商品詳細

ポリキャップは、シンバスタチン(コレステロール低下薬)、ラミプリル(ACE阻害剤)、アテノロール(ベータ遮断薬)、ヒドロクロロチアジド(サイアザイド系利尿薬)、アスピリン(血小板凝集抑制剤)の5成分を1錠に含んだ画期的な心疾患予防薬で、2009年インドのカディラ製薬会社(Cadila Phamaceuticals Ltd.)より販売されました。

心臓は全身に血液を送り出すポンプの働きをしている器官です。
心臓には心臓を動かすために必要な血液を供給するための血管(冠状動脈)が心臓を取り巻くようにありますが、動脈硬化や血栓などでこれらが狭められたり閉塞したりして血液の流れが悪くなると、心筋に必要な酸素や栄養が行き渡らなくなり狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患が引き起こされてしまいます。

虚血性心疾患の最大の原因は冠状動脈の硬化です。
冠状動脈の硬化は血管内膜の小さな傷にコレステロールなどが侵入し、内膜下で粥腫となって蓄積するアテローム硬化によって進行します。 
アテローム硬化が進行し、内膜が破れて蓄積している粥腫に血液が付着すると血栓が形成され、血管内腔の狭窄や閉塞を生じて血液の流れが妨げられ、虚血性心疾患が発症します。
また、同じ過程で脳の血管が狭窄、或いは閉塞してしまうと脳卒中が引き起こされてしまいます。

虚血性心疾患などの原因となる動脈硬化を引き起こす危険因子には高コレステロール血症、高血圧症、喫煙、高脂血症、肥満、血液凝固系の異常、ストレス、運動不足、過度の飲酒などが挙げられていますが、そのうち高コレステロール血症、高血圧症、喫煙は特に特に三大危険因子と言われています。

ポリキャップのように1つの錠剤に5つの成分を配合する『ポリピル』というアイデアは、患者が多量の薬剤を併用したがらない傾向や、医師が治療のために必要とされている薬剤を処方していないという点に着眼したインド、そしてカナダのマクマスター大学(McMaster University)におけるリサーチグループによってもたらされました。

各成分の効能は以下のとおりです。

  • シンバスタチン: 肝臓内のコレステロール合成に関与する酵素を阻害するコレステロール低下薬。
  • ラミプリル:強力な昇圧作用を持つアンジオテンシンIIの生成を触媒するアンジオテンシン変換酵素の作用を阻害するACE阻害剤。
  • アテノロール:心臓の収縮を弱め、脈拍を落とすことで血圧を低下させる ベータ遮断薬。
  • ヒドロクロロチアジド: 尿と一緒に体内の余分な塩分を排出させることによって血液量の減少による降圧作用を持つサイアザイド系利尿薬。
  • アスピリン:抗血小板作用によって血液凝固作用を阻害。

ポリキャップの臨床試験は以下の点に注目しながら、虚血性心疾患を発症していないもののその危険因子(例:高血圧症,高コレステロール血症など)の一つ以上を持っているとされる45~80歳の人2,053人を対象に実施されました。

1)個々の薬剤と同様の効力を持っているか?
2)血圧やコレステロール値低下がどの程度もたらされるか?
3)同時配合によって有害な障害が引き起こされるか?
4)アスピリンが他成分の降圧作用を減弱させるか?

その結果は良好で、ポリキャップの降圧作用は収縮期(最大)血圧値を7.4ポイント、拡張期(最低)血圧値を5.6ポイント低下させて個々の薬剤による降圧作用を上回ったほか、悪玉コレステロールと呼ばれているLDLコレステロール減少率においてもシンバスタチンのみによる減少率と同等の結果を得ています。
さらに尿中の血液凝固分子レベルの減少も見られ、服用による有害な作用も認められていません。

 

他の商品との比較

臨床試験の結果から、ポリキャップに含有されている各成分同士の相乗効果や相互作用による、薬理作用への影響は認められず、また重篤な副作用の発現も報告されていません。
そのため動脈硬化危険因子を一つでも持っている健常者においては、1日1錠の服用で虚血性心疾患、脳卒中、他の心疾患の発症をほぼ半減できる可能性が示唆されたとして注目されています。

実際、臨床試験における降圧作用によって心疾患リスクは24%、脳卒中リスクにおいては33%が減少し、同様にコレステロール値の減少によって心疾患リスクを27%、脳卒中リスクも8%減少させられるという結果が出ています。

ポリキャップに配合されている他の成分を含んだ商品には以下のものがあります。

  • シンバスタチン:シンバスタチン錠(マイラン製薬)、リポザート1錠(大洋薬品)など。
  • アテノロール:セーラジール錠(アイロム製薬)、アテネミール(鶴原製薬)など。
  • ヒドロクロロチアド:ミコンビ配合錠(日本ベーリンガーインゲルハイム)、エカード配合錠(武田製薬)など。
  • アスピリン:バファリン配合錠(エーザイ)、アスピリン錠(小林化工) など。

現在のところラミプリルは日本で未承認のため、この成分が含まれるポリピルは市販されていません。

 

特別な注意

ポリキャップの含有成分にアレルギー反応がある、または既往歴がある人は絶対に服用しないでください。

ポリキャップはアテノロールを含んでいます。
洞性徐脈、第1度以上の心臓ブロック、心臓性ショック、心不全の症状がある人は絶対に服用しないでください。

ポリキャップはシンバスタチンを含んでいます。
肝臓トランスアミナーゼ値が継続的に上昇することがありますので、慢性活動性肝炎の人は絶対に服用しないでください。

妊婦および妊娠の可能性のある人は絶対に服用しないでください。
また服用中に妊娠が発覚した場合は、ただちに服用を中止してください。

授乳中の人は、絶対にポリキャップを服用しないでください。

小さな子どもに対する安全性は確立されていません。

ほかの要因がない限り、高齢者の服用に関する安全性が報告されていますが、治療上の有益性と危険性を理解しながら服用してください。

 

他の薬との併用

ほかの薬との併用で起こる弊害については現在のところ報告はありません。
しかしながらプリキャップに含まれる個々の成分とほかの薬との間で弊害が起こる可能性もありますので、薬を併用する際には事前に医師或いは薬剤師に相談し、安全性を確認してから使用してください。

 

誤って大量に服用した場合

速やかに医師に相談してください。

 

服用し忘れた場合

気付いたときに、できるだけ早めに服用してください。
次の服用時間が近い場合は1回飛ばし、2回分をまとめて服用することは絶対におやめください。

 

副作用

ポリキャップを服用した場合、以下の副作用が起きることがあります。

・主な副作用
消化不良および関連疾患、咳、目まい、筋骨格系疾患、疲労、脱力感、腹痛、腹部不快感、アレルギー反応、頭痛、胸痛、下痢、上気道感染症、発熱および関連疾患、嫌悪・吐き気、嘔吐、不安障害など。

 

この商品に関係するニュース・記事

2016-11-07
アスピリンの効果:アセチルサリチル酸がどのように痛みを緩和し、炎症を減少させるか。毎日服用すべき?(【Medical Daily】より) - ほとんど人が人生のある時点でアスピリンを使用したことがあるはずだが、どうしてこの小さな白い錠剤がとても効率よく痛みを鎮めるかを考えたことがあるだろうか?幸いにも、「ハウ・スタッフ・ワークス(How Stuff Works)」のチームが.... 続きを読む

2016-10-14
糖尿病患者の多くがスタチン治療を受け損ねている(【HealthDay News】より) - 中年の糖尿患者のほぼ全員がコレステロールを下げるためにスタチンを服用すべきであるが、心臓専門医の5人に2人が治療においてこれらの薬を処方していないことが、新しい研究でわかった。例え心臓疾患の既往がなかったとしても、スタチ.... 続きを読む

2016-06-21
心房細動脳卒中リスク低下に依然としてアスピリンを誤処方(【MedPageToday.com】より) - アスピリンには心房細動に関連する血栓塞栓症の予防効果がないにも関わらず、中等度から高度の脳卒中リスクを持つ心房細動患者の実に3分の1以上が、このリスク低減のために経口抗凝血薬ではなくアスピリンを処方されている、と.... 続きを読む

2016-06-17
スタチンが脳卒中患者の感染症を58%低減させる可能性(【News-Medical.Net】より) - スタチンが脳卒中患者の感染症リスクを劇的に低減させたことを、ワシントン州立大学の研究者が発見した。ワシントン州立大学エルソン・S・フロイド医学部の非常勤教授であり、セント・ルーク・リハビリ研究所の研究室長である.... 続きを読む

2016-05-05
汎用の心臓病治療薬が認知症リスクと関連(【HealthDay】より) - 特に、血栓予防薬であるワルファリンを服用している患者で、薬の血中濃度が極端に高いまたは低い場合に高めの認知症のリスクを示していたことを研究者たちは発見した。これは心房細動を持つ人だけではなく、ほかの理由でワルファリンを使.... 続きを読む

2016-04-21
アスピリンはがん患者の生存率を最大5分の1延長させる可能性(【Medical News Today】より) - PLOS One誌で発表されたこの研究は、低用量のアスピリンの服用ががん患者の生存率を最大で5分の1上昇させ、またがんの拡大を減少させる可能性もあることを示唆している。アスピリンは主に痛み、熱、そして炎症の治療、また抗血小板の.... 続きを読む

2016-04-12
米国予防医学専門委員会が心臓血管疾患と大腸がんの予防にアスピリンを推奨(【NEJM】より) - 国予防医学専門委員会は、50~60代の心臓血管疾患および大腸がんの高いリスクを持つ成人に対する第一予防としてアスピリンを推奨している。2007年および2009年にグループ推奨定義が改訂されたそのガイドラインは、アナルズ・オブ.... 続きを読む

2016-03-04
少量のアスピリン常用が大腸がんを予防(【Medical News Today】より) - アスピリンの長期服用は、わずかではあるものの明らかに全体的ながんリスク、特に消化管(GI)腫瘍の減少と関係している。歴史的に、アスピリンは頭痛や関節炎、筋肉痛をはじめ、心臓血管疾患(CVD)の治療や予防によく使用されている.... 続きを読む

2016-02-20
FDAはエゼチミブの新適用を却下(【MedPageToday】より) - FDAは、コレステロール低下剤であるエゼチミブの単剤(Zetia)使用またはシンバスタチン(Vytorin)との併用使用においても、メルク社の適用範囲拡大の申請を却下した。つまり、この薬剤のとても長く曲がりくねった道のりには、依然として終わりの.... 続きを読む

2015-12-10
FDA委員会がエゼチミブの警告を高めようとしている(【MedPage Today】より) - IMPROVE-IT試験における徹底的な研究に基づいたエゼチミブ(ゼチーア)およびその配合成分シンバスタチン(バイトリン)の適応引き上げに関するメルク社の申請を検討するFDA諮問委員が来月の月曜日に開催されるが、そこで強烈で知的な激論.... 続きを読む

2015-12-01
アスピリンが持つ病気と闘う能力を研究が明らかに(【Cornell Chronicle】より) - アスピリンはもっとも長い歴史を持ち、また一般的に広く使用されている薬のひとつですが、科学者や医者にとってその健康に有益な効果を説明することは難しい。ボイス・トンプソン研究所(BTI)の研究者による最近の研究では.... 続きを読む

2015-11-30
アスピリンにほかの役割はまだあるか?(【Medical News Today】より) - 植物は歴史を通して治療に利用されている。植物や薬草由来の薬は依然として世界的に治療の基本的形態である。過去20年以上にわたって開発され、FDA(米国食品医薬品局)に承認された薬剤の50%以上が、天然産物もしくは主に植物由来の.... 続きを読む

2015-11-19
アスピリンにがん予防に対する新作用の可能性(【その他ソース】より) - アスピリンは大腸がんのリスクを減少させ、またほかのがんに対してもその可能性があることが知られている。しかしながら、場合によって起こる重篤な胃腸出血などの副作用のリスクがあるため、予防薬としてさらに広く推薦する前にア.... 続きを読む

2015-10-22
単純性高血圧の治療にβ-遮断薬は古い?(【MedPageToday】より) - β-遮断薬は、血圧の治療に使用される初期の現代薬物治療のひとつである。1950年より以前は高血圧治療の選択肢は限られており、レセルピン、ペンタキン、ヒドララジン、グアネチジンなどの薬は、起立性めまい、鎮静状態、便秘、.... 続きを読む

2015-09-28
アスピリンの常用が結腸がんや胃腸腫瘍に対抗するかもしれないさらなる証拠(【HealthDay News】より) - 心臓を保護するために、何百人ものアメリカ人が既に低用量のアスピリンを毎日服用している。そして今、この安い錠剤が大腸や食道の腫瘍を含む胃腸管のがんと闘っている患者の寿命を延ばすかもしれない、と新しい研究が示唆している。.... 続きを読む

2015-09-15
50歳以上の人は心臓発作や脳卒中予防のために毎日アスピリンを服用すべき(【Medical News Today】より) - 米国予防医学専門委員会が発行しているガイドラインが改定され、心臓血管病リスクの高い50-59歳の人は、心臓発作や脳卒中予防のために毎日低用量のアスピリンを服用することが推奨された。 さらに米国予防医学専門委員会(USPSTF)は.... 続きを読む

2015-09-04
アスピリンはがん治療にどのように役立つのか?(【Medical News Today】より) - がんと闘うためにアスピリンを使用することは依然として的外れであると研究者たちは警告しているが、マウスの実験では有望であることが証明されている。 がん細胞は増殖するために免疫細胞に「わな」を仕掛けているらしい、という.... 続きを読む

2015-09-03
アスピリンががん治療の効果を促進させるかもしれない(【News-Medical】より) - 英国がん研究所が設立したフランシス・クリック研究所の研究者たちは、皮膚、胸そして大腸がん細胞は、膨大な量のプロスタグランジンE2(PGE2)を頻繁に生成していることを発表した。PGE2は欠陥細胞を攻撃するという免疫システムの.... 続きを読む

2015-09-02
スタチン誘発筋力低下の仕組みを科学者が特定(【 Medical News Today】より) - オランダにあるラドバウド大学ナイメーヘン医療センターの研究者たちは、『細胞メタボリズム・ジャーナル』誌において研究結果を発表した。 スタチンは肝臓でのコレステロール生成を阻止する働きを持ち、一般にはコレステロールを.... 続きを読む

2015-08-18
肥満による発がんリスクをアスピリンが減少させる(【MNT】より) - 研究者たちは、特に結腸がんや子宮がんなどのがんのリスクを上昇させる遺伝障害であるリンチ症候群を持つ937人を対象に、アスピリンの10年間の効果を評価した。 これらの患者において、太り過ぎの人は大腸がんとして知られる結腸がんのリス.... 続きを読む

2015-07-15
抗うつ剤と鎮痛剤の組み合わせで脳出血のリスク上昇のおそれ(【その他ソース】より) -初回に抗うつ剤を処方され、なおかつ非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)を服用した人では、その翌月までに頭蓋内出血が起こるリスクが高いことを、400万人以上の被験者から韓国の研究者が見つけた。頭蓋内出血は頭がい骨の下.... 続きを読む

2015-07-07
アスピリンが中皮腫の進行を阻害する可能性があることが研究で明らかに(【News-Medical】より) -この研究結果は、世界中で年間3200人の死者を出す深刻な病気と闘う医師および患者にとって、いずれ新しい治療方法となる可能性があり、またほかのがんと取り組むための、さらに進んだ知識を与えることになるかもしれな.... 続きを読む

2015-05-05
緑茶エキスと運動がマウスのアルツハイマーの進行を妨げる(【アルツハイマー・ジャーナル】より) -緑茶に含まれているEGCG(没食子酸エピガロカテキン)の総合的な研究が、人間におけるアルツハイマーの治療に繋がるかもしれない。 続きを読む

2015-04-21
研究:高齢者に対するスタチンの費用効果
ただし、副作用が起こる可能性あり。
(【メッド・ページ】より) - 脂質低下薬で治療を行なっているすべての高齢のアメリカ人は、結果的にスタチン使用者を800万人増やし、またその治療が有害性を引き起こさなければ6万8000人を冠動脈性心疾患による死から救うことになるかもし.... 続きを読む

2015-04-10
統合失調症の陰性症状が抗炎症薬で軽減する可能性(メッドスケープより)― 新しい研究により、統合失調症のある症状には一般的な薬のオフターゲット作用が有用と考えられている。具体的には、オンダンセトロンとシンバスタチンが統合失調症の安定期において陰性症状の軽減に中程度の効果を示.... 続きを読む

2015-03-23
アスピリンやCOX-2阻害薬の服用者ではIII期大腸がんの治療成果がよりよいとの結果(【がんコネクトニュース】より) -がんコネクトニュース: 国立がん研究所の機関誌にこのほど掲載された研究結果によると、アスピリンや補助化学療法実施前後にシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)を阻害する薬を使用しているIII期大腸がんの.... 続きを読む

2015-03-15
オーストリアの専門家らによれば、癌予防にアスピリンを用いると数百人の死亡を回避できる可能性(スタンダード・デジタルより)― 50歳以上の人に定期的に低用量アスピリンを10年間以上投与すると、食道・胃・大腸癌の死亡率が有意に減少する可能性のあることが、金曜日に発表された。製薬会社ラナッハ(Gerot Lannach)社の主催する科学会議において、ロンドン.... 続きを読む

2015-03-02
ミネソタ大学とその提携先がアスピリン使用の普及を目指す(ミネソタ・デイリーより)― ミネソタ州ではミネソタ大学(University of Minnesota)と州の50を超える対象店舗が提携して、今春にもアスピリン常用の促進活動を行う。州の住民の心臓の健康管理に役立てるためだ。中年層には心臓発作や脳卒中のリスクが目立つこと.... 続きを読む

2014-08-26
研究:ワルファリンに代わりにアスピリンが深部静脈血栓に有効な可能性(USニュース・ヘルスより)― オーストラリアの研究者らによると、アスピリンは、脚の深部静脈に血栓があるが抗凝血剤の長期使用に耐性がない患者の代替薬となる可能性がある。深部静脈血栓症(DVT)と呼ばれる症状では、血栓が肺に飛んで肺動脈を.... 続きを読む

2014-08-25
アスピリンが静脈血栓塞栓症の再発リスクを低減(ヒーリオより)― 初発の特発性静脈血栓塞栓症患者において、抗凝固療法を施行した後のアスピリンで、静脈血栓塞栓症の再発リスクが3分の1未満に抑えられることが、新たな研究結果で示された。この患者集団においてアスピリンは出血.... 続きを読む

2014-08-24
アスピリンは痛みを抑える以外にも回復を促進(ヘルス・サイトより)― 米国科学アカデミー紀要(PNAS)オンライン版に掲載された新たな研究によれば、アスピリンは痛みに対して二重の役割を持ち、炎症を抑えるだけでなく、炎症の治癒を早める効果もある。本研究によると、アスピリンはシクロオ.... 続きを読む

2014-08-08
がん予防に対するアスピリンの利点がリスクを上回る可能性(デイリー・ダイジェスト・ニュースより)― 新しい研究が、がん予防のためにアスピリンを服用する潜在的な利点は、そのリスクを上回る可能性があることを示している。定期的にアスピリンを服用すると、胃、腸などの消化管の主要ながんおよび食道がんを予防でき.... 続きを読む

2014-07-14
心臓病リスクがある多くの患者に、有益なアスピリン治療に関する助言が欠如(フロリダ大学ニュースより)― フロリダ、ゲインズビル(GAINESVILLE, Fla)。毎日アスピリンを低用量服用すると、心血管疾患の重要な予防となりうるが、フロリダ大学(University of Florida)の 研究者らは、アスピリンで最も恩恵を受けることができる人が服用していない可能.... 続きを読む

2014-07-10
アスピリンが乳癌死亡リスクを半減し得る仕組み(ザ・ガーディアンより)― アスピリンを極めて低用量服用している女性においても高い効果を得られる。アスピリンは乳癌女性患者の生存確率を2倍以上向上させる可能性のあることが、研究で示唆されている。乳癌診断後にアスピリンを服用した女.... 続きを読む

2014-05-08
アスピリンが化学療法による聴覚消失を食い止める可能性(BBCニュースより) - 化学療法を受けている癌患者の聴覚をアスピリンで保持できるのではないか、とカーディフ(英国)の研究者らが見込んでいる。高用量アスピリンが永続的な難聴を予防するのかどうかを確認するための試験が、カーディフ.... 続きを読む

2014-04-04
低用量アスピリンが受胎能をアップ:研究結果(ビジネス・スタンダードより) - 高額な治療や薬剤に頼ることなく、ごく普通のアスピリンで女性の受胎能が増強される可能性のあることが、研究で明らかにされた。低用量のアスピリンを服用すると、妊娠と生児出産の確率が高まる可能性がある。その理.... 続きを読む

2014-03-31
アスピリン使用が大腸癌診断後の生存率改善に関連する可能性(サイエンス・コーデックスより) - 結論:腫瘍細胞にHLAクラスI抗原の発現がみとめられた場合では、大腸癌診断後に低用量アスピリン(血小板機能の阻害作用を持つ)を投与すると、生存率が改善される可能性がある。著者: オランダのライデン大学医療セ.... 続きを読む

2014-03-21
アスピリンを常用しても腎臓に影響しない(アラブニュースより) - サウジアラビア王国で腎臓専門医が腎臓病について話し、血栓形成防止にアスピリンを常用しても腎障害患者には副作用がないと語った。これは、ハーリド・アブドゥルアジーズ・アル・サラン(Khalid Abdulaziz Al-Saran)が木曜日にサウジ.... 続きを読む

2014-03-21
スタチンが多発性硬化症を抑制するのに役立つ可能性(ヘルスセントラルより) - ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London)の研究者らが実施した初期試験の結果から、スタチンは高コレステロールの治療薬として一般に使用されてきたが、多発性硬化患者においても疾患進行を遅らせたり、症状を.... 続きを読む

2014-02-21
「承認されている最大投与量を超えるスタチンが生存期間を延長」:医師らが報告(エクスプレスより) - 承認されている最大投与量を超える用量のスタチンが、延命につながり、早期死亡リスクを低下させることが、新たな研究で示された。通常タイプのコレステロール低下薬は、心疾患や脳卒中による死亡率を削減するほか、.... 続きを読む

2014-02-06
アスピリン連日投与が卵巣癌を予防する可能性(ヘルスデー・ニュースより) - アスピリンを毎日服用すると、女性の乳癌発症リスクが5分の1に低下する可能性のあることが、新たな研究で示唆された。米国国立がん研究所(National Cancer Institute)の研究者らは、卵巣癌女性患者約8,000人と、卵巣癌でない女性約12,000人から.... 続きを読む

2014-01-30
難聴に関連する脳腫瘍の治療にアスピリンが役立つ可能性(ヘルスデー・ニュースより) - 難聴や耳鳴、時に死亡につながる非癌性脳腫瘍の進行を、アスピリンで遅延させられる可能性のあることが、新たな研究で示された。医学誌「耳科学&神経耳科学(Otology and Neurotology)」2月号に掲載された研究において、前庭神経鞘腫.... 続きを読む

2014-01-03
フケの悩みは「家にあるもの」を使って解決(ハッフィングトン・ポストより) - フケのトラブルはとても困ったもので解決が難しいこともあります。原因はいろいろで、脂漏性皮膚炎、湿疹、乾癬のほかには頭を十分に洗っていない場合なども…。でも、たいていは不衛生が原因ではありません。ドラッ.... 続きを読む

2014-01-02
高用量のアスピリンが前立腺癌の死亡率を削減する可能性(腎臓&泌尿器学ニュースより) - 用量75mgを超えるアスピリンを服用する男性は、アスピリンを服用しない男性と比較して、前立腺癌の死亡リスクに有意な低下を認めることが、最近の研究で示された。低用量を服用する男性においてはリスク低下がみられな.... 続きを読む

2013-12-19
アスピリンが「怒り症候群」との闘いに役立つかもしれない(英テレグラフ紙より) - 研究によると、複数の抗炎症薬が、通常十代後半に始まり「攻撃的衝動に抵抗できないこと」と定義されている症状である間欠性爆発性障害の抑制に役立つかもしれない。あなたが短気なら、アスピリンを服用するだけで激.... 続きを読む

2013-12-01
アスピリンは認知症の歯止めにも有用か(ニュース・トラック・インディアより) - アスピリンは心発作および脳卒中の予防に役立つことで一般に知られているが、研究者らは昨今、ごくシンプルなアスピリンが認知症および癌を撃退する鍵を握っているのではないかと考えている。こうした主張は、長らく.... 続きを読む

2013-11-04
マックマスター大学の研究者らが糖尿病治療薬の秘密を解明(マックマスター大学より) - 2型糖尿病のコントロールにメトホルミンという薬剤を服用している患者は、世界で約1億2千万人おり、カナダだけでも200万人いる。メトホルミンから効果を得るにはインスリンと相互作用させることが必要であり、メト.... 続きを読む

2013-10-11
大腸癌におけるアスピリンの有益性はHLAクラスI発現に関連(へアリオより) - 欧州がん学会(European Cancer Congress)で発表された研究結果によれば、定期的なアスピリン使用が、ヒト白血球抗原(HLA)クラスI発現腫瘍細胞を有する大腸癌患者の生存率を2倍に高める。オランダのライデン大学医療センター(Leiden University Medical Center)外科に.... 続きを読む

2013-10-07
美顔パックとしてアスピリンを利用? 傷んだ肌や鱗状の皮膚に対する自己治療として手頃な鎮痛剤を用いる方法(デイリー・メールより) - アスピリンは頭痛の治療に用いられるのが一般的だが、ニキビにも素晴らしい効果があるとみられる。化粧品関連ウェブサイト「XOVain」に寄稿したベス・ノッティンガム(Beth Nottingham)という女性によれば、99セント(約100円前後)とい.... 続きを読む

2013-10-03
大腸癌におけるアスピリンの有益性を見出す手がかり(エブリデイ・ヘルスより) - 腫瘍検体1,000検体を分析したところ、アスピリンによる大腸癌の延命効果は同剤の持つ抗血小板作用と相関するが、一般的な腫瘍の変異や癌の病因・病理に関連する酵素には関連しないことが示された。ヒト白血球抗原(HLA)クラ.... 続きを読む

2013-09-03
長期的アスピリン使用が女性の大腸癌を減少させる可能性(ヘアリオより) - 米国内科学会誌(Annals of Internal Medicine)に掲載された研究結果によれば、低用量アスピリンの隔日使用が10年後の女性大腸癌リスクを低下させるという。乳癌または肺癌にリスク低下は認められなかった。先行研究ではアスピリンの連日使.... 続きを読む

2013-06-18
1日1錠のアスピリンでがんが予防できる?研究がこの鎮痛剤でDNAの損傷を遅らせることができると示す(メディカル・デイリーより) - アスピリンは特定のタイプのがんの発症リスクを低下させることで知られているが、科学者はその正確なプロセスは分からないままだった。先日、研究者らは、この処方箋なしで購入できる抗炎症薬が、バレット食道と呼ば.... 続きを読む

2013-06-15
アスピリンでスキンケアする方法(フィール・グッド・スタイルより) - 心臓発作や脳卒中のリスクがある人なら、炎症の軽減や血栓形成の予防のためにアスピリン療法を始めるよう、医師に勧められますよね。アスピリンにはこうした命を救う効果だけでなく鎮痛効果もあるため、軽い痛みを和.... 続きを読む

2013-06-05
もっと多くの男性がアスピリン療法のベネフィットを得られるかもしれない(デイリーRxより) - 心臓病予防に1日1錠、小児用アスピリンを服用する話を聞いたことがあるかもしれない。この小さな多目的錠剤は、がんによる死亡を低下させる力も見せている。最近の研究で、毎日のアスピリンの服用が、男性のがんに.... 続きを読む

2013-06-05
ASCO:スタチンとアスピリンが子宮癌患者の生存率を高める(メドページ・トゥデイより) - 米国臨床腫瘍学会(American Society of Clinical Oncology)の年次総会で発表されたレトロスペクティブ解析の結果によると、β遮断薬の使用ではなくスタチンとアスピリンの使用が、子宮悪性腫瘍患者の全生存率の改善に関連している。多変量解析では.... 続きを読む

2013-06-01
心疾患に対するアスピリンの抗炎症作用(ニュースFIXより) - アスピリンは、冠動脈の炎症を軽減させることにより、心疾患を予防する可能性がある。本来のアスピリンの用途の1つは、関節炎などの疾患における炎症を治療するためのものであった。さらに、心疾患や脳卒中の予防に.... 続きを読む

2013-04-30
新しい乳がん治療薬の有効性は歓迎、価格は歓迎されず(メッドスケープより) - メッドスケープ・メディカル・ニュース(Medscape Medical News)が入手した専門家からのコメントによると、アメリカの臨床医らは、HER2陽性転移性乳がん患者のための治療選択肢に、新たに認可されたアドゥ‐トラスツズマブエムタンシン.... 続きを読む

2013-04-12
アスピリンは頭頸部癌との戦いを支援できる(DrBicuspid.comより) - ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・キャンサー(British Journal of Cancer、2013年3月19日、Vol. 108:5, pp. 1178-1181)に掲載された研究によると、アスピリンは頭頸部癌(HNC)を有意に防御するようである。クイーンズ大学ベルファスト(Queen's University Belfast)と国立.... 続きを読む

2013-04-10
FDAが後期乳癌の新薬を承認(FDAより) - 速報:米国食品医薬品局(FDA)は、HER2陽性の後期(遠隔転移のある)乳癌患者に対する新薬「カドサイラ(Kadcyla)」(ado-trastuzumab emtansine)を本日認可した。HER2とは正常な細胞成長に関与するタンパク質である。一部の乳癌をはじめとして、いくつかの種類.... 続きを読む

2013-04-10
新しい乳がん治療薬が進行症例に有効(NBCニュースより) - 米国食品医薬品局(FDA)は金曜日、最も難治性のタイプの乳がん患者女性に効果を出しうる新しい「スマート爆弾」薬を承認した。この新薬は、治療にもかかわらず腫瘍が広がったHER2陽性乳がんと呼ばれるタイプの乳がん女性.... 続きを読む

2013-04-07
乳癌の新薬に延命効果(フォックス・ニュースより) - リサ・カナル(Lisa Canale)さん(50歳)は、15年間にわたり乳癌と闘い、癌と共に生きる日々を送って来たが、調子は良好だという。米国食品医薬品局(FDA)によって2月に認可されたカドサイラ(Kadcyla)という新薬が彼女の良好な状態に一部寄与.... 続きを読む

2013-04-06
キーホルダーに入ったアスピリンが命を救うかも(ロサンジェルス・タイムズより) - アスピリンの入った小さな赤いキーホルダーをキーチェーンにつないでおけば、心臓発作のときに使用することができます。もしも心臓発作に襲われたら、小さな赤いキーホルダーが生死を分けるかもしれません。アット.... 続きを読む

2013-03-11
アスピリンが致死性皮膚がんのリスク低減に関連(ABCニュースより) - 痛みと戦う有名な薬であるアスピリンが、最も致死性の高いタイプの皮膚がんであるメラノーマ(黒色腫)も予防する可能性があることが、新しい研究で明らかになった。約60,000人の閉経後の女性を対象とした研究で、定期的.... 続きを読む

2013-02-27
ある薬とアスピリンの併用で脳卒中リスクが低下(UPI.comより) - 米国と中国の研究者らによれば、脳卒中や一過性脳虚血発作(TIA)の患者にアスピリンとプラビックス(Plavix)を併用投与したところ、再発のリスクが低下した。カリフォルニア大学サンフランシスコ校脳卒中サービス.... 続きを読む

2013-02-27
癌治療の画期的な新薬(ノースウェストオハイオより) - メアリークリス・スケルドン(Mary Chris Skeldon)さんは16年以上前に乳癌のステージ(病期)4と診断された。「当初は乳房切除術を受ける予定だったが、既に骨に転移していたことが分かり、手術は行われなかった」と当時を振り返る。.... 続きを読む

2013-02-27
慢性疾患の治療にアスピリンが役立つ可能性:研究(トップニュースより) - レゾルビンは、特定の疾患を治すのに役立つ分子である。ある研究から、レゾルビンの生成をアスピリンが惹起する傾向にあることが分かった。レゾルビンはオメガ3脂肪酸から作られる。この分子は、炎症性肺疾患、心疾患.... 続きを読む

2013-02-27
慢性疾患の治療にアスピリンが役立つ可能性:研究(トップニュースより) - レゾルビンは、特定の疾患を治すのに役立つ分子である。ある研究から、レゾルビンの生成をアスピリンが惹起する傾向にあることが分かった。レゾルビンはオメガ3脂肪酸から作られる。この分子は、炎症性肺疾患、心疾患.... 続きを読む

2013-02-25
関節炎の治療に魚油とアスピリン(デッカン・ヘラルドより) - 新たな画期的研究によると、関節炎などの深刻な慢性疾患の原因に打ち勝つには、魚油とアスピリンの併用が鍵となるかもしれない。心疾患、がん、関節炎などの病気には炎症がかかわっている。魚油とアスピリンが一緒に.... 続きを読む

2013-02-23
魚油とアスピリンがアルツハイマー病を治療する可能性(トップニュースより) - ボストンにあるブリガム&ウィメンズ病院(Brigham and Women's Hospital)とハーバード大学医学部(Harvard Medical School)の研究者らによれば、魚油とアスピリンを重篤な慢性疾患に対する攻撃手段として使用できる可能性がある。魚油とアスピリンは疾患の原因.... 続きを読む

2013-01-01
5度の流産後に出産したのは「特効薬」アスピリンのおかげであるとする英国人女性(ビックニュースネットワークより) - 5年間で5度の流産を経験したリバプール在住の看護師が、昨年7月ようやく娘を授かったが、それ以前に1日1回アスピリンを服用していた。ドーン・パドック(Dawn Paddock)さん(33歳)は、要となる妊娠12週目を乗り切ることにい.... 続きを読む

2012-12-07
アスピリンが高齢大腸癌患者の延命効果に役立つ可能性(ロイターヘルスより) - アスピリン連日使用の処方を受けた高齢大腸癌患者は、処方されなかった患者よりも死亡する割合が低かったことが、新たな研究で示された。この結果は、より厳密な研究で裏付けられる必要があるものの、癌患者に対する.... 続きを読む

2012-12-03
アスピリンは肝臓癌のリスク低下に関連(ニューヨーク・タイムズより) - アスピリン使用と肝臓癌リスク低下との間に関連性のあることが、研究者らによって大規模な前向き試験で明らかにされた。50歳~71歳の男女30万人以上のデータを解析することにより、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎.... 続きを読む

2012-11-30
局所シンバスタチンが非治癒性の糖尿病創傷に対する答えかもしれない(ニュース・メディカルより) - 局所シンバスタチンはマウスの創傷治癒を著しく促進するので、非治癒性の創傷を伴う糖尿病患者の治療に良い選択肢となるかもしれない、と研究者らは述べている。「糖尿病における創傷治癒の遅延には、いくつかの要因.... 続きを読む

2012-10-16
コレステロール治療に何種類かのスタチンの高用量を提案(エギザミナーより) - 米国食品医薬品局(FDA)は、スタチン類を低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロール、つまり悪玉コレステロールの血中濃度を減らすために食事療法や運動と一緒に使用される処方薬の群であると規定している。単味製剤の.... 続きを読む

2012-10-10
スタチンが多発性硬化症の進行を遅らせる可能性(メッドペイジ・トゥデイより) - 高用量シンバスタチン(商品名Zocor)は、二次進行型多発性硬化症患者における脳萎縮を有意に軽減させ、身体障害の進行を2年間遅らせることを、研究者らが発表した。英国ロンドン大学(University College London)のジェレミー・チャタウェイ(Jeremy Chataway).... 続きを読む

2012-10-04
糖尿病患者に対するバイトリン使用でBMIは問題とならない(メドページトゥデイより) - 糖尿病患者が肥満であろうとなかろうと、エゼチミブ・シンバスタチン配合剤(バイトリン)による治療は一貫して効果があり、コレステロール値を下げると研究者らは話した。マイアミ大学(University of Miami)(フロリダ州コーラル.... 続きを読む

2012-06-28
勃起不全に対するスタチン投与の提唱(ニュース・メディカルより) - 内科医(かかりつけ医)は、勃起不全(ED)患者にスタチンを用いた治療を提案するのが望ましい。同剤はQOL(生活の質)を改善させるだけでなく、将来的な心血管リスクも低下させる。40歳以上の勃起不全(ED)患者173人を対象とした.... 続きを読む

2012-05-03
アスピリンの有益性とは?(ケープガゼット・ドットコムより) - アスピリンがもたらす健康への有益性について、いろいろと耳にします。ある種の万能薬といえるのか、それとも誇大な宣伝に私がだまされているのでしょうか?誇大な宣伝とはいえないと思います。アスピリンが多くの病気に効く.... 続きを読む

2012-04-01
スタチン療法の有益性は脂質低下にとどまらない可能性(ヘルスカナルより) - ノースカロライナ大学チャペルヒル校医学部(the University of North Carolina at Chapel Hill School of Medicine)の研究者らが主導した研究によって、異常な血栓形成につながる分子経路が特定された。彼らは、コレステロール値を低下させる薬剤クラスとして.... 続きを読む

2012-01-20
スタチン:心臓病薬の連日投与が何千もの命を救う(イクスプレスより) - スタチンというコレステロールを低下させる心臓病薬を毎日服用することが、癌を打破する鍵となる可能性がある。この薬は心臓発作と脳卒中を予防する目的で何百万という人に毎日服用されているものだが、腫瘍の増殖や.... 続きを読む

2011-12-17
スタチン類はインフルエンザ患者の死亡率を下げることができるのか?(デコーデッド・サイエンスより) - スタチン類はコレステロール降下剤だが、近年、インフルエンザで入院している患者に治療効果がある可能性が見出されてきた。12月14日に発表された研究は、これらの薬が血液中のコレステロールを下げることができる.... 続きを読む

2011-12-10
肺血栓後に低用量のアスピリンを投与すると再発が予防できる可能性(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 危険な肺血栓に対する強力な抗凝固薬の投与後、患者に低用量のアスピリンを投与することで、血栓の再発する確率が低下する可能性のあることが、新たな研究によって明らかに.... 続きを読む

2011-12-09
スタチン類がアルツハイマー病治療に有効である可能性を研究が示す(PRニュースワイヤーより) - アリゾナ州サンシティ ― これまでの研究では、コレステロールを降下させる特定のスタチン類薬剤が、アルツハイマー病(AD)患者に有効でない可能性が示唆されてきた。実際、18ヵ月シンバスタチンで治療した患者の研究では.... 続きを読む

2011-11-28
鎮痛効果のある一般的な薬(ニュース・ジャーナルより) - 18世紀のイギリスでは、柳の樹皮からサリチル酸と呼ばれる成分を抽出して、関節炎の痛みの治療に使用していました。このサリチル酸から初の関節炎特効薬として発見されたアセチルサリチル酸は、現在、アスピリンと.... 続きを読む

2011-11-24
スタチンの有益性についての検討(キャリック・トゥデイより) - 「心臓発作や脳卒中のリスクがある人たちに強力なスタチン処方をすれば、1年に何千件もの死亡を防ぐことができる」とデイリー・メール(Daily Mail)紙が報じました。この新聞によれば、スタチンの強力な使用は標準療法より.... 続きを読む

2011-11-23
スタチン使用の長期的な有益性と安全性が試験によって確認された(ファームプロより) - 水曜日にランセット誌(Lancet)に発表されたある試験結果は、心血管疾患リスクの高い人にスタチンを投与すると、その効果が投与終了後少なくとも5年間は持続することを示している。また、この薬を使用しても.... 続きを読む

2011-11-15
アルツハイマー病との闘い(モダンメディシンより) - 研究により、結膜下トリアムシノロンアセトニドは、少数の患者に眼圧上昇という限られた副作用は伴うが、非壊死性で非伝染性の前強膜炎の治療に使用できるかもしれない、と分かった。「トリアム.... 続きを読む

2011-11-12
中性脂肪の増加に対する治療(クリニカル・アドバイザーより) - トリグリセリド(中性脂肪)が、男性よりも女性における心血管疾患(CVD)リスクの重大な指標であるなら、LDL(低密度リポタンパク質)が正常値であっても治療すべきですか? その場合に用いる最適な薬は何.... 続きを読む

2011-11-12
1日あたり8ペンス(10円)の糖尿病治療薬で「卵巣癌を阻止できる」(メールオンライン・ヘルスより) - 1日あたり8ペンス(2012年6月為替相場で10円)かかるだけの薬剤が、卵巣癌の予防に大躍進をもたらす可能性がある。メトホルミンは錠剤型になっており、NHS(イギリス国家健康保証制度)では2型糖尿病患者の治療に広く使用している.... 続きを読む

2011-11-09
慢性腎疾患 ― 心血管系有害事象への対処が必要(アイリッシュ・メディカルタイムズより) - 腎臓指導医ジョージ・メロッテ(George Mellotte)教授は、慢性腎臓病患者に対する適切な一次医療での管理が、全体的な心血管リスクを低下させ、腎不全への進行を遅らせる可能性のあることを最近のダブリン.... 続きを読む

2011-10-19
発生頻度の高い振戦疾患に関する新ガイドラインの発表(USニューズ・アンド・ワールド・リポート誌より) - 米国神経学会の治療ガイドライン改訂版によれば、プリミドン(商品名Mysoline)という抗痙攣薬と、プロプラノロール(インデラル)という高血圧薬は、本態性振戦患者における身体の揺れを治療するのに最も有効な薬剤である。 続きを読む

2011-10-19
降圧剤がアルツハイマー病のリスクを最大50%削減(メールオンラインヘルスより) - この国の高血圧患者のうち血圧のコントロールができている人は3分の1にも満たない。現在、高血圧は世界的に最大の公衆衛生問題となって... 続きを読む

2011-10-14
視神経炎の治療にシンバスタチンを使用(バーチェスター・ヘルスケアより) - コレステロール低下薬は、急性視神経炎の治療にも有効であると考えられることが研究で示された。シンバスタチンは一般に高コレステロールの治療に用いる薬だが、多発性硬化症(ミエリンに損傷を与え視神経炎を引き起こすもの)の免疫反応を低下しうると.... 続きを読む

2011-10-13
スタチンあれこれ(サンタイネズバレー・ジャーナルより) - Q. スタチンは特効薬で、飲料水に混ぜてみんなに供給すべきと言われているとの意見も聞きました。この薬にはそれほどの価値がありますか? 続きを読む

2011-10-08
スタチン療法がヒトの食道腺癌細胞の増殖や悪性度を抑制(JTCSより) - 目的:食道腺癌は通常転移拡散するまで診断されない進行性の悪性腫瘍で、現在、効果的な薬物療法がない。細胞内接着分子-1(ICAM-1)の発現は、様々なヒト腫瘍細胞の予後不良指標で転移能に大きく影響する。スタチン療法は.... 続きを読む

2011-01-01
心臓を大切に(デカンヘラルドより) - 心臓疾患を抱えているインド人はおよそ6千万人。ウペンドラ・カウル(Upendra Kaul)博士がその原因と予防法を簡単に説明する。 続きを読む

2010-08-12
ファストフードと一緒にスタチンを無償配布することで心臓病リスクが相殺される可能性があると研究者らはいう(サイエンス・デイリーより) - ファストフード店が、顧客の高脂肪食による心臓病の危険をなくすために、スタチン系薬剤を無料.... 続きを読む

2010-06-30
眼の研究により糖尿病性眼病変の進行を遅らせる2つの治療法が明らかになった(サイエンスデイリーより) - Ⅱ型糖尿病の高リスク成人患者の糖尿病性網膜症に関して、研究者らは同症の進行を遅らせる可能性がある2つの治療法を発見した。同症は眼病変の一種で、生産年齢のアメリカ人が失明する主要な原因である。 厳格な血糖管理を行うと、標準的な血糖管理を行った場合と比べて.... 続きを読む

2010-04-13
片頭痛:アスピリンと制吐薬の併用は理にかなった選択肢である 再検討により判明(サイエンスデイリーより) - アスピリン900-1000mgの単回服用により片頭痛の痛みが2時間以内に大幅に和らぐ患者は服用者全体の半数以上である。また片頭痛に随伴する嘔気、嘔吐、光や音に対する鋭敏性(光恐怖症や音声恐怖症)もどんなものであれ軽快する。アスピリン900mgと制吐薬メトクロプラミド10mg併用服用の制吐効果は偽薬を服用した場合より高い。コクラン体系的再検討(Cochrane Systematic Review)は.... 続きを読む

2010-03-16
勃起障害は死亡ならびに循環器疾患の転帰の強力な予測因子である(サイエンスデイリーより) - 勃起障害(ED)は全ての疾病に係わる男性の死亡(あらゆる原因による)や循環器疾患(CVD)に罹患している男性における心臓発作、脳卒中、心不全による死亡の強力な予測因子.... 続きを読む

2009-11-09
広く使われているコレステロール低下薬はパーキンソン病の進行を防ぐ可能性(サイエンスデイリーより) - 最も多く使用されているコレステロール低下薬シンバスタチンは、パーキンソン病の進行を食い止める可能性がある。ラッシュ大学メディカルセンター(Rush University Medical Center)の神経学研究者らは、パーキンソン病のマウスに、FDAに認可された薬剤の使用を検討する試験を実施したところ.... 続きを読む

2009-09-01
喘息の引き金(BBCヘルスより) -喘息の引き金となるものは、人それぞれである。冷気や煙、塵ダニや、感情の高ぶりさえもその引き金となるかもしれない.... 続きを読む

2005-06-02
心臓の専門家らがアスピリンの価値を認めた(BBCニュースより) - 心臓の専門家らは、心臓発作リスクが高い人の心臓発作を防ぐにはアスピリンが最も優れた薬であると、ある患者協会が発した懸念に対し応えた。.... 続きを読む


続きを読む


**注意!**

当店で扱っている商品のほとんどは、日本国内では医師の処方が必要な要指示薬です。当サイトに記載されている説明はお客様の便宜のために記しているものであり、内容を保障するものではありません。当商品をお買い上げいただきご使用になった場合に生じるいかなる問題にも当店は責任を負いかねます。
医師に相談するなどし当商品についてよく理解したうえで、適量をご自分の責任において服用なさってください。
なお、個人輸入で購入した商品は日本の医薬品副作用被害救済制度の適用対象にはなりません。したがって、何らかの深刻な副作用が発生したとしても、用量にかかわらず救済対象とはならずその制度からの保障を受けることは出来ないことに注意して下さい。
また、これらの薬の成分、効用、副作用、服用法などに関していかなるお問い合わせをいただきましてもお返事できません。ご了承ください。